So-net無料ブログ作成
検索選択
自己啓発 ブログトップ
- | 次の10件

全日本剣道選手権―原田選手、おめでとう。 [自己啓発]

毎年11月3日に行なわれる全日本剣道選手権、今年の勝者は、東京代表の原田悟六段に決まった。おめでとうございます。悲願の初優勝です。

1990年代は西川、宮崎、石田の3選手で全日本の優勝者は占められてきたが、2000年の栄花直輝選手に始まり、岩佐英範選手(2001)、安藤戒午選手(2002)、近本巧選手(2003)、鈴木剛選手(2004)と毎年優勝者が交代するようになってきている。そんな中、原田選手は2000年以降、ほぼ毎年のようにベスト8には残るコンスタントな成績を上げてきた。

2000年 準決勝  原田悟● - ○栄花直輝

2002年 準決勝  原田悟● - ○岩佐英範

2003年 準々決勝 原田悟● - ○近本巧

2004年 決勝    原田悟● - ○鈴木剛

2005年 決勝    原田悟○ - ●内村良一

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

職場内自主勉強会を主宰する [自己啓発]

最近、仕事の面では暗い話ばかりが多いが、前向きなこともやっているという話を1つ。

前々から何となく感じていたのだが、うちの職場は島が1つ違うと、何をやっているのか全然わからないということが多い。僕の課の隣りには壁があって、この壁の向こう側のオフィスの人々からは、壁の向こう側の僕達が何か難しいことばっかりやっているという印象を持たれていた。こうした課の境を越えたナレッジ共有の場を作ることができないかなと思っていた。そこで、今月初頭に職場内勉強会を昼休みの1時間を使ってやってみてはどうかという提案をして、少なくとも5人の賛同が得られたので、第1回勉強会の本日開催に漕ぎ着けたのである。

目的は職場内のナレッジ共有の促進、加えて若手の従業員に発表の機会を与えてプレゼン能力強化を図ることである。そうして我が職場を戦闘能力の高い集団に育てていけたらいいと思う。

こういう企画、我が社の他の部では既に幾つも行なわれている。研修のような形で行なわれているものもあるが、全く自主的に開催されている勉強会もある。それぞれ形成されていった経緯は違うと思う。でもなぜか僕の職場にはそれがなかった。このままでは、他の部署の社員はどんどんスキルアップしていき、僕の職場は取り残されていくのではないかという危機感もあった。

人に言われる前に自分から仕掛けようと思った。今の職場に来てから2年、僕自身も随分と情報武装させていただいたと思うし、大学で講義をしたりしてプレゼン用のコンテンツもある程度ストックができた。いざとなったら参加者に僕自らがフィードバックできることもあるので、とにかく数回我慢してやってみようと考えた。

蓋を開けてみたら20人近くの参加者も得られ、やっぱり問題意識を感じていた人は結構いるのだなと思った。正直言うと今週はずっと風邪気味で、特に今朝は調子が悪かった。でも記念すべき第1回勉強会なんだから、主宰者として無理してでも出ようと思った。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

大学での特別講義 Part II [自己啓発]

先週のNF大学に続き、本日もDK大学で講義をやってきた。先週のは大学OBとしてボランティアで引き受けたようなものだが、今日のは完全な仕事の一環、会社のロゴ入りのパワポスライドを使い、会社の仕事の説明をやった。

但し、ただ漫然と会社説明をやってても面白くないので、社内で通説とされている定義に対して別の分析枠組みを提示し、それに基づいて我が社の事業を見てみたらちゃんと問題解決に貢献しているのか、取組みが不十分だとしたら課題は何か、そんなところを整理した。

以前も書いたが、僕の仕事は政府開発援助(ODA)と密接に関連している。日本のODAがいかに「国民参加」を謳っていようが、結局はプロとしての手腕が求められる。でも、本日講義で扱った「地球規模の問題」というのは、援助だけでは解決できない。問題が複数の国々にまたがっているのだから、解決策としても国際協調や国際機関の役割が求められる。しかし、国際社会での連携協調の役者は政府で、官僚が取り仕切っている。だが、問題は官僚の知識だけでは解決策が見い出せないほど専門知識が求められるものである。そして、そうした専門家は、実は役所ではなく民間にいたりする。従って、民間の専門家の知見が政策・制度構築の場にきちんと反映される仕組みが必要である。

僕が最後に学生に向けたメッセージとしてい言いたかったことは、時間の関係上十分には伝え切れなかったかもしれないが、地球規模問題の解決は援助機関の取組みによるところはさほど大きくなく、むしろ市民ひとりひとりがそれを自分の問題としてとらえ、わずかばかりの公共心に基づいて自発的に問題解決に向かって身の丈に合った取組みを始めることが必要であるということ、そして、若い人たちには、是非、国際的なネットワークにおいてネット上で議論を堂々と戦わせられるような専門性を身につけて欲しいということだった。

大学での講義の連発は正直言ってものすごく疲れたけれど、どうしたら自分の伝えたい気持ちを言葉にできるかを考えるとてもよい機会だったと思う。NF大での講義では、途中で胃痛に苦しめられたけれども、今日の講義では心配された胃痛も訪れず、気持ちよく90分を過ごすことができた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フルマラソン再挑戦宣言! [自己啓発]

07年に東京大都市マラソン 約3万人の参加を想定
 日本陸連と東京都は2007年2月に約3万人の参加を想定した「東京大都市マラソン」(仮称)を開催することで合意したことが18日、分かった。20日に河野洋平・日本陸連会長と東京都の石原慎太郎知事が会談し、開催に関する基本合意書を交わす。
 11月の東京国際女子マラソンと、2月の東京国際マラソンの一本化を目指しているが難航しているため、「東京大都市マラソン」は男子のトップ選手と男女の市民ランナーによる大会としてスタートする。「東京シティロードレース」も統合し、10キロのレースを同時に開催する。東京国際女子は現行のまま残るが、統合に向けた交渉は続ける。
 コースは都庁前をスタートし、臨海都市にゴールする設定で検討している。
(共同通信) - 10月18日12時12分更新

これぞ神の導き。

僕、ここに宣言します。「東京大都市マラソン」(名称ダサ・・・)出場を目指します。これから1年4ヶ月、これを目指して頑張ります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

特別講義終わる [自己啓発]

NF大学での開発学概論の特別講義を無事に(?)終えた。正直こんなハイレベルの講義をやったら学部1年生では付いてこれないのではないかと思うくらいの内容を詰め込んだ講義で、話しながら「こんな内容の説明をさらっとするのは相当しんどいな」と思っていた。ちゃんと丁寧に説明するなら時間が足りないとも思ったので、スライドに書かれている内容をかなり端折って話していった。それでも用意していた2時限目のスライドが最後まで終わりきらず、中途半端な終わり方となった。普段の仕事の中でのプレゼンテーションは、せいぜい20分から30分程度の分量で多少説明に手間取って時間超過しても会議終了時刻を少し後ろにずらすような対応も可能であるが、大学の講義ともなると、後ろの授業も控えているわけで、時間切れになったとしてもそこで打ち切らなければならない。そんな難しさは感じた。もう少し準備に時間があれば、スライドの枚数をもう少し少なくするべきだったかもしれないと思う。

とは言いつつも、事前に行なったシミュレーションがちゃんと生きており、予定通り2コマ分を自分の言葉で説明することができたと思う。また、これまでの自分の経験を振り返るとても良い機会にもなった。こうして2つのテーマでの発表用資料が出来上がったこともあり、今後はこれを活用して、いろいろな場所で勉強会を主宰していけたらと密かに思っている。特に、この特別講義は、同じ大学院を修了した他のOB/OGも輪講で参加することが今後予定されていることもあり、NF大学での授業の場だけではなく、OB/OG同士が大学院課程修了後の自らの活動を紹介、相互学習するのにも活用することができるのではないかと思う。

次は19日、仕事の関係で東京のDK大学で1コマの講義が予定されている。テーマは「地球規模問題」――一部は今日のスライドの使い回しで対応可能だが、大部分の講義資料はゼロから作らなければならない。残り1週間しかない。暫くは慌ただしい日々が続く。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

母校での特別講義に向けて [自己啓発]

来週火曜日、母校で学部1年生を相手に「開発学概論」特別講義をやることになっている。それも2コマ連続で。テーマは「世界銀行」と「開発のスケーリングアップに向けて」だ。最近、また少しずつ挑戦しているマインドマップを用いて講義構成を考え、前半の方は発表用資料が出来上がっているけれど、後半の方は多少追加の情報収集をしなければならないため、ぎりぎりまでかかりそうだ。

自宅のパソコンにはパワーポイントが入っていないので、準備は専らオフィスで残業(どうせ残業代つかないし)しながら少しずつ進めている。

でも昨夜は焦って頑張り過ぎた。お陰で今日は今朝から頭が重く、午後になって耐えられなくなってしまい、早退を選択してしまった。これで昨夜の頑張りもパー。

週末三連休の間にできるだけ早めに大学の近くの実家まで移動したいが、天候が読めず、土曜日開催予定の娘の幼稚園の運動会が月曜日まで順延される可能性もかなり大きい。その場合、雨の休日はまた出勤することになるのかもしれない。いずれにしても、今日の早退は仕事の上でも結構痛い。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

頑張れ須藤元気! [自己啓発]

9月7日(水)に行なわれた総合格闘技HERO\'Sの準々決勝、準決勝の録画を改めて見直してみた。番組の最後の部分は帰宅して結果を見ていたので、大晦日に開催される決勝戦に進出したのが須藤元気選手と山本KID徳郁選手であったことは知っていた。これまでのK-1 Dynamite!!での活躍を考えれば順当な組合せだと思う。
SudoGenki.jpg
…とここまで書いてきて、僕が総合格闘技の記事を書いていると思われる方もいらっしゃると思う。でも、本日の話題は一方の決勝戦進出者である須藤元気選手のことだ。

番組の中でも紹介されていたけれども、彼は哲学書を愛読している。番組の中での選手紹介は、こうした一見格闘技と何の繋がりもない読書も格闘技のシミュレーションに繋がっているようなナレーションを入れていたが、実際は違うと思う。彼には、格闘技の先に見据えているものがある。読書も格闘技も、その長期目標達成に向けたプロセスと捉えるべきだと思う。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この週末も自己嫌悪で暮れる・・・ [自己啓発]

昨年末から年初にかけて、週末の度に体調を崩すことが多かった。年度末近くになって週末も常時仕事している状態に陥ったのでその間は忘れていた症状だが、週末に気を抜いて睡眠をいつもより少しだけ多めに取るとすぐに症状が出る。土曜日の朝は両肩の凝りがひどくて午後になると頭痛に発展し、気分悪い状態で夜を迎え、早めに就寝せざるを得なくなる。朝は当然起きられない。日曜日の夜頃になってようやく体調が戻ってくるといった状況だ。

今週末は、久しぶりにそういう症状になった。平日の仕事は以前よりは余裕があると思うが、今週は所用で早めに退庁することが多かったので、本来今週中に終えておきたかった仕事をいくつかあった。加えて、木曜日夜の市国際交流協会の委員会で、ホームページ用の原稿作成を引き受けざるを得なくなってしまった。

言ってみればいつもよりも余計に仕事を持ち帰る週末だったわけだが、土曜日は娘の誕生日が金曜日だったこともあって幼稚園の月例誕生会に始まって夜は祖父母を招いてのホームパーティーだった。体調が悪い中で夜も久々に度数高めのベルギービールを飲んだりしたので、夜更かしして仕事をやろうという気力もなかった。今朝も起きたらもう6時で、すぐに子供たちが朝の「ゴールデンタイム」を過ごそうと起きてきた。そんな調子で始まってしまった今日は、昨日よりは体調がましだったが、1日中子供の相手をして過ごした感じで暮れてしまった。

平日に仕事のケリが付けられずに週末に自宅に持ち帰るようなパターンは今の部署に来てからずっと変わらない。たいていの場合は想定した作業量の5割にも満たない作業しかできずに自己嫌悪の中で月曜朝を迎えるのである。フォトリーディングの集中講座を取って少しは生活パターンが変わるかと期待したが、多くの仕事はコメント依頼への対応なので、結局精読せねばならなくなる。それが平日だと会議だの打ち合わせだので思ったように時間管理ができず、数が多すぎて残業を多少頑張ったくらいでは減らないという状況なのである。

この週末は、どう頑張ってもやってる時間が作れないのではないかというのは土曜日朝の体調の悪さで大方想像がついてしまった。妻だって日頃の子育てで疲れているし、いくらなんでも「今日1日は仕事やらせて」といって快くオフィスか図書館へ「休日出勤」させてくれるなんて考えにくい。結局多少でも書類を読む時間というのは作ることができず、2日間を終えてしまった。

発想の転換が必要だ思う。どうせできないことがわかっている週末の持ち帰り残業なら持ち帰らない方がまし。そういうふうにしようと思ったら、平日の生活パターンのどこをどう変えたらよいか、少し考えてみたいと思う。

明日の朝の出勤はつらそう・・・


読みたくない文献を集中して読む工夫 [自己啓発]

GW後半は6日に休暇を取って合計6連休にした。でも6日も休んでいるとズルズル先延ばしにしていた仕事もそろそろちゃんと目処を付けておかないと周囲に迷惑をかけるんじゃないかと心配になってくる。だから、実のところ幾つか連休中に仕上げようと思っていた仕事を持ち帰っていた。

たいていの場合、休日前に持ち帰った仕事は休日の家族サービスに追われて想定していたものの3割程度できて御の字で、休日明けの出勤は自己嫌悪にさいなまれながらすることになる。

今回持ち帰っていた仕事の中で最も厄介だったのは、ある研究者に委託していた研究レポートのドラフトにチェックを入れる作業だった。最初から英文で書かれたドラフトである以外はページ数にして56ページと大したことはなく、GW前にできれば済ませてしまおうと考えていた。ところがこれが相当に雑な文章で、ネイティブチェックが入っていないために語法や文法上の間違いや用語の不統一が甚だしく、見出し・小見出しが少ない上に各段落の頭にキーセンテンスがないため、とにかく読みづらい。言いたいことが見出しづらいし、スラスラ集中して読めないのである。スラスラ読めないから当然集中も続かない。GW前に終わらせるどころかとうとうGWに突入してしまい、さらにGWも終わろうとしているのに、チェックをしきれていない。

自分が出会った中でも五指に入る悪文であるため、いかに仕事だといってもなかなか読む気になれなかった。しかし、連休も終わればすぐにコメントを出さねばならない。仕方がないから7、8日の両日はかなりの時間をチェックに費やすことにした。

そこでボクが考えたのは次のような方法だった。

  1. 制限時間(例えば5分とか)を設ける。
  2. 制限時間を過ぎたら休憩を入れる。
  3. これを何度か繰り返す。

そもそも集中できないからダラダラ読んでいたら30分で2ページも読めない文章だ。それでも公開されるレポートだからちゃんと一字一句吟味しなければならないので、それだったら5分集中して5分休憩するのを3セットやって30分費やしても、ダラダラやっているよりはスピーディに読めるような気がする。実際、これをやってみたら5分どころか15分以上集中して読めたので結局最後の11ページをかなりのスピードで読みきれたのである。(読んだ後は、電子ファイルにコメントを書き込まなければいけないので、そちらの方は時間がかかっていて未だ終わっていない。)

これはなかなか良い手だと思うので、職場でも実践してみようかと考えている。

 


フォトリーディング短期集中講座 [自己啓発]

GWの前半の3連休、「フォトリーディング」という一種の速読の短期集中講座を受講した。

フォトリーディングは、その名の通り、本の各ページを写真撮影するかのごとくイメージを脳の深層に取り込み、その中から自分が欲している情報を拾ってきて分析して答えを導き出す手法で、左脳と右脳を合わせた脳全体の機能を最大限活用することが鍵となると僕は理解している。

2001年夏に米国のFMラジオ放送でその存在を知り、あまりのスピードに驚愕してなんとか身に付けられないかなと思っていた。当時は、仕事上英語の文書がスラスラ読めるようになりたいという期待があった。でも、このフォトリーディングの手法を考案したポール・シーリィの著書を読んでも、どうやってやったらよいのかあまりよく理解できなかった。一時帰国した折に彼の著書の邦訳『あなたもいままでの10倍速く本が読める』も読んでみたが、やっぱりよく理解できない。結局、何も学べないままに本帰国し、今やっているような研究職に就いたのだが、職種が職種だけに情報収集と分析が普段の仕事になり、その上に組織文書が毎日回覧で回ってくるし、メールの数もかなり多い。自分がいざ執筆するという段階になるととにかく他のことまでなかなか手が回らず、メールに返事がすぐにできない、書類がどんどん机の上に積み上がっていくという悪循環に陥った。

これではいけないと気は焦るものの、毎晩終電近くまで残業してそれでも電車の中で読める資料を持ち帰り、週末も何かしらの読み物を持ち帰る、そして、結局読了できずに月曜日の朝は特に自己嫌悪の中出勤する―――そんな生活の繰り返しになった。だから、今年の年明け、自分の執筆分担分にある程度の目途が立ったところで、そろそろ現状打破のために何かをやりたいと考え、再びフォトリーディング習得に挑戦してみようと思い立ったのである。

講座自体は速読のテクニックというよりも、いかにして脳を活性化して潜在的機能を働かせるようにするのかが中心だった。普段使わない機能を使っているために、講座も続けていると頭が熱くなってきたり、なんだかやれそうな自信が湧いてきたり、自分の体と気持ちの中に変化が起きてきているのではないかというのが何となく実感できる。講座を受けた翌日の通勤途中、普段何の気なしに歩いていて存在すら認知していなかった看板や道路標識がやたらと目に飛び込んできたり、前を向いて歩きながら自分の両側の風景の移り変わりを感じたり、視野が拡がったような感覚がある。

それ以上に驚きだったのは、受講していた殆どの方の猛烈な自己変革への意識である。成功への執念ということもできるかもしれない。ビジネスで成功しよう、お金を儲けて世界一周旅行に行こう、政治家になろう、などといった非常に強い将来設計と信念を持っておられた。それらに触発されたわけではないが、僕は仕事上の書類のリーディング速度を上げて仕事の処理能力を強化し、それによって勤務時間を短縮して持ち帰り残業をなくし、浮いた時間を家族と過ごしたり仕事とは全く異なるジャンルの読書に充てたり、地域社会の自分なりの貢献の時間に充てたりして、人間としての「幅」を拡げられたらとは思っている。このままでは仕事のことしかわからない、仕事のことも一部分しかわからないつまらない人間になってしまいそうな気がするから・・・

3日間集中講座を受けたからといってすぐにフォトリーディングがスラスラできるようになるわけではない。インストラクターによればこれから3週間継続することが大切なんだとか。まあ、仕事上読む文献には事欠かないわけだし、なんとか続けていければと思う。

今日はGW後半の連休初日―――最初にやったことは、家の掃除。そしてフォトリーディング用の机を確保することだった。

関連URL http://www.photoreading-japan.com/


- | 次の10件 自己啓発 ブログトップ
メッセージを送る