So-net無料ブログ作成
検索選択
仕事の小ネタ ブログトップ
前の10件 | 次の10件

『フィードバック入門』 [仕事の小ネタ]

フィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術 (PHPビジネス新書)

フィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術 (PHPビジネス新書)

  • 作者: 中原 淳
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2017/02/18
  • メディア: 新書
内容(「BOOK」データベースより)
年上の部下、育たない若手…多様化する職場の人材に対応できず、部下育成がおろそかになっている現代のマネジャーたち。そんな悩みを解決する、日本の企業ではあまり知られていない人材育成法、それが「フィードバック」。「成果のあがらない部下に、耳の痛いことを伝えて仕事を立て直すこと」と定義されるこの部下指導の技術について、基本理論から実践的ノウハウまでを余すことなく収録。「フィードバック」の入門書にして決定版の1冊。

以前、ある論文を書くときに、中原淳さんのセミナーでの発言録を参考にさせてもらったことがあるが、著書を読むのはこれが初めてである。僕が健康診断受診のために日本に帰っている間に発刊となり、日経新聞の広告欄でもデカデカと取り上げられていたこともあり、ちょっと読んでみようかと思って購入。日本からブータンまでの長い移動時間の後半、『インターネットの次に来るもの』読了後の読み物として手に取り、まさにパロ空港着陸の少し前にようやく読了した。

マネージャーの立場としては、本書の紹介欄の文章には惹かれるものがあったのは事実。但し、今僕が年上の部下や、育ってない若手で悩んでいるわけでもないし、成果が上がらない職場で苦慮しているわけでもない。世界中を見渡してどうかと言われると困るが、少なくともこの国においてはよく働いている職場である。だから、広告の殺し文句が心に響いたわけではないが、僕の部屋が個室になっているために、他のスタッフの執務室で普段何が起こっているのかが見えにくいという難点は抱えている。

個室にいるからコミュニケーションが少ないのだと口さがないスタッフに直言されたこともある。そういう人ほど僕とのコミュニケーションにメールを多用する。メール打ってる時間があるなら、直接相談しろと言いたいが、メールの使用は各々の出来上がった仕事のスタイルとも関連しているので、僕に合せろというのも難しい。取りあえず、その人だけに即答すればいいものはワンセンテンスのメールで返信。ちょっと込み入ったものは直接送信者の席に行って立ち話をする。また、庶務担当スタッフの仕事を半ば肩代わりする形で、書類を持ってその作成者のところに出向いて直接手渡して会話を交わすようなこともやる。今のところ、それくらいしかできていない。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

インターネットの次に来るもの [仕事の小ネタ]

〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則

〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則

  • 作者: ケヴィン・ケリー
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2016/07/23
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
人工知能、仮想現実、拡張現実、ロボット、ブロックチェーン、IoT、シンギュラリティ―これから30年の間に私たちの生活に破壊的変化をもたらすテクノロジーはすべて、12の不可避な潮流から読み解ける。前作『テクニウム』でテクノロジー進化の原理を鮮やかに描き出した著者の待望の最新刊。ニューヨークタイムズ・ベストセラー。

ブータンに戻ってきた。バンコク~パロ間のフライトがこれまでよりも2時間前倒しになったお陰で、羽田発の夜行便では乗継に十分な時間が取れないということで、羽田発のフライトを前回よりも早め、前日16時にはバンコクに到着、そこから翌日の朝7時まで、空港構内で14時間以上過ごすという、疲れる行程にした。

そうすると睡眠を取る必要はあるにしても、トータルで24時間ぐらいの自由になる時間ができることになる。そこでやってみたのが、ちょっと分厚い専門書を、一気に読んでしまうというもの。選んだのは雑誌WIREDの編集長が出された近著である。羽田~バンコク便の機内で読み始め、途中居眠りとか食事とか、気分転換のウォーキングとかは入れたものの、断続的に読み進めて、約10時間かけてなんとか読み終えた。

こうした本は、読み始めるのにも読み進めるのにも相当なエネルギーが必要だ。日常の生活に戻ってからでは、いつになったら読み始められるか、いつになったら読了できるか、全く自信がない。旅行中というような特別な状況の中で一気に読む方がいい本だといえる。洋書では往々にして記述が冗長なところがあるが、本書の訳者は非常にいい翻訳をされていて、日本語でつまずくことは少なかった。よどみのない訳文に助けられたところもかなりある読書だった。

さて、何故この本を選んだのかというと、今世界で起こっていること、その延長線上にある不可避の未来への理解を一度整理しておきたいと思ったからだ。ブータンは急峻な山に囲まれ、今でも純朴そうな人々が農作業にいそしむ姿を目にするので、世界で起こっていることは忘れて、刹那的に毎日を過ごしていられる。でも、その間に世の中は着々と変化していて、ブータン人も、そこに住んでる僕らも、それに翻弄されるしかないという事態に直面するかもしれない。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『Fusion 360 操作ガイド ベーシック編』 [仕事の小ネタ]

早いもので、3週間にわたる一時帰国を終えて、ブータンに戻る日がやってきた。息子の大学受験に対して心の支えになれたかどうかはともかくとして(邪魔した点はあったかもしれないが)、赴任10ヵ月経過時点で、今後の僕自身の生活に必要な準備はある程度はできたのではないかと思われる。

その1つが、3Dプリンターの操作を学ぶことであった。最初はそのつもりで自宅近所にあるファブスペースに行って「そういう目的だから」と断った上で会員登録もしたが、肝心の3Dプリンター利用に関しては、若い女性スタッフに、「自分が作りたいもののデータを持ってきていただければすぐにご説明します」と言われてしまった。

そう、ここのファブスペースは工作機械を使って実際にものを作る人のための施設で、工作機械の操作方法を学ぶための施設ではない。何を作るにしても、Illustratorや3D-CADソフトの理解は別の場で自分で進め、作りたいもののデータを持ってきて実際に作るのがこのスペースの役割だったらしい。

仕方なく、僕は方針を切り替え、先ずは3D-CADソフトの操作方法から学ぶことにした。ファブスペースのくだんの女性スタッフから、ソフトとしてFusion 360を使っている人が多いと聞き、さっそくこれをダウンロードし、ついでに操作ガイドブックとして、本日ご紹介の本を購入した。

Fusion 360操作ガイド ベーシック編―次世代クラウドベース3DCAD

Fusion 360操作ガイド ベーシック編―次世代クラウドベース3DCAD

  • 作者: 三谷大暁・別所智広・坂元浩二
  • 出版社/メーカー: カットシステム
  • 発売日: 2016/02/26
  • メディア: 単行本

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『未来をひらく道』 [仕事の小ネタ]

未来をひらく道 ネパール・シンズリ道路40年の歴史をたどる

未来をひらく道 ネパール・シンズリ道路40年の歴史をたどる

  • 作者: 亀井温子
  • 出版社/メーカー: 佐伯印刷
  • 発売日: 2016/03/10
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
インドと中国という大国に挟まれたネパールは長い間、ヒマラヤの山々に閉ざされた、小さな王国だった。首都カトマンズとインドをつなぐ道は、物流と経済活動、人びとの生活の命綱だ。しかしその道も、雨期の大雨によって引き起こされる土砂災害で、度々閉鎖されていた。カトマンズとインドをつなぐもう1本の道をつくる。自然災害に度重なる試練を与えられてきたネパールのその悲願は、日本からネパールに引き渡された1本の道によって達成された。シンズリ道路。構想40年、施工20年。この長い年月は、2度の民主化と内戦という、ネパールの激動の歴史とともに刻まれた。

細かいことだが、前回このシリーズの別の本の感想をブログにアップした際、タイトルのつけ方がイマイチだと苦言を呈したことがある。今回ご紹介する本も、背表紙だけを見たら、これがネパールの話だというのがわからないので、読者が気付くチャンスを損ねている。この本はシンズリ道路建設計画のみならず、ネパールの歴史、対ネパール政府開発援助の歴史も概観できる良書である。ネパールのインフラ整備に関わらず、ネパールに関心のある全ての人が読むに値する1冊だと思う。それが、背表紙に載るタイトル1つのために、広く知られるチャンスを逸している。これは非常にもったいないことである。

このシリーズは、短いものでも5年ぐらいの期間の協力の歴史を、多くの登場人物のその時々の行動を活写することを売りとしている。ODA版の『プロジェクトX』と言ってよい。その中でも、今回のシンズリ道路建設計画はとりわけカバーする期間が長い。構想から40年、施工に20年、世界最大の無償資金協力と言われるこのプロジェクトは、この期間の長さゆえに、プロジェクトに関わった関係者の数が半端なく多いし、文献も沢山ある。これを読み込み、関係者から当時の様子を聞き出す作業は、日本側関係者のみならず、ネパール側関係者へのインタビューもあったので、膨大な時間とエネルギーを費やしたであろうことは想像に難くない。中には鬼籍に入られた方もいらっしゃったようで、その人の功績は第三者から聞き出すしかない。これも大変な作業である。

それをやり遂げたのがJICAの一職員であるというのが驚きである。

続きを読む


タグ:ネパール JICA
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『地方からの国づくり』 [仕事の小ネタ]

地方からの国づくり

地方からの国づくり

  • 作者: 平山修一・永井史男・木全洋一郎
  • 出版社/メーカー: 佐伯印刷
  • 発売日: 2016/03/05
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
アジア通貨経済危機以降、民主化とともに地方分権への動きを強めるタイ。日本は世界でも有数の地方自治先進国である。そのノウハウを援助リソースとして、タイの地方自治を支援することはできないだろうか―。“ガバナンス支援”という新たな途上国支援の道を拓くため、学識者と日本の地方自治のエキスパートたちはタイへ飛び立った。

一時帰国も終盤にさしかかってきて、再渡航の際に携行する物資の買い出しに追われる一方、絶対にブータンに持って行かないとわかっている本の読み込みとブログへの感想アップも、時間を見つけてはシコシコやっている今日この頃である。

今日ご紹介する本も、発刊直後に入手はしたが、読んでいる時間が現地で作れず、未読のままに本に持ち帰ったもの。読了すればブータンに再度持って行くような愚行は避けたいので、2日で読み切った。

読みやすい本だった。日本だったら当たり前のように行われている自治体間協力が、タイをはじめとした開発途上国では当たり前ではないらしいというのに気付かされた。小さな自治体が単独で保有すると稼働率が低いような公共サービスは、広域で実施する方が望ましい。とはいえ、それをどこの自治体が所管するのか利害調整するのもまた大変そうだ。これを15年がかりでタイに定着させ、自立発展させたストーリーで、幾つかの特筆すべき物語が列挙されている。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ひたすら読むエコノミクス』 [仕事の小ネタ]

ひたすら読むエコノミクス

ひたすら読むエコノミクス

  • 作者: 伊藤 秀史
  • 出版社/メーカー: 有斐閣
  • 発売日: 2012/04/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
経済学は、世の中と人間を読みとく「文法」だ!
景気、失業、税金、規制、貿易、為替…。経済学と言えば、新聞やニュースでおどる、「マクロ」な経済問題をイメージされる方が多いかもしれません。
しかし実は、経済学には「文法としての経済学」という側面もあります。社会の仕組みや人間の行動を考え分析するための、「ツールキット」としての側面です。
経済学を通して世の中の様々な問題を考えていくことで、「◯◯は,こんなふうに考えることができるのか!」という新鮮な驚きと、「△△は,経済学で考えないと見落としてしまっていた!」という目からウロコの感覚を味わうことができるはずです。
ひとりで何かを決めること(合理的選択)から始まり、駆け引きのある決定(ゲーム理論)、多人数の意図が交差する市場の成功と失敗、などの基本的なトピックから、「インセンティブ」をキーワードに、現実の不透明な状況でどうすればいいのか、経済学を使って考えてます。
さらに、市場をうまく機能させるため仕組みを考えるの新しい理論(マーケット・デザイン)や、人々の様々な思惑が衝突するなかでの組織の仕組みの作り方(組織の経済学)、についても、経済学という文法で読み解いていきます。

今からちょうど2年前、トマ・ピケティ『21世紀の資本』がもてはやされていた頃、週刊東洋経済が経済学の特集記事を組んだ。その時、参考文献として紹介されていたのが本書で、1年以上経ってある程度ほとぼりが冷めてきた頃になって、BOOK-OFFで本書を見つけ、廉価で購入した。海外赴任までに読み始めることがかなわず、仕方なくそのまま赴任国に持って行ったが、結局現地でも読む機会がなく、そのまま日本に持って帰ってきていた。

取りあえず、この3週間の一時帰国中に、文字通り「ひたすら」読んで、読了というアリバイだけは作った。わからないところで立ち止まったりせず、ひたすら読み進めたので、ちゃんと理解できたかと聞かれるとかなり自信はない。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

草の根イノベーション [仕事の小ネタ]

Grassroots Innovation: Minds On The Margin Are Not Marginal Minds

Grassroots Innovation: Minds On The Margin Are Not Marginal Minds

  • 出版社/メーカー: Random Business
  • 発売日: 2016/07/20
  • メディア: Kindle版
内容紹介
A moral dilemma gripped Professor Gupta when he was invited by the Bangladeshi government to help restructure their agricultural sector in 1985. He noticed how the marginalized farmers were being paid poorly for their otherwise unmatched knowledge. The gross injustice of this constant imbalance led Professor Gupta to found what would turn into a resounding social and ethical movement—the Honey Bee Network—bringing together and elevating thousands of grassroots innovators.
For over two decades, Professor Gupta has travelled through rural lands unearthing innovations by the ranks—from the famed Mitti Cool refrigerator to the footbridge of Meghalaya. He insists that to fight the largest and most persistent problems of the world we must eschew expensive research labs and instead, look towards ordinary folk. Innovation—that oft-flung around word—is stripped to its core in this book.
Poignant and personal, Grassroots Innovation is an important treatise from a social crusader of our time.

インドのアニル・グプタ教授と「ハニー・ビー・ネットワーク」のことは、2000年末頃には既に知っていた。当時僕はある雑誌の寄稿連載枠で、1回だけ執筆するよう頼まれ、インドの社会開発におけるICT活用の話の中で、特出しして「ハニー・ビー・ネットワーク」のことを書いたと記憶している。特別接点があったわけではないが、僕がインドという国に凄さと面白さを感じたのはこの頃のことであり、以後インドに行きたいとずっと希望し続けていたら、2007年になってようやく実現した。既に友人もいて、インド駐在を機に旧交を温めることもできたが、それとともに嬉しかったのは、アニル・グプタ教授の活動をわりと頻繁に報じる全国紙The Hinduと出会ったことだった。

今はどうなっているかわからないが、当時は毎週木曜日の同紙では農業農村開発分野での草の根発明家のイノベーションが紹介されていて、それにグプタ教授のコメントが付いているケースが多かった。同紙のネタ元がナショナル・イノベーション財団(NIF)という、グプタ教授の働きかけでインド政府が設立した財団のデータベースだったのは明らかで、2010年初頭には、この中の発明品を登場させる形で、アーミル・カーン主演の映画『3 idiots』(邦題、きっとうまくいく)も公開されている。インドでは毎年「イノベーション展」というのが開催されている。今は大統領府の敷地内で草の根発明品が展示されている。
http://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2010-03-14

僕はインド駐在時代にアーメダバードに行ったことがなくて、残念ながらグプタ教授にはお会いしたことがないが、インドと言えば僕にとってはアニル・グプタ教授の国であり、そして草の根発明家の国なのである。そして、残念ながらそういう草の根レベルからイノベーションや社会起業家が生まれにくいのが、僕が今住むブータンなのである。

そんな、僕の敬愛するグプタ教授が、昨年7月に本を出された。矢も楯もたまらず電子書籍版を購入し、さらには8月に出張でインドに行ったついでに空港で書籍版も購入した。そこまで惚れ込んでいる著者の本ならさぞかし早く読み終われるのだろうと思われるかもしれないが、インド人の知識層にはよく見られる、難解な単語や表現が並ぶ本で、読み進めるのに極めて難儀し、昨年末の時点で辛うじて50%を超えた程度。これではまずいと一念発起し、今月6日に当地で行われたイベントを1つの目標と定めて、残りの紙面を一気に斜め読みで目を通した。あまり納得いく読み方ではないが、これを以って一区切りにしようかと思っている。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『読んだら忘れない読書術』 [仕事の小ネタ]

読んだら忘れない読書術

読んだら忘れない読書術

  • 作者: 樺沢紫苑
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2015/04/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容(「BOOK」データベースより)
こうすれば、記憶に残すことができる! 毎月30冊の読書をこなし、毎日40万人に情報発信!異色の精神科医が教える、脳科学に裏付けられた、本当に役立つ読書とは?

年の初めは自分のワークスタイルやライフスタイルを見直す良い機会だろうと思い、こんな本も読んでみた。いつかは忘れたが昨年キンドルで購入し、そのまま積読状態にしていたもので、著者に言わせると、購入して即読まないと記憶に定着させることが難しくなるという点では、僕のやったことは落第点だなと苦笑いさせられる。

当然、僕がこんな本を買った理由は、読んだ本で書かれていることを容易に忘れてしまうというのを何とかしたいという思いがあった。もっと言えば、僕のまわりには、「かの偉大な哲学者の〇〇は、著書〇〇の中で、『~~~』だと言っている」というような引用をごく普通にするような人がいるが、僕にはそれができない。その本を読んでないわけではないが、そういう、気の利いた引用をうまく自分の論点をサポートする材料として話の中に挿入するテクニックが僕にはないのである。本を読んでないわけでもないが、誰もが知っている有名な著者の本ばかりを読んでいるわけでもない。仮に僕が「かの有名な精神科医の樺沢紫苑が、『読んだら忘れない読書術』の中でこう言っている・・・」と始めたところで、聴いている人々は、「樺沢紫苑て誰?」というところで立ち往生してしまうだろう(笑)。

そんなことを考えながら読み始めたわけだが、結論から言うと、自分が探していた答えは見つからなかった。「速読よりも深読」、「深く記憶に残すマーカー読書術」、「気付きを人と共有するソーシャル読書術」といった流れは、まさに僕が今も実践していることである。僕はそんなに多読じゃないし、1冊読んでいる間に心に響いたフレーズは10カ所程度は線を引くし、それを先ずはSNS読書メーターで最大255文字の感想として書き、それをベースにして次はブログで長めの読書ノートを書いている。確かに、「1週間に3回アウトプット」等、厳密に言うと著者の提言を忠実に守っているわけじゃないが、著者の定義する「アウトプット」の中にはマーカーで線を引きながら読むというのも含まれているらしいので、それを1回とカウントすれば、僕のやっていることは著者の推奨されていることと割と近い。

それでも、気の利いた引用ができないんだよな~。


続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『作ることで学ぶ』 [仕事の小ネタ]

作ることで学ぶ ―Makerを育てる新しい教育のメソッド (Make:Japan Books)

作ることで学ぶ ―Makerを育てる新しい教育のメソッド (Make:Japan Books)

  • 作者: Sylvia Libow Martinez、Gary Stager
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2015/03/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
本書は、教育の新しい潮流として注目されている「STEM教育」や「プログラミング教育」に携わる教育者のための書籍です。まずは基礎編として、テクノロジーを活用した教育の歴史と「構築主義」などの教育理論、学習のためのデザインモデルを解説。その上で実践編として、Arduino、Raspberry Pi、3Dプリンター、Scratchなどのハードウェア、ソフトウェア双方の学習素材の紹介、授業を行うための環境の整備、カリキュラムの作成と評価の方法、生徒との関わり方などを詳しく解説し、新しい分野に取り組もうとする教育者をサポートします。企業内ラボ、Makerスペースの運営者にもおすすめです。日本語版では、監修の阿部和広氏による日本の“作ることで学ぶ”教育の歴史と現状についてのまとめと日本国内の情報源の追加を行いました。

年末年始のお休みも今日2日が最終日。幾つかの「持ち帰り残業」をカバンの中に入れて休暇入りしたが、結局のところその作業に十分な時間を割くこともなく、最終日の夜を迎えている。現実逃避したい気持ちもあり、それでもボーっとしているのはいけないと思い、数週前から読み始めて未だ90頁程度しか読めてなかった本書を、とっとと読み進めることにした。本来この休暇中に着手するつもりでいた論文執筆も、本書がその参考文献の1冊になり得るかも、という後から取って付けたような理由で、後回しにしてしまった次第。それでも、元々360頁以上あるA5判の分厚い本だから、結局読み切るまでに半日以上かかってしまった。

この本は、米国を舞台にして、小学校から中学、高校に至る過程で、学校において「ものづくり」を学ぶ意義と効果、それに学習促進のための手法について詳述されている1冊である。内容的には米国だけでなくどこの国にも当てはまる普遍性はあるように思えるが、こういうメイカースペースを学校に付設して地域コミュニティの中心に据えるという発想や、資機材の整備にあたって父兄や地域コミュニティからの寄付を募ったりしてしっかり資金動員が図れるという状況は、米国ならではであるような気がする。寄付文化が米国ほど根付いていない日本で同じことをやろうとしたら、政府からの助成金で賄わねばならない部分が相当多いような気がする。こういうのを「スーパーサイエンスハイスクール」指定校で導入しているところは、ひょっとしたらあるかもしれない。

同じことがブータンでできるかと考えると、同様に寄付文化がなく、しかも国家財政も外国からの援助に相当依存している中ではやっぱり難しいんじゃないかとも思える。勿論、僕らでも手が出せないような高価なランクルを購入して乗り回せる人がいるくらいだから、一部の公共心の強い高額所得者や開明的な私立学校の経営者当たりがこうした発想に興味を持ち、実現に向けて邁進してくれれば、1校ぐらいのモデル校は意外と早く表れるかもしれないという期待はある。あるいは、こういうアプローチのメリットを理解している外国の援助機関ないしはメイカースペース運営主体が、使途を紐づけして資金提供してくれたら、実現できるかもしれない。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか? [仕事の小ネタ]

新年あけましておめでとうございます。
サンチャイ☆ブログを書き始めたのは2005年2月。ひと回り前の酉年のことでした。
その時々に自分が置かれた状況に応じて、ブログの位置づけを変えて今日に至っています。
今はご覧の通りで、ブータンの今を新聞記事からご紹介するというのを柱に据えており、
逆にここ数年続けてきた読書ブログの性格は少し薄くなってきています。
今年もできる限り続けていけたらと思います。宜しくお願いします。


2017-1-1 Sun.jpg
《今年の初日の出はティンプーで見ました。》

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?

仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?

  • 作者: 木部 智之
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/05/19
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
ショートカット、資料作成、エクセル、メール、伝え方、任せ方、打合せ、ノート、インプット、思考の「型」、スキマ時間―これをやるかやらなかいで必ず差がつく!外資系プロジェクトマネジャーがこっそりやっている仕事のスゴ技75。

ブータンでは師走やお正月の気分を味わうことはほとんどなく、官公庁は12月30日まで仕事、新年は3日から始まる。今回は大みそかと元旦が土日に当たったから大みそかが休日になったが、ずれていれば大みそかも出勤日ということはあり得たと思う。とはいえ、新年2日が祭日であることから、少しだけ長めの連休になったことは間違いなく、お陰で僕も、普段の週末ならやりそうにもないことをやったりして過ごしている。

この機会に僕がやろうと思ったのは、今の仕事の仕方の見直しで、僕の仕事のスタイルに改善の余地がないかどうか、点検してみたいと考えた。そこで、これを機会に以前からキンドルで購入してあった本書を先ず読んでしまうことにした。

勿論、ブータン人の目から見たら、「何もそこまでやらなくても…」と思われるに違いない。同じ職場の人たちを見ていても、「忙しい」と言っているわりに午後5時になったらすぐに退社してしまう。外国留学の経験のある人には例外的に退社後も仕事のフォローをしているケースもないことはないが、それも30分ほどで終わるようなものである。それでも人事評価の時期になると、「自分はこんなに仕事しました!」と最大限の自己評価をする。超ポジティブ思考だ。もっとできたんじゃないかなと思うのだが、「なぜ日本人はそんなに働くのか」という人にはなかなか通じない。

でも、著者が書いておられるような、「面倒くさいから、ラクして速く、仕事を片づけたい」「面倒くさいから、ムダなことはしたくない」という言い方なら、本書で紹介されているようなテクニック、裏ワザは、ブータン人の肌感覚にもフィットするかもしれない。

続きを読む


タグ:木部智之
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | 次の10件 仕事の小ネタ ブログトップ
メッセージを送る