So-net無料ブログ作成

土佐源氏 [宮本常一]

5月4日(水)は、この三連休中唯一快晴の行楽日和だったので、子供達を連れて府中郷土の森博物館に出かけることにした。ニュース報道などを見ているとこのGWは近場の行楽地が大混雑していたらしい。この日は朝の5時台のラジオニュースでも中央自動車道の下りで渋滞が始まっていると報じられており、僕と末っ子を除いたらいつもお寝坊の我が家では、朝の時点で完全に出遅れ。近場は近場でも都心のはとバスなんかは駄目かもしれないが、府中あたりの公園なら大丈夫じゃないかと考えて、外出決行することにした。自宅から郷土の森までは車で10km程度だ。僕達は昔京王線の聖蹟桜ヶ丘に住んでいたので、郷土の森あたりはドライブでもジョギングでもよく通っていたので土地勘もある。

Ikimonogatari.jpg子供達にはプラネタリウムの番組『いきものがたり(A Story of Biodiversity)』(右図)を餌にして行かないかと誘った。実際に連れて行ってみると、ここの博物館は常設展示室がかなり充実しており、特に最近日本史を学校で勉強している子供達には有用な展示が相当多いということがわかった。特にオヤジの知ったかぶりに拍車をかけたのは、鎌倉時代末期の新田義貞軍の鎌倉進軍ルートに関する展示であった。義父は小金井ご出身で鎌倉幕府方の武士の出だと聞いていたので、鎌倉街道沿いで新田軍と幕府軍が戦闘を行なった小手指原合戦か分倍河原合戦で負けて小金井あたりに土着したのだろうと想像するが、そういう話を地図を交えてリアルに説明できる展示になっていた。

とはいえ、実は僕自身の本当の狙いは別にあった。府中と言えば民俗学者・宮本常一の居宅があった土地で、多摩・武蔵界隈で宮本が撮った写真としては府中周辺のものが最も多い。その宮本が代表作『忘れられた日本人』の中で紹介した有名なエピソード「土佐源氏」について、ここの博物館で企画展が開催されていることを偶然知り、是非行ってみたいと以前から考えていたのである。

IMGP4427.JPG

続きを読む


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

イザベラ・バードを読む [宮本常一]

今どき傍観者的に語るのはやや不謹慎なエピソードかもしれないが、東日本大震災が起きた被災地や、計画停電で明かりが消えた地域で、暴動や略奪行為が非常に少ないことは、外国メディアや実際にそれを体験した外国人の方々をたいへんに驚かせているそうだ。外国人の眼から見ると、日本はそれほど安心安全な国なのかというのは直接比較する経験を持たない僕には理解が難しいところだが、いつ頃から日本はそうだったのかというのを考えてみる上で、イザベラ・バードの著書『日本奥地紀行』は参考になる。バードは明治時代の初めに通訳の伊藤だけをお供にして東京から下野、猪苗代、新潟、山形、秋田、青森を経て北海道に渡り、アイヌの居住地域も訪ねている。そして、このバードの紀行について解説をしてくれているのが、戦前から戦後にかけて日本人として最もくまなく日本を歩いたであろう草の根民俗学者・宮本常一である。

イザベラ・バードの『日本奥地紀行』を読む (平凡社ライブラリーoffシリーズ)

イザベラ・バードの『日本奥地紀行』を読む (平凡社ライブラリーoffシリーズ)

  • 作者: 宮本 常一
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
五十余年の歳月と16万キロの旅程。日本列島の白地図にその足跡を、赤いインクで印していけば、列島はまっ赤になるといわれた、その人。西の大旅行家の名紀行をその人、宮本常一が、読む。日本民族と日本文化の基層を成す岩盤を、深く鋭く穿ちながら―。
本書は、宮本が日本観光文化研究所の所長を務めていた頃、昭和49年から54年にかけて、毎月1回土曜日の夕方に開催していた講読会で、イザベラ・バードの『日本奥地紀行』を取り上げた7回分の講演録をまとめたものである。イザベラ・バードの著書を僕自身が読み始めるにあたり、稀代の民俗学者はこの明治初期の日本を描いた文献情報をどう読んだのか、学習参考書として先ずは読んでみることにした。

この女性の一人旅について、宮本はこう述べている。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『大往生の島』 [宮本常一]

大往生の島 (文春文庫)

大往生の島 (文春文庫)

  • 作者: 佐野 眞一
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
瀬戸内海に浮かぶ過疎の島、周防大島。民俗学者・宮本常一の足跡を訪ねる旅の途上で、著者は明るく逞しく生きるこの島の老人たちに出会った。温暖な気候、質素な食生活、敬虔な信仰心、そして支えあう人々。つましく素朴な島の暮らしのなかには、きたるべき高齢化社会を照らす一条の光明が見える。
インド旅行に出発する前、知人に頼まれて書店で文庫本を見つくろっていた時、たまたま目にしたのが本書である。宮本常一について知るきっかけとなったのは、ノンフィクション作家である佐野眞一の一連の宮本読本だったのだが、ただでは起きない佐野氏は、宮本の足跡を辿って何度も訪れた周防大島が、いまや日本でも指折りの超高齢化地域となっている事実を知り、にも関わらず元気なお年寄りばかりであることも知る。80歳にも90歳にもなっていまだに現役で働いておられる多くのお年寄りの姿に、島のお年寄りが何故健康に長生きできるのか、超高齢化地域なのに老人医療費が山口県平均を大きく下回っている理由は何なのか、そのあたりを探ろうとして書かれたのが本レポートだ。

実は周防大島の高齢者福祉の研究は、本書にも登場する当時山口県立大学にいらした小川全夫先生がずっと関わっておられたテーマである。著者は小川先生にもインタビューしており、本書をまとめる際の方向性に関する示唆は小川先生から得られたのではないかと思われるところが随所に見られる。馴れ馴れしくも「小川先生」などと書いているのは、僕も先生を存じ上げているからだ。但し、僕が小川先生と仕事でご一緒したのはまだ4年前のことに過ぎない。文庫化は2006年だが、本書は元々1997年に出版されている。周防大島が属する山口県の東和町は、当時は高齢化率日本一だった。この町の高齢者福祉は、当時から既に行政が主体というよりは、社会福祉協議会を中心とした民間ボランティア組織の献身的な活動が中心的役割を占めていた。小川先生は常々「地域資源」という言葉を使われていたが、住民こそがまさに地域の資源という発想で周防大島の高齢者ケアは行なわれていたといえる。しかも、このケアの提供者には、元気なお年寄り自身も含まれる。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『日本の村・海をひらいた人々』 [宮本常一]

日本の村・海をひらいた人々 (ちくま文庫)

日本の村・海をひらいた人々 (ちくま文庫)

  • 作者: 宮本 常一
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1995/05
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
日本全国を歩きめぐり、実際に自分の目で見て、そこに暮らす人々に話を聞いて調査した民俗学者、宮本常一。彼が日本の村と海、それぞれに暮らす名もなき人々の、生活の知恵と暮らしの工夫をまとめた、貴重な記録。フィールドワークの原点がここにある。
海外出張からの帰路で読んだ本の紹介第2弾は、毎度ながら宮本常一の著作から。本書は、タイトルが示す通り、2篇の別の著作から合作して編集されたものだ。おそらく想定されている読者は小中学生、但し、文庫サイズの割には字が細かく、今の子供達が読むかといえば、内容の面白さがわかる前に読み進められなくて挫折してしまうリスクが相当大きいと思う。高校生ぐらいが読んでもちょうど良いかもしれない。

本書を子供達を対象に執筆した背景として、宮本は「日本の村」の冒頭で次のように述べている。
 少年の日に、頭のなかにきざみこまれたことは、やがてその人の一生を支配するものだと思いますが、私はこのようにして旅がすきになり、いまも各地をあるきまわっております。そしていまも幼い日の父のおしえが心に生きて、私の学問の役に立っているのです。
 私はひろく日本中をあるきまわって、いろいろのことを学びましたが、それによってこの上もなくこの国土を愛するようになりました。(中略)

人手のくわわっている風景は、どんなにわずかにくわわっていても、心をあたたかくするものです。海岸の松原、街道のなみ木みちをはじめ、植林された山もまた、なつかしい美しさを持っています。そうした所に見出す1本のみちも、こころをあたためてくれるものです。
 そのような風景はよく考えて見ると、この世をすこしでも住みやすくしよう、と努力してつくられたものなのです。(中略)
 しかもそうしたものは、有名な人のした事業はいたってすくないのです。多くは、私たちのように、平凡な人々のしごとだったのです。
 みなさんも、みなさんのふるさとをよく見まもり、また旅行などによって、いろいろのことをまなぶとともに、私たちの祖先のしてきた努力に気づき、また私たちがどうすればよいかを考えてほしいものです。(pp.11-12)

続きを読む


タグ:民俗学
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『塩の道』 [宮本常一]

塩の道 (講談社学術文庫 (677))

塩の道 (講談社学術文庫 (677))

  • 作者: 宮本 常一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1985/03/06
  • メディア: 文庫
出版社/著者からの内容紹介
本書は、生活学の先駆者として生涯を貫いた著者最晩年の貴重な話――「塩の道」「日本人の食べもの」「暮らしの形と美」の3点を収録したもので、日本人の生きる姿を庶民の中に求めて村から村へと歩きつづけた著者の厖大なる見聞と体験が中心となっている。日本文化の基層にあるものは一色でなく、いくつかの系譜を異にするものの複合と重なりであるという独自の史観が随所に読みとれ、宮本民俗学の体系を知る格好の手引書といえよう。
以前、宮本常一の著書についてブログで紹介したところ、『塩の道』が面白いとご推薦下さるコメントがあった。講談社学術文庫から出ていたので、文庫本ならいずれ読んでみようかと随分前に購入していたのだが、他の読書に時間をとられ、ゆっくり「宮本ワールド」を味わう時間がなかった。ただ今海外出張中だが、仕事で読まなければいけない資料とは別に、何冊かまとめ読みしようと積読してあった本を携行しているが、その中で真っ先に読んだのが本書だった。羽田から関空経由での旅だったが、なんと羽田を発つ前に読み切ってしまった。

確かに、薦められるだけあって非常に面白い本だった。日本という国の豊かさを改めて感じることができる1冊だ。

収録作品の1つでもある「塩の道」は、新陳代謝の促進のために必需品だった塩を、昔の日本人はどのように摂取していたのか、山奥に住む人々は、どのようにしてその塩を調達していたのかを述べた力作だ。民衆が歩いた道、村と村をつないだ道の中には、塩のような生活必需品を運んだ道があり、それがだんだん大きくなって、今日のような道に変わってきたという。表街道や裏街道がなぜそこに出来ていったのか、今ある道路網の起源を考える良いきっかけを与えてくれる。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『旅する巨人』 [宮本常一]

旅する巨人―宮本常一と渋沢敬三

旅する巨人―宮本常一と渋沢敬三

  • 作者: 佐野 眞一
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1996/11
  • メディア: ハードカバー
内容(「BOOK」データベースより)
柳田国男以後、最大の功績をあげたといわれる民俗学者・宮本常一の人と業績を自筆恋文など発掘資料で追いつつ、壮図を物心両面で支えた器量人・渋沢敬三の“高貴なる精神”の系譜を訪ねる…。
先週末の出来事その2――この日は、三鷹市の「文化財市民協力員養成講座」2回コースの2日目が開催されたのだが、網野善彦『古文書返却の旅』の記事の中でもご紹介した通り、主催者側の意図と受講した僕の期待感との間に大きなズレを感じたので、最初から欠席することにしていた。そのせめてもの罪滅ぼしのつもりで、その日から読み始めたのが本日紹介する1冊である。

宮本常一については、7月頃から折を見てその著作を読むようにしてきたので、本書はその作品が宮本の生涯の中でどのような時期に書かれたものなのかを確認するという意味では有用だった。もう1つ本書に惹かれたのは、宮本について調べるうちに、彼も含めた日本の民俗学者のパトロンとして資金援助を惜しまなかった渋沢敬三という人物にも興味が湧いたからだ。これは今で言えば財団の研究助成のようなものだろうと思うが、細かい審査プロセスを経ずにいきなり引き出しから現金を取り出して無心に来た無名の研究者にもポンと餞別を渡す渋沢の太っ腹には感服する。渋沢敬三は言わずと知れた渋沢栄一の孫である。本書の良い点は、宮本の生涯だけではなく、渋沢の生涯も描き、そして2人の絆の強さを見事に際立たせているところだと思う。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『古文書返却の旅』 [宮本常一]

古文書返却の旅―戦後史学史の一齣 (中公新書)

古文書返却の旅―戦後史学史の一齣 (中公新書)

  • 作者: 網野 善彦
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 1999/10
  • メディア: 新書
内容(「BOOK」データベースより)
日本には現在もなお、無尽蔵と言える古文書が未発見・未調査のまま眠っている。戦後の混乱期に、漁村文書を収集・整理し、資料館設立を夢見る壮大な計画があった。全国から大量の文書が借用されたものの、しかし、事業は打ち切りとなってしまう。後始末を託された著者は、40年の歳月をかけ、調査・返却を果たすが、その過程で、自らの民衆観・歴史観に大きな変更を迫られる。戦後歴史学を牽引した泰斗による史学史の貴重な一齣。
いきなり余談ですが、宮本常一の著作に触発され、三鷹市の「文化財市民協力員養成講座」というのを受講してみることにした。今日11日(土)はその初日で、テーマ「農村の暮らしと道具」で講義を聞いた。面白かったです。講義の中で、渋沢敬三が大正14年に設立した「アティック・ミュージアム」についても言及されていたし、文化財保護についての政策形成が昭和25年頃から本格的に行なわれてきたことも、これまで宮本常一の著作をそれなりに読みこんできているので、比較的身近にいらっしゃる多摩地区の学芸員の方が同じような認識を持っておられるのを聞いて嬉しくもなった。それ以上に興味深かったのは「アボヘボ(粟穂稗穂)」という多摩地区の年中行事である。そもそもアワやヒエといった雑穀を作付しなくなった現在ではこういう風習はすたれていってしまったのではないかと思うが、多摩地区で主に行なわれていたような行事があるというのを知れたことは収穫だった。

*アボヘボについては国営昭和記念公園のHPに写真入りの詳細な解説があるのでご参照下さい。
 http://www.m-fuukei.jp/komorebi/kurasi/2006/06_abohebo/index.html

さて、市の教育委員会が育成しようとしている「文化財市民協力員」であるが、民家の訪問調査のようなものであれば僕も参加してみたいなという気持ちがあったのだが、どうも三鷹市の民俗資料収蔵展示室の展示解説のボランティアというのが主催者の期待するところであるように思えたので、そういうのは実際にそういう民具を見て「懐かしい」と思えるお年寄りがやられたらよかろうということで、今後も続けて受講するかどうかはわからない。

前置きが長くなってしまったがここからが本書の紹介―――。

続きを読む


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『忘れられた日本人』 [宮本常一]

忘れられた日本人 (岩波文庫)

忘れられた日本人 (岩波文庫)

  • 作者: 宮本 常一
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1984/01
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
4 昭和14年以来、日本全国をくまなく歩き、各地の民間伝承を克明に調査した著者(1907‐81)が、文化を築き支えてきた伝承者=老人達がどのような環境に生きてきたかを、古老たち自身の語るライフヒストリーをまじえて生き生きと描く。辺境の地で黙々と生きる日本人の存在を歴史の舞台にうかびあがらせた宮本民俗学の代表作。
宮本作品の中でおそらく最も有名なのが『忘れられた日本人』だろうと思う。以前ご紹介したちくま日本文学『宮本常一』にも、本書からは「対馬にて」「村の寄りあい」「子供をさがす」「女の世間」「土佐源氏」といった、ほぼ本書の半分近くを占める作品が収められている。発表は1960年(昭和35年)である。

宮本のあとがきによると、本書は、当初は「伝承者としての老人の姿を描いて見たい」と思って描き始めたらしい。しかし、途中からは「いま老人になっている人々が、その若い時代にどのような環境の中でどのように生きてきたかを描いて見よう」と思うようになったという。それは「単なる回顧としてでなく、現在につながる問題として、老人たちのはたして来た役割を考えて見たくなった」からなのだそうだ(p.305)。

宮本のアプローチはこんな感じである。先ず目的の村に行くと、その村をひととおりまわって、どういう村であるかを見るという。次に役場へ行って倉庫の中を探して明治以来の資料を調べ、それをもとにして役場の人たちから疑問の点を確かめる。同様に森林組合や農協を訪ねて行って調べる。古文書があることがわかれば、旧家を訪ねて必要なものを書き写す。一方で何戸かの農家を選定して個別調査をする。たいてい1軒について半日程度はかけるという。午前・午後・夜で1日3軒済ませば上々だ。古文書から湧いてきた疑問は、村の古老に会って尋ねる。はじめはそうした質問から始め、後はできるだけ自由に話してもらう。そこで相手が何を問題としているのかがよくわかってくるという。その間に主婦や若者の仲間に会う機会も作り、こちらの方は多人数の座談会形式で話も聞く(pp.308-309)。

―――なんだか、現在においても、そしてそれが日本でなく途上国で行なう農村調査であったとしても、このあたりのアプローチの仕方は参考にすべきところが多い。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

宮本常一著作集1 [宮本常一]

宮本常一著作集 1

宮本常一著作集 1

  • 作者: 宮本 常一
  • 出版社/メーカー: 未来社
  • 発売日: 1986/08
  • メディア: 単行本
宮本常一著作集1は、第一刷発行が1968年(昭和43年)となっている。サブタイトルには「民俗学への道」とある。同名の著作は元々は1955年(昭和30年)頃に発刊されているらしい。1907年(明治40年)生まれの著者が還暦を迎えるまでの歩みとこれから歩もうとしている道が示されている。特に、これまで写真集とかで承知している戦後の宮本の業績とは別に、1935年(昭和8年)に歩き始めて終戦に至るまで、宮本がどこで何をしていたのかが調査地での見聞や考察を織り交ぜてかなり詳細に描かれている。

第1章「日本民俗学の目的と方法」は、民俗学がどのような領域をカバーする学問として整理されてきたのかを描く。民俗学が対象とした領域というのは、仮に僕らがどこかでフィールド・ワークを行うことになったりした場合、どのような視点から調査を行うのか、調査項目をリストアップするのには有用だと思う。

第2章「日本民俗学の歴史」は、明治から戦後に至るまでの日本における民俗学の発展の系譜を描いている。ここでは柳田國男のような超有名な民俗学者も登場し、その他在野の郷土研究者たちの研究業績が詳述されている。例えばこの領域で何か先行研究をレビューしたり、ある特定テーマに関して学界で一般的に言われている通説とは何かについて確認したりするのには有用だろう。

第3章「日本民俗学関係一覧」は本書執筆までに日本で蓄積されてきた研究業績や学術誌、地方民俗誌等のリスト。

そして、第4章「あるいて来た道」は、昭和8年から歩き始めた宮本が、毎年毎年どこを歩き、何を調査し、何を発表してきたのかを整理したものである。どのような経緯からそこを歩き始めたのか、そこで誰と交流したのか、そして何を学んだのか、どのような興味ある発見があったのか、全体としてはダラっとした構成だが時として非常に細かく描かれているところもある。

おそらく、民俗学に多少なりとも関心があるような人は最初に読むべき本だと思うし、僕自身もそういう意識で読んだ。「昭和30年当時の」と但し書きがつくが、宮本常一民俗学の入門書として最適だろう。そして、僕が生まれる前に書かれたような本も今でも相当な価値があることに気付かされる。宮本が歩き回った当時の日本の農村社会の豊かさ、近隣の地域との間でも大きく異なる風俗習慣等を読むと、今の日本社会が全国津津浦浦まで画一化が進んて地域のユニークさが失われてきているのが寂しくなる。そして、今生まれてこれからの日本を生きなければいけない子供達にはできれば知って欲しい日本の豊かさがそこに描かれている。難しいことだが、宮本作品を1冊2冊でもいいのでうちの子供達には読んでみて欲しいと思うのである。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『調査されるという迷惑』 [宮本常一]

調査されるという迷惑―フィールドに出る前に読んでおく本

調査されるという迷惑―フィールドに出る前に読んでおく本

  • 作者: 安渓遊地・宮本常一
  • 出版社/メーカー: みずのわ出版
  • 発売日: 2008/03
  • メディア: 単行本
 地域の文化や暮らしの智恵を学ぶために、実際に地域にでかけ、地元の方々を先生として地域を教科書に五感のすべてを駆使して学ぶことをフィールド・ワーク(野外調査)と呼びます。
 このブックレットは、日本国内でのフィールド・ワークをめざす人たちに、調査計画を立てて出発するまでにわきまえておいてほしいことをまとめたものです。(p.1)
僕がインドにいた頃、フィールド・ワークのようなことを何度か経験した。日本から来られた方々のフィールド・ワークに同行させてもらったこともある。通訳を介してやりとりをしなければならないという制約はあったにせよ、他の方のフィールド・ワークのやり方を見て、「あれで本当に知りたいことを知ることはできたのだろうか」と首を傾げたこともある。それを本当は指摘したくても、できないもどかしさも感じた。なぜなら、僕自身が自分のやっていたフィールド・ワークに100%の自信を持っていたわけではないからだ。

本書は、第1章に宮本常一が書いた「調査地被害」という論説が収録されている。それを踏まえて、第2章以降は安渓遊地が主に南西諸島の島々で行なったフィールド・ワークの経験とそれを通じて築かれた調査地との関係性についての考察を述べている。調査の結果をまとめた成果品は非常に多いが、調査の結果その調査地に何が起きたのかについて書かれたものは殆どない。秀逸なレポートで有名になった人もいるが、それによって調査対象・取材対象者に何が起きたかについてはあまり知られていないし、その業績を執筆者が現地にどのようにフィードバックしたのかもよくわからない。地域に現存する史料や農機具類などを資料とりまとめ用にと借りて行って全然返さないといったケースとかも相当あるらしい。マスコミの取材にも同じようなことが言える。取材地で住民に対してどのように振舞うのかという取材時の作法の問題に加え、出来上がった記事が報道された場合に取材先に対してもたらす影響にはもう少し敏感であって欲しいと思うことがある。

こういう話を聞くと、僕がやってきたことではやはり不十分だと思うし、他の人のやっていることに感じた違和感もやはり間違ってはいないのだとわかった。インドに赴任する前に本書を読んでいたら、僕の調査地での作法や地域との関わり方には相当大きな影響を与えていただろう。出会うのが遅すぎた――それが率直な感想である。

本書にははっとさせられる記述がかなり多い。いちいち全てを紹介していたら冗長な記事になってしまうので、少しだけご紹介させていただくのにとどめ、後は読者の皆様のご判断にお任せしたい。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:
メッセージを送る