So-net無料ブログ作成

いつの間にやら300万PV [ご挨拶]

300MPV.JPG
昨日のことになってしまいますが、1つのマイルストーンとして300万PVに到達しました。このような切り番到達の際には毎回申し上げていることですが、日頃のご愛顧に感謝申し上げます。

200万PV到達の際のご挨拶には、次のように書かれていました。
特に、インドネタを集中掲載できた時期に比べて、正直今の記事のラインナップは迷走気味ですので、
読者にとって読んで面白い、ためになるといった情報が提供できていないと自分でも感じています。

それに、公私ともども何事にも集中できない状況にありますので、文章も散漫です。
(なかなか思考の整理ができなくて、文章が書き始められないのは歳のせいかもしれません。)

イベントへの集客や災害義捐金の募集などではまだまだほとんど機能していません。

あれから1年10ヶ月が経過しましたが、今も同じような悩みを抱えながら、惰性で書いているような感じですね。一時「週報」と称して、1週間の身の回りの出来事をダイジェストで書くような取組みもやってみましたが、それもだんだん面倒くさくなって止めてしまったし、故S.D.ゴカレ博士の著書の勝手流翻訳も、今年1月に復活させると宣言しながら、いまだに再開に至っておりません。

ブログに関して言うと、あまり胸を張れることがないこの1年10ヶ月でした。

だからといって新展開について妙案があるわけでもないのですが、ただ、自分自身の「記録」という割り切り方をして、読書の記録を中心として、惰性でもいいので続けていきたいと思います。こんなことでも、10年20年と続けていたら、うちの子供たちがあとで読んでみてくれるかもしれませんし…。

続きを読む


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

桜咲く季節に味わう挫折感 [ご挨拶]


巷ではお花見真っ盛りだった今週、週末に急性アレルギー症状が出て寝込んだだけでなく、自分としてはかなり重大な決断をした。職場でもお花見の企画はなされていたものの、僕自身はこの決断で失うものも大きく、敗北感、挫折感にも襲われて、酒を飲んでのどんちゃん騒ぎに加わる気持ちにはなれずにいる。

既に、一部の友人知人にはメール、SNSでお知らせしたが、3月31日を以て、大学院の博士課程を自主退学することにした。27日(水)に退学届を提出した。既に指導教官にはその意向を伝え、一応の慰留はされたが、最終的には僕の判断を尊重するとのお答えをいただいた。

理由はひと言では語れない。いちばん大きかったのは、僕が今の職場で抱え込んでいる諸々の仕事が近々片付いて自分の研究に復帰できるような目処が全く立たないことである。かといって休学期間を延ばしたところで、今度はうちの子供たちの教育費が2年後からジワジワ効いてくる。いたずらに先延ばししても問題解決にならない、僕はそう考えた。

続きを読む


タグ:大学院 研究
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

元日の日の珍事 [ご挨拶]


新年明けましておめでとうざいます!
年末年始のお休み、皆さんはどこでどのようにお過ごしでしょうか。
私は毎年の恒例として、大晦日から年明けは岐阜の実家で過ごしています。

いつもなら12月30日には実家に到着しているのですが、12月は休日出勤を3回も行ない、クリスマス休暇も体力温存に充てた感じで終わってしまい、冬休みの最初の2日は、家の掃除と年賀状の宛名書きに充てました。

車を運転しての移動は、大晦日の早朝4時に開始、笹子トンネルも無事通過し、午前10時前には実家に到着しました。例年同様、今回も仕事は持ち帰っていますが、我が家の子供2人に甥と姪を合わせて子供が多く滞在している2日朝までは、テレビが任天堂Wiiで占拠されており、他の番組は見れないし、大騒ぎしているので専門書など読める環境ではなく、小説でも読んでお茶を濁しています。

ところで、新年早々、信じられないことが起こりました―――。

Rank 1.jpg
―――なんと、ソネブロの本カテゴリーのランキングで、1位になってしまったのです。

理由は、年末にマスコミを賑わせたインド・ニューデリーの女性集団暴行事件と絡めて、インド女性の置かれた状況を紹介する本をブログで紹介したからです。1990年代初頭に出された本で、日本語訳も発売されていますが、訳本の方は今は絶版です。でも、描かれている内容は、今のインドの女性にもほとんどがあてはまる。それだけに、今回の事件で大騒ぎしているインド国内も、暫くしたら沈静化して何も変わらないということにもなりかねない。今度こそ変わってほしいと切に願っています。

本ブログという性格上、紹介した本が注目を浴びるのは歓迎すべきことですので、絶版とはいえ、全国の図書館で探して、多くの方に読んでもらいたいと思っています。そうしてもらうことで、本ブログとしての役割を多少なりとも果たせるかなと思っています。

ただ、こんなことはそうそうあるわけではないので、記念に残しておこうと思い、記事を書きました。あとは落ちるだけなので、今年も気楽に読書ノートをつけていくつもりです。

今年も駄文にお付き合いいただけると幸いです。

nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2012年のGOOD-BAD-UGLY [ご挨拶]

このところ毎年大晦日はこのテーマで書いているので、今年も同様にいきたいと思います。

1.(GOOD)積年の取組みは結実したものの…
去年もこのネタをトップに持ってきていたので、今年はPart 2ということになります。前年から執筆に取り組んでいた本が、1月に発売になりました。このブログでは実名を明かしていないので著書の紹介も大っぴらにはやってきませんでしたが、50の大台を前にして、自分が会社でやってきたことがとりあえず1つの形になったかなと思っています。テーマ的に一般大衆受けするものではありませんが、このプロジェクトに長年関わっておられた関係者の方々からは、「いい形にまとめてもらった」とのお礼のお言葉を頂戴しました。こちらこそ、信頼して任せていただきありがとうございました。

販売促進のため、幾つか講演の機会を与えていただけたことも、主催された方々、会場にお越しになられた方々にもお礼申し上げたいと思います。こうして人にわかるように発表することは、自分自身の勉強にもなります。その意味でも、よい機会を与えていただいたと感謝しております。

本当はこのテーマをもっと深めていきたいのですが、いろいろ事情があってなかなかそれが許されない1年でした。講演という形では何度か機会を得ましたが、本の中では描ききれなかった幾つかの主題を深掘りして論文のような形にまとめて発表することを本当はもっとやりたかった。

2.(GOOD)剣道は、次の高みを目指す
4月に四段審査に見事合格しました。去年の末にこのブログで宣言していた2012年の目標の1つは達成です。道場や会社の剣道部の公式戦の通算成績は、個人・団体を合わせて9勝7敗1分で、所属している道場の団体チームでは、春、秋の市民大会でともに3位入賞し、個人的にも貢献できたと思っています。

その一方で、6月に痛めた右手首の三角靭帯は今も完治しておらず、テーピングで固めながら稽古を続けている状況です。昨年10月の稽古でやった右手親指の突き指も、実は完治しておらず、動かすのに若干違和感を感じています。多分治らないでしょう。歳なので激しい稽古をやればどこかしら痛めるのはもう仕方のないことだと諦めてはいますが、稽古ができなくなるようなひどい故障は避けたいです。

来年は50の大台で、市民大会ではシニアの部で出場できるようになります。それに向けて、いつものやられる負けパターンを克服する策を考え、技のレパートリーも少し増やしたいと思っています。そのためには故障は避けたい。

続きを読む


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2011年のGOOD-BAD-UGLY [ご挨拶]

このところ毎年大晦日はこのテーマで書いているので、今年も同様にいきたいと思います。

振り返ってみても今年は結構不本意で、剣道ぐらいしかパッとした出来事がなかったのは事実であります。来年はもう少しいい年にしたいと思っています。
―――去年の大晦日の記事を見ると、こう書いて締めくくっています。
結局どうだったのかというと、気分的には相当複雑です。
今年前半はあまり山も谷もなかったのですが、
後半に入って良かったことも悪かったことも両方ありました。

1.(GOOD)積年の取組み、見事結実
私はこのブログを2005年2月に開設し、間もなく7周年を迎えます。インドに住んでいた時は、インドの新聞や雑誌からネタを拾ってブログで要約を書いたり、実際に見たり聞いたりしたことを文章にまとめる練習をこのブログで繰り返してきましたが、そうして普段から書く練習をしていたのが奏功したか、今年は生まれて初めて本を書くという大仕事を得ました。原稿は8月末までに書き上げましたが、その過程で、以前からブログで書きためてあったネタが役にも立ったし、参考文献リストもこのブログから作りました。原稿の方は本のページ数の制約があって編集段階で3割ほどカットされましたが、エディターさんからは処女作としては悪くないとほめていただきました。

本は1月14日頃からアマゾンで購入できるようです。ただ、大きな悩みは、私はわけあってこのブログで実名を明かしていないので、本が出たからといって、このブログで自分の本の宣伝をすることができないという点です。この際実名を明かすということもあり得ますが、そうすると、昨日書いたような愚痴記事は削除する必要もあります。この作業も馬鹿にならない。ほんと、どうしようかと悩んでいます。

他にも、今年私のインドでの活動を総括する機会がありました。9月下旬から、週1回、京都の某大学で15コマの講義を持たせていただきましたし、これとは別に大学院の指導教官から依頼されて、母校でもゲスト講師としてインドの綿花栽培農家の自殺問題を中心テーマに据えて1コマ講義をさせていただきました。お陰でインドでの私の経験をパワーポイント資料にまとめる作業は相当に進みました。

この秋、私がインドに駐在していた当時に手掛けたプロジェクトが表彰を受けるという出来事が2つ続きました。これらについても、関係者の間で、ここまでの経験を文章化して記録にまとめたいという話があります。パワーポイント資料までは作ったものもあるので、次のステップはこれを少しずつでも文章にしていきたいということがあります。断片的にはこのブログでも書いてきているんですけどね。

前向きな話はここまで。秋から冬にかけて結実したオイシイ話が多かった反面、今年9月以降の4カ月は、体力的にも精神的にもとてもきつかったです。作用と反作用といいますか…。

続きを読む


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2,000,000PV到達 [ご挨拶]

2million.jpg

仕事でのモヤモヤ感があってしばらくアクセスカウンターを見ていなかったのですが、
気付いたら200万PV目前にまで来ており、2011年10月25日早朝、とうとう大台乗せいたしました。

100万PVが2010年2月16日だったので、1年8ヵ月で100万上乗せしたことになります。
ほんとこんな拙い記事にお付き合い下さった方々にお礼申し上げたいと思います。

特に、インドネタを集中掲載できた時期に比べて、正直今の記事のラインナップは迷走気味ですので、
読者にとって読んで面白い、ためになるといった情報が提供できていないと自分でも感じています。

それに、公私ともども何事にも集中できない状況にありますので、文章も散漫です。
(なかなか思考の整理ができなくて、文章が書き始められないのは歳のせいかもしれません。)

イベントへの集客や災害義捐金の募集などではまだまだほとんど機能していません。

今後、300万PV、400万PVを目指して頑張っていきたい――と威勢良く宣言したい気持ちもやまやまですが、
もう少しやり方を見直せないかなというのが正直なところです。

記事掲載の頻度を思い切って落とし、自分が将来引き出して使えるような情報の整理のためだけに使うとか。

急には変えないでしょうけど、何とかならないかなとは思っています。
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

南インドの旅を終えて [ご挨拶]

6月13日から3週間の長きにわたって行なってきた南インド養蚕村調査の旅、無事に終えて7月3日に帰国しました。途中、蚊の大群に襲われて一晩ゆっくり眠れず、翌日炎天下での聴き取り調査で熱中症になりかかったことがあったりしましたが、それ以外は大きくは体調を崩すことなく過ごすことができました。暑い時期だし、3週間もいれば途中で内臓が弱ることもあるかもしれないと思い、肉がつく料理(ノンベジ)を極力食べないように心がけてきました。バンガロール最終日ぐらいはまあいいかと思って辛いアンドラ料理を食べたら、案の定体調がおかしくなり、特に帰りのフライトの中でかなりの腹痛に悩まされたのはご愛嬌です。

調査の方は極めて有意義で、やっぱり実際に農家の人に話を聞いてみて初めてわかったということが沢山ありました。この調査結果はいずれいろいろな形でまとめてご紹介していければと思っています。

でも、この3週間はまともに休養を取っていないので、この状態で日曜夜に帰宅し、翌朝から出勤するのはかなり体がだるいなと思いました。インドでの仕事はインドにいる間になるべく片付けるよう心がけましたが、職場復帰すると頭の切り替えがすんなりといきません。気持ちも簡単に切り替わっておらず、その上インド最後の1週間は自分の業務用メールのチェックが全くできなかったので、どんな仕事が待ち構えているのか事前に心の準備もできておらず、かなり憂鬱な気持ちを抱えながらの復帰初日となりました。

なお、滞在期間中に遠視が極端に進んだ気がして、とにかく資料に目を通そうにも近くの書類はメガネを外さないと字がくっきり見えないという事態を度々経験しました。老化の途上だから仕方がないところかと思いましたが、今のメガネにして4年経過したので、そろそろ新調しようかと考え、職場復帰初日は帰宅途中でメガネ屋さんに直行しました。とうとう遠近両用メガネのお世話になることになりました。メガネ屋さんの説明はわかりにくかったけれど、右目の乱視が進んでまともにものが見えていないという現実を突き付けられるとかなりショックです。

CIMG1612.jpg
南インドは今はジャックフルーツが旬です。僕はジャックフルーツといえば野菜カレーの具として使われるのしか想像つきませんでしたが、生で食べたらなかなかさっぱりしたほどよい甘さで、病みつきになって次から次へと口に運んでしまいました。
タグ:インド
nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2010年のGOOD-BAD-UGLY [ご挨拶]

いきなり最初から余談ですが、昨夜は故郷・大垣で17年振りに開かれた高校同窓会(岐阜県立大垣北高校昭和57年卒業3年4組)に出席してきました。開催自体は17年振りですが、私自身は前回は何かの事情で出ていなかったので、実に高校卒業以来初めて同級生と会ったというメモリアルな出来事でした。

高校卒業と同時に故郷を離れてしまい、故郷で過ごした時間よりもその後生きてきた人生の時間の方がいつの間にか長くなってしまいましたが、こうして高校の時はああだったこうだったと話すのも、その後どのような生き方を皆がしてきたのかを聞かせてもらうのも、とても楽しかったです。重松清の作品ばかり読んでいるとこういう場合に何を話したらいいのかわからなくて当惑するというシーンがよく出てきますが、実際の同窓会というのはそんなものではないというのを感じました。いいファシリテーター(自分のこと?)がいたからだとは思うのですが。

皆が高校時代のことを大変よく覚えているのには驚きましたが、やっぱり担任の先生が生徒ひとりひとりとの間のエピソードを僕達以上によく覚えておられたのにはもっと驚きました。教師を職業とする先生のプロフェッショナルなところを垣間見た気がしました。

このクラスの最後のクラス委員は実は僕だったので、本来こういう会の発起人は僕自身がやらなければいけないのだと思います。卒業する際に既に「どうやっていけばいいんだろう」と不安を感じていて、それが見事に的中した格好です。そこを補って地元でまとめ役をやって下さった幹事のH君には大変感謝しています。

またやりたいですね。当時と今と違うのはインターネットの普及であり、携帯電話の普及です。今の方がずっと簡単に自分の近況を情報発信できるし、連絡は取れます。やり方さえ誤らなければ同窓生名簿をネット上で共有することもできるでしょう。仕切り直しがしやすいので、何年かに1回くらいはパッと声を掛け合うことはもっと楽にできるのではないかと思います。

このブログは基本的には身元不詳の匿名で管理人していますが、自分の出身高校の出身クラスだけは開示しておいて、連絡先がわからない人がたまたまであってもアクセスしてくれることをささやかながら期待して待ちたいと思っています。


さて、今年も残すところあと半日となりました。昨年末同様、反省も兼ねてこの1年を振り返ってみます。

1.(UGLY)今も納得いかない本帰国
僕は今年度いっぱいはインド駐在だろうと想定して自分の仕事を計画していたので、3月になって「6月帰国」を急に聞かされた時は非常にショックでした。今日本に戻って家族にも昔の同級生にもひとことでは説明しづらい仕事をやっていますが、帰国前と帰国後を比較してみても、自分が生きるのは帰国前にやっていた仕事の方だと思います。前任者は3年10ヶ月勤務し、同じ職場には4年以上勤務している人がいる中で、なぜ3年ジャストだったのかというのには会社としての思惑もあったのであろうとは想像はしますが、半年経っても納得ずくで今の仕事に臨んでいない自分を常に感じています。

2011年にそうした閉塞状況を打ち破る画期的な出来事があり得るのかどうかはよくわかりません。腹案はあるけれど、不言実行でいきたいと思っています。結果を残せたらその時ご紹介します。

続きを読む


nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2000-2000同時達成 [ご挨拶]

2000-2000.jpg
2010年12月19日(日)19時過ぎ、toshiさんが幾つかの記事にまとめてnice!を下さったことにより、同日先に到達していた通算記事第2000号に加え、通算2000nice!も同じ日に達成することができました。記事は自分の積み重ねたものですが、nice!は読者の方々にご評価をいただいた結果であります。日頃の読者の皆様のご愛顧にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。通算2000記事は5年10ヵ月かかっての到達でした。ブログが認知を受けてnice!がポツポツいただけるようになり始めたのは記事数が3ケタに乗った頃からで、500記事に到達した頃でも100nice!には遠く及ばない水準でした。1000nice!到達は今年1月下旬でしたので、そこからのペースの速さは私にも驚きでした。まさか年内に2000まで行くと思っていなかったのです。

この週末は、約1ヵ月振りに剣道の稽古に出られました。旅行だとか家族の行事だとかいろいろ重なり、土曜夜に稽古に行けなかったのですが、お陰で稽古の途中で左手の握力がなくなってしまい、少々つらい稽古となってしまいました。一方で10月頃から悩まされていた左膝裏側の痛みは、インド旅行以降気にならなくなっており、蹲踞も正座もなんとかできるようになってきました。

ついでに、朝のウォーキングを徐々にジョギングに切り替え始めました。今は3km程度なら続けて走れるようになりました。来年は山歩きでも市民マラソンでも、行けるようになるのではないかと楽しみにしています。

2日間、できるところから家の掃除を始めていました。結構腰が痛くなりました(苦笑)。
nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

無事帰国 [ご挨拶]

6日間のインド個人旅行から戻ってきました。

予想していた通り、4日(土)のカンプール滞在以降はネット接続ができない場所にいたり、予定が詰まっていて携行していたラップトップを開かなかったりして、新たなブログの記事更新を試みることが全くできませんでした。(投稿予約記事だけは辛うじて掲載されていたけれども…)

短い滞在期間でしたが、日本人、インド人を問わず、実に多くの人と話す機会がありました。お仕事でお忙しいスケジュールの合間をぬって、わざわざ私のために時間を下さった皆様にはこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

滞在期間中、やはりインドは楽しいと思う機会が多くありました。昔の知人には会えるだけ会ってきましたし、急な離任のために果たしていなかった約束も全部ではないけれど果たしてくることができました。10ヵ月前に参加を公約していた結婚式も出ることができ、デリーの職場で働いていた頃にはとても行けなかった場所や時間帯での知り合いのNGOの事業見学も実現させることができました。

「次はいつ来れるのか」と必ず聞かれたので、否が応にもそれを考えさせられました。どうしたらインドと関わりのある仕事ができるのか、いろいろと考えました。いずれにせよ、その前提として今何をすべきかという点についても、少しクリアになったような気がします。

自宅に戻ってきて、更新しようとして半分以上書きかけた記事がブログ側のサーバーの不調のためにアップされないうちに消えてしまいました。ショックから立ち直れず、昨夜(7日)はふて寝してしまいました。本日ゼロからもう一度原稿を書き直します。

旅の後半に読み始めて既に読了した本も幾つかありますが、10日(金)に向けて追い込みをかけないければならない仕事もあるため、それに関連した記事の更新に今週はとどめさせていただきます。暫くお待ち下さい。
タグ:インド
nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る