So-net無料ブログ作成

国連の対ブータン援助 [ブータン]

国連対ブータン援助枠組み、4分野を特定
UN framework identifies four areas for assistance
Kuensel、2017年9月20日、Tshering Palden記者
http://www.kuenselonline.com/un-framework-identifies-four-areas-for-assistance/

【ポイント】
9月19日、政府、NGO、ブータンに籍を置く国連専門機関の代表者が集まり、国連国別課題分析ペーパー(CCA)ドラフトについて議論した。CCAは国連の次期対ブータン開発援助枠組み(UNDAF)の策定にエビデンスを提供するもの。UNDAFは2019年から2023年までを協力期間と定めており、ブータンの第12次五カ年計画と期間を合わせ、国連常駐ミッションによる対ブータン支援のガイドラインとなる。

CCAレポートでは、国連専門機関間の連携プログラム実施の柱となりうる4つの領域を特定している。①気候変動に対する強靭性と災害リスク管理、②ジェンダー平等、③食と栄養の安全保障、④エビデンスに基づく意思決定を可能とするSDGsデータ、である。

このうち、①気候変動に対する強靭性と災害リスク管理における主要な課題として、複数セクター間、複数機関間の調整、災害に有効に対処できる熟練人材の不足、基礎データや資金、知識情報、制度能力等の面での制約が挙げられている。このレポート案は、様々な関連機関との協議を経て作成されたもので、より効果的な災害管理制度枠組みや調整メカニズム、災害リスク地域の特定、国及び各地方レベルでの災害管理計画や緊急時対応計画の策定、予防や復旧に向けた追加的努力、重要インフラの整備等の必要性が指摘されている。

②ジェンダー平等における課題としては、高等教育就学及び修了率、就労機会の平等、公的意思決定や政治参加における女性の参加率、女性に対する暴力等が挙げられている。ジェンダー主流化プロセスの強化、主要な法整備、性別により分解可能な統計データの収集と活用等が今後必要とされ、現存するジェンダーギャップの解消の必要性が指摘されている。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る