So-net無料ブログ作成

『ブレイズメス1990』 [海堂尊]

ブレイズメス1990

ブレイズメス1990

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/07/16
  • メディア: 単行本
内容説明
バチスタの原点を追ってついに海外へ!  おなじみの大学病院を舞台にシリーズ中もっとも派手な手術が登場。富国モナコも絡み日本医療を考える小説はさらにエキサイト!「ブラックペアン」につづく第2弾
現時点で海堂尊の最新作である。新人外科研修医・世良雅志の視点から描かれているという点では『ブラックペアン1988』の続編であり、その世良が何故『極北クレイマー』であそこまで変貌して再登場したのか、『ブラックペアン~』では世良を慕っていた花房看護婦が、なんで「ジェネラル・ルージュ」速見医師を追いかけていくことになったのか―――そのあたりのギャップを埋めるには遅かれ早かれ世良が再登場する作品が出てくるだろうと思っていたら、案の定であった。少なくとも、世良が極北入りする際になぜハーレー・ダビッドソンに乗っていたのかはわかったような気がした。ただ、確か「ジェネラル・ルージュ」の由来となる桜宮デパートの火災事故はこの『ブレイズメス~』の少し後に起きているが(『ジェネラル・ルージュの伝説』)、なぜ事故の頃に世良は黒崎助教授の心臓外科に舞い戻ってきているのか、天城のスルジェ・ハートセンターはどうなっちゃったのか、本作品からはわからない。世良が花房から離れて行った(であろう)いきさつとか、高階講師が大学病院内のサバイバルレースを勝ち残って病院長を射止めるまでの経過とか、地域医療として高齢者の不定愁訴を相手にうんざりして外科医としてバリバリ手術をこなしたいと考えていた世良が地域医療を見直して経営が傾いた病院の再建のスペシャリストに成長していった経緯を考えると、世良を主軸とした続編があと1、2本は今後出てくるだろうと何となく想像できる。少なくとも、スルジェ・ハートセンターの顛末と、世良が東城大附属病院を飛び出すまでの経緯と、デパート火災を境にして2本は書けそうだ。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『夢見る黄金地球儀』 [海堂尊]

夢見る黄金地球儀 (創元推理文庫)

夢見る黄金地球儀 (創元推理文庫)

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2009/10/30
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
1988年、桜宮市に舞い込んだ「ふるさと創生一億円」は、迷走の末『黄金地球儀』となった。四半世紀の後、投げやりに水族館に転がされたその地球儀を強奪せんとする不届き者が現れわる。物理学者の夢をあきらめ家業の町工場を手伝う俺と、8年ぶりに現われた悪友・ガラスのジョー。二転三転する計画の行方は?新世紀ベストセラー作家による、爽快なジェットコースター・ノベル。
巷の発明家の話、米国有名ミステリー作家のご逝去と来て、次の話題は本日ご紹介する1冊、海堂尊のミステリー・コメディである。最近は読んだ本を紹介するのはせいぜい週1回のペースになっている。集中力が欠けていることもさることながら、もっと大きいのは読んでいる時間がなかったことだった。どのような本でも立ち上がりはなかなか頁が進まないということはあるが、本書の場合は中盤から終盤にさしかかってもペースが上がらず、1日10頁程度、せいぜい寝る前に少し読む(読んでいて寝こけてしまう)という日々が続いている。そうした散漫な読み方が、謎解きの鍵となる伏線を見落とすという事態を招き、読み終わった後も幾つか満たされない疑問が残った。だからといって読み返したいとは思わない。他にやることはいっぱいあるからだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『イノセント・ゲリラの祝祭』 [海堂尊]

イノセント・ゲリラの祝祭

イノセント・ゲリラの祝祭

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2008/11/07
  • メディア: 単行本
内容紹介
映画化、テレビドラマ化もされた第4回『このミス』大賞受賞作の『チーム・バチスタの栄光』は累計320万部突破、続編の『ナイチンゲールの沈黙』も140万部を突破し、驚異の新人と謳われる海堂尊。彼の原点でもある「田口・白鳥シリーズ」の最新刊がいよいよ登場です! 今回の舞台は厚生労働省。なんと、窓際医師の田口が、ロジカルモンスター白鳥の本丸・医療事故調査委員会に殴り込み!? グズグズな医療行政を田口・白鳥コンビは変えることができるのか……。1年半ぶりに戻ってきた彼らの活躍にご期待ください。

発刊からずっとほったらかしにしていた『イノセント・ゲリラ~』をようやく読んだ。職場の同僚から借りて読んだ。どこで手に入れたか海堂尊さんのサイン入りの1冊!ありがたく読ませていただいた。

ミステリー小説として読むと評価は難しい。これまで1年近くも読む機会がなかったのは、本書の書評を見ていると評価がかなり割れているという印象があったからだ。舞台が厚生労働省の『診療関連死死因究明等の在り方に関する検討会』(通称、医療事故調査委員会創設検討会)というお役所の会議の場だというのもあるし、結局著者がエーアイ(死後画像、もしくは画像解剖)さえあれば死因究明も可能で大相撲時津風部屋のリンチ死事件のような問題も解決に向かうという、『チーム・バチスタの栄光』以来脈々と続くその主張を、本書の準主役であるスカラムーシュ・彦根新吾をして語らせているに過ぎないということもある。ただ、考えてみて欲しい。こうした会議の場で、形勢不利な状況から救世主が登場してその完璧なまでのロジックと鋭い舌鋒で一気に逆転に導き、完膚なきまでの完全勝利の直前に撤退して現実的なところでの落とし所で話が落ち着くという展開―――そう、『ジェネラル・ルージュの凱旋』における速水晃一医師と非常に似た展開であったことを思い出す。従って、僕にとってはさほど違和感のある作品だとは思えなかった。

続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ジェネラル・ルージュ~』色々 [海堂尊]

ジェネラル・ルージュの伝説 海堂尊ワールドのすべて

ジェネラル・ルージュの伝説 海堂尊ワールドのすべて

  • 作者: 海堂尊
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2009/02/20
  • メディア: 単行本
内容紹介
映画化&ドラマ化もされた320万部突破のベストセラー『チーム・バチスタの栄光』の、大人気「田口・白鳥」シリーズ最新刊が登場です。本作は、シリーズ第3弾『ジェネラル・ルージュの凱旋』のスピンオフ小説。救命救急医・速水が「将軍」と呼ばれるきっかけとなった事件が描かれます。また、海堂尊の日々を綴ったエッセイや、創作の秘密を惜しみなく明かした自作解説も収録。すべてこの本のための書き下ろしです。さらに広がり続ける「海堂尊ワールド」を徹底解剖した、登場人物一覧&関係図&年表&用語解説&医療事典付き。ファン必読です。
ここまで海堂尊作品をいろいろ読んできたけれど、面白かったと言えば『ジェネラル・ルージュの凱旋』を推す。初期の海堂作品といえば中心になるのは田口・白鳥コンビだが、『ジェネラル・ルージュの凱旋』における速水医師は、田口・白鳥を完全に喰っている。とても鮮烈なキャラで速水ファンの読者というのはかなり多いのではないかと推測される。

次に好きなのは『ブラック・ペアン1988』である。以前この本をブログで紹介した際、花房看護師長がいつから世良医師から速水医師に魅かれるようになったのかがよくわからないと述べた記憶がある。また、『ナイチンゲールの孤独』や『ジェネラル・ルージュの凱旋』で速水医師が歌手・水落冴子と旧知の間柄であることが描かれているが、どういった経緯で知り合いになったのかがわからなかった。本日紹介する『ジェネラル・ルージュの伝説』の前半部分は、速水が「ジェネラル・ルージュ」と呼ばれるようになった経緯を詳細に描いた短編小説となっているが、その中で、上記の疑問が解決される仕掛けになっている。いずれも、城東デパート火災事件がきっかけである。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『極北クレイマー』 [海堂尊]

極北クレイマー

極北クレイマー

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2009/04/07
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
財政破綻にあえぐ極北市。赤字5つ星の極北市民病院に、非常勤外科医の今中がやってきた。院長と事務長の対立、不衛生でカルテ管理もずさん、謎めいた医療事故、女性ジャーナリストの野心、病院閉鎖の危機…。はたして今中は桃色眼鏡の派遣女医・姫宮と手を組んで、医療崩壊の現場を再生できるのか。

本当は28日のデリーへの帰りのフライトの機中で読もうと思っていたのだが、読み始めたら面白く、ついつい読み進めてしまった。この1ヶ月、海堂作品で未読のものも読み、地域医療についても多少の勉強をした。『極北クレイマー』はある意味おさらいのつもりで、最後の最後に取っておこうと思っていた。本書で描かれている地方の自治体病院の現状、産科医療、地域医療の現状、医療サービスを受ける住民側のメンタリティ、新臨床研修医制度の問題点等は、これまでの読書日記で累々述べてきたものばかりである。それをうまく小説にまとめたものだなと感心する。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ジーン・ワルツ』 [海堂尊]

ジーン・ワルツ

ジーン・ワルツ

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/03
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
桜宮市・東城大学医学部を卒業、東京・帝華大学に入局した32歳の美貌の産婦人科医、曾根崎理恵―人呼んで冷徹な魔女(クール・ウィッチ)。顕微鏡下人工授精のエキスパートである彼女のもとに、事情を抱えた五人の妊婦がおとずれる。一方、先輩の清川医師は理恵が代理母出産に手を染めたとの噂を聞きつけ、真相を追うが…。

続けざまに海堂尊作品を読んだ。舞台は東城大学ではなく帝華大学。またもや言及させてもらうが『ひかりの剣』で登場する帝華大剣道部主将・清川吾郎が20年後に産婦人科医となって関わる話だ。『ジーン・ワルツ』と『ひかりの剣』は発表時期が3ヶ月ほどしか違わない。おそらく、『ジーン・ワルツ』執筆中に既に『ひかりの剣』の執筆構想は存在したのだろう。だから清川准教授が昔剣道をやっていた話というのが2箇所ほど登場する。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ブラック・ペアン1988』 [海堂尊]

ブラックペアン1988

ブラックペアン1988

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/09/21
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
外科研修医世良が飛び込んだのは君臨する“神の手”教授に新兵器導入の講師、技術偏重の医局員ら、策謀渦巻く大学病院…大出血の手術現場で世良が見た医師たちの凄絶で高貴な覚悟。

以前にもご紹介したことがあると思うが、僕は海堂尊ワールドには『ひかりの剣』という学生剣道小説から入っている。『チーム・バチスタ~』の番外編のようなお話で、1980年代後半の大学医学部剣道界における2人の突出した剣士の話であった。ただ、『ひかりの剣』を読んでいて幾つかの疑問が残った。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『螺鈿迷宮』 [海堂尊]

螺鈿迷宮 上 (角川文庫)

螺鈿迷宮 上 (角川文庫)

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2008/11/22
  • メディア: 文庫

螺鈿迷宮 下 (角川文庫)

螺鈿迷宮 下 (角川文庫)

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2008/11/22
  • メディア: 文庫

出版社 / 著者からの内容紹介
この病院は、あまりにも、人が死にすぎる――
日本の医療界を震撼させた「バチスタ・スキャンダル」から一年半。その舞台となった東城大学に医学生として通う天馬は、留年を繰り返し既に医学の道をリタイア寸前だった。ある日、幼なじみの新聞記者・葉子から、碧翠院桜宮病院に潜入できないかと依頼を受ける。東城大学の近隣病院である桜宮病院は、老人介護センター、ホスピス施設と寺院を一体化させた複合型病院であり、終末医療の最先端施設としてメディアの注目を集めていた。しかし、その経営には黒い噂が絶えないという。天馬は葉子の依頼を受け、看護ボランティアとして桜宮病院に通い始める。そのうちに、奇妙な皮膚科医・白鳥と看護師・姫宮と出会うことになり……。
80歳以上の超高齢者の健康と介護に関して日本のケースを概観する論文を書き上げ、年末から今月前半にかけて最も大きかった仕事を1つ終えたところである。少しだけ休憩を入れたいと思い、職場の同僚から貸してもらった文庫本を読んだ。但し、終末期医療という、ある意味後期高齢者医療制度とも関係深いテーマの医療ミステリー本である。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ナイチンゲールの沈黙』 [海堂尊]

ナイチンゲールの沈黙

ナイチンゲールの沈黙

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2006/10/06
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。担当は、眼球に発生する癌―網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち。眼球を摘出されてしまう彼らの運命に心を痛めた小夜は、子供たちのメンタルサポートを不定愁訴外来・田口公平に依頼する。その渦中に、患児の父親が殺され、警察庁から派遣された加納警視正は院内捜査を開始する。小児科病棟や救急センターのスタッフ、大量吐血で緊急入院した伝説の歌姫、そこに厚生労働省の変人・白鳥圭輔も加わり、事件は思いもかけない展開を見せていく…。
すみません。『ジェネラル・ルージュの凱旋』を読んだ直後に本作品を読むと後悔します。逆の順番に読んでいたらそうは感じなかったかもしれないけど。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『ジェネラル・ルージュの凱旋』 [海堂尊]

ジェネラル・ルージュの凱旋

ジェネラル・ルージュの凱旋

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2007/04/07
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、一枚の怪文書が届いていた。それは救命救急センター部長の速水晃一が特定業者と癒着しているという、匿名の内部告発文書だった。病院長・高階から依頼を受けた田口は事実の調査に乗り出すが、倫理問題審査会(エシックス・コミティ)委員長・沼田による嫌味な介入や、ドジな新人看護師・姫宮と厚生労働省の“火喰い鳥”白鳥の登場で、さらに複雑な事態に突入していく。将軍(ジェネラル・ルージュ)の異名をとる速水の悲願、桜宮市へのドクター・ヘリ導入を目前にして速水は病院を追われてしまうのか…。そして、さらなる大惨事が桜宮市と病院を直撃する。
少し前に『空中ブランコ』を読んでハチャメチャ精神科医・伊良部一郎にハマってしまった僕は、「火喰い鳥」白鳥圭輔のストーリーが無性に読みたくなった。丁度、実家の両親が海堂作品を1冊持ってきてくれたのでそれを読むことにした。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:
メッセージを送る