So-net無料ブログ作成
宮本常一 ブログトップ
前の10件 | -

『日本残酷物語』を読む [宮本常一]

『日本残酷物語』を読む (平凡社新書)

『日本残酷物語』を読む (平凡社新書)

  • 作者: 畑中 章宏
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2015/05/18
  • メディア: 新書
内容(「BOOK」データベースより)
高度成長の坂道を登りつつあった昭和30年代半ば、宮本常一、谷川健一らが中心となって平凡社から刊行された『日本残酷物語』。名もなき民衆の営みを「物語」として記録した、この叢書はその後の民衆史、生活史のみならず、記録文学などにも大きな影響を与えた。新たな民衆像を求めて描きだそうとしたのは、いかなる「日本」だったか。「最低辺に埋もれた」人びとの記録。

久しぶりに宮本常一絡みの本を読んでみようと思った。この新書は6月には既に購入し、息抜きがしたい時用に蔵書としてとっておいたものだが、今が読み頃かと思い、手に取った。1959年から61年にかけ、平凡社から全7巻が出版された『日本残酷物語』は、宮本常一、山本周五郎、楫西光速、山城巴の編著となっているが、実質的には宮本常一と平凡社編集長だった谷川健一の共同編集といってよい。

このシリーズが慣行に至った背景と、全7巻の概要を紹介したのが今回ご紹介する1冊である。『日本残酷物語』自体は各巻非常に分厚く、たとえその一部は宮本執筆で過去に僕が読んだ宮本の著作の中にも含まれていたものがあるとはいえ、全巻読破には相当時間がかかりそうだ。だから、実際に各巻を読み始める前に、全体像を把握しておくのはそれなりに時間の節約にもなる。逆にわかった気になってしまって実際に各巻を読もうという気持ちがなかなか起きなくなるのはリスクとは言えるだろう。

この本にはいろいろ読み方があると思う。僕の場合は、僕が生まれる以前に存在した、日本における最底辺の人々の姿を、一度コンパクトに学んでおきたいと思ったからである。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『フィールドワークの戦後史』 [宮本常一]

フィールドワークの戦後史: 宮本常一と九学会連合

フィールドワークの戦後史: 宮本常一と九学会連合

  • 作者: 坂野 徹
  • 出版社/メーカー: 吉川弘文館
  • 発売日: 2012/11/22
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
戦後、人類学・民俗学・考古学などの学会が結成した“九学会連合”。宮本常一らの共同調査から、対馬をめぐる日韓の軋轢や、「日本人」の証明を求めた奄美の人びとの姿を辿り、フィールドワークを戦後史に位置づける。
僕は2009年6月から「読書メーター」というサイトで自分の読書を管理している。感想を詳述するにはブログに任せつつも、寸評は読書メーターにも残している。また、2009年6月以前に読んだ書籍についても、このブログで記録していた分はバックデートで読書メーターにも記録し、ブログをつけ始めた2005年2月からの通算で、何冊読んだかがわかるようにする取組みも始めた。その取組みがあと1年分ほどで完了というところまではきたところで、通算の読書数が930冊を超えていることが確認できた。そこからは、新規の読書で1000冊を目指すことにした。

―――そして迎えた通算1000冊目が、本日ご紹介する1冊である。

読んでみると博士論文のような印象だ。幾つかの章は単独でも1つの論文の体をなしているし、それを横串で刺して「戦後史」ということにはしているけれど、そのフォーカスは九学会連合による合同学術調査の中でも序盤の1950年代に行なわれた対馬、能登、奄美での調査の様子が詳述されていて、それ以後の学術調査については軽く触れられているのみである。おそらくそれの意味するところとは、日本の学術研究者が解明したいと思うような日本国内における「辺境」というのが、高度成長期を境にどんどん失われていったということではないだろうか。

続きを読む


タグ:対馬 坂野徹
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『日本人のくらしと文化:炉辺夜話』 [宮本常一]

日本人のくらしと文化: 炉辺夜話 (河出文庫)

日本人のくらしと文化: 炉辺夜話 (河出文庫)

  • 作者: 宮本 常一
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/08/06
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
旅する民俗学者、フィールド調査の達人であった宮本常一は、聴きだす力・聴かせる力の達人でもあったが、その唯一の講演集。山の中、離島、そして町なか、すべてのくらしの中に、歴史と伝統に培われた、失われた日本人の懐しい文化が脈々と息づいていた。民俗学の新しい可能性を拓く手法を語り遺した一冊。
購入したのはもう半年以上前になるが、文庫本ということで気軽に出張に持って行き、帰りの機中でなんとか読了した。読み始めるまでにこんなに時間がかかってしまったのは、文庫版とはいえ、宮本民俗学の本はそれなりの集中力をもって読まなければならないからだ。

本書は離島振興について重点を置いて書かれている。離島に住む人々が自らオーナーシップを持って島の未来づくりに取り組まないと折角の法整備がモラルハザード、依存心、たかり体質を引き起こすと危惧されている。宮本常一の著作は結構読んできたが、離島住民を叱りつけたという体験談に関する記述は意外な感じがする。あまりそこに住む人に「それではダメだ」と言う宮本さんというのは聞いたことがなかったから。

離島振興法は宮本が特に力を入れて法制化に貢献したものだが、法律が必ずしも期待したような運用をされないケースが目立ってきたのだろう。
 水産は各地で成功しています。たとえば五島の漁業生産額は340億にのぼっている。これはたいへんすばらしいことだと思うのですが、そういう成功の基にあるものは、個人的経営ではなくて、たいてい集団的経営、法人的な経営をもっている。(中略)漁業の場合はそういうように集団操業が比較的容易に成り立っておりますが、農業の方にどうしてそれが移ってこないのか、不思議な感じがします。
 これは、それなりの理由があるのだということをわれわれも考えざるを得ないのですが、それはどこから来ているかというと、団野さんはここに鋭い指摘をしています。
「開発関係を担当するある役場の幹部職員が財政難を訴えて、国がもっと金を出すべきだと強調した。そこで、その金をどんなことに使いたいのかと問い返してみると答えがはっきりしない。これにはいささか驚いた。自主性というものがない。計画性もない。よく話し合ってみると、結論として国や県からの金が出ることが決まらなければ、具体的に町からとるべき施策を決めることができないという」。本来はその逆でなければならないでしょう。そして、その中間に立つ農協自体が指導性を失ってしまっていることに大きな問題がありはしないかと思うのです。(pp.134-135)

本書で重点的に出てくるのは、東北・山形、隠岐島、大阪・吹田周辺です。 ただ、講演録なので、話があちらに飛んだりこちらに飛んだりする。そういう意味では、地名だけでもいいので索引を作っておいてくれると嬉しかった。勿論、宮本常一の著作全般に言えることなのだけれども。
nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『女の民俗誌』 [宮本常一]

女の民俗誌 (岩波現代文庫―社会)

女の民俗誌 (岩波現代文庫―社会)

  • 作者: 宮本 常一
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2001/09/14
  • メディア: 文庫
内容紹介
庶民の歴史のなかで,もっとも明らかにされていないのが女性の歴史である.民俗探訪の旅の目的は,男たちの陰に女たちの息遣いを発見してゆくことでもあった.本書は宮本常一の膨大な著作のなかから,単行本・著作集に未収録の論考を中心に構成され,貧困と闘い困難な生活を生抜いてきた日本の女性たちの素顔を浮彫りにした.
今週もお疲れ様でした、ということで。本題に入る前にこんなことを書くのも変だが、この1週間は、僕の会社人生でも最大の試練ともいえる出来事があって、とても疲れたので、何らか記録でも残しておこうと思ってひと言述べさせていただいた。年明けから順風満帆だった僕の仕事の歯車が狂ったのは先週金曜日の昼前のこと。それからはあまりのショックでなかなか他の仕事に集中できず、三連休の間もどこをどうすればよかったのかと逡巡してため息ばかりが出た。時が癒してくれるところは多少はあったが、1週間が経過した今も、やり切れなさはかなり尾を引いている。他にも仕事関係では思わぬ人の思わぬ行動で振り回されて地団太を踏んだことも二度三度。そういう時期もあるのだろう。

そういう1週間を過ごしたので、本を読んでいる時もなかなか集中できなかった。この時期に読んでいたのが宮本常一の『女の民俗誌』だったのは、この本が年末年始に読もうと予定していた数冊のうち、最後に残っていた1冊だったからだ。朝風呂、通勤電車、そして就寝前の日課として、1章ずつコツコツと読み進めた。ただ、宮本の著作を読んでいてよく感じるのは、自分自身と縁もゆかりもない地方の歴史や風俗、伝承などに関する記述は読むのになかなか身が入らない。面白いエピソードでもあるとぐぐっと引きこまれて数ページ苦もなく読めてしまう、そんな箇所もいくつかあるが、物事になかなか集中するのが難儀な時分には、知らない地方の知らない民俗のお話は、読み飛ばしたことも告白しておかなければならない。

そういう意味では、自分が知りたい地方の風俗習慣、地理歴史などへの言及箇所を探すために、索引があると便利だ。宮本作品は特に、この索引が必要だという思いが強い。残念ながら本書には索引がない。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『生きていく民俗』 [宮本常一]

生きていく民俗 ---生業の推移 (河出文庫)

生きていく民俗 ---生業の推移 (河出文庫)

  • 作者: 宮本 常一
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2012/07/05
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
海の民、山の民、川の民、村の民、町の民。それぞれの職業との関わりとその変遷、またお互いの交流・交易のありようとその移り変わりの実態を、文献渉猟、徹底したフィールド調査、そして刻明な記憶をまじえながら解明していく、生業の民俗学の決定版。差別・被差別の民俗学とも深く結び着いてゆく。
10日間にも及ぶ長期出張には、それまで長く積読にしてあった文庫本を携行してきている。今回も南インドの農村を訪問する機会があったので、その前に明治から昭和初期にかけての日本の農村はどうだったのかを確認しておきたいと思い、河出文庫が最近続けざまに出している宮本常一の著作の復刻版の最新刊を読み始めた。

残念ながら、日程が思いのほかタイトで、50頁ほどしか読み進められないうちに農村訪問を迎えてしまい、それはそれでちゃんと聞き取り調査をやったけれども、本書を参考にして質問を組み立てるところまでは至らなかった。残る200頁ほどは、バンガロールからの移動日にまとめて読み切り、僕が農村で見てきたことと日本の昔を対比してみるという読み方をした。

そういう視点から興味深かったのは、序章の第1節に書かれている「きらわれる農業」である。「いくら働いても将来土地をふやしていくこともむずかしいし、収入を倍加することも容易ではない。しかも労働は決して楽にならない。そういう仕事に対して力いっぱい取組んでみようとする若者はたいへん少なくなってきた」(p.10)とあるが、それに近い現象を、バンガロールから90㎞ほど離れた農村でも見出すことができた。

インドは均等相続なので、何世代にもわたって兄弟何人もいる世帯では、農地がどんどん細分化されてきている。「小さくなりすぎて、あまり儲からないから、子供たちには農業を継がせるつもりはない」という農家が大半だった。子供の数は1~2人で、大学にも行かせられるようにはなってきている。でも、そうして所得が増えてきたからこそ、次のステップへの移行は、第1次産業での就業ではなく、第3次産業での就業が中心となってくるのだろう。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『民俗のふるさと』 [宮本常一]

民俗のふるさと (河出文庫)

民俗のふるさと (河出文庫)

  • 作者: 宮本 常一
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2012/03/03
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
日本に古くから伝えられている生活文化を理解するには、まず古いものを温存してきた村や町が、どのように発達して今日に到って来たかを知っておく必要がある、という視点から具体的にまとめられた、日本人の魂の根底に遡る生活空間論。町と村の実態調査からコミュニティー史を描く宮本民俗学の到達点。
河出書房が最近宮本常一の著作を復刊して文庫で紹介している。今日本国内各地で行なわれているコミュニティの再構築の試みは、そのほとんどがその地域の持つ歴史や資源の多様さ、豊かさを理解するという「再発見」の作業から始まっているように思えるが、まだコミュニティがその姿をとどめていたひと昔前の日本を知る意味で、宮本の著作が復刻され、読み継がれて行くのは大変意義のあることだ。

さて、河出文庫復刻版の第二弾として3月に発刊された本書、早々に購入してそのまま積読状態にしていたが、今月第三弾が出てしまったので、第二弾だけでも先に読み切っておこうと考えた。

本書における著者の問題意識は、先のBOXでの紹介にも書かれている。付け加えて宮本があとがきで言っていることは、「日本という国はもともと農村国家で、今から100年ほどまえにはほんの少数の例をのぞいては、町らしい町のなかった国であったから、町として特別にかわった風俗習慣というようなものは案外すくなく、たいていは田舎からもって来た風俗習慣であり、日本の都会人は田舎へつよいつながりを持っているものが多い」(p.257)ということで、都市に移り住んで来た人々も、その出身地からの風習を引きずっていたことを示唆している。そうした都市生活も、高度成長期に入って、都市も農村も大量消費で変化が見え始め、ラジオやテレビ、果てはインターネットの普及により、隣人よりもマスメディア、果てはネットを通じた遠くの知り合いとの繋がりで大量の情報がやり取りされるようになっていくと、都市に住む限りはどこにいても得られる情報ややり取りされる消費財は同じで、しかも都市化が進んで昔の農村部も都市のような様相を呈し始めているので、ちょっと見渡しただけでは地域の特徴を見出すことは難しくなってきているような気がどうしてもしてしまう。SNSを通じた知り合いは全国どころか世界中にも広がっているが、ご近所のことはなかなか知る機会がない。それは僕自身も日々悩んでいることでもある。

続きを読む


タグ:民俗学
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『宮本常一、アジアとアフリカを歩く』 [宮本常一]

宮本常一、アフリカとアジアを歩く (岩波現代文庫―社会)

宮本常一、アフリカとアジアを歩く (岩波現代文庫―社会)

  • 作者: 宮本 常一
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2001/03/16
  • メディア: 文庫

出版社/著者からの内容紹介
生涯の4000日以上を旅で過し,その足跡で日本地図を塗りつぶしたと言われる程の大旅行家だった民俗学者宮本常一が,海外にでたのは晩年になっていた.本書は,これまで一般に知られていなかった東アフリカ,済州島,台湾,中国のフィールド・ワークの記録をはじめて集成し,宮本民俗学の再評価を迫る貴重な1冊である.
民俗学者がアフリカの多様な民族構成を見たらどう感じるのか――宮本常一の著作を読み始めてから1年少々になるが、この疑問はずっと僕の頭から離れないでいた。日本国内をつぶさに歩き、あれだけの膨大な著作を残してきた宮本が、海外でフィールドワークをやったという記録は殆どない。民俗学者は日本国内と外国とでそのフィールドが明確に線引きされていて、お互いの領域を「侵犯」するようなことはあまりなされてこなかったのかもしれない。

実は宮本の場合、海外に出かけたのが昭和50年(1975年)のケニア・タンザニア旅行が最初で、その時既に68歳だった。その後済州島や台湾旅行を経て、中国・香港を旅したのが昭和55年(1980年)、73歳の時で、これが宮本の最後の海外旅行だった。海外旅行は全て晩年のことであり、最長だった東アフリカ旅行が44日間だったのに対し、残る3回は8日~11日という短いものだったらしい。若いころに肺炎を患って片肺でフィールドワークを重ねてきた宮本にとって、言葉もわからぬ未知の土地を、長時間の飛行機、列車、バスに揺られて出かけて行って調べるというのは体力を相当に消耗するものだったに違いない。日本での民俗調査を積み重ね、ある程度日本を理解した上でそれとの比較軸を明確にした上で海外調査に行くというのは理想だったのかもしれないが、とてもフィールドを広げる体力はお持ちでなかったのだろうと思う。

つくづくフィールドへは若い時に行っておくべきものだ。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『山に生きる人びと』 [宮本常一]

山に生きる人びと (河出文庫)

山に生きる人びと (河出文庫)

  • 作者: 宮本 常一
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2011/11/05
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
山には「塩の道」もあれば「カッタイ道」もあり、サンカ、木地屋、マタギ、杣人、焼畑農業者、鉱山師、炭焼き、修験者、落人の末裔…さまざまな漂泊民が生活していた。ていねいなフィールドワークと真摯な研究で、失われゆくもうひとつの(非)常民の姿を記録する。宮本民俗学の代表作の初めての文庫化。
先週末から今週にかけ、3日間連続で寝込んだ。その間に図書館で新たに借りた本も読んだ。お陰様で読了しているのに紹介はしていないウェイティングリストの本が数冊ある状態だ。この際だから、ついでに積読状態になっている文庫本も読んでおこうと考えた。そして、久々に宮本常一の著書に手を付けた。病床に伏していた間では読み切れなかったが、その後15日(水)から韓国ソウルに出張する機会があり、空港までのリムジンバスとチェックイン後の待ち時間、そして、飛行時間2時間少々の飛行機の中を利用して、なんとか読了にこぎ着けた。

僕は1990年代前半、南北朝時代を舞台とした歴史小説を読みまくっていた時期があった。そこで、「山の民」という言葉に度々出会った。普段平地の人々が移動する道とは違う、尾根から尾根への険しい道に通暁し、かなり広範囲に行動する人たちだという。そうしたネットワークを利用し、また急峻な山道の案内役として、南朝方の武将や皇子の山中移動を支えた。ただ、どんな人が「山の民」なのかはなかなかイメージできないでいた。

本書はそうした人々の生業や生活について具体的に紹介してくれている、とても有用な1冊といえる。

続きを読む


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

イザベラ・バード『日本奥地紀行』 [宮本常一]

日本奥地紀行 (平凡社ライブラリー)

日本奥地紀行 (平凡社ライブラリー)

  • 作者: イザベラ バード
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2000/02
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
文明開化期の日本…。イザベラは北へ旅立つ。本当の日本を求めて。東京から北海道まで、美しい自然のなかの貧しい農村、アイヌの生活など、明治初期の日本を浮き彫りにした旅の記録。
帰国までの最後の1週間、悪あがきにイザベラ・バードの『日本奥地紀行』を読み始め、530頁にもわたる大著をなんとか読み切った。日本人の描き方に、英国人らしい軽蔑の視線が見え隠れしないでもなく、基本バカにしてるのではないかと思ったが、これだけ詳細な記録を残すところに英国人の凄まじさも感じた。僕もこの3週間にわたって南インドの農村を訪ねてまわったが、ここまで詳細な情景描写はやろうと思ってもできない。第一ボキャブラリーがないのだ。本書は基本英国に住む妹か誰かに宛てた手紙を編集したものだから、「まるで〇〇のように」という、欧州人には馴染みの例示をいくつも加えている。それが理解できなかったりする。

小説以外の本を読むとき、僕は一応この本から何を今知りたいのかを絞ってそれから読み始めるようにしている。今回の場合は、①同行した通訳・伊藤に関するイザベラ・バードの感情、②粕壁(今の春日部)から日光、米沢、新潟、山形、久保田(今の秋田)、青森に至るまでの日本の農村風景と外部からの闖入者に対する農民の反応、といったことを知りたいと考えた。だから、観光とかはとばしたし、北海道に渡ってからのアイヌの描写もとばして読んだ。必要になればいずれまた読めばいいと思った。

ただ、巻末の解説に日本地図の1枚でもつけて、イザベラ・バードがどういうルートを歩いたのかを地図上に示してもらえるともっとわかりやすかったのではないかと思う。イザベラ・バードが辿ったルートは僕の行ったことがないところばかりで、今そこがどうなっているのかがわからないから、昔どうだったのかというのもイメージがしづらい。

だからといって、この壮大な紀行文の民俗学的価値が損なわれるものではないと思う。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『旅する巨人』再訪 [宮本常一]

旅する巨人―宮本常一と渋沢敬三 (文春文庫)

旅する巨人―宮本常一と渋沢敬三 (文春文庫)

  • 作者: 佐野 眞一
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/04/10
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
瀬戸内海の貧しい島で生まれ、日本列島を隅から隅まで旅し、柳田国男以来最大の業績を上げた民俗学者・宮本常一。パトロンとして、宮本を生涯支え続けた財界人・渋沢敬三。対照的な2人の30年に及ぶ交流を描き、宮本民俗学の輝かしい業績に改めて光を当てた傑作評伝。第28回大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。
南インド・マイソールを起点とした2泊3日の農村訪問調査を終え、28日(火)にいったんバンガロールに戻った。1泊した後すぐにコラール県での1泊2日の調査に出かけてしまったので、なかなかインターネットにアクセスできずにいる。30日(木)にまたバンガロールに戻り、翌日のデリーへの移動を前にネットに接続し、この記事をアップしようとしたが、これまたうまくいかない。どうしようもないからデリーでアップすることにした。

自分自身も現在旅をして、多くの農家の方々のお話に耳を傾ける取組みを続けていることから、少しでも参考になればと思い、旅のお供に『旅する巨人』を携行した。もう1つ理由を挙げるなら、こういう分厚い文庫本は旅のお供にするに限るということがある。それに、僕も現在行っている調査の結果を自分の書いている本に反映させるつもりでいるので、ノンフィクション作家というのがどのような取材をしてどのように文章を書くのかというのを勉強させてもらおうとも考えた。

続きを読む


タグ:渋沢敬三
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 宮本常一 ブログトップ
メッセージを送る