So-net無料ブログ作成
検索選択

『夏を拾いに』 [森浩美]

夏を拾いに (双葉文庫)

夏を拾いに (双葉文庫)

  • 作者: 森 浩美
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2010/05/13
  • メディア: 文庫

内容紹介
「お父さんが小学生のときはな……」父が息子に誇りたい、昭和46年のひと夏――小五の文弘は、祖父から町に不発弾が埋まっている話を聞く。様々な家庭の事情を抱えた仲間四人で、不発弾探しを始めるが。「家族の言い訳」シリーズをヒットさせた著者が描く、懐かしく爽やかな青春小説。
水曜日、ささいなことで小6の娘を泣かせた。何度も練習して鉄棒の逆上がりができるようになることなど大人になっても何の役にも立たないと言われてカチンときたので、それじゃあ今までに努力してできるようになったことが何かあるのかと娘に尋ねた。娘は少し考えて「塾で他の子が答えられなかった問題に私だけ答えられた」と答えた。僕はそれを無視してこう言ったのである。「塾で先生の質問に答えられたというのは努力の結果じゃないよね。それで何か達成感が得られたわけ?いつも勉強しているのはお父さんもお母さんも認めるけれど、それはプロセスであって結果じゃない。こつこつ努力を続けてそれで結果を出さなきゃやり遂げた達成感は得られないし、お父さんもお母さんも褒めてはくれないよ」―――こんなやりとりだった。

勉強の方がどれだけできるようになるのかはわからないが、親としては子供達に子供のうちにこれはやって欲しいということがある。それは「やり遂げた達成感」を何でもいいから沢山味わっておいて欲しいということである。僕は娘に今までに何かを根気よく続けていてできるようになったことはあるかと尋ねたが、娘はそんな経験は今まで一度もしたことがないと言った。それじゃ人生楽しくないじゃない?どんなに勉強ができなくてもいいが(この親にして過剰な期待を子に対してすべきじゃない)、あっちでぶつかり、こっちでぶつかりしながらも、続けたからこそ得られる達成感を味わって欲しい、お父さんはそう思っている。

この本を購入した理由は、本の帯に「今年の有名難関市立中学・入学試験に、最も多く選ばれた小説のひとつ」とあったからである。中学受験だなんだと小5の今頃から塾通いをしている我が娘の、とりえといったら詩のセンスだと思う。本人は中学に入ったら漫研に入って将来漫画家になりたいようなことを言っているが、どうせだったら詩と抱き合わせにして絵本作家になってくれる方が親としては嬉しい。でもそのためには折角の詩のセンスを、下らない受験勉強のために廃れさせてしまうことにはならないよう、たまには小説でも読んで欲しい。とまあオヤジとしては思ったわけです。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る