So-net無料ブログ作成
検索選択

四段受験へ [趣味]

4月15日、国立市で開催される西東京剣道連盟主催の審査会で、四段受験に臨むことになった。今年11月の受験を考えていたが、どうも今年11月の僕の日程がタイトなので、4月の審査会の話を知った時、前倒しできるならしようと思った。仮に不合格だったとしても、一度ぐらいは審査会の雰囲気を味わっておくのもいいかと思ったし…。

三段に合格したのは2001年11月のことだったので、10年経ってようやくだ。通常三段合格から3年修業を積めば四段受験資格は得られる。僕はこの間仕事が忙しすぎて稽古が全くできなかった空白期間が5年ほどあるが、それでも十分に受験資格は有する。それに、三段合格から現在に至るまでには多くの先生方からご指導をいただき、自分なりに研究も重ねてきたので、こと実技の面では納得のいく演技ができるのではないかと思う。そこは、道場の先生にもお墨付きはいただいている。

ただ問題は日本剣道形審査。米国では三段で既に小太刀三本目まで審査対象となっていたので経験済みではあるが、日本で二段受験した際には太刀五本目までしか審査対象でなかったものがいきなり太刀七本、小太刀三本に増えたので、準備しきれずに形審査で一度不合格になるという憂き目を見た。その頃に比べれば形の稽古は多少は積んで、動作は覚えてきたとはいえ、先生の指導を受けて理合を理解しているわけではない。道場では先生にお願いし、多めに形の稽古をさせていただくことにし、講習会にも参加して、とにかく相手のいる場での経験を積んで臨みたい。

こういう時には下記の蔵書が独習には非常に役立つ。朝出勤前のひと時、自宅の向かいにある神社の境内で、木刀を振ることにした。合格祈願もしないと。審査会はちょうど1ヵ月先だ。

わかりやすい剣道段級審査

わかりやすい剣道段級審査

  • 作者: 香田 郡秀
  • 出版社/メーカー: 成美堂出版
  • 発売日: 2010/01
  • メディア: 文庫


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

『Glory Road』 [趣味]

グローリー・ロード [DVD]

グローリー・ロード [DVD]

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • メディア: DVD
内容(「Oricon」データベースより)
1966年のアメリカ大学バスケットボール界では黒人選手は1試合に3名しか出場させられないのが暗黙のルール。ドン・ハスキンズ率いる弱小チームは大学から勝つことを強いられていた。そんな中、ハスキンズはNYのストリートバスケットボールに興じる黒人の若者のプレイに心を動かされチームに引き抜き、チームは半数以上が黒人選手に。当時では考えられない型破りなチームの快進撃が始まった!
1週間硬派系の記事ばかりをアップするのも疲れたので、本日は趣向を変えて1年前まで駐在していたインドで、ケーブルテレビの映画チャンネルで何度も見てしまったスポーツ映画ばかりをここでご紹介したいと思う。1年前に離任の準備で家財道具の処分の作業をやっていた5月6月頃、本日のタイトルにもした『Glory Road』が何度も繰り返し放映されていて、カレッジ・バスケットボールのゲームのシーンの面白さに釘付けになってしまったために、そのシーンだけお目当てに何度もチャンネルを合わせるという結構お気楽なことをやっていた。

この話は実話に基づいていて、黒人選手ばかりになってしまった現在ではとても考えられないことだが、昔はバスケといったら白人のスポーツだった。僕の最も印象に残っているカレッジの選手といったら1985-86年シーズンにケンタッキー大学で活躍していたケニー・ウォーカーなのだが、当時のこの大学はコートの5人のうち4人まで黒人選手で占めていた。その名門ケンタッキーが1960年代は白人至上主義のチーム編成にしていて、この映画で描かれているテキサス・ウエスタン大学にNCAAトーナメント決勝で敗れてからその方針を捨てて黒人選手を初めて獲得した。

バスケットボールの映画で他にお薦めなのは、『Hoosiers(勝利への旅立ち)』。これはインディアナ州のとある田舎町のハイスクールの話で、控えも含めて白人選手だけで構成された(というか当時のインディアナ州の田舎に黒人はいなかったのだろう)このチームが州選手権の決勝まで勝ち進んで最後に対戦した相手は運動能力の高い黒人選手を5人揃えたチームだった。これも試合のシーンは見もので、再放送されたらたいてい見入ってしまう。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

不惑のオジサン剣士、試合で負傷 [趣味]

CIMG1249.JPG

本来なら週報として今週1週間の出来事をご紹介するのが日曜日の日課だったのだが、予定を変更して本日開催された新宿区剣道大会についてご報告したい。職場のチームとしてエントリーし、僕は中堅として出場した。職場のチームの代表として出場するのはこれが初めてだ。

東日本大震災の後だけに、開催自体も危ぶまれた大会だったようだが、こうして開催となり、主催者の新宿区剣道連盟と関係者の皆さまに先ずはお礼申し上げたいと思う。職場のチームとして参加するのはこの大会しかないので、中止にされると会社名の垂ゼッケンで出場する機会はまた1年先となってしまうところだった。

とはいえ、震災後はいつも稽古で使わせていただいていた体育館も節電対策のため使えず、各メンバーとも地元の道場で稽古を続けて技を磨くしかなかった。こうしてチームとしてお互いの技量を確認し、そして親睦を深める機会はとても大事だ。

それと、面をつけて稽古を始めて未だ数週間という我が家の次男に試合の雰囲気を味わってもらえたらと思い、次男だけ連れて参戦したのである。前日息子の稽古を見学したが、さすがに面をつけた稽古は未だ3回しかやってないからか、同じ学年の子供達と試合形式でやっても、声は出てないし、メンを打つのに一生懸命の様子で、あまりにも相手と周囲が見えていない。少しばかり大人の試合を見せたら、選手がどのように戦っているのかがわかってもらえるだろう。

続きを読む


タグ:剣道
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

にわかコーヒー党 [趣味]

B3COFFEE.jpg

16日(土)の話である。我が家の近所にある中近東文化センター附属博物館で、「珈琲がやってきた-中近東、ヨーロッパ、そして日本-」という企画展示が始まったので、家族全員で自転車で見学に出かけた。この企画は、本来なら3月19日スタートの筈だったのだが、東日本大震災の影響で延期になり、4月15日から開館となったもの。
 標 交紀(しめぎ ゆきとし)氏は、自家焙煎の珈琲店「もか」を1962年から吉祥寺で営業され、多くのコーヒー愛好家に親しまれましたが、2007年12月に逝去されました。中近東文化センター附属博物館は、2009年3月8日に標氏が蒐集したコーヒー関連の美術・工芸品、約250点の寄託を受け、「標交紀「もか」コーヒーコレクション」として、展示しております。
 標氏の著書『珈琲の旅』(みづほ書房)には、「ダイヤモンドのコーヒー」と呼ぶ美味しいコーヒーを求めて、ヨーロッパを旅行した様子が記されています。標氏は生涯をかけて、世界中のコーヒーを探求し、その際に出会った多くの優れたコーヒー関連の品々を蒐集されました。そのコレクションによって、中近東地域に遡るコーヒーの歴史を知ることができます。そして、その品々を見ることによって、伝説的なコーヒー人である標氏のコーヒーにかける情熱が伝わってきます。写真のウィーン、コーヒー伝来300周年記念人形は、「もか」の店内に長年置かれ、多くの来客を迎えてきた標コレクションを代表する作品です。

*博物館HPより
元々三鷹が地元であるうちの妻に聞いたところ、吉祥寺の「もか」という珈琲店は井の頭公園の入口近くにあったという。結構なコレクションで、よくぞまあこんなにいっぱい集めたなぁと感心する展示である。標氏は世界中旅したとあるけれど、さすがにコーヒーよりもチャイの方が元々盛んだったインドにはお越しになられていない。

ここの展示を見て初めてわかったのは、昔の中近東でのコーヒーは柄の付いていない小さな陶器のカップで飲まれていたということと、それが伝わった欧州でも、柄の付いたコーヒーカップを作れる技術がなかったので、17世紀後半に日本の有田に注文があり、そこで生産されるようになったのだということである。つまり、世界で初めての柄の付いたコーヒーカップは有田焼のメイドインジャパンだったということだ。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ビール愛好家のための格付ガイド [趣味]

The Beer Lover's Rating Guide (Revised)

The Beer Lover's Rating Guide (Revised)

  • 作者: Robert Klein
  • 出版社/メーカー: Workman Pub Co
  • 発売日: 2000/10/16
  • メディア: ペーパーバック

内容説明
Bob Klein's passion for beer has taken him on a decades-long 90,000 mile journey in search of brews from every corner of the globe. Here, in an easy-to-use form are the results.
最近知ったのだが、2年ぐらい前まで僕のブログに時々コメントを下さっていた方が、実は僕の高校の同級生だったらしいというのがミクシィの足跡から判明した。僕と同じ岐阜県出身の方だというのはわかっていたが、ブログ記事での言及内容から長良川流域で住まわれていた方だろうと想像していた。さらに言えば年齢的にも僕よりも年下の30代の方だろうと思っていた。それがまさか同級生とは…。ニックネームしか知らないので、実名がわからない中で460名もいる同級生の中から誰かを特定することは不可能に近い。国語が強い人だろうと想像はするが…。

でもその方がのんべいだというのはブログでのニックネームから容易に想像がつく。そこでその方に贈る本日紹介の1冊。僕が米国駐在時代に最も頻繁に目を通していたガイドブックだ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

聖パトリックスデーといえば… [趣味]

日本でも聖パトリックスデーを祝うイベントがあるというのは知らなかった。

聖パトリックスデーといえば、僕的にはこれ―――。

green-beer.jpg僕がグリーン・ビールを飲んだのは1989年3月に訪問先の米国アイオワ州チャールズシティのバーで、吹雪の中を知人の車に乗って出かけ、ほろ酔い気分で帰路についたら知人が思い切り車をドリフトさせていっぺんに酔いが吹っ飛んだ思い出があるだけだ。その後2000年から3年間住んだワシントンDCでは、グリーン・ビールを探したけれどもお目にかかったことがない。

日本で飲めないかな…。そんなのがあったら日本の生活も悪くないか…。

ちなみに、この日はホワイト・デーでもあったわけだが、妻と電話で話したけれども何にも言わなかったし伝えもしなかった。バレンタイン・デーの日に電話もなかったお返しというわけではないけれど、何だか忘れてしまった。来年のホワイト・デーではこの償いをきっといたします。確実に日本にいるだろうから。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

真岡鉄道、冬景色 [趣味]

AFPのニュース素材選択の基準はよくわからないが、時々いいなと思うような記事が掲載されることがある。真岡鉄道のSLの写真なんてのはその典型例で、1月23日にAFPのカメラマンが撮ってきた写真をそのまま載せ、特に解説記事も付けていない。ただの写真だけの記事である。

懐かしいです。10年前の2000年夏、僕は家族連れで真岡鉄道乗車の旅に出かけている。当時3歳だった長男が鉄道好きの片鱗を見せ始めていた頃で、当時住んでいた京王線聖蹟桜ケ丘では、時々彼を連れて多摩川堤防に行き、鉄橋を渡って走る京王線の列車を見せていたものだった。『機関車トーマス』が大好きで、随分とビデオを見ていたと記憶している。そして、蒸気機関車に対する期待感を目いっぱい高めておいてそれで連れて行ったのが真岡鉄道だったというわけ。

当然大喜びで、機関室を見せてもらい、機関士が石炭をくべるところも見せてもらって大興奮だった。かくいう僕も、高々とかき慣らされた汽笛には心が高鳴った。下館から真岡を経由して茂木まで行き、そこで昼食を食べてまた下館まで引き返すという往復3時間ほどの旅だった。ワシントンDCから比較的短時間で行ける場所での汽車の旅(Train Ride)は相当頻繁にやっていた米国駐在時代も含め、僕が家族サービスに相当な時間が割けた良い時代だった。

*米国駐在時代の列車の旅の記録は下記URLからご覧いただけます。
 http://www.sanchai.net/Railways.htm

続きを読む


『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 [趣味]

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) [DVD]

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) [DVD]

  • 出版社/メーカー: VAP independent(VAP)(D)
  • メディア: DVD
内容紹介
リリー・フランキー原作の同名ベストセラーを映画化した本作は、ドラマ版とは違って、映画ならではの細部へのこだわりや、絶妙なキャスティングによって、原作の持ち味を存分に活かすことになった。原作者自身がモデルである主人公の「ボク」が、炭鉱町・筑豊での少年時代を経て、東京でイラストレーター兼コラムニストそして成功。ガンに冒された「オカン」を東京に呼び寄せるという物語は、ほぼ原作どおり。映画だからといって、妙に本筋を外れなかったことに好感が持てる。
長髪で無精ヒゲを生やしたオダギリ ジョーは、思いのほかリリー・フランキー本人に近いイメージ。さらに樹木希林のオカンの若き日を実娘の内田也哉子が演じることで、時の流れが見事に表現されている。そのほかキャストでは、原作にも出てくる松田美由紀の使われ方や、一瞬だけ登場する豪華ゲストも見どころ。炭鉱町のセットを始め、その後の80~90年代のカルチャーも丁寧に映像化された。原作ファンが気になるのはクライマックスだが、オカンがガンに苦しむ姿を壮絶に描く反面、その後は過剰な演出を避けたたことで、原作よりも、じっくり感動する人が多いかもしれない。映画として、どこにインパクトを与えるべきなのかを、監督の松岡錠司は知っているのだろう。(斉藤博昭)
大晦日の夜、職場関係の野郎4人で我が家に集まり、酒盛りをやって新年を祝ったという話は前回重松清著『十字架』を紹介した記事の中でも言及したが、その際、取りあえずBGM的にお客さんに見せていたのがこのDVD。現在バンコクで新年を祝っている真っ最中の別の同僚から貸してもらったもので、年末年始に纏めて見てしまおうと思っていたものだ。(実はその前に1人の時にも一度見ているので、流し上映であっても一応内容は把握している。)

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『おくりびと』 [趣味]

おくりびと [DVD]

おくりびと [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD
職場の同僚から貸してもらったDVDを年末年始の連休を利用して見ているところである。

その第一弾『おくりびと』は、11月には既に貸してもらっていたのだが、なんとなく見そびれてここまで来た。扱っているテーマが明るくないなと思ったからだ。単身で寂しく生活している者が見るのはつらい。しかし、意を決して見てみると、予想通りの号泣であった。

銭湯のお婆ちゃん(吉行和子)を見送る長男・山下(杉本哲太)の涙、火葬場職員平田(笹野高史)がお婆ちゃんを見送る際のセリフを見て泣き、そして納棺師・小林(本木雅弘)が自分の少年時代に自分と母を捨てた父親の訃報を聞き、駆け付けて自ら納棺を手掛けるシーンも泣けた。特に、お婆ちゃんの葬儀のシーンは泣けて泣けて仕方がなかった。

納棺はこれまでは見送る家族が行なってきたもので、納棺師のような業者の存在を肯定しようとしているとの批判もあると聞くが、実際問題としてもはや家族が納棺を取り仕切るなどということは今や不可能に近いわけで、受け入れなければならない現実かとも思う。「すき間産業」と形容するシーンが劇中でも出て来るが、そういう時代の流れなのだろうなと思う。

ものすごく不謹慎な言い方をすれば、身内に不幸があった時に、家族はどのように振る舞うのかというのを考える意味では参考になるようなシーンが幾つかあった。

それにしても、こうした作品が評価されるようになったのは、やはり今の日本社会で高齢化が進み、「死」というものを多くの人が真剣に考えざるを得なくなってきているからだろう。それにしても山形・庄内地方の町、日中でも人の外出が少ないのがものすごく気になった。これも今の日本社会の現実なのだろうが。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

迷走の初弾き語り [趣味]

秋の夜長に…
単身赴任生活に入ってから3週間。まあなんとか新たな生活のリズムも出来つつある。「人間嫌い」かつ「出不精」の性格から危ぶまれた週末の過ごし方も、取りあえず今のところは幾つか入った行事にも助けられて家で過ごす時間は意外と少ない。この歳になってから性格を変えたいとまでは思ってないので、取りあえずは1日1イベントぐらいで外出機会を作るだけでいいかなと思う。

平日の夜の過ごし方も少し変わった。時差の関係から平日夜に電話で妻と話すことはあまりできないので、もっぱらミクシィで「交換日記」をやっている。プラス、就寝までの最後の1時間は、ヒンディー語の通信講座(以前ご紹介したものです)と、なんとこの歳にしてアコースティックギター再挑戦というのを目標に掲げて1日15分練習を行っている。

上の記事を書いたのは9月半ばのことだ。8月に家族を帰国させ、9月初旬に無事引越しも終えた僕が、引越しの1週間後にやったのがアコギの購入。そして少しずつ練習を積み重ね、12月23日の職場の忘年会で初めて練習の成果を披露した。

Guitar2009-12.JPG相当に練習したつもりだったが、前日から久々に不整脈をやり、さらにこの日は37℃台半ばの熱でフラフラしながら仕事をやった後で多少酒も飲み、緊張もしまくった状態での弾き語りは思った以上にきつかった。指がうまく動かないし、パニクってコード進行は間違えるし、歌詞は忘れるしで…。譜面に目が行くとコード進行が疎かになるし、譜面のコードを注視していると歌詞が覚束なくなる。迷走しまくった。ホント赤っ恥モノだ。

続きを読む


メッセージを送る