So-net無料ブログ作成

2つの記事をつなげて考える [ブータン]

国民評議会(上院)議員選挙がひと段落して、ようやくクエンセルの記事が面白さを取り戻してきた。4月にあまりブータンの記事を紹介しなかったのは、選挙の報道がものすごく多くて、各県の候補者紹介から、選挙結果に分析に至るまで、全国20県、まんべんなく取り上げていたからである。5月に入ってからの報道はとりわけ面白い。しかも、時差を置いて報じられた2つの記事が、一見何の関係もなさそうだけれども、つなげて考えてみると、ちょっと面白かったりする。

◇◇◇◇

CST学生、スマートトイレの建築を学ぶ
CST students learn to construct smart toilets
Kuensel、2018年5月3日、Rajesh Rai 記者(プンツォリン)
http://www.kuenselonline.com/cst-students-learn-to-construct-smart-toilets/

2018-5-3 Kuensel.jpg

【ポイント】
科学技術カレッジ(CST)で2日に開かれた「スマートトイレ・イノベーション・チャレンジ」において、竹でできたサステナブル・ポータブルトイレ(SPT)のデザインが優勝し、賞金5万ニュルタムを獲得した。このイベントはブータン・トイレット機構(BTO)が、日本のロータリークラブや国際青年会議所(JCI)の協賛で開催したもので、100人以上の学生が参加。約40チームが参加登録したが、書類選考を通過した23チームがコンテストに参加し、最終ステージには10チームが進んだ。優勝した竹製SPTは水洗式で、水は再利用できるよう分離処理される仕組みとなっている。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る