So-net無料ブログ作成
検索選択

子供達の力作 [家族]

うちの子供たちが通っている小学校は、ほぼ毎月のように学校公開が企画され、土曜日に授業参観が行なわれる。僕らが小学生だった頃に比べたらちょっと多過ぎるようにも思える。子供達の教育に保護者のコミットメントをもっと増やそうということなら、どうせなら保護者が企画するイベントでも土曜日にやってくれればいいのにと思うが、結局は先生が生徒に行なう授業を見せられるだけだから、「またか」と思わざるを得ない。保護者会の企画ものは平日夕方が多くて、普段は別の仕事をしている僕のような立場の者は主体的に参加できない。土曜日にでもやっていいのなら、単に受身で授業参観するよりも、もっと積極的に関わってもいいくらいだ。

勿論、授業参観が普段うちの子供達が教室でどんな様子なのかを見るにはいい機会であることには変わりはない。特に小1の末っ子は僕に似て落ち着きがないから、まあ先生や他のクラスメートの話を聞く時の態度がひどいことひどいこと。親が見てないのをいいことに結構やりたい放題やっている姿をたまたま見てしまった時には、僕らは見てはいけないものを見てしまったような不快感も味わう。親が見てたのに気付いた末っ子はすぐに態度を変えるが、帰宅した後でオヤジの説教にさらされる運命なのは言うまでもない。

20日(土)もそんな学校公開日だった。体育館を使った作品展示もあったので朝イチで見学に出かけた。今週末も週明けの自主勉強会での発表があって論文を読むのに相当時間を割いているところなので、これで2時間以上が潰れるのは少しつらかったが、我が子の芸術センスを見る良い機会ではあった。

1)次男(小1)編
SH3I0048.jpgSH3I0046.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

炎天下でも多摩動物公園 [家族]

暑いですね。気温37度でこの日差し――湿度も含めると5~6月のデリーのようである。体内の血液が沸騰する感覚というのを久し振りに味わっている。

お盆明けの頃のこと。我が家の末っ子次男坊が急に「多摩動物園に行きたい」と言い始めた。友達が連れて行ったもらったのだとか。僕も岐阜の実家に里帰りで連れて行ったり兄貴の吹奏楽部の演奏会に連れて行ったりさらには近所のコミセン・プールで水泳練習のコーチをしたりと、それなりに末っ子には便宜を図ってきたつもりだったが、考えてみたらプール以外はオヤジの都合。そんなわけで、1つぐらいは最後に夏休みの思い出を作っておこうということで、21日(日)に2人で多摩動物公園に出かけてきた。

8月中は夜も開園して夜行性動物の生態を見せてもらったりもできたのだが、末っ子に聞いたら日中がいいということだったので、暑くなる前にある程度見て回ろうと、ほぼ9時30分の開園と同時に入園するつもりで家を出た。

IMGP4273.JPG
IMGP4281.JPG
IMGP4283.JPG
IMGP4284.JPG
IMGP4288.JPG

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

松坂屋名古屋店 『大昆虫博物館』 [家族]

男3人里帰りの真っ最中の8月10日(火)、所用があって名古屋に出かけた。我が家の男児2人を連れて最初に向かった先は名古屋・栄の松坂屋名古屋店。南館8階で『大昆虫博物館』というのが開催されていた。「2010年愛知・名古屋COP10 パートナーシップ事業」なのだそうだ。

SH3I0017.jpg
《博物館入口でポーズする次男》

SH3I0011.jpg
《世界の甲虫類の標本の前でポーズする次男》

COP10というからには生物多様性保全の必要性を来館者にアピールする企画かと勝手に思っていたが、わけもなく大量に展示されている甲虫類や蝶の標本とか、世界中のカブトムシやクワガタムシを全部まとめて放し飼いにして来館者と触れ合わせる部屋とか、一体どこが生物多様性保全なのかよくわからないなと首を傾げるところが多かった。勿論、子供達にとっては生物多様性保全以前に目の前のカブトムシやクワガタムシに触れる方が面白いことは間違いないのだが…。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

男と男の夜叉ヶ池登山 [家族]

先週末から12日(木)まで、少し早目の夏休みをいただき、家族連れで帰省してきた。小5の娘は塾の夏合宿とやらで里帰りには同行できず、娘を9日(月)に出発させるまで東京に居残った妻も置いて、7日(土)からの帰省は長男と次男の男3人組で車の旅となった。

東京を発つ前、ふと思いついて長男に言った、「山に登ってみないか」と。このところガンプラを趣味としているうちの長男は、少しでも時間があると家でガンプラをいじっているかゲームをやっているかテレビを見ている毎日である。中1になって部活があるため全く家に引きこもっているというわけでもないのだが、部活と言っても運動部ではないため、普段からあまり体を動かしていない。せめて実家の祖父母の前ではイイ子でいた方がいいのではないかと考えさせようと試みた。勿論、僕自身も行ってみたかったわけだが。

4年前の夏、僕は1人で揖斐川上流の岐阜・福井県境にある夜叉ヶ池に登ってみたことがある。体重は最高潮、体調は最低の時期の登山だったため、とにかくきつかった。山の夕暮れは早く、時間的制約から途中で断念することも真剣に考えたほどだった。10kg以上体重を絞った今ならどれくらい楽に登れるのかを、確かめてみたいと思っていた。

長男は僕の誘いに快諾し、善は急げと岐阜の実家に着いた翌朝には夜叉ヶ池にアタックしてみることにした。朝6時に家を出発し、7時30分には夜叉ヶ池登山口に到着した。そこからの様子は次の写真の通りである。

IMGP4254.JPG
《登山口を出発して最初の沢を渡る》

IMGP4255.JPG
IMGP4256.JPG
IMGP4257.JPG
《登山道沿道の名所の1つである「幽玄の滝」》

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

納涼 [家族]

先週のお話になりますが、8月4日(水)に神宮球場で行なわれた中日ドラゴンズ対東京ヤクルトスワローズの三連戦第2戦を、愚息2人と一緒に観戦してきました。なんとなんとドラゴンズが同一カード3連敗を喫するという結果に終わり、僕のナマ観戦の勝率は相変わらず0割と、何やってんだか全くわからないですが、久し振りのプロ野球観戦を僕なりに楽しませていただきました。(この日のヤクルトの先発は石川でしたが、前回ナゴヤドームでやられたのも石川だったので、最初からいや~な予感がしておりました。)

SH3I0004.jpg
SH3I0006.jpg

この三連戦は5回裏終了時に外野スタンド後方から花火が打ち上げられるとうサービス付きで、イライラの募る試合も花火を目標にして我慢して過ごしました。花火は良かったのですが、ケータイの写真が上手く撮れていません。でも、少しは涼しい気分になって下さい。

続きを読む


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

オヤジにはちょっと嬉しい週末の話 [家族]

帰国後二度目の週末となった先週、僕は懸案事項を幾つか片付けるのに2日間を充てた。自宅の蔵書の整理に取り掛かったことについては既報の通りだが、それ以外にも3年間全く使ってなかった通勤用ママチャリの点検修理とか、自宅の無線LAN設定とか、平日の間に感じていた不便を解消するための作業をやった。

それだけではなく、ちょっと嬉しい話題も―――。

1.次男(1年生)、パパと一緒に剣道やります!
3日(土)、近所の道場に次男を連れて行き、子供の稽古風景を見学させた。僕自身は2006年にできた会社の剣友会の稽古に月1回参加するのを確約済みで、最も自宅から近いところでは近所のコミセンで毎週金曜日に地元の大人だけの同好会が稽古をやっているのも時間があれば参加したいと思っているが、僕自身の稽古場所よりも、子供と稽古する場が欲しかったので、次男がやる気を見せてくれるかどうかが鍵だと思っていた。

連れて行った道場にはたまたま次男の幼稚園時代のクラスメートがいたことや、先生方が気軽に声をかけて下さったこと、初心者の小学校1、2年生あたりの生徒さんへの指導のされ方に好感が持てたことなどもあり、次男クンはやる気になってくれたようで、「通ってみる」と言ってくれた[わーい(嬉しい顔)]

(余談ながら、以前、三鷹市内の別の道場に長男を見学に連れて行ったことがあるのだが、指導をされていた先生が小学生の生徒に怒鳴っておられたのを見て長男がドン引きし、泣く泣く断念したことがある。この道場は、会社の剣友会の方には薦められたのだが、そうした経緯もあって今回は別のところに見学に行ったのである。)

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春うらら なんとか桜に間に合って [家族]

東京地方は3日(土)、桜満開を迎えた。約12日にもわたる今回の一時帰国中、どこに行ってもずっと荒天が続き、晴れの日が殆どなかったが、今日ようやく雨の心配のない晴れの日を迎えることができた。

インドに戻る日を前日に控え、家族全員で国際基督教大学(ICU)キャンパスに観桜に出かけた。少し早目に家を出て、歩いて最初に行った先はマック。朝マックを簡単に済ませ、大沢にあるICUのキャンパスをゆっくりと歩いた。

うららかな春の日、桜のトンネルの中をジョギングしている人々や、車椅子を押してもらっているお年寄りの方々、小さなお子さんを連れた若い家族の方々も沢山繰り出しておられた。こうやってゆったり過ごすのもたまにはいいものだ。

IMGP4026.JPG
《向かって左側の路肩を2人乗りしているのがうちの男組です》

前日はICUの入学式で宮家の眞子様が来られていたそうだ。天候はなんとか持ったものの、結構な厳戒態勢だったらしい。宮家から学生を受け入れる大学側も大変だと思うが、これからも地域の人々にオープンなICUであることを願いたい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なごや地球ひろば再訪 [家族]

少し前に「なごや地球ひろば」について紹介する記事を書いたが、ちょうど今回の一時帰国中に子供達を連れて岐阜の実家に里帰りする機会があったので、爺さんと相談し、うちの子供達とその友達を引率して再び訪問してきた。3月31日(水)のことである。

最初は自分で子供達に説明しようかと思ったのだが、餅は餅屋ということで、地球ひろばのスタッフの方に説明をお願いすることにした。結果的には大成功で、親父の説明なら絶対に耳を傾けないうちの子供達も、別の大人の話ならちゃんと聞いてくれました。

CIMG1006.JPG CIMG1005.JPG CIMG1007.JPG CIMG1008.JPG

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

長男の巣立ち見たくて帰ります [家族]

*只今一時帰国中ですが、日記代わりにこの記事の末尾に時々情報を書き足しています。
東京は22日に桜の開花が確認されたとのこと。年度末で職場が忙しいのは重々承知しつつも、我儘言って帰らせていただくことにしました。長男の小学校卒業式に出席するのが第一の目的です。長男が入学式を迎えた小学校の校庭の桜はそれはそれはきれいだったと記憶していますが、先生方に見送られて巣立っていく日を多分満開の桜の中で迎えられる長男は幸せだなと思います。

今回の一時帰国は、任期を終えて本帰国する前の最後の日本になります。どこに行かされるのかはわかりませんが、取りあえずは東京であろうことを想定して、生活構築の準備を多少しておこうと思っています。

胸の痛みは相変わらずで、さらにタイミング良く歯も痛くなりました。疲れもあったのでしょう。整形外科と歯科のお医者さんに何度か通うことになりそうです。

続きを読む


nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

帰ろかな [家族]

これまでも時々言及してきた「込み入った仕事」が大詰めを迎えている。3月第1週が1つのクライマックスということで、先週末は2日とも休日出勤したし、今週末の三連休もホーリーの3月1日(月)を除き土・日は出勤して準備を進めている。「込み入った」仕事だけにこれで終わりというわけではなく、今後も続いていくのだが、こんなに時間投入してやらなければいけないのは来週で1つの区切りとはなると期待はしている。

DSC00257.JPG27日(土)は日中仕事を終えて帰宅した後、大家のマルホトラさんに呼ばれてご自宅でのカクテル・パーティーに参加させていただいた。ご本人は事前にちゃんと仰ってなかったが、実は26日がマルホトラさんの84歳の誕生日で、デリーに住むご家族や親戚、幼なじみや旧友、軍での同僚が集まって誕生日を祝った。手ぶらで行くのは拙かろうと思い、正月に妻が持って来てくれた「越乃寒梅」を持って行った。マルホトラさんは朝鮮戦争後の1954年に東京に一時滞在されたことがあり、新橋第一ホテルに泊まり、横浜や鎌倉を訪れたという。当時から首都圏の列車のダイヤの正確さや交通ルール遵守は印象的だったという。

当時の日本では英語を話せる人も少なく、鉄道もタクシーも利用するのは大変だったそうだが、そういう時も通りすがりの日本人はとても親切に対応してくれたと、マルホトラさんは今でも懐かしそうに話される。僕らが生まれるずっと前の当時の日本人の先輩方がなにげにやってくれていたことのお陰で、今の僕らは助けられている。

元々退役軍人の居住用に開発された住区であるだけに、同郷で軍に入隊した友人や先輩後輩が近所に多く住んでいるが、中には初等教育学校時代の同級生という方もいらしていて、当時の算数のなんとか先生がどんなことを言っていたとか、そんな話でも盛り上がっておられた。また空軍学校の2年先輩という方もいらしていて、86歳になる空挺部隊出身のこの方は今も赫灼(かくしゃく)とされ、つい最近家族に止められるまで、月1回のパラシュート降下を欠かさずなさっていたそうである。この方とマルホトラさんのお付き合いも60年以上に及ぶ計算だ。

続きを読む


nice!(7)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る