So-net無料ブログ作成
検索選択

聖者の戴冠☆スーパーボウル [LSU]

ブリーズは、黒と黄金がよく似合う
…それはともかくとして、この一番を出張先のチェンナイのホテルで何とかテレビで見れないかと試みたが、クリケットとサッカーの欧州カップ戦ばっかりで全然中継がなかった。新聞の扱いもゼロだし、インドがいかにアメフトから遠い国であるかというのを痛感させられた。

結果だけ見たら、セインツ快勝ですね。ペイトン・マニングの方が333ヤードとパス獲得ヤード数はブリーズの288ヤードよりも多かったぐらいだけど、終盤でのINTが高くついたね。それにしても、39回投げて32回成功、ペイトンも45回も投げて31回成功と、スコアの割には空中戦だったというのがよくわかる。成功率から見てもリーグを代表するQB同士のいいゲームだったと思える。

LSUのOBであるセインツWRヘンダーソンは7回キャッチで63ヤード獲得。コルツRBアダイーも13回キャリーで77ヤード獲得とコルツのバックス陣としてはまずまずの出来。LSUのOBではないけれどカレッジ時代の活躍を知っているセインツTEショッキーもいいところで逆転TDパスキャッチと、まあ応援していた選手が活躍したから嬉しい。

これでセインツがNFUのお荷物チームと言われることはなくなるだろう。ただ、同じく初出場で2003年のスーパーボウルを制したタンパベイ・バッカニアーズが、その後プレーオフにもなかなか残れないチームに戻ってしまったことを考えると、セインツも一発屋に終わらないで欲しいと思う。勿論、今のセインツの超強力攻撃陣は当時のバッカニアーズよりはるかに上なので、簡単には衰退しないだろうけど。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

スーパーボウル目前です [LSU]



NFLスーパーボウルがいよいよ今週末に迫っている。インディアナ・コルツ対ニューオリンズ・セインツ――両カンファレンスプレーオフの第1シード同士の順当な対決、しかも、1試合平均獲得ヤード数9位(コルツ、363.1Y)対1位(セインツ、403.8Y)という攻撃力を持ったチーム同士の対決。コルツのペイトン・マニング、セインツのドルー・ブリーズともにリーグを代表するQBで、どう見てもロースコアで決着がつくとは思えない組み合わせだ。両者ノーガードで殴り合い、点の取り合いになるような気がする。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

セインツは今週も無敗 [LSU]


以前11月10日付でお知らせしたニューオリンズ・セインツの開幕8連勝だが、その後も連勝記録を伸ばし、現在13連勝まできた。既にNFCプレーオフ進出は決定だ。プレーオフ進出第1号というのも球団史上初めてのことだ。

ただ、開幕から13連勝中のチームがもう1チームある。インディアナポリス・コルツである。こちらはレギュラーシーズン22連勝中だ。

AFCの方はコルツの他にペイトリオッツやチャージャーズといった強豪チームが順調に勝ち星を積み重ねており、レギュラーシーズンでコルツが全勝で行ったところでコルツがAFC代表としてスーパーボウルに出場できるかどうかはわからない。しかし、NFCはセインツ以外に11勝2敗のバイキングズがいるが、セインツはこのまま残り3試合を全勝でいく可能性が高く、一気にスーパーボウルまで行くかもしれない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

僕はセインツファン [LSU]


僕が全米カレッジフットボールでLSU(ルイジアナ州立大学)のファンであることは、マイカテゴリーに「LSU」というのがあるからご存じの方が多いと思う。LSUに留学経験があるからだが、それじゃあプロフットボールNFLでどこのファンかといえば、同じルイジアナ州に本拠地を置くニューオリンズ・セインツであることは言うまでもない。

但し、セインツは弱い。球団発足から今日に至るまで、NFLプレーオフに進出したこと自体が数回しかなく、NFC優勝決定戦にまで勝ち進んだことも1回しかない。当然スーパーボウル出場はない。ちょっと成績が良くて9勝か8勝で勝ち越しすることはあるが、それが翌年にはまた負け越しで、通算でも負け越しのシーズンの方が8割から9割くらいありそうだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

深南の虎、全米制覇! [LSU]

CWS2.jpg
またまた超マニアックなネタですみません。

22日からネブラスカ州オマハで開催されていた全米大学野球選手権「カレッジ・ワールドシリーズ(CWS)」決勝シリーズは、ルイジアナ州立大学(LSU)がテキサス大学を通算2勝1敗で破り、2000年以来のCWS制覇を果たした。LSUの全米王座は通算6回目だ。

本日は写真を並べます。先月末に全日本大学野球選手権が開催されていたが、それと比べると全米はカラフルだ。なんだかリトルリーグの延長のような感じがするLSUのユニフォームだ。全日本を制覇した法政大学がLSUと対戦したら、どちらが勝つだろうか。パワーヒッター揃いのLSUはやっぱり怖いけれど、法政もピッチャー良さそうだからきっと法政の方が強いだろうな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

虎、全米大学選手権決勝進出 [LSU]

2009Baseball1.jpg
久々のLSUネタで失礼―――。

このところLSUはフットボールもバスケットボールも一時期の勢いを失っているが、今季は久し振りにベースボールが好調で、レギュラーシーズンは46勝16敗でNCAAランク第2位で終了。カレッジのベースボール・トーナメントも順調に勝ち進み、ネブラスカ州オマハで毎年開催される『カレッジ・ワールドシリーズ(CWS)』出場を決めた。CWSは日本で言えば先日法政大学が優勝した全日本大学選手権に相当する。

ここでもダブル・エリミネーションを無敗で勝ち進んだタイガースは、19日にアーカンソー大学に大勝し、もう一方のゾーンを勝ち進んだテキサス大学と22日から決勝ラウンド三連戦を戦うことになった。下馬評ではLSU若干優位。テキサス大学はレギュラーシーズン第5位だから。

LSUは1980年代半ばから1990年代にかけてオマハの常連で、CWSを5回制覇したこともある超競合校だが、スキップ・バートマン監督が2000年シーズン終了時に引退した後、暫く低迷期を過ごすことになった。今回のCWS決勝進出は2000年以来のことである。かなりマニアックな話題ではあるが、とっても楽しみ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

虎、虎との対決を制す [LSU]

全米大学フットボールは序盤3週間の交流戦を終え、いよいよカンファレンス毎のリーグ戦が始まった。我が母校ルイジアナ州立大学(LSU)タイガースは、SECカンファレンス対抗戦初戦で、同じSEC西地区のライバル校オーバーン大学タイガースと敵地アラバマ州オーバーンで激突し、追いつ追われつのシーソーゲームの末、26-21でこれを退けた。
Auburn1.jpg
インド時間の朝6時30分から始まった全米6位と10位の強豪校同士の激突は、今週最も注目のカードだった。前半は非常にディフェンシブなゲームで経験の乏しいLSUのQB2人が殆ど仕事らしい仕事をさせてもらえず、FG1回のみの3-14で折り返した。先発はこれまで2試合で主戦QBを務めたアンドリュー・ハッチだったが、第1Qだけで2度のサックを浴び、6投中パス・コンプリーションは2回のみ、パス獲得ヤード数はわずか18ヤードという散々な出来だった。マイルズHCは第2Q途中から第2QBのジャレット・リーを投入。リーも第2Q途中出場後パスを4回連続失敗するという決して褒められた出来ではなく、インターセプトから1TDを献上してしまった。守備陣は健闘していたと思うが、攻撃陣の出来が散々で、さすがのマイルズHCも前半終了時点で敗戦をある程度覚悟したのではないかと思う。

続きを読む


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

シーズン来る、秋の虎 [LSU]

タイトルの「虎」を見て阪神タイガースのことだと思った方、ゴメンナサイ。全米カレッジフットボール、ルイジアナ州立大学(LSU)のことです。それに、僕は中日ドラゴンズのファンです。

AndrewHatch.jpg
この週末より、全米カレッジフットボールのシーズンが始まった。僕が応援するLSUは、昨年とうとう悲願の全米チャンピオンに輝いたが、今季は少々苦しい闘いを強いられることが予想されている。

攻撃陣からも守備陣からも昨年大活躍したレギュラー選手がNFLにドラフトされて抜けたため、どうしても戦力的な計算が未だ十分に立たない選手を使わなければならないことが1つ。特に、昨年の主戦QBマット・フリンの控えとしてSECカンファレンスのチャンピオンシップ・ゲームを勝利に導いたライアン・ペリルーが、日頃の素行問題で退学に追い込まれたために、QBは全く出場経験のない1年生と2年生を使わなければならなくなってしまったことが大きい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

LSU、全米王座! [LSU]

2008年全米アメリカンフットボール選手権
BCSチャンピオンシップゲーム結果
(2008年1月7日、於ニューオリンズ、ルイジアナ・スーパードーム)

(2)LSU 38-24 (1)オハイオ州立大学


ポストシーズンのボウル・ゲームの最後を飾るBCSチャンピオンシップ・ゲームは、7日(現地時間)に行なわれ、地元ファンの声援を受けたLSUがレギュラーシーズン第1位のオハイオ州立大学(OSU)に対し、38-24と圧勝した。


点差は僅かに2TD差に過ぎないが、実質的には圧勝と言ってよい。第1Qから第2Qにかけての僅か13分間のうちに1FG、3TDをあげる爆発力で一気に相手を突き放し、そのまま逃げ切った。総獲得ヤード数は326-353で、特にパス獲得ヤードではOSUが大きくリードしている。これだけ見たらどちらが勝ったのかすらわからない。だが、3TDをあげた際の攻撃シリーズだけを見れば、QBマット・フリンのパスが立て続けにヒットしたのが目立つ。また、ラン平均獲得ヤードもLSUの方が少ないものの、49回もRB陣を走らせ(OSUは30回)、しかも特定のランナーだけではなく、RB陣をフル活用して満遍なく走らせている。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

BCSチャンピオンシップゲーム出場決定! [LSU]

先週末のSEC優勝決定戦、LSUはテネシー大学を21-14で退けた。ランキング上位校の敗退に助けられた面はかなりあるが、週明け発表のBCS最新ランキングでLSUは2位に再浮上し、来年1月7日にニューオリンズで開催されるBCSチャンピオンシップゲームに出場することが決まった。相手はBIG-10カンファレンスの覇者オハイオ州立大学(OSU)である。

正直なところ、先々週末の格下アーカンソー大学戦で48-50で惜敗してBCSランキングで7位まで後退した時には、もうチャンピオンシップゲーム出場はないだろうと諦めていた。順調なら1位ミズーリ大学と2位ウェストバージニア大学の対戦となると見られていたが、今季は最後まで番狂わせの連続で、ミズーリ大は先週末のBIG-12カンファレンス優勝決定戦でオクラホマ大学に完敗し、ウェストバージニア大は既にBIG EASTカンファレンス優勝は確定していたものの、最終戦で今季負け越し中のピッツバーグ大学にまさかの敗戦を喫し、大きくランキングを下げることになってしまった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る