So-net無料ブログ作成
仕事は嫌い ブログトップ
前の10件 | -

『サーバント・リーダー』 [仕事は嫌い]

サーバント・リーダー 「権力」ではない。「権威」を求めよ

サーバント・リーダー 「権力」ではない。「権威」を求めよ

  • 作者: ジェームズ・ハンター
  • 出版社/メーカー: 海と月社
  • 発売日: 2012/05/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容(「BOOK」データベースより)
考えは行動になり、行動は習慣になり、習慣は人格になり、人格は運命になる―このシンプルな物語が、あなたのリーダー観を根本から変えていく。

ここ数カ月の僕の読書の傾向からすると、かなり意外な本のセレクションではないかと思う。昔一時的に「サーバント・リーダーシップ」に興味を持っていた時期があって、その時はこのテーマのおそらく古典中の古典と言っていいロバート・グリーンリーフの『サーバント・リーダーシップ』を1冊購入しようかとすら思った。

当時僕がいた部署には、僕の上にものすごくできる上司がいて、僕の下にものすごくできる部下がいた。このできる上司はできる部下が可愛かったので、中間管理職の僕をバイパスして直接部下のところに話を持って行っていた。僕は立場がなかった。この上司と部下が直接つながって仕事やったらそれはそれは部署としてのパフォーマンスも上がったし。一方で、この上司はあまり気に入らない別の部下のことは放ったらかしにしていて、直接口もきかなかった。この部下のことは僕に対応をほとんど任せていた。部署全体のパフォーマンスを考えればこの選択と集中は理解できなくもないが、やられた側――選択されなかった側としてはなんともやりきれない気持ちだけが残った。

そんな中で一応管理職たる僕が部下に対してどう振る舞ったらいいのか――。それを考えているうちに出会ったのが「サーバント・リーダーシップ」だった。「リーダーである人は、まず相手に奉仕し、その後相手を導くものである」というやつで、ヒエラルキーの頂点に君臨する支配型リーダーシップとは真逆の概念といえる。ヒエラルキーの頂点はうちの上司にお任せして、僕は部署のスタッフみんなに奉仕しよう、そう考えたら少しは気が晴れた。自分のあり方が見えた気がした。

それを今また蒸し返したのは、今また同じような立場に置かれている自分を感じたからである。僕の業績の評価者にあたる上司は僕をバイパスして僕の部下に直接仕事の指示を出している。それも僕の知らないところで。気に入らないなら直接上司に不快感を表明すればいいじゃないかと思われるかもしれないが、半年ほど前にちょっとした出来事があって、以降冷戦状態に陥っている。没コミュニケーションにはどちらか一方だけに原因があるとは思っていない。僕に断りもなく自分の仕事に僕の部下を引っ張り込む上司も上司だが、自分を通さない不快感を上司に伝えない自分も自分だ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

東南アジアの人身取引 [仕事は嫌い]


ASEAN-HS.jpgCarolina G. Hernandez ed.
Mainstreaming Human Security in ASEAN Integration, Volume 1
Institute of Strategic and Development Studies (ISDS),
February 2012

本書の第9章として収録されていた論文を、7日(水)に開催された社内勉強会で読んでみることにした。対象となった論文で扱われているテーマは東南アジアの人身取引問題との取組みと課題についてで、報告者は僕だった。

Aurora De Dios, “Human Trafficking and Human Security in Southeast Asia: Key Issues and Critical Challenges” pp.224-261
著者はフィリピンを代表するジェンダー問題の専門家であり、女性の権利を擁護する活動に従事する活動家である。Coalition Against Trafficking in Women Asia Pacific(CATW-AP)というフィリピンのNGOの代表であるとともに、2010年にASEANが創設した「ASEAN女性と子どもの権利委員会(ACWC)」にフィリピンを代表して送りこまれた代表委員2人のうちの1人である。各国代表委員は政府による政治的任命もあるが、フィリピンの場合は公募制をとっており、著者もそうした公募プロセスを経て選出されている。

従って、NGO出身の実務家かつ活動家が書かれている文章なので、学術的な価値の高い論文とはなっておらず、実務面で認識される課題の整理を行なったに過ぎない。その点には物足りなさはある。

人身取引は国際社会における深刻な課題で、いわば「現代の奴隷制度」だ。規模特定は困難だが、国内でも国家間でも取引は発生し、年間取引総額は310億ドル規模と推定される。中でもとりわけ東南アジアは世界の人身取引の1/3が行われている「ハブ」である。それは主に東南アジア域内での取引。被害者の70%は女性で、全取引の56%は性的搾取を目的に行われている。全世界で1230万人の女性・子供が強制労働・売春に従事していると言われているが、うち4166人(2009年)しか摘発されていない。このように、人身取引は世界の女性と子供の福祉に大きな影響を与えている。

原因は複雑だ。経済・政治・社会・文化的な不平等と関係しており、国家間の不均衡な経済発展やグローバル化が影響している。加えて、先進国が安価な労働力を求めるというプル要因もある。

続きを読む


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

かなり腹が立つ [仕事は嫌い]

「ここのところバタバタで…」
この1年半の間、ある人に連絡をとる度に、対応が遅い言い訳として言われたのがこの言葉である。
1年半の間、ずっとバタバタしておられるその方の話を聞いていると、同情の余地も相当にある。
かく言う僕も聖人君子じゃないので、この言葉を言い訳で使うことがないわけではない。
ただ、自分がこの言葉を使うのはどういう時かと考えてみたら、明らかにわかることがある。
言い訳をする相手から頼まれていた仕事が、自分の中でプライオリティが低い時に使っている。

ということは、この方が僕に対してこの言葉を連発されるのは、
僕、というか我が社がお願いしていたその仕事が、ご本人の中でプライオリティが低く、
そのプライオリティが低いという状態が、1年半の間変わっていないということなのだろう。

だったらなんで引き受けちゃったのだろうか―――。
僕が今の職場に異動で来てその仕事を引き継ぐ前から決まっていた話なので、僕にはわからない。
ただ、いい迷惑である。ご本人はこの言い訳でズルズル先延ばしにしていて済むかもしれないが、
僕はその結果としていっこうに進まない作業のお陰で自分の業績評価にマイナス点がつく。

本当は声を荒げて「いい加減、うちの仕事もやって下さい!」と言いたいところである。
他人のふんどしで相撲をとっているように聞こえ、だったら僕が力技で片付けろと言われるかもしれないが、
その仕事自体が良く知っている前任者から引き継いだもので、僕自身はまったく門外漢のテーマなのだ。

最近、4ヵ月近く待たされた挙句、その方は、およそレポートとも言えないレポートを出してこられた。
「我慢に我慢を重ねて待ち続けた結果がこれかよ!」と、僕は即座にそのレポートを破り捨てたくなった。
「これでは不十分である」というのをわかってもらうために、レポートで不明な点を3点に絞って尋ねたが、
帰ってきた回答もまた挑戦的なほど不十分な内容で、怒りの炎に油を注ぐ結果になっている。

冷静になろうと一息入れた。正論を説いて相手を怒らせ、関係を一気に悪化させるか、
更問いを繰り返して相手になんとかわかってもらうように努めるか(その回数には限度もあるだろうが)、
それとも僕が頑張ってその方の仕事の至らない部分を埋めるよう努めるか、
はたまた「もうこんな仕事は割に合わないので担当外して欲しい」と匙を投げるか、
いずれにしても年明け早々に結論を出したい。

こんな言説を公共の空間でぶちまけるのは良くないことだと思うので、詳細はご想像にお任せする。

自分自身のことを棚に上げて言えたセリフではないが、かなりムカつく。
「バタバタ」という言い訳を1年半も使われ続けることには正直納得がいかない。

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

難解な英文 [仕事は嫌い]

ただいま、超難解な英語論文と格闘中である。場所はアフリカ某国。その国の研究者の方が書かれたアフリカの民族主義に関する50頁ほどの論文である。

難解な英語といったら僕はインド人の英語だと思っていた。1頁に2~3個は知らない単語が出てくる。僕達はアメリカのシンプルな英語で教育を受けてきたので、インド人の英語は最初は慣れなかったが、それでもこの程度の知らない単語だったら多少辞書を使ってもブツ切れになって意味が追えなくなるというリスクは少なかった。それに、よく読んでいたのは新聞だったから、記事もそんなに長くはなかった。難しかったといえば、アマルティア・セン博士の著書ぐらいだっただろうか。

しかし、今格闘している論文は、僕としては全くお門違いの政治学の論文である。アフリカの民族の多様性と民族主義の歴史について論じられているもので、執筆された方はバリバリのブリティッシュ英語な上に、修辞がものすごく多く、読んでいて意味がさっぱりわからない。1頁に10~15個の知らない単語が出てくる。そのたびに辞書を引いていたら、全然読み進められない。斜め読みしようにもキーワードでスキャニングする糸口すらない。小見出しがないから、構成をつかむということもできない。はっきり言ってお手上げだ。これまで読んだインド人研究者の論文よりも圧倒的に難解で、手も足も出ない。

このところこういったタイプの英語論文と格闘させられることが増えた。イギリス人の著名な歴史学者が書いた論文というのも難解だった。そもそももとの素材に関する予備知識がない中で、その道の権威が書いた論文を読むというのがいかに大変なことか。

今まで政治や歴史の英語論文を読んだこと自体がなかったから仕方がないのだが、なんだか敗北感に苛まれている。敗北感に苛まれているだけでは物事が進まないのはわかっているのだが、この自己嫌悪、自己否定の中でもやらなければならないというのは精神的には結構な負担だ。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

不良従業員 [仕事は嫌い]

先週、職場の書庫の大掃除をやっていて、面白い本を見つけた。厚生労働省が社団法人日本在外企業協会に委託して制作した『海外派遣者ハンドブック-インド(労使関係)編』(2007年3月)というブックレットである。作業の手を止めて頁をめくっていったら、こんな事例紹介が載っていた。
事例24 成績不良の従業員の辞職
 UOSロジスティックス社は、インド全土の32ヵ所に拠点を持ち、汎用電子部品の物流を扱う合弁会社である。同社の最大の課題は、離職率が年間で38%にも上り、採用が厳しいことである。しかも、同業他社からの優秀人材の引き抜きが激しい。しかし、より大きな問題は、離職率が激しい中、成績不良の人材が滞留することである。
 もちろん、余りに成績が悪い場合には警告書(ウォーニング)を出しているが、なかなか解雇するのは難しい。同社では、既述のようにインド全土の32ヵ所に拠点をもつ。きわめて成績の悪い従業員には、転職を命じることにより、新しい職場で成績が良くなることもある。しかし転勤を命じられたために、地元志向の強い従業員の中には離職してしまうものも少なくない。

【問題点】
 離職は成績の良い従業員と悪い従業員に同等に生じるものではなく、むしろ企業側の希望とは逆になることが多い。

【対応策】
 成長している業界における人材の引き抜きはよく見られる現象である。引き抜きへの対応も重要であるが、滞留する成績の悪い従業員への対応も同様に重要である。
 成績の悪い従業員には警告書を出し、その理由を説明して対応策も適用していくが、それでも改善が見られず、そのプロセスを繰り返さざるを得ない場合には降格や停職などの措置も考えられる。この例のように転勤などを行えるのは、物流会社としての特性によるものであろう。(p.83)
より少ない人員でより多くの仕事をやれと言われるなら、成績に改善の見られない従業員を解雇してより優秀な人材を採用していくしかないような気がする。そこまで手を付けないと成果主義に適応していけないギリギリ限界まで来ている組織も多いのではないかと思う。解雇して何が起きるのかはわからないが、「成果、成果」「人員削減、人員削減」と口にする人々の間ではその辺のリスクは織り込み済みなのだろう。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

投稿記事のテーマ選択に悩む [仕事は嫌い]

2月のシバラトリのお祭りの頃には一度雨が降り、それを合図として季節は冬から一気に夏に変わって行くのだとある旅行代理店の方が教えてくれた。今日(12日)はまさにこのシバラトリの祭日。わけあって午後から出勤したが、本当に夕立に遭い、帰りたい時間にオフィスで立ち往生。ようやく雨脚が弱まってからバスに乗ろうとしたが、同じことを考えていた奴が意外と多く、ぎゅうぎゅう詰めのバスにただでも軽い不整脈で胸が痛いところがさらに苦しくなる始末。

最近疲れ気味なので、なんとか今日ぐらいは1日完全休養にしたかったのに出勤した理由は、今日が締切の作業の依頼がなんと一昨日になって突然本社から来たからである。ちょうどその日はその作業ができる本邦から派遣の社員は僕ぐらいしか残っていなかった。このようなショートノーティスの作業依頼をしかもメールだけで平気でやって来る本社の平社員にも腹が立った。しかも、本社の担当者は作業指示のメールを出し逃げして昨日(11日)は日本は祭日だ。取りあえず作業を支社にやらせておいて金曜日は左団扇で出勤して作業を終えてない支社にはメールでまた催促…という今後のストーリーが見え見えだ。こちらは11日は出張で、12日は祭日だ。こんな作業指示をされたら休日出勤しろと言われているようなものである。とにかくオフィスに行って過去の書類を引っ張り出さないと仕事にならない作業だった。

もう1つの理由は、今朝になってかかってきた職場の現地人スタッフからの電話だった。明日(13日)のイベントのオープニング式典用のスピーチ原稿を書いて支社長に送ったが、支社長が自分は都合が悪くて出れないので僕に交代したと言われた、だから僕にメールで送りましたと言ってきた。おいおい、僕は会社のメルアドは自宅では受け取れないんだよ。なんでそんなのをメールで送るのかね。元々このスタッフは支社長用にスピーチ原稿を作っていたわけで、僕が喋ることを想定していたらこんな原稿すら作らなかったに違いない。実際2週間前にそういうケースがあったから。元々大した原稿は期待してなかったので自分で構想は考えようと思っていたのだが、折角だからどんな原稿か見てみようかと思った。実際に出勤して彼が送ったメールに添付されていた原稿を読んでみた。やっぱりがっかりだった。1%でも期待した自分が馬鹿だった。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

安直に「ソリューション」をと言うなかれ [仕事は嫌い]

今週、飛び込み営業のような電話やメールで「ソリューション」という言葉を安直に使われた事例が立て続けに2つあった。1つは日系企業で勤める若いインターンの方からで、もう1つは米国のNGOからである。

前者は「誰でもいいから日本人を出せ」と言ってこられ、たまたま昼休みで席にいた日本人スタッフが電話に応対し、その後メールに移行した途端に僕に振られた。同じ日系企業同士、本当に売り込みたいなら先方の代表がこちらの支社長のところに直接アプローチすべきだと僕は思う。それをいつまで働くのかもよくわからないインターンに飛び込み営業をやらせているという時点でどうなんだろうか。ものは高価なのだから。

しかも、営業の方も自分の言葉で自社のサービスを説明しきれてない。メールで送られてきた企業説明は英文で難解な表現が並んでいるし、「ソリューション」とか「お客様のニーズ」とか言われても、それじゃあこんな売り込みを我が社にかけようと考えた根拠が何なのか、どんなニーズが我が社にありそうだと考えたのか、その辺が全くわからない。売り込みをかける相手の業務内容を全く理解してなくて勝算がある筈がない。

「とにかく一度御社を訪問してお話を」ということだが、受けるつもりはあまりない。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

相手の心を閉ざさせる一言 [仕事は嫌い]

昨日は、『「質問力」で勝つ!』という本を紹介し、その中で、「質問力」と「回答力」の両方を備えていなければ、対人コミュニケーションの円滑化は難しいという趣旨のことを述べたが、次に本格的に読み始めた本の訳者の1人が僕の会社の人で、少なからず仕事上の接点もある人だったため、昔その人とあったやり取りを思い出しながら、回答の仕方でコミュニケーションは容易に閉ざされるというのを改めて痛感している。

普段生活している場所が離れていて時差も存在するため、専らメールやディスカッションスペースのようなネット上のコミュニケーションが中心となっている。そんな空間で発せられた不用意な「一言」は、たとえ自分にその気がなかったとしても、相手を傷つけてしまうことは起こり得る。自分はそんなこと言ったことすら忘れているかもしれないが、相手はいつまでもそれを覚えており、何年か経って再び一緒に仕事しなければならない状況になった際に、それがコミュニケーションの重石となって効いてきたりする。この世界は狭いから。

具体的に例を挙げるとその方の名誉を傷つけることになるので述べないことにするが、同じようなことは僕自身も何気なくやってしまっているかもしれないと思う(多分やっているだろう)。今は良くても何年かして仕事に支障が出てくるとか、影響もあるかもしれない。勿論、何年かしたら僕も今の会社で働いているのかどうかすらわからないので、今後も仕事上接点があるのかどうかはよくわからないが…。

「回答力」というより「コメント力」という類の独り言であった。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人間らしい職場 [仕事は嫌い]

会社のOB会報をめくっていたら、既に退職されている大先輩の手記で、後輩の僕達にとってちょっと耳が痛くなるようなことが書かれていた。受けとめようによっては僕達に対する叱咤激励である。(一部修正を加えています。)
 海外から帰国し某部に配属となった。見通しの良い1フロアで6、70人が机を並べる大空間であった。が、人の気配がたいそう薄く、人々がパソコンのキーを叩く音が靄のようにたち込めている。背中で聞いていると、まるで無数のお蚕さんが一斉に桑を食べるがごとき音である。人声といえば、以前から良く通ることで定評のある某部長のそれのみである。喧騒の海外支店から転身した身には、隣人にどの程度の音量で、どのタイミングで話しかけてよいものやら、その間合いがつかめず大いに戸惑った。
 そのうち、案の定、顔が見える範囲からでもメールが届き始めた。機械音痴ゆえのもどかしさと悔しさ、時代に取り残された腹立たしさと居心地悪さ、皆の頭が「お蚕さん」に見える滑稽さ、行き着く先の恐ろしさ…。程なく退職できたことは真に幸いであった。

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

朝型ビジネスマン [仕事は嫌い]

残業より始業前、「朝型」のビジネスマンが増加
―アサヒ飲料調査

若手ビジネスマンに変化が訪れている。夜遅くまで会社に残るよりも、朝の始業前の仕事に高い価値を見出す人が増えているという。

 アサヒ飲料は9月8日、会社員の生活スタイルを探る「現代ビジネスマン朝の生活実態調査」の結果を発表した。夜の残業よりも始業前の時間を重視するなど、全体的に朝型の傾向が強いことが明らかになった。
 同調査によると、朝の時間をうまく活用したいと考える人は全体の8割近くに達し、うち3人に1人が実際に活用できていると回答した。ここ数年で生活リズムが朝型になったと感じる人は42.9%に上り、夜型の20.3%を大きく上回った。仕事に関しては、始業前と残業の1時間を比べると「始業前のほうが高価値」と回答する人が49.1%で、「残業のほうが高価値」(23.8%)の2倍以上だった。
 「ワークライフバランス(仕事と生活の調和)」が注目を集める中、仕事とプライベートの両面でも朝型は効果があるようだ。朝の時間の活用により効果を得たと答えた人は約9割で、具体的には「仕事の効率が上がった」(38.3%)、「規則正しい生活になった」(34.9%)、「健康になった」(22.5%)、「趣味に打ち込めた」(18.6%)、「残業が減った」(14.4%)などが上位に入った。
 同調査は、2008年7月31日~8月7日に、札幌、仙台、東京23区、名古屋、大阪、広島、福岡で働く20代、30代の男性ビジネスマン計1200人(うち東京23区が600人)を対象に実施。
ま、当然ですわな。これだけ企業が成果重視のマネジメントをしていたら、誰だっていかに自分の生産性を上げるかを考えざるを得ないから。「ワーク・ライフ・バランス」を言う前に、そもそも企業がそれだけ成果管理に邁進しているところにことの本質があるように思えてならない。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | - 仕事は嫌い ブログトップ
メッセージを送る