So-net無料ブログ作成

カトマンズ再訪 [ネパール]

P_20180504_101134.jpg
《再建中のパタン旧王宮前の様子》

5月3日から7日まで、お休みをいただいてネパールの首都カトマンズを訪ねて来た。僕は昔、ネパールに駐在していた時期があり、今からちょうど20年前の5月、満開のジャカランダを眺めながら、涙の離任をした。その後3回ほど訪れる機会があったのだが、最後の訪問は2012年で、震災後初めての再訪となる。

パタン旧王宮は再建が進んでいて、どうも日本が協力しているらしく、そこらじゅうに日本の国旗の看板が出ていた。ブータンもそうだが、カトマンズもネパール人観光客がすごく多い。

9年前と比べていくつか街の変化に気づいた。1つは飲食店がものすごく増えたことで、これって外国に出稼ぎに行って修行してきた人が、稼いだ資金と磨いた経営手腕とで立ち上げたんじゃないかと思う。小洒落たカフェやパーティー会場も目立ち、20年前どころか、9年前とも雰囲気が全然違う。いずれ別の記事でも書こうと思うが、民間企業の活動の活発化が感じられる。(ブータン人はよく、「ネパールのようにはなるな」と言うが、民間の経済活動の活発化は、同じ内陸国として見習う部分もあるのではないかと思う。)

2つめはそれとの関連で、大きなショッピングモールが出現していたこと。さらには、20年前はバリダラに1軒しかなかったスーパーマーケット「バートバテニ」がチェーン店化し、市内数カ所に大きなビルのショッピングセンターを建てていたこと。中に入って見てみると、品ぞろえもそこそこ豊富で、20年前だったら「ナマステ・スーパー」、「ブルーバード・デパート」、「ジェミニ・スーパー」等で買い物するしかなかったものが、ショッピングの選択肢が非常に増えた気がする。パタンのラリトプール市役所横にできた「ラビン・モール」はビックリ。インド・デリーあたりのメガモールと大して変わらない。大音響で音楽流しているところも含めてだけれど。そんなところまでインドに似なくてもいいのにと思わぬでもない。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る