So-net無料ブログ作成
仕事の小ネタ ブログトップ
前の10件 | -

『門田先生の3Dプリンタ入門』再読 [仕事の小ネタ]

門田先生の3Dプリンタ入門 何を作れるのか、どう役立つのか (ブルーバックス)

門田先生の3Dプリンタ入門 何を作れるのか、どう役立つのか (ブルーバックス)

  • 作者: 門田 和雄
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/10/21
  • メディア: 新書
内容(「BOOK」データベースより)
技術教育講座の准教授で、ものづくりの市民工房「ファブラボ」のディレクターでもある著者が、3Dプリンタの原理や構造、利用法などを一般向けにやさしく解説する。3Dプリンタの普及と共に盛り上がる「ものづくり」の現状や今後の展望もひと通り理解できる。これ一冊であなたも「メイカーズ」の仲間入り。

2年前のちょうど今頃、本書については一度ブログで紹介したことがある。ブータンに来たばかりの時期で、今読み返してみてもちょっと恥ずかしい。もっと言うと、当時はブータンにはファブラボもなく、3Dプリンタも存在しなかった。そういう時期に書いた記事だ。
http://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2016-05-13

それが2年後の今、僕の知る限りだが、僕の自室にブータン初号機があり、プンツォリンの科学技術カレッジ(CST)には日本人の講師の方が持ち込まれた二号機があり、デワタンのジグミ・ナムゲル工科カレッジ(JNEC)にも関西大学の先生が寄贈された三号機があり、ティンプー市内にはチャンザムトク地区の経済省ビジネスサポートセンターに入居しているDurba 3D Worksという、3Dプリントやレーザー加工を請け負う企業に創業者自作の3Dプリンタがあり、そしてオラカ地区のファブラボ・ブータンにも、去年7月の創設時に2台あった。その後ファブラボではこの3Dプリンタを自作するという動きが始まっており、実際にプラスチックのパーツは既存プリンタで製作し、組み立てて2機、3機と増殖させる動きが始まっている。最近も、青年海外協力隊の方が注文したと耳にした。届くと何台目になるんだろうか。10台ぐらいになるんじゃないだろうか。隊員の方の3Dプリンタは、300ドル台だと聞いた。僕が購入したのは700ドルぐらいのものだったが、コストダウンがさらに進んでいるようだ。パーツだけ揃えて自分で組み立てれば、もっと安く上がるかもしれない。

さて、これは周辺環境の話。僕自身も、そうして3Dプリンタのブータン初号機を導入した後、かなり初期の段階で既存ファイルの3Dプリントには成功していたものの、自分で3Dデータを作るところまでに至るには少し時間がかかった。昨年2月に3D CADソフト「Fusion 360」の研修を東京で受講し、独習用教本を買い込んでブータンに戻ってきた。でも、研修で作ったSTLデータをGコードからX3Gファイルに変換する作業でスライサーソフトの操作方法が英語で理解できずスタックしてしまった。しばらくは取り組むこともままならかったが、4月になってから再び勉強を始めた。スライサーソフトの操作方法をネット検索して、YouTubeに説明を載せているサイトを幾つか発見。それでブレークスルーできた。既に自分がFusion 360でデザインしたオブジェクトを自室の3Dプリンタで印刷するところまでは到達し、いろいろなオブジェクトを3Dデザインし、プリンタで印刷するので試行錯誤しているところである。暇さえあれば土曜日はファブラボに入り浸り、Fusion 360を使える唯一の女子に教えを乞うて、少しずつ操作法にも習熟してきているところだ。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『キックスターターガイドブック入門編』 [仕事の小ネタ]

キックスターターガイドブック入門編

キックスターターガイドブック入門編

  • 作者: キックスターターガイドブック製作委員会
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/12/25
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
世界最大のクラウドファンディングプラットフォーム。全世界から支援を受けてアイディアをカタチにする。世に出ていないモノを支援する。新しいモノ・コトを受け取る。クリエイティブなプロジェクトに生命を。

今月、メイカー・ムーブメント系の書籍を続けざまに読んでここに至る中で、次に一度読んでおくべきはクラウドファンディングについて書かれている本かなと思い、キンドル版をお取り寄せしてちゃちゃっと読んでみた。昨年、Kickstarterの日本語版サイトがリリースされて、日本人にもKickstarterが使いやすくなったのを受けてのムック本である。

日本でクラウドファンディングといったら、ReadyForやMakuakeが普及していると思う。ブータンで言えば、ちょうど2年前に当時の青年海外協力隊員がReadyForで資金調達してブータンの柔道選手の日本遠征を実現させた。今も、インドかスリランカの協力隊員が両国のラグビーチームで試合を実現させたいというのでクラウド資金調達をやっているが、これもReadyForを活用している。今ティンプーで営業中の「ラーメン颯(HAYATE)」さんも2年前にクラウドで創業資金の調達をやられていたが、活用されたのはMakuakeだったと記憶している。

いずれも日本人が日本語で、日本で資金調達するには向いているプラットフォームである。そういう資金調達の仕方が良いケースもあるだろうが、逆にバッカーが日本限定になってしまうこともあり得る。そこにKickstarterが登場。直前に読んだ『私たちはみなメイカーだ』の中でも、Kickstarterで資金調達したハードウェア・スタートアップの話がいくつも紹介されていたが、広く世界中からバッカーを募ることができるという点で、Kickstarterには可能性も感じる。但し、クリエイターは英語でのプロジェクト紹介ができることが必須となってくるらしいが。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

『理科系の作文技術』 [仕事の小ネタ]

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

  • 作者: 木下 是雄
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 1981/09/22
  • メディア: 新書
商品説明
調査報告、出張報告、技術報告、研究計画の申請書など、好むと好まざるとにかかわらず、書かなければならない書類は多い。このような書類を書く際にまず考えるべきことは、それを読むのは誰で、その文章から何を知りたいと思っているかである。それに応じて自分は何について書くか主題を決め、最終的にこういう主張をする、という目標を定めて書き始める。

著者はまず、この目標を1つの文にまとめた目標規定文を書くことを勧める。そうすることで明確な目標意識を持つことができ、主張の一貫した文章を書くことができるというわけである。そしてその目標をにらみながら材料をメモし、序論、本論、結論といった原則に従って記述の順序や文章の組み立てを考え、すっきりと筋の通った形にしていく。本書では本論の叙述の順序、論理展開の順序、パラグラフの立て方から文の構造までを解説し、日本人に特有の明言を避ける傾向と対策、事実と意見の書き分けについても触れている。

数年前、僕の業界の一部の人々の間で、この本が流行したことがある。その当時、僕自身はそういう人たちと付き合っていくのに息苦しさを感じていた。この業界にいて、文章を書いて食べていくような自信を失っていた時期だったので、当然、こういう本は皆が読んでいても自分とは別次元の話だと思っていたのである。

それを今さら読む気になったのは、そういう息苦しさのあったコミュニティから距離ができ、僕も僕なりに文章を書く気になれたからである。彼らが書くほどのクオリティのものを僕自身が書けるとは今でも思っていないが、今の僕じゃないと書けないものもあるような気がするし、実際に書いている。この本は2年前にブックオフで購入してあったが、今年初めからスタートさせている蔵書の在庫一掃プロジェクトの一環でもあり、読むとしたら今しかないと思い、手に取った。

今、ブータンで書籍を出版する計画があり、その中で1章を担当させてもらうことになったので、その執筆との同時並行での読み込みとなった。日本語の作文と英語の作文とは違うところもあるかもしれないし、理科系と文系の作文も違うところもあるかもしれないが、本書で述べられていることは、文系の英作文であっても通じるところは多いと感じた。

続きを読む


タグ:木下是雄
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『外国人が熱狂するクールな田舎の作り方』 [仕事の小ネタ]

外国人が熱狂するクールな田舎の作り方 (新潮新書)

外国人が熱狂するクールな田舎の作り方 (新潮新書)

  • 作者: 山田 拓
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/01/16
  • メディア: 新書
内容紹介
岐阜県最北端の飛騨市に、世界80ヵ国から毎年数千人の外国人観光客を集める人気ツアーがある。その最大の売りは「なにげない里山の日常」だ。小学生のランドセル姿に、カエルの鳴き声の拡がる田んぼに、蕎麦畑の中に立つ古民家に、外国人観光客は感動する。なぜ、なにもない日本の田舎が「宝の山」になりうるのか。地域の課題にインバウンドツーリズムで解決を図った「逆張りの戦略ストーリー」を大公開。

今、日本では、「インバウンド」が大流行のようで、多くの本が出版されている。そのうちの1冊をキンドルでダウンロードして、Wifi接続がほとんど期待できないブータン東部の旅に携行し、滞在中に読んだ。岐阜県出身の僕には、「飛騨市」と言われても飛騨地方なんだという以外にピンとくる自治体名ではないが、神岡町や古川町、宮川村等が合併してできた市だと言われれば、「ああ、高山の北、富山との県境の自治体だな」と想像はできる。そして、飛騨古川といえば、2016年に大ヒットしたアニメ映画『君の名は。』の舞台になった地でもある。

岐阜県飛騨地方といったら、高山や白川郷、郡上八幡等が有名すぎるぐらいに有名で、岐阜県の北の果ての飛騨市については、岐阜県出身の僕ですら実は訪れたことがない場所である。でも、本書を知ってから飛騨市の画像検索をかけてみると、そこに出てくる谷間の風景は、もう少し家屋の数が少なければ、何だかブータンと似ているなという雰囲気が感じられる。中でも神岡城から神岡の市街地を見下ろすポイントは結構多くの人が画像アップしていて、それを見ていると「ティンプーかよ」と思いたくもなる。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『トコトンやさしい電気自動車の本』 [仕事の小ネタ]

トコトンやさしい電気自動車の本(第2版) (今日からモノ知りシリーズ)

トコトンやさしい電気自動車の本(第2版) (今日からモノ知りシリーズ)

  • 作者: 廣田 幸嗣
  • 出版社/メーカー: 日刊工業新聞社
  • 発売日: 2016/08/23
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
電気自動車は環境への負荷がより小さいだけでなく、エンジンや変速機がないシンプルでコンパクトな構成にできたり、自在な車両運動が可能なことから、自動車産業に大きなインパクトを与えます。そんな電気自動車の基礎知識を一冊に網羅しました。

電気自動車(EV)の原理を少し勉強したくて昨年9月に日本に帰った時に購入したのだけれど、読むまでには少し時間がかかった。すごく必要に駆られたわけでもないし、なにせ昨秋10月、11月の読書量が激減して、積読状態で放置しておいた本が相当あった。今回の読書は在庫処分の一環。

さらに、「トコトンやさしい」と書かれているほどにはやさしくはなかった。EVの話の筈なのに、水素電池車(FCV)の説明にも紙面が割かれているし、電池形式やモーター形式など、電気工学系の技術の話はものすごく詳しい。多分、そういう分野の読者にはやさしい内容なのだと思うが、僕のようなド素人には、この程度の本でも十分難しい。

一方で、これが近頃大流行のIOTとどう絡むのかについては、ほとんど言及がなかった。EVの可能性って単にCO2排出量抑制の効果だけに留まらず、もっと幅広いんじゃないかと思うんだけれど、著者の専門領域の問題なのか、スルーされたトピックが他にもありそうな気がする。この第二版が2016年に発刊されていることを考えると、さすがにIOTとか自動運転にもうちょっと紙面を割かないとまずいんじゃないでしょうか。

技術的なところは僕には難しすぎるし、僕がそこまでの知識を持って話をせねばならない局面も考えにくいので、取りあえず何が書かれているのかさらっと読んでつかんでおき、必要なら再度部分的に読み返すようにして使いたいと思っている。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『フィールドワークからの国際協力』 [仕事の小ネタ]

フィールドワークからの国際協力

フィールドワークからの国際協力

  • 編著者:荒木徹也・井上真
  • 出版社/メーカー: 昭和堂
  • 発売日: 2009/06
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
フィールドワークに憧れて現場に飛び込んだものの、実体験と理論のギャップに立ちすくむ…。そんな状況を打ち破るために「国際協力」という可能性を提示する。より良い世界への架け橋をめざして。

6年ぐらい前だったか、一時期エスノグラフィ―を相当かじった時期があって、その時に本書の存在は知っていた。近所の市立図書館で見かけて、一度だけ閲覧したことがあるが、フィールドがインドネシア中心だったので、ちょっと心が躍らなくて本格読書には至らなかった。中古本が安く出回るようになってから、中古で購入した。そのままブータンに持ってくる結果になってしまったが、その後2年近く積読にしてあったので、もういい加減読もうと思い、先週から今週にかけて続いている当地の大型連休の時期に集中して読み込むことにした。

フィールドとしてインドネシアが多くなっているのは、編集責任者のお二人に、執筆協力者の多くが東京大学大学院農学生命科学研究科の研究者で、東大とインドネシアの大学との特別な関係があってのことらしい。要すれば若いうちにフィールドに出て農村で参与観察をやって、村落のリアリティを身をもってしっかり体に叩き込んでおくこと、そうした中から優れた研究成果を発信し、政策にも影響を与え、国際協力も良くしていくのだという論調で書かれている。

従って、前半で出てくる東大の研究者の執筆した各章は、「フィールドワーク→国際協力」というシークエンスで述べておられる。中にはそもそも国際協力にもつながらず、地域研究だけで終わっている人もいるが、ご自身のフィールドワークと同時並行的に行われていた国際協力に対し、批判を試みておられる記述も見られる。

下世話な話だが、こうしてフィールドワークを推奨されるのはいい、反対もするつもりはないが、どうせならフィールドワークに必要な現地への渡航と現地での生活に必要な経費をどう捻出したのかも、書いて欲しかった。旧帝大だから科研費も結構付いて、それで学生の面倒も多少は見られるような余力もあったのかもしれないが、僕が修士の学位を取った大学院はそういう、院生がフィールドワークに必要なお金を助成できるような仕組みはなかったし、外部の研究助成制度を紹介していただいたこともない。こんな話は執筆者の誰もが触れてないが、ある意味、東大だからできたんじゃないかと思われかねない。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『世界一わかりやすいプロジェクト・マネジメント』 [仕事の小ネタ]

世界一わかりやすいプロジェクト・マネジメント【第3版】

世界一わかりやすいプロジェクト・マネジメント【第3版】

  • 作者: G.マイケル キャンベル、サニー・ベーカー
  • 出版社/メーカー: 総合法令出版
  • 発売日: 2011/07/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
◆世界中のプロジェクト・マネジメントのプロが推薦する本格的入門書の決定版
◆あらゆる事態を乗り越えてプロジェクトを成功させる具体的なノウハウやツールが満載
◆優秀なプロジェクト・マネジャーとしてチームをまとめていくアイデアを実践的に提供

海外の空港等で書店にふらっと立ち寄ると、よく置いてあるのが「The Complete Idiot's Guide(完璧なおバカ向けガイド)」のシリーズのペーパーバックである。この手のガイドブックにはあまり食指が伸びないというか、今さら感もあるため、ほとんど読んだことがなかったのだが、2年ほど前に某雑誌で本書を薦める記事があり、その時点では既に中古本も出回っていたので1冊買って積読にしておいた。

今さら読む気になったのは、最近、プロジェクト・マネージャー(以下、プロマネ)の仕事について考えさせられる機会があったからだ。1月末、ブータンでは無償資金協力で建設された国道1号線の2橋の引渡式が開かれた。その模様は新聞でもテレビでも取り上げられ、僕もよく買い物に行く近所のゼネラルストアのおっちゃんから「おい、あの橋スゲーな」と興奮気味に言われて、自分のことのように鼻が高くなった。実際、あの素晴らしい橋の建設をほぼ工期通りに進行させたのは現場の大日本土木の方々であり、日本のゼネコン企業のプロジェクト・マネジメントの素晴らしさをまざまざと見せつけられた。

一方で、別のプロジェクトでは、今年は上院下院とも国政選挙が予定されており、進捗に遅れが生じるので、何をやって、何をやらないかを今議論している。選挙管理委員会から、2月から5月、8月から10月の期間、大衆を動員するようなパブリックイベントの開催は自粛するよう各政府機関に通達が出ている。2月16日付のクエンセルによると、上院議員選挙の投票日は4月20日に決まったらしい。一見不可抗力だと納得してしまいそうな話なのだが、2年以上前から始まっているこのプロジェクトの場合、関わっているブータン人は、なんで5年前の総選挙の際の経験を踏まえて、2018年に起きるプロジェクトへの影響を予測して予め対策を講じることができなかったのだろうか?ちょっと疑問に思えてきた。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『国境をこえた地域づくり』 [仕事の小ネタ]

国境をこえた地域づくり: グローカルな絆が生まれる瞬間

国境をこえた地域づくり: グローカルな絆が生まれる瞬間

  • 編著者: 西川芳昭・木全洋一郎・辰己佳寿子
  • 出版社/メーカー: 新評論
  • 発売日: 2012/03/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
出版社からのコメント
「究極のよそ者」である途上国の研修員と日本のまちの人々の対話と協働から紡ぎだされる、地域づくりと国際協力の新しい指針!

この本、発刊からあまり日が経ってない時期に入手していたのだが、編著者に学者が並んでいたこともあって、読み始める勇気をなかなか持てずに6年近くが経過してしまっていた。今年の目標はこうした長年積読状態にして根雪のようになっていた本を片付けることにあるので、何か小さなきっかけを作ってとにもかくにも読むことにしている。

本書の場合は、1月25日から延期されていた「地域おこし」に関する「大きな面談」が2月14日に再設定されたことから、自分の書棚にあった関連書籍をもう1冊ぐらい読んでおこうと思ったのが1つ、もう1つは15日に地方行政に関する別の打合せが入っているからであった。振り返ってみると1月は地域おこしに関して様々な本を読んだが、その多くは「行政をあてにしない、住民のことは民間の手で」という姿勢で論じられていたように思う。それに比べて、本書の場合は地方行政に携わる人々がわりと頻繁に出てくる。但し、行政主導での地域おこしという文脈でではなく、住民主導での地域おこしに行政側が応えるという文脈の中で出てくるのだけれど。また、行政側の特定人物が大きく取り上げられているが、これも町長や助役などの役職ででは必ずしもなく、一職員が「媒体者」になるという形での登場の仕方であった。

本書では、滋賀県甲良町、長崎県小値賀町、山口県阿武町、群馬県甘楽町の地域おこしの事例が大きく取り上げられている。どこもJICAの研修員や青年海外協力隊予備軍といった「よそ者」を受け入れ、彼らとの交流を通じて、彼ら自身の学びや行動変革だけでなく、受け入れた住民自身の気付きや行動変革も促されている。いわば国際協力を通じた地域振興が語られている。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

『2018世界はこうなる』 [仕事の小ネタ]

2018世界はこうなる The World in 2018 (日経BPムック)

2018世界はこうなる The World in 2018 (日経BPムック)

  • 作者: 日経BP社
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2017/12/19
  • メディア: ムック
内容紹介
英Economistの別冊「The World in 2018」日本版の独占翻訳権を日経BP社が昨年に引き続き獲得、邦題「2018 世界はこうなる」として発行する。40カ国で毎年発行されている「The World in」は、クオリティと信頼性に富む世界予測として高い評価を得ている。今回は朝鮮半島や中国などアジア情勢、テクノロジーがビジネスやファイナンスに与える影響、といった日本読者の関心が高い記事を取り揃える。英語版からの翻訳記事に加え、著名な半島ウォッチャーによる寄稿など日本版オリジナル記事も用意する。読者は国際情勢、経済、産業を俯瞰した良質な情報を得られる。

年末に日本に帰って本屋さんに行った際、なんとなく手に取ってページをパラパラとめくってみて、ブータンのツェリン・トブゲイ首相の寄稿が載っていたので即買いしてしまった。日経BPの内容紹介には明記されていないが、このムックには「幸福」に関する特集も掲載されている。ここがメインで僕は購入した。

記事の項目は以下の通り。
◇今、幸せ?(Happy now?)
◇幸せの限界(Joy confined)
◇レ・ミゼラブル(Les miserables)
◇ビジネスに微笑みを(Making business smile)*トブゲイ首相の寄稿


このタイトルからもわかる通り、首相の寄稿は以前もご紹介した「ビジネスのGNH(Proposed GNH of Business)」試作の背景にある首相の問題意識を文章化した形になっている。この辺のことは昨年11月にティンプーで開かれたGNH国際会議の冒頭の首相演説の中でも聞いたことはあるが、文章になったもの、それも日本語に訳されたものは初めてだと思う。GNH研究者は日本にも何人かいらっしゃると聞くが、この寄稿は読んでおいても損はない。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

もうかるシェア経済(週刊エコノミスト) [仕事の小ネタ]

週刊エコノミスト 2017年08月08日号 [雑誌]

週刊エコノミスト 2017年08月08日号 [雑誌]

  • 出版社/メーカー: 毎日新聞出版
  • 発売日: 2017/07/31
  • メディア: Kindle版
内容紹介(特集部分のみ)
〔特集〕もうかるシェア経済
個人のモノ、空間、スキル 人生を変える起爆剤に/ポルシェを1万円でレンタル 過疎地も相乗りで助け合い/「家事で稼ぐ時代 副業で「生きがい」見いだす/(金融を変える)映画も料理も資金調達/注目企業5分野40社/Q&Aでわかるシェアリング・エコノミー/(国内シェア経済)市場規模は1兆1800億円/民泊新法で企業が続々参入/(中国)シェア利用が個人の「信用」創造/(東南アジア)グラブ、オラなど地元企業が躍進/(米国)医者と患者をつなぐウーバー型モデル/(不安定な雇用)急増する「クラウドワーカー」/労働の「価格破壊」が続く

少し前に『はじめようシェアリングビジネス』というムックをご紹介し、その中で「ビジネス」という言葉を使ったことへの違和感を述べた。「ビジネス」という以上は、プラットフォーム提供者としてのビジネスか、他者が提供してくれたプラットフォーム上で行うビジネスか、どちらのことを言いたいのかが不明で、いろいろなシェアリングビジネスがあることはわかったけど、自分が「ビジネス」をやりたいと思うのかといえばそうではなく、むしろ少額の利用料を払って「かゆいところに手が届く」ようなサービスを受けたいという程度で十分であるように思えた。ライドシェアなんて、利用できればマイカーを買う必要もないわけで、経済的には助かるし、車の台数の抑制にもなるので、社会全体にとってもメリットがありそうだ。

だから、「シェアリングビジネス」と言われることには違和感はあるが、「シェアリングエコノミー」とか「シェア経済」と言われるのはすんなりと受け容れられる。半年も前の週刊エコノミストの特集だが、今の経済のトレンドを客観的に捉え、参加や起業云々の慫慂にまでは踏み込んでいない編集には、前述のムックよりも好感は持てた。

面白いなと思ったのは、この特集の最初の記事「個人のモノ、空間、スキル 人生は社会を変える起爆剤に」の冒頭で出てきたホームアウェイ社とせとうちDMOの提携。つかみでこれが出てきたので、カバー範囲がムックよりも広いと直感した。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 仕事の小ネタ ブログトップ
メッセージを送る