So-net無料ブログ作成

グローバル化時代の東南アジアのムスリム [時事]

Southeast Asian Muslims in the Era of Globalization

Southeast Asian Muslims in the Era of Globalization

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Palgrave Macmillan
  • 発売日: 2014/12/16
  • メディア: ハードカバー
内容紹介
Islam and Muslims in Southeast Asia have often been described using two sets of very contradictory terms. On the one hand, they are imagined as being Sufistic, syncretistic and localized, as opposed to their counterparts in the Middle East who are considered to be orthodox and 'fanatical'. On the other, after the 9/11 attacks and especially after the October 2002 Bali bombing in Indonesia, the danger of radical Islam has been emphasized with Southeast Asia suddenly becoming a new location in the War on Terror. This volume seeks to bridge the gap between these opposing perceptions and demonstrate the appropriate position of Islam in Southeast Asia by looking at the Muslim responses to globalization and processes of negotiation. Foreign ideas, goods and texts are creatively adapted and re-contextualized in local situations, acquiring a localized cultural meaning. However, globalization aptly adapts to local conditions, penetrating deep inside territories. The contributors examine how Southeast Asian Muslims respond to globalization in their particular regional, national and local settings, and suggest global solutions for key local issues.

この本は事情があってかなり早い段階から入手して読んでおり、しかもこの本から何が読み取れるのかを整理していたので、ご紹介したいと思う。(せっかく書いたメモがお蔵入りになってしまいそうだったので。)

提言1 世界的なイスラム主義運動とイスラム復興の大きな趨勢は、東南アジアの公的制度・組織や公共政策にも影響を与えている。事業実施の外部条件として、その世界的趨勢には注意を払うことが必要である。

イスラムではイスラム共同体の成員全体の利益が考慮されなければならないとされている。富は善であるが、その追求や蓄積の結果もたらされる経済的報酬は共同体の他のメンバー、特に貧者に還元されなければならないと説く。こうしたイスラム共同体の平等観や正義感が、貧富の格差の広がりなど現実世界の社会経済的矛盾や、また政治腐敗がある場合、それは政治経済社会制度や人々の生活が十分にイスラム的でないから起こっているのだとし、イスラムの原点に戻ろうとする運動となって現れる。これがイスラム主義運動で、1970年代以降顕在化してきた。イスラムを政治・社会の根本に据え、現代の矛盾を正そうとする運動である。

各地で起こっているイスラム主義運動のモデルとなっているのはエジプトのムスリム同胞団である。本書の中で、Shiozakiは、ウラマー(イスラム法学者・教師)の政党として設立されたマレーシアイスラム党(PAS)の政治思想が、近隣の南部タイやインドネシアだけではなく、ムスリム同胞団にも繋がるエジプトのウラマーとのネットワークを通じて形成されていると指摘する。また、van Bruinessenによると、インドネシアのイスラム運動には改革主義と伝統主義という2つの大きなグループがあったが、スハルト政権下では改革主義グループがイスラム主義の国内普及チャンネルの役割を果たした。しかし、スハルト体制崩壊後のイスラム主義者や原理主義者の国際的な活動は、改革主義、伝統主義双方を代表する主要組織に影響を及ぼし、西洋文化への反感を示す「ガズウル・フィクリ(文化侵略)」という言葉が、アラブ・イスラムによる文化侵略を示す言葉として使われるようにもなってきたという。進歩的でリベラルなムスリムは、アラブ世界だけではなく西洋からも新たな思想を折衷的に取り入れている。

東南アジアでは、こうした政治指導者や宗教指導者の間のネットワークを通じたイスラム主義の伝播だけではなく、人の移動や、テレビやインターネットの発達により、市民のレベルでも世界的なイスラム主義の影響が見られる。1970年代以降、ムスリムの一般生活の中でも、イスラム的であると認識されるシンボルや行為、道徳や正義を重視する規範が広がった。これが「イスラム復興」と呼ばれる現象で、ヴェールを着用した女性の姿が目立つようになったのがその典型例である。これはイスラム主義運動のような団体行動だけではなく、精神的な救済を求める個人的な宗教行為の高まりとも見られる。

Tatsumiは、中東、とりわけエジプトのアズハル大学に留学してイスラム学を学ぼうとするフィリピン人ムスリム学生の留学動機について分析した。フィリピン政府が公教育として認定していないマドラサ(イスラム教学校)で学んだ彼らにとって、中東留学は、マドラサで学んだアラビア語を生かして「ウラマー」と呼ばれる自立した人物になるための手段と位置づけられており、いわば、グローバル化がもたらした東南アジアの域内外の労働市場の変化に対する、周縁部からの積極的対応の1つだと指摘する。

東南アジアにおけるイスラム社会の動きを文化的背景に即して正しく理解するには、そこでの「近代化」の意味を明確に把握することが必要だと本書は指摘する。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

体罰と竹刀 [時事]

世の中のおおかたの人は思っておられるだろうが、全日本柔道連盟が下したこの判断は、世間一般と柔道界との間で、意識の隔たりが相当に大きいということを如実に表しているように思う。園田監督とそのコーチ陣が女子柔道日本代表候補選手に暴力を伴う「指導」を行なっていたというのが事実だったと認めたばかりではなく、全柔連はその罪を問わずむしろ彼ら指導者側を庇う姿勢を見せたことで、日本国内での柔道の信用を失墜させたばかりか、世界中の柔道家からも失笑されることとなるだろう。

柔道界のトップがこんなことをやってて、それが当たり前のことだと彼ら自身が思っているとしたら、たとえ中学校の体育で武道が必須化されたからといって、それが柔道競技者人口の増加には絶対繋がらないだろう。親からすれば、子供をこんな競技に入れたいとはまったく思わない。また、欧州諸国にやられっ放しだった国際柔道連盟の役員選挙でも、日本を支持しない国がもっと増えるに違いない。また、多くはないけれども海外に派遣されている柔道指導者はそういう目で見られ、今後は指導者派遣要請も減ってしまうだろう。「我が国における柔道の普及、選手の強化を図るのなら、別の国から指導者をお招きしたい」なんて言われて…。

東京五輪招致にも悪影響があるのは致し方ないだろう。メダル獲得を目標にしてこうした暴力指導が横行するような国に、五輪開催を持って来れないという意見も出てくるに違いない。ことは柔道だけで済まないかもしれない。

誰がどう見たって「柔道」そのものが存亡の危機だと思うに違いない。園田体制を存続させたからといって、勇気を出して告発に踏み切った15人の女子選手がついて来れるとも思えない。もっと陰湿ないじめが横行する可能性だってある。既に「JUDO」の国際試合でメダルすら獲れなくなった男子に続き、女子柔道も弱体化は避けられない。全柔連はそこまでの危機感を持っているのだろうか。

それにつけても悲しいのは、教師や監督による体罰の話が出るたびに、竹刀やバットが登場することである。素手や他の道具だったらいいと言っているわけではないが、こんなことで竹刀やバットを使ってほしくはないし、こういう目的で使用している他の競技の指導者は、剣道や野球を馬鹿にしているのかとすら思ってしまう。

他の競技よりも沢山の人が竹刀を使っている(当たり前か)剣道で、では体罰や暴力が多いかというと、僕には正直よくわからない。指導者が子供たちと1対1の稽古をつけることは、道場でも部活動でもよく行なわれており、それが「ちょっと厳しいな」と感じることもないわけではない。(それでも周囲のチームメイトが「頑張れ」「ファイト」などと声援を送ってくれることで頑張れると思う。)また、自分も経験したことがあるが、子供に対する言葉が厳しすぎる道場も実際にはあり、それで僕は長男を剣道の世界に引きずり込むのに失敗もしたが、ではその言葉が暴言かというと、最低限の「しつけ」のニュアンスは感じられた。

チームメイト同士の声の掛け合いがあるところでは、厳しい練習でも歯を食いしばってなんとか頑張れると思う。でも、今回は15人ものチームメイトがもう耐えられないと声を上げたわけで、指導者の留任が許されるような状況ではない。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『南部アジア』 [時事]

南部アジア (世界政治叢書)

南部アジア (世界政治叢書)

  • 編者: 山影進・広瀬崇子
  • 出版社/メーカー: ミネルヴァ書房
  • 発売日: 2011/07
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
ダイナミックに変貌しつつあるアジア政治は、さまざまな問題を抱えながら、新しい課題に挑戦している。本書は、世界の注目を集めている南・東南アジア諸国を「南部アジア」として一括して取り上げ、その成り立ち・特徴・現況・将来展望について、各国が抱える主要課題ごとにまとめて詳解するとともに、地域協力・地域秩序の現状と将来を論じる。ユニークな編集方針の下、グローバル化する世界の中にアジア政治の「今」を6部構成で立体的に描き出す。
この週末、相当量の仕事を持ち帰っていた。2日合計48時間をフルに使ったとしても片付くかどうかわからないほどの分量だった。こういう場合、実際に想定作業量を100%クリアすることは先ず不可能で、想定作業量の3割から4割程度しか達成できないことが多い。金曜夜は打合せからすぐ飲み会へと移行したので、持ち帰る仕事にあまり優先順位付けもせず、取りあえず全部持ち帰ったという感じだった。

本気で100%を狙うなら、持ち帰り残業よりも休日出勤の方が良い。或いは、図書館や喫茶店など、自宅以外の場所で集中して作業するのでもよい。19日(土)は、午後から近所のコミセン図書室に出かけ、週明け月曜日の職場の自主勉強会で取り上げる論文を斜め読みした。英文なので読んでいて眠くなり、あまり集中して取り組めなかったが、自分がレジメを作って発表する当番ではなかったので、取りあえず目を通したというアリバイだけでOKとした。

図書室での次の読み物は、今回紹介する各国政治情勢について書かれた論文集だった。これは、その後に予定している2つの作業のための予習と位置付けた。この2つの作業は、デッドラインがそれぞれ週明け火曜日と金曜日である。平日でも作業できるといえばできるのだが、平日は平日で他の雑多なロジが立て込んでいる。

たいていの論文集は、一定の枠組みの下で、参加した研究者がそれぞれ独自の研究テーマを設定して論文を書く。共通の分析枠組みがしっかりしていて各章が一定の視点で書かれているのは気持ちがいいが、分析枠組みに対して参加者の裁量の余地を広めにしている場合は、なかなか収拾がつかなくて、論文が寄せ集めにしか見えないこともある。

論文集で難しいのは、ある一定の分析枠組みが定められていたとしても、各章で取り上げるテーマが国別になっている場合である。たいていの読者は、複数の国を横並びで見るよりも、ある特定の国に関心があると思う。例えば、特定の政策課題についてASEAN各国での取組み状況はどうなっているのか、各国別に章建てがなされている場合、たいていの読者は課題よりも国に興味があるため、全ての章に目を通そうとはしないだろう。章建てが国別になっている場合、読まれる章と読まれない章が明確に分けられる。読者の興味の持ち方によっては、歩留まりが少ない。

通常、地域研究では、「東南アジア」と「南アジア」は別々の文献で取り上げられることが多いが、本書はこれを「南部アジア」と定義し、東はフィリピン、インドネシア・パプア州、ベトナムあたりから、西はインド、パキスタンあたりまでを取り上げている点がユニークだ。僕などは個人的には南アジアのインド、ネパール、ブータンあたりに関心があったが、逆に仕事の方ではインドネシア、フィリピン、マレーシアあたりのムスリムと国のアイデンティティの問題を勉強しておかなければならないので、歩留まりが大きくて非常にありがたい1冊であった。それでも読んだのは全体の半分程度の章でしかないのだが(苦笑)。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

英紙盗聴スキャンダル [時事]

滞在中のインドで話題になっていたトピックをご紹介したついでに、7月中旬の英国出張中に現地で話題になっていたトピックについてもご紹介してみたいと思う。インドの「ロクパル法案」と違い、英国盗聴スキャンダルの方は日本でも結構報じられていたのでご存知の方も多いと思う。単にニューズ・コーポレーション傘下のメディア各社の責任問題にとどまらず、ロンドン市警のトップの辞任までもたらし、今やキャメロン首相の責任問題にすら発展している。

大衆紙が販売部数を伸ばすのに行なっていた数々の工作の一部が明らかになってきたのだろうと思う。より対象に近い情報を取ろうと思ったら電話での会話の傍受なんて結構ありがちなのではないだろうか。そうやって迫真の報道をやっていけばスクープも多くて新聞が売れることは間違いないが、ルールを逸脱してそこまでやらなければならなくなった英国のメディアの在り方は問われるだろう。

大衆紙がそこまで無理しなければいけなくなったのは、ツイッターやフェースブック等のソーシャルメディアが普及し、誰でもニュースを発信できるようになったことが背景にはあるのだと思う。先週はなでしこジャパンの選手が宴会の席上で発した言動を同席していた大学生にツイッターで暴露されて大騒ぎになったが、どこのセレブがいつどこのお店でショッピングや食事を誰としていたのかがそこに居合わせた人によってネットで発信されてしまうような世の中だ。大衆紙がいかに取材対象に深く食い込もうと思っても、誰もが情報発信できるようになればあまりアドバンテージがない。そのあたりの焦りがあったのではないかと思う。

熊谷選手のこの話は、ツイッターで中継した大学生のモラルが問われている。確かに酒宴の席でのオフレコ話を暴露してしまう大学生には問題があるが、有名になればなるほどその言動が与える影響も大きくなるわけで、一夜にして超有名人になってしまったなでしこの選手ひとりひとりにそのあたりの意識を促すレッスンにもなったのではないかと思う。

続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

なでしこと遭遇するか空港で [時事]

この記事、ロンドン出発日当日の早朝に書いている。昨夜はホテルのBBC3の生中継をずっと観ていた。欧州に滞在中だったお陰で、変な時差もなく、当地19時30分試合開始で23時近くまでかかった試合はずっと応援できた。下馬評は米国優位だったと思うし、BBCの解説者連中もムカつくぐらいに米国を贔屓する解説をしていた。冷静に考えればそうした解説は正しいと思うが、試合の決着がついてからもワンバック選手らを称える映像を流し続けるのはやめてほしかったな。GKのソロ選手が美人だというのはわかるが…。それと、日本の2点目、澤選手がどうやってあの角度からゴールを決められたのか、カメラ映像が1方向からしか捉えてなかったので正直なところ何が起きたのかわからなかった。そういうところちゃんと解説して欲しかったな。

正直、PK戦に行けただけでもすごいと思っていた。まあW杯でのPK戦といったら去年の男子パラグアイ戦を思い出すわけだが、あの時は負けたので、今回は意外と勝てるかもと勝手に予想してハラハラもせず観ていた。PK戦は運みたいなものだから、確率は50%と勝手に考えて…。でも後になって考えてみたら、男子のGK川島選手は1月のアジア杯韓国戦でPKを止めまくっていたので、今回、PK戦前から勝手に日本が勝つに違いないと勝手に思い込んでいた僕は単なるアホですね(笑)

さて、インタビューを受けていた佐々木監督のコメントを読んでいて、1つ気になったことを書いておこう。どうも、なでしこジャパンの選手の皆さんの成田到着が、僕の乗るフライトの成田到着時刻とさほど変わらないということである。選手の皆さんは一夜明けた18日(月)昼のフライトで帰路につくらしい。成田空港が大混雑していると困るなぁと思いつつ、ちょっと見てみたいなというやじ馬根性もこれありで。

帰ったら床屋行こうかな。あそこのご主人はサッカー大好きだし、確か指導していた女子サッカー選手がLリーグに入ったようなことを仰っていたからなぁ。

なにはともあれ、優勝おめでとうございます。
タグ:サッカー
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

電車でPSPは結構迷惑 [時事]

金曜日は息抜きの軽い記事を1つ―――。

最近、電車に乗る度に気をつけていることがあります。
PSPでゲームやってる乗客の隣りには絶対座らないこと
PSPでゲームやってる乗客の近くには立たないこと
たとえ目の前の席が空いたとしても、隣りにイアフォン付けてPSPでゲームに没頭している人が座っている場合は絶対にその席には座らないようにしています。でも、残念なことに、電車内でPSPやっている人がものすごく増えた気がします。

PSPを両手で持ってコントローラーの操作をやってる姿を想像していただければ理由はおわかりでしょう。第1に、操作している間は両肘が張っていて、しかもひどい人は操作の度に体ごと揺らします。それもとっても激しく。マリオカートのようなレース系のゲームをやったことがある人ならおわかりでしょう。自分が体を傾けたからといって自分の車が上手くコーナリングできるわけではありませんが、体を自然と傾けたりするのです。そうでなくても激しいボタン操作で、隣りの乗客にぶつかって来るのです。ご本人はイアフォン着用の上にゲームに没頭していますから、隣りに迷惑をかけていることには全く気づいていないでしょう。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

軽い言葉 [時事]

「全力で取り組む」
「しっかりと取り組んでいく」
「万全を尽くす」
「責任を持って」


政治家が発する言葉で、無味乾燥な響きを持つのといったら、少し前なら「遺憾」であったが、東日本大震災発生以降、「全力で」「しっかりと」「万全を」といった言葉が政治家の口から発せられる機会が増えて、その響きに虚しさばかりを感じている。そんなにいろいろなことに「全力」で取り組んでいったら、それ以前に「全力で取り組む」と言った話はどうなるのだろうか。こういう言葉は言われても文句は出ないだろうけれど、単なる場当たり的発言にしか聞こえないと思うのは僕だけだろうか。

場当たり的だなと思うのは、上で紹介した記事にあるような口約束である。日本が再建されるのっていつのことなのだろうか、それまでこの人は首相をやっているのだろうか。

まあ、外相在任中は「ODAの絶対量を増やすべき」と言ってたのに、立場が変わると2割削減を平気で口にできるような人がいる政党である。「再建されたらODA予算を何倍にも増やす」なんて言った本人はその場はいいかもしれないが、彼の後任がそんな口約束を守ってくれる保証なんて120%ないだろう。

続きを読む


nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

週報(3/6-3/12) [時事]

大災害が起きてから、これを書いている12日(土)夜まで、既に1日以上が経過している。僕は東京に住んでいて、昨夜は20kmを4時間かかって徒歩で帰宅して幸い無事だった家族とも合流できたからいいが、昨夜はJR、私鉄各線の運転見合わせで帰宅できなくなってしまった人や、それ以前に地震や津波で犠牲になられた方々、被災地で不安な夜を過ごしておられる方々、そして救援活動に24時間体制で従事されている方々のことを考えると、自分が経験してきたことを軽々に述べることなどできないと思うし、何をどう書いていいのか全く考えがまとまらない。もう少し気持ちが落ち着いたら、自分のことは書きたい。今は、被災した方々の救護活動が一刻も早く進むことをお祈りしたいと思う。

そんな状況なので、週報についても1週間単位で書く気もなかなか起きない。9日(水)昼前に起きた地震の際に、あの長時間にわたって波に揺られるような揺れ方が気持ち悪かったのが印象に残っている。11日午後3時前の揺れ方も最初はそれに似ていたので、また宮城県沖ではないかとすぐに想像した。しかし東京に住んでいる僕達をその後襲ってきた揺れ方は本当に生きた心地がしないものだった。

携帯も固定も繋がらなくなったので、家族との連絡がつかなかった。あまりにも繋がりにくいし、それに固定の場合は「ソフトバンクテレコム」のアナウンスがやたらと流れていたので、うちは確かau by KDDIだったからひょっとしたらこれは職場の方のIP電話の接続に問題があるのではないかと気付き、職場の近くの公衆電話から家族に連絡を試みた。すぐに家族と連絡がつき、無事が確認できた。

帰宅については、自主判断で徒歩で帰ることを決めた。うちの職場はその後帰宅難民の収容施設となったと帰宅途中のポケラジで知った。立場上、居残るべきだったのではないかという気もして、罪悪感も正直感じた。

救援活動が中心の現時点で僕らが何かできることというのは少ないかもしれないが、仮にボランティアとして現地に出向くような事態を考えるにしても、今僕らがしておくべきことは足下を固めておくこと、自分や家族が被災しないよう最大限の手は打っておくことだろうと思う。節電にも出来る限り協力するようにし、なるべく1部屋でまとまって過ごすこと、早めに就寝することを心がけているところである。(これを書き終わったらすぐ寝ます。)

続きを読む


タグ:地震 津波 原発
nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ユヌス総裁解任について [時事]

先週、バングラデシュ・グラミン銀行のムハマド・ユヌス総裁が解任されたという報道は、初め聴いた時は先ず驚き、二度目以降はグラミン銀行はどうなるのだろうかということを心配した。あまりにも傑出し過ぎた超有名人だけに、総裁解任がもたらす企業イメージの失墜は計り知れないだろうし、シェイク・ハシナ首相はユヌス総裁を「貧者からの吸血」「脱税のためのトリック」と強烈に批判していただけに、こうして公権力に屈したことになると、借入人の返済にも影響が出てくるのではないかと危惧もされる。そもそも、解任された後の新総裁って誰がなるのだろうか。いずれにしても、与党寄りのレッテルは貼られるのだろうなと思う。

タイミングの良いことに、月刊誌『選択』の2011年3月号がユヌス総裁に関する記事を取り上げていた。「「ノーベル平和賞」受賞者に不正疑惑」という記事で、読んでいくとユヌス解任の話は数か月前から予兆があったらしい。

不正疑惑が持ち上がったのは昨年12月初めのことらしい。発端は、11月30日にノルウェーの国営テレビ局NRKが放送した「マイクロクレジットにやられた」というドキュメンタリー番組だった。
その内容は、「グラミン銀行が1996年、ノルウェー政府から受け取った約1億ドルを同グループのヘルスケア部門『グラミン・カリヤン』に送金し、不正に流用した」というもの。番組は数々の証言で構成され、不気味なBGMで疑惑ぶりを演出。騒ぎが起きて早々に、英BBCのインタビューで番組制作者は「ユヌス氏個人の不正があったとは思わない」とフォローするも、後の祭り。「ノーベル平和賞受賞者の不正疑惑」というスキャンダルはあっという間に広がった。

この記事が面白かったのは、この不正疑惑報道で得した者がいるとすれば、ノルウェー政府だと述べている点。

続きを読む


nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

現代の海賊退治 [時事]

韓国海軍の特殊部隊が、ソマリア沖で海賊に乗っ取られていた韓国船籍の船舶の救出作戦を実行し、海賊8人を射殺するというニュースが入ってきた。このところ現代の「海賊」にまつわるテーマをこのブログでも取り上げるようになってきている。各国ともソマリア沖での海賊対策には追われているものと思うが、こうして具体的に自国の船舶を自国軍の部隊が急襲して乗組員と船舶の保護を行なった事例というのが報道されることはあまり多くはなかったので、新鮮だったのでブログに掲載してみた。

ついでに記事スクラップのつもりで、この1年ぐらいの間にソマリア沖海賊問題に関連して報道された記事を列挙してみた。国連が発表した最新の海賊レポート、日本の船舶が襲撃されたケース、そして日本がソマリア沖のインド洋で行なっている取組み等について紹介されている。

続きを読む


nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
メッセージを送る