So-net無料ブログ作成

地方特産食材を使ったレストラン [ブータン]

地方農産品を使うレストラン、ティンプーにオープン
Nangyi-Aum opens in Thimphu
Kuensel、2018年3月10日、Karma Cheki記者
http://www.kuenselonline.com/nangyi-aum-opens-in-thimphu/

2018-3-10 Kuensel.jpg

【ポイント】
国際女性デーだった3月8日、ブータン女性企業家協会(BAOWE)は、ティンプーに、地方の農民の作った300種類のオーガニック食材を使ったレストラン「ナンギ・オウム(Nangyi-Aum)」を開店した。場所は市内モティタン地区のオゾンパークやブータン石油販売(BOD)の少し上で、シェムガン出身の主婦ツェリン・チョデンさんが店主。

使用する食材は、パロの米やブムタンのソバ、ハのカテージチーズ、トンサの唐辛子や胡椒等。これらを用いて、7品目から成るセットメニューを用意し、1食500ニュルタムで提供する。セットメニューに加えて、アラカルトで何品目かの注文も可能。

BAOWEの創設者であるダムチェ・デムCEOは、開店に際して、ブータンでは女性は法律や規制、伝統文化等、女性の権利を守ってくれる制度に恵まれているが、ほとんどの女性は未だ主婦に留まっていると述べた。「これは、女子相続の制度により女性が農地や財産の管理をしなければならないからだ」とも。そして、こうした財産権のあり方が、女性に自分たちは十分モノに恵まれていて、十分な土地もあると思ってしまっていて、それが女性が企業家にならず、雇用機会を探したりもしないことにつながっているとも述べる。

「ほかに何があるのかを知らなければ、それで十分だと思ってしまうでしょう。外の世界に身をさらし、他に何が達成可能なのかを知ることが重要なのです。」

続きを読む


タグ:ティンプー
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る