So-net無料ブログ作成
検索選択
仕事の小ネタ ブログトップ
前の10件 | -

『人はお金だけでは動かない』 [仕事の小ネタ]

人はお金だけでは動かない―経済学で学ぶビジネスと人生

人はお金だけでは動かない―経済学で学ぶビジネスと人生

  • 作者: ノルベルト・ヘーリング、オラフ・シュトルベック
  • 出版社/メーカー: エヌティティ出版
  • 発売日: 2012/08/27
  • メディア: 単行本
内容紹介
労働市場や金融といった伝統的な分野だけでなく、文化、歴史、健康、幸福感、男女差、スポーツなどの分野にも経済学の研究が入り込んでいる。経済ジャーナリストがその最前線をわかりやすく解説する。

スピーチをやれと言われて話すネタがまじで思いつかない時、常套手段となり得るのは、どこかからの引用を持ってくることである。本来ならだれもが知っている偉い人の引用を持ってくるのが効果的で、ブータンで言えば国王様のお言葉というのはある意味絶対で、インパクトも相当強い。こうした誰もが知っている有名人の発言というのの他に、名前は知れてない人であっても、「〇〇大学の」と枕詞を付けると、何となくその引用に重みを持たせることができるのではないかという気がする。

ただ、その分こちらにも普段からの情報収集が必要になる。普段からそういうネタを拾い集めておくことで、困った時にもわりとすんなり窮地を切り抜けることができる。読書をやり、その中でのネタをこまめにブログでメモしておくと役に立つ。そういう経験を何度かしてきている。

従って、経済学や経営学の近年の研究成果を棚卸しして1冊の書籍の中で解説しているような本というのは、非常に有用だと思っている。書かれていることが全てすぐに役に立つとは思わないが、少なくともその中の何カ所かにはマーカーを引き、いつ訪れるかはわからないがスピーチを準備したり会議で発言したりする時には使えると思う。

本日ご紹介する1冊は、原題は『Economics 2.0』となっているくらいで、経済学分野の最近の研究成果をかなり幅広く網羅している。日本語のタイトルはその点では損をしている。元々本書を中古であっても購入した理由は、日本語のタイトルの方に惹かれたからなのだが、実際に読み始めてみると、ブログの冒頭で書いたような使い方ができそうだなという思いの方が強くなった。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『角川インターネット講座(10)』 [仕事の小ネタ]

角川インターネット講座 (10) 第三の産業革命経済と労働の変化

角川インターネット講座 (10) 第三の産業革命経済と労働の変化

  • 監修: 山形浩生
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川学芸出版
  • 発売日: 2015/02/24
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
蒸気、電気に続く産業革命は情報技術によって起こった。しかし社会は本当に豊かになったのか? 3Dプリンターの普及、ビットコインの衝撃、そして終焉を迎えるホワイトカラー。インターネットがもたらす変化の本質を、世界のエキスパートたちが解き明かす。トマ・ピケティ『21世紀の資本』の翻訳者が提唱する新時代の経済論!

実は、明日から日本に帰ります。1週間だけ。仕事でブータンに来てから4月末でまる1年になり、前向き度で言えばこの3カ月がいちばん底だった。幸せの国にいて言うセリフじゃないけれど、この数カ月ちょっと無理していたので、大仕事が終わるたびに体調を崩し、なかなか立ち直れない状態が続いている。ここいらで家族の顔でも見てひと息入れたいと考えた。

その休暇に携行したくなかったので、序章、第1章だけ読んで放置した状態だった本書も、エンジンかけて読んでしまうことにした。週末からとりかかり、木曜日にようやく読み切った。全章同じ深さでは当然読めていない。実際流し読みしていてはメッセージが入って来にくい難解な章もあったので。

元々本書を買ってまでこちらに持って来たのは、僕の知人が1章書いておられるからだ。本書は、「情報革命の全貌をとらえる」ことを目的として出版された「角川インターネット講座」のシリーズ第10巻だが、その知人の書いた章は、「メイカー運動とファブ社会」を取り上げている。これはこれでとても示唆があった。なぜなら、長らくやきもきさせられ、僕のイライラの遠因ともなってきたブータンのファブラボが、どうやら今月20日にオープンするところまで漕ぎつけたからだ。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ユーザーイノベーション』 [仕事の小ネタ]

ユーザーイノベーション: 消費者から始まるものづくりの未来

ユーザーイノベーション: 消費者から始まるものづくりの未来

  • 作者: 小川 進
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2013/09/25
  • メディア: 単行本
これまでイノベーションというものは、メーカーや研究機関からの専売特許と見られてきたが、インターネット技術の進歩に伴い、広く消費者にイノベーションの道が開かれるようになってきている。この「イノベーションの民主化」によって、企業の製品やサービスづくりが大きく変わり、多様なイノベーションが一気に広がろうとしている。それはまた、「消費者の叡智」をうまく取り込むことで、企業は少ない費用で魅力的な製品を開発できるようになることを意味している。本書は、消費者イノベーションについての世界最先端の研究成果をもとに、新しい製品・サービス開発と経営のあり方を説いたものである。マウンテンバイク、マスキングテープ、クックパッド、カヤック、初音ミク、レゴ、無印良品、エレファントデザイン、イノセンティブ、3Dプリンターなど、多くの先進事例も取り上げられている。>

1年半積読にしておいた本をようやく読んだ。元々この本は、当時会社の先輩から「オープンイノベーションを集中的に勉強する研究会を立ち上げないか」とお誘いを受け、自分の勉強用にと購入した文献のうちの1冊だが、その前に本書の著者の米国留学先での指導教官だったエリック・フォン・ヒッペルの著書『民主化するイノベーションの時代』を読んでしまい。それでかなりのエネルギーを使い果たしてしまい、その間に研究会自体は何度か行われたので、なんとなく読むタイミングを逸したのである。

『民主化するイノベーションの時代』については、二度読んでこのブログでも読後の感想を述べている。わりとしっかり書いているので、これを機にこちらの記事も読み直してみていただきたい。今回ご紹介している本の中で、最も自分的に「ピンと来た」のは、第4章「消費者はイノベーションを無料公開する」の記述である。しかし、改めてフォン・ヒッペルの著書を紹介したブログの記事を読み直してみると、その時にも僕自身がこのイノベーションの無料公開にポジティブに反応していることがわかる。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『第四次産業革命』 [仕事の小ネタ]

第四次産業革命 ダボス会議が予測する未来

第四次産業革命 ダボス会議が予測する未来

  • 作者: クラウス・シュワブ
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2016/10/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
人類の生活と常識は、根底から覆される!ダボス会議(世界経済フォーラム)の創設者として世界の経済と政治を40年間にわたって中心から観察しつづけてきた著者が、ダボス会議でグローバルエリートと行ったディスカッションを基に、来るべきメガトレンド=第四次産業革命を詳細に解説!
・AIやロボットに代替されるリスクが低い職業は?
・企業が移行を迫られる新たなビジネスモデルとは?
・ロボットによる労働者の代替は、不平等を拡大し、社会不安を生むのか?
・人間の行動が予測可能になった時、そこに個人の意思やロボットとの違いは存在するか?
・ゲノム編集や合成生物学は、人類をどう変えるか?
・自律型兵器やサイバー戦争は、戦争の定義をどう変えるか?

イッキ読みではない。50頁付近でなかなか先に読み進められなくなり、それでも先週末を三連休にしてグダグダしていた中で、残りの180頁をなんとか一気に読み進めた。読了してホッとしたというのが正直なところだが、多分この本は必要な時に二度三度ともう一度必要箇所を読み直して、しかも何かの機会にはここから引用したらいいような内容が含まれている。

今は国外で生活をしているので、「何かの機会」というのは殆どが英語で行われるものだと思う。実はこの本自体も、元々は原書の方を先に購入していた。特に、新しい技術を示す英語表現は、これまでの僕らの使ってきた英語のテキストでは出てきていないので、単に読み物で終わらせるだけではなく話のネタにすることを想定すれば、英語でどう言うのかを意識しながら読む必要がある。

そういうことを考え、日本語で読んで、「ここは」と思った記述にはマーカーを引く。そのマーカーの箇所を原書の方にもマーカーする。そんな方法論を想定していたのだが、序盤の50頁とその後の180頁で間が空きすぎたこともあり、全く線が引けなかった。通読自体ももう一度やらないといけない。

今まで別の書籍を読んで出てきた文献の引用がこの本には多い。「どこかで聞いた話」というのが1冊の本の中でまとまって出てくる点ではコストパフォーマンスも大きい。それならこの本1冊を座右に置いておけばいいなと。世界経済フォーラム向けのレポートなので、この本自体も引用の価値が相当にあると思う。

The Fourth Industrial Revolution

The Fourth Industrial Revolution

  • 作者: Klaus Schwab
  • 出版社/メーカー: Portfolio Penguin
  • 発売日: 2017/01/05
  • メディア: ペーパーバック

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『イノベーターたちの日本史』 [仕事の小ネタ]

イノベーターたちの日本史

イノベーターたちの日本史

  • 作者: 米倉 誠一郎
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2017/04/28
  • メディア: 単行本
内容紹介
彼らはどのように未来を切り拓いていったのか?従来の史実では描かれなかった躍動感あふれるストーリーがここにある。高島秋帆、大隈重信、笠井順八、三野村利左衛門、益田孝、岩崎弥太郎、高峰譲吉、大河内正敏――アヘン戦争、開国、財政政策、秩禄処分、士族授産、三井と三菱財閥、理化学研究所――。
本書は、明治から昭和初期にかけての日本のイノベーターたちが、津波のように押し寄せる大変化にきわめて創造的に対応し、思いもよらない独創性を発揮していった過程をたどる試みである。そこには、これまで歴史の片隅に追いやられていた重要な事実の再発見もある。たとえば、アヘン戦争で解任された中国の高級官僚が残した西洋に関する文献や著作が、さまざまな偶然を経て国境を越え、江戸幕府が開国決断へと至るストーリー、勤王の志士がわずか数年にして明治政府の経済政策を作り上げていくストーリー、研究所から新興財閥を作り上げた理研の創業者のストーリーなど、従来の日本史では注目されることの少なかった人物と、彼らが突破した難題と、それらが社会にもたらしたインパクトを紹介していくものである。

最近、僕がこのブログで本の紹介をあまりしてないのに、「読書ブログ」と言えるのかと怪訝にお感じになられていた読者の方は多いのではないかと思う。誠に申し訳ないことです。先月中旬以降、忙しすぎたこともあるのだが、とにかく読書に割いている時間を持てなかった。それと、300頁を超えるような大部の本を同時並行的に読んでいたこともあって、読了するまでに時間がかかったというのもある。前の記事で書いた通り、大きな仕事がほぼひと段落したので、今週末はグダグダしている。写真撮影ドライブのようなアホな企画もやったけど、一方で読みかけのまま放置していた本を一気に片付ける、よい休日となった。

この週末に読了した1冊目の本が、前回『2枚目の名刺 未来を変える働き方』に続く、一橋大学イノベーション研究センター特任教授、米倉誠一郎先生の著書。実は今回ご紹介する本も含め、この2冊は同時に購入していたのだが、日本史に関する後者の方が後回しになった。僕の仕事自体がこの本の内容との間で即座にシナジーを見い出しにくいと思ったので、立て込んでいた仕事がひと段落してから読み始めることにしたものだ。

なにしろ日本の歴史の話なので、今ここで働いていることとの接点があまりなく、話のネタにもしづらい。などと思っていたら、読み進めるうちにこの本、幕末から明治にかけての日本の政策制度構築の話から、それに対する民間のレスの話にまで展開し、著者もそう言及されているけれども、今の開発途上国の話にも通用するネタがかなり豊富に含まれているのがわかった。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『日経テクノロジー展望2017 世界を変える100の技術』 [仕事の小ネタ]

日経テクノロジー展望2017 世界を変える100の技術

日経テクノロジー展望2017 世界を変える100の技術

  • 編者: 日経BP社
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2016/10/22
  • メディア: 単行本
内容紹介
交通に大変革をもたらす「自動運転」やインターネット以来のイノベーションと呼ばれる「FinTech」、さらに速く、便利になるICT、見守りや災害対策など危険から人を守るテクノロジー、再生医療や介助ロボットなど、「人に寄り添うテクノロジー」が続々と登場し、あなたの仕事を、日常生活を、交通や住まいを、医療と介護を、産業を変えています。しかしテクノロジーには長所も短所もあり、その使いこなしを一人ひとりが考える時代を迎えつつあります。本書は2017年に実用が進む100の有望テクノロジーを厳選し、そのインパクトを簡潔に、わかりやすく紹介します。

これから3日間、またティンプーを留守にします。その間、おそらく全くネットのつながらない場所にいると思います。その前に、最近ようやく読み切った1冊をご紹介しておきたいと思います。

ブータンにいると、日本の技術に対する盲目の信頼感というのを強く感じる。信頼が過ぎて日本に頼る、ひいては自分達ではわからないのでというので丸投げにするというのがお決まりのパターンになっている。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Pen+下水道のミライ [仕事の小ネタ]

Pen+(ペン・プラス) 大いなる可能性を秘めた 下水道のミライ (メディアハウスムック)

Pen+(ペン・プラス) 大いなる可能性を秘めた 下水道のミライ (メディアハウスムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2015/03/24
  • メディア: ムック
内容紹介
大いなる可能性を秘めた下水道のミライ―――。
いま下水道が面白い! なにしろミライが詰まっているのだから。汚水処理や雨水排除の最新技術はもちろん、なかでも注目なのが、エネルギー源としてのポテンシャルだ。汚泥処理の過程で製造される水素は、究極のエコカー“燃料電池自動車”の燃料として期待を集める。さらに下水道は、食料生産のミライをも変えつつある。 下水の資源を食に活かす〝ビストロ下水道〞が進行中だ。京都や神戸、横浜といった自治体の取り組みからも目が離せない。男性主導だった下水道業界で、技術職から事務職まで、あらゆるフィールドで活躍する〝下水道女子〞たちも増えてきた。あなたもぜひ、下水道の世界へ足を踏み入れてほしい。下水道が導くミライをもっと知りたくなるはずだ。

昨日のことになるが、下水処理技術を売りにする日本の中小企業の方に代わって、当地でその下水処理技術について、将来の土木エンジニアの卵である学生さん向けにプレゼンをやった。事前に最大15ページの英語論文まで提出を義務付けられたそれなりに手のかかるプレゼンで、4月後半の僕の多忙の根本要因となったのがこの仕事だった。

考えてみれば当たり前のことだが、日本の中小企業で、自社の持つ優れた技術を海外で英語で説明できるようなところは少ない。売りの技術も単に日本語をローマ字表記したものをそのまま使われ、セクシーな英語表記の技術名がない。単に英語表記だけの問題というならまだいいが、自社の技術のメカニズムを簡単に英語で説明した資料もない。いや、あるにはあるが、技術者が技術者に説明するような内容で、少なくとも僕のようなド素人には難解な記述であり、突っ込まれたら答えに窮したに違いない。

また、下水道ってちょっと難しくて、wastewater treatmentと、sewerageとsewage、drainage等の表現は、どうやって使い分けたらいいのかわからない。参考にできるのはその企業が既に海外で売りの技術を導入して整備された下水処理施設の効果を実証した研究論文のようなものなのだろうが、それもない。しょうがないからグーグル検索でその技術に関して第三者が書いている英語の論文を探し出して、それを読み込むようなこともした。

それでなんとか英語の論文を書き上げ、念のためにその会社の社長さんに送ってチェックを依頼したけれども、「英語はわからないのでお任せする」と即答されてしまった。こちらは、「下水道はわからないのでそちらにお任せしたかった」のですが(苦笑)。だから、最初は主執筆者をその社長さんにして、僕は第二執筆者でいいと思っていたのが、途中から、「これだけ苦労しているんだから、僕が主執筆者になろう」と思うようになった。自分の履歴書にも胸を張って書けるし。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ビジネスマンが大学教授になる方法 [仕事の小ネタ]

ビジネスマンが大学教授、客員教授になる方法 (ディスカヴァー携書)

ビジネスマンが大学教授、客員教授になる方法 (ディスカヴァー携書)

  • 作者: 中野 雅至
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2013/09/09
  • メディア: 新書
内容紹介
労働市場の流動性が高まるこの時代、一流大学を出て大手企業に就職すれば一生安泰…という図式は崩れてきています。その中で、現在のキャリアに付加価値をつけるため、また、ほかの働き方を求めて転職するために、「大学教授になる」という選択肢があります。大学教授というと、博士号を取得し、助教、准教授を経て、運良く教授の席が空いたらなれるもの、と思われがちですが、今や半数が一般企業や団体からの転身組。しかも、公募からの採用が一般的です。さらに、最近増加中の客員教授・特任教授なら、副業として、こなしていくことが可能です。では、どうやったらなれるの?その裏技を、キャリア官僚から大学教授に転身した著者が実体験をもとに紹介します。

手前味噌な話だが、昨年、日本語で書いた論文が社内閲覧スペースで採用・公開された。これ以外に、クエンセルに記事を2本投稿して、1ページまるまる使って掲載していただいた。そして、2月に土日費やして必死で書いた英語の論文が、すったもんだの編集事務局とのやり取りの末、年末までにはジャーナル掲載された。

特に最後のジャーナル掲載論文はいい経験になった。最初に僕が書いた原稿は、査読者のコメントに二度答えてリライトしているうちにかなり贅肉は取り払われていったと思うが、採用が決まった後のエディターの英文校閲でメッタメタに編集され、かなりいい英文に生まれ変わったのである。「ああ、そういう言い回しがあるのね」とエディターのセンスの良さに感動してしまった。当然、僕の初稿は原形をあまりとどめていない形になってしまっているが、いい文章になって世に出たのは嬉しい。

その時の経験があって、英語で論文を書くということに対する心理的なハードルはかなり下がって2017年を迎えた。とりわけすさまじかったのはこの4月で、僕はまたまたクエンセルに寄稿し、1月からスタックしていた別の論文を書き上げ、さらに5月にブータンで開かれるセミナーでの発表のために事前提出する別の論文を書き上げた。土日はほとんどの時間を執筆に費やした。ブログの更新が滞った最大の理由は、その時間を執筆作業に充てていたからである。そして、再びブログ更新を始めたのは、4月の書き物がほぼ山を越えたからである。

自分の考えを世に問う、クエンセルへの投稿は名刺代わりに使えるし、他に書いた論文2本は当地にてジャーナル掲載を目指しており、採用されればまたエディターが美しい英文に化粧直しして下さるだろう。さすがに1カ月で3本というのは体にも無理を強いたようで、体調を崩した理由もこの辺にある。でも、それと引き換えに得られた―――というか、残せたものは大きいと思っている。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『人と「機械」をつなぐデザイン』 [仕事の小ネタ]

人と「機械」をつなぐデザイン

人と「機械」をつなぐデザイン

  • 編者: 佐倉統
  • 出版社/メーカー: 東京大学出版会
  • 発売日: 2015/02/26
  • メディア: 単行本

内容紹介
私たちの身の周りにあふれるさまざまな「機械」。人類は機械を活用することで、生活環境を飛躍的に向上させてきた。しかし、原発事故の例にみられるように、そこにはかならず負の側面も存在する。そこで、デザインという視点から、人と機械の関係を問い直し、より良い未来社会の姿を展望する。

この本も、前回ご紹介した『海外でデザインを仕事にする』と同様で、自分が知っている人がインタビューで登場される章があり、僕の目下の関心事項とも共通する内容だったので、購入することにした。但し、中古品をBook Offで購入したのだが。

なにしろこの本、新品だとA5判でも定価が税抜きで3600円もする。さすがは東大出版会、相当強気の価格設定だ。この本が書店店頭に並んだ頃には既に存在を知っていたのだが、すぐ読みたいと思ったのが14章中1章しかないのに、3600円もの金額を払う気にはなれずに放置していた。それが、昨年の今頃たまたまBook Offで並んでいるのを見つけて、廉価で購入した。

但し、中には「謹呈 ヒューマンルネッサンス研究所」と書かれた短冊が入っていた。ということは、この本の編集出版に関わった人と何らかのつながりのあった人が、著者謹呈としてただで受け取った本を、中古本市場に横流ししたということなのだろう。Book Offの買取価格なんてたかが知れているが、何だか寂しいお話だ。せめて短冊は取ってからBook Offへ持ち込んで欲しかったものだ。

などと前置きを長くしてしまったが、内容的には読み手の問題意識によってはなんとでも読めそうな本だという印象を受けた。この本は元々はオムロンの傘下のシンクタンク「ヒューマンルネッサンス研究所」が東大の佐倉教授研究室に持ちかけて実現した共同研究プロジェクトで、人と機械の理想的な関係の未来像を構想するという目的で、東大つながりで様々な研究領域から研究者が参加、ヒューマンルネッサンス研究所の研究員とコラボして、3年間の研究の結果が本書にまとめられたものである。読み手の問題意識によってなんとでも読めそうだといのは、こうした分野横断的な知性が集結しての研究成果であることが一因だろう。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学』 [仕事の小ネタ]

ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学

ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学

  • 作者: 入山 章栄
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2015/11/20
  • メディア: 単行本
内容紹介
ドラッカー、ポーターしか知らないあなたへ。
「ビジネススクールで学べる経営学は、最先端からかけ離れている!」
米国で10年にわたり経営学研究に携わってきた気鋭の日本人学者が、世界最先端の経営学から得られるビジネスの見方を、日本企業の事例も豊富にまじえながら圧倒的に分かりやすく紹介。世界の最先端の「知」こそが、現代のビジネス課題を鮮やかに解き明かす!

随分前にキンドルで購入していた本だが、今週になってようやく読む気になった。きっかけは今週出たある会議で、発言機会が得られれば自分の発言に箔を付けるのに「世界最先端の知見」というのから言えることを引用してやろうと考えていたことだった。

その会議は2日間行われたが、主催者にもいろいろな思惑があったのか、僕は円卓の最前列に座らせてもらえなかった。マイクがある最前列ならともかく、椅子しか置かれていない二列目には発言権はない。初日終了後に主催者に最前列に座らせて欲しいと訴えたけど、聞き入れてもらえなかった。僕はその会議に2日目、席を最前列にいただけることを期待して、おそらく1回しか回ってこないであろう発言機会を狙って、何を言うかをひと晩練り上げた。そのために参考にしたのが本書の第19章「日本の起業活性化に必要なこと(1)―簡単な『キャリア倒産』」第20章「日本の起業活性化に必要なこと(2)―サラリーマンの『副業天国』」第21章「成功した起業家に共通する「精神」とは」であった。非常に参考になった。

以前から度々指摘してきているが、起業して成功してやろうというギラギラ感をブータンの人々から感じることは多くない。なのに、昨年11月の世界企業家週間の一連のイベントでの議論を見ていると、融資へのアクセスが起業を妨げるボトルネックだとする意見一色の印象を受けた。ブータン人の若い人々の中には、いいアイデアを持っている人もいるが、いざそれを具体化させ、新規事業を立ち上げようとする段階で、腰が引けて煮え切らない態度を取る。そういう時はできない言い訳を並べ始める。

僕からすると、起業や新規事業立ち上げへの障害は、融資へのアクセス以外にもあるような気がしてならない。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 仕事の小ネタ ブログトップ
メッセージを送る