So-net無料ブログ作成

ところであれはどうなった? [ブータン]

爆破作業の巻き添えで犠牲者-タシヤンツェ
Blasting works claim life in Trashiyangtse
Kuensel、2018年3月3日、Younten Tshedup記者(タシヤンツェ)
http://www.kuenselonline.com/blasting-works-claim-life-in-trashiyangtse/

2018-3-3 Kuensel.jpg

【ポイント】
タシヤンツェで1日、チャザム~タシヤンツェ間の道路工事現場で行われた巨岩爆破作業で飛散した破片の直撃を受け、ラムジャル郡の33歳の男性が死亡した。事故が起きたのは午後2時30分。男性は他の男性3人とともにダンメチュ川対岸で釣りをしていた。4人のうち、立っていたのはその男性1人だけであり、対岸の発破の破片は男性の胸に当たった。

道路局によると、チャザムからドクスム方面に遡る7.5km地点で大きな岩が道路をふさぎ、これを除去するために発破が行われた。この地域は、昨年にも二度にわたって巨岩が道路をふさぐ出来事があった。今回の巨岩落下は、2月28日午後に起こり、多くの車両がその両側で立ち往生していた。多くは引き返して迂回路を利用したが、中にはその場に残って夜を明かした運転手もいた。

サムドゥップジョンカルから来た女性高齢者2人は、タシヤンツェ県チョルテンコラで開催されていたお祭りに参加するためにやって来て、この現場で立ち往生し、乗ってきたボレロのシートを倒して他の乗客とともに車内で夜を明かした。「

「道路局はこういう道路封鎖の情報は事前に流すべきだ。そうすれば旅行計画が立てやすくなる」――こう述べる運転手もいた。

道路局地域事務所によると、巨岩除去作業は1日朝から開始され、2日午後3時には通行再開したという。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る