So-net無料ブログ作成

『…なんでそんな、ばかなこと聞くの?』 [読書日記]

Book002.jpg鈴木大輔著
『…なんでそんな、ばかなこと聞くの?』
角川文庫、2017年9月23日
Amazon URLはこちらから。
内容(「BOOK」データベースより)
郡上おどりで賑わう、生と死が入り交じる町・郡上八幡。高校生、藤沢大和はある日その町で――死んだ。なぜ死んだのかも忘れたまま存在し続ける大和。そして、とある秘密を抱えながらも大和を生き返らせようとする、幼馴染みの少女・青山凛虎。不器用なふたりのひと夏の運命がいま―始まる。恋愛小説の名手が紡ぐ、傑作青春ストーリー。

―――それにしても、直ったかと思ったらまたおかしくなったブログのAmazon商品紹介機能。

まあ、それはさておき、またまた岐阜県が舞台のライトノベルだということで、日本を発つ直前に書店で購入して機中のお供にした。といっても帰りのフライトの中ではほとんど寝ていたので全然読み進めることができず、この週末を利用してようやく読了したところ。

高校生の娘がいるようなオジサンが高校生が主人公のラノベを読んでそれに感想を述べるのは気恥ずかしいので、ストーリーについては云々しないことにする。いずれ多くの若い読者がこの作品を読んで、もし気に入ればアニメ化されて、そしてゆくゆくは『君の名は』みたいに聖地巡礼の目的地になっていけば嬉しいかも。小説の舞台は岐阜の夏の風物詩、郡上踊りだし、そこそこ風景描写も出てくる。郡上城は勿論だが、主人公の藤沢大和クンが親友・長瀬クンと食事している定食屋が少なくとも3軒、実名で出てくる。これで遠方のお客さんも地元にお金を落としていってくれるかもしれない。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
メッセージを送る