So-net無料ブログ作成
検索選択

中年はつらい [仕事は嫌い]

中年は落胆している―80ヶ国調査
Middle-Age Is Truly Depressing, 80 Country Study Finds
ロンドン発ロイター電、1月29日
 80ヶ国を対象とした調査によれば、中年はみじめな状況にあることがわかった。落胆の度合いは40代の男女で共通して最も高い。英米の研究者が行なったこの調査では、アルバニアからジンバブエに至る80ヶ国が対象となり、人々の幸福度はU字カーブを描く傾向があることが確認された。U字型とは即ち、子供の頃は人生は楽しいものであり、それが歳を重ねるにつれて苦しいものになり、さらに歳を重ねると再び若い頃の幸福感を取り戻していくのだという。
 過去に行なわれた幾つかの調査では、心理的ウェル・ビーイングは生涯をを通じてフラットであるとの結果が出ていたが、雑誌Social Science & Medicineで発表される今回の調査結果は感情には浮き沈みの波があることを物語っている。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

会社の業績か、自分の健康か? [仕事は嫌い]

最近、このブログの更新頻度が落ち、なんだか読書日記かインドネタのブログの様相を呈している。最大の理由は、家族や地域で起きた様々な出来事について、ブログで取り扱うのを止めたからだ。本当は実名で記録をもっと残しておきたいところだが、あまりやりすぎると僕や家族の素性が露わになる。実際、かなり多くの方が「読んでいるよ」と仰って下さるようになったが、それとともに、少し怖くなってきた。元々家族ネタは特定少数の読者向けに書いていたものなので、これについてはミクシィの日記を閲覧者限定にしてそちらで書くことにした。あしからずご了承をお願いしたい。

さて、本日書くことは、実は1週間前にあったことである。簡単に言ってしまうと、僕の海外転勤に顧問医が明確に「ノー」と仰せになったことである。これは予想されたことである。実際、僕は昨年10月のエントリーで顧問医からそういう警告を受けて反論したことを書いている。4月に人間ドックを受診し、検診センターの医師からは「ちょっと(肝機能の数値が)高いけれど、危ないというほどではないですね」と言われていたのだが、顧問医は明確に「メタボリック・シンドローム」だと判断し、海外赴任などまかりならぬと仰せになった。「自分の助言(警告とも言う)をこんなに守らない人は自己管理能力がゼロである。海外の生活環境はもっと厳しいのだから、そんなところには行かせられない」のだそうだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

やることとやらされること [仕事は嫌い]

今週に入ってからはいつにも増して異常な勤務状況である。

月曜日 朝8時に出勤し、オフィスを出たのは午前1時
火曜日 人間ドック受診のためにお休み
水曜日 朝7時30分に出勤し、オフィスを出たのは23時20分
木曜日 朝6時30分に出勤し、オフィスを出たのは23時丁度

異動前の一般的な慌しさの中で人間ドックの受診予約を入れていたこともあるが、
それ以上に時間を喰っているのは別の作業である。我が社の役員絡みでもある。
ただ、この作業は今の部署では僕の専任でやっているもので、
元々僕の関心領域の延長線上に位置付けられ、
自分の勉強にもなるので長時間の作業でもさほど苦にはならない。
むしろ、この2年間の仕込みの結果としてある作業なので、光栄とすら思う。

他方で、自分のコントロール外のところから突然降ってくる作業というのは苦痛であることが多い。
幸い異動前だからというのでうちの部の幹部は無理強いはして来なくなっているが、
昨年度後半は社長の何気ない一言から突然やることなってしまった作業が幾つかあった。
しかも、それらは我が社の体力を考えたら背伸びし過ぎで、
入門したばかりの小僧がいきなり1年で金メダルを狙えというような作業の内容だった。
それじゃトップがリーダーシップを発揮してぐいぐい引っ張って行ってくれるのかと思えばさにあらず、
やり方は事務方で考えろと言われる。嫌々ながら考えた案を部長が社長のところに持ち込むが、
社長の一言で簡単にボツになり、再度考え直せと差し戻されることもあった。
こういう仕事のやらされ方というのは非常にストレスがたまる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

変われる予感 [仕事は嫌い]

新しい部長と総括課長を迎え、
職場の仕事のテンポが良くなったと感じる。

新部長の業務理解度は非常に早く、
しかも自分なりに考えを整理して文章化もできる人だ。

宿題は出されるが指示内容も明確で、
いつまでにやるかもはっきりしている。
出される宿題も、ちょっと頑張れば調べられるというレベルのものである。

宿題をメールで返すと、すぐにレスが返ってくる。
たとえ「ありがと」だけであっても返ってくる。
メールをちゃんと読んでもらっていることがわかる。

こういうのは今までになかったなと感心する。
その逆を行っていたのが前の部長だったから。

総括課長に関しては未だ新旧比較はできないが、
新しい部長の下であると前の課長はもたついているなと感じる。
ブリーフィングでの説明の仕方も甘いなと思ってしまう。

それに、新所長も新総括課長もちゃんと僕達の現場を見ている。
僕の部署は課長が病気療養で長く空席状態だったが、
前の所長と総括課長はそんな僕達の現場に目配せをされることは少なかった。

僕はもうすぐこの部署を去ることになるが、
この部長のリーダーシップの下であれば、
我が部署は良い方向に変われるような気がする。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人事異動内示アリ [仕事は嫌い]

僕用に処方してもらっていた漢方薬すら平日の頭痛に効かなくなってきた今週、僕もそろそろ限界だなと思っていたところだったが、昨日、人事異動の内示をいただくことができた。
 
最後の最後には役員にまで慰留され、90分間役員から説得を受けている間は頭痛もピークだった。それでももう体がもたないと固辞したところ、最後は役員もご理解下さった。「君の置かれた状況については人事部でよく聞いてきた。今まで大変な苦労を背負わせてきてしまい、申し訳なかった」といった労いとお詫びの言葉までいただいた。少し胸が詰まった。
 
この役員の下には、部長がいて、総括課長がいて、そして直属の課長がいる。部長と総括課長はこの日でそれぞれ退任、栄転が予定されている。2人とも僕の置かれた状況をよくご覧になっておらず、僕の異動を先延ばしにしようと人事部に働きかけておられた。自分達はとっとといなくなるのに・・・である。僕の置かれた状況に本当に耳を貸してくれたのは結局は人事部の方々だった。現場で何が起きているのかは、現場を預かる我が部の幹部連中よりも、実は人事部の方がよく把握していたというねじれ現象が起きていた。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

二枚舌管理職 [仕事は嫌い]

欠員補充の働きかけもろくにせず、結局1年以上も放置してそのしわ寄せを僕に押し付けてきた総括課長が今月末で異動する。

先日のエントリーで、欠員補充は間もなく実現するだろうと書いたのだが、昨日総括課長から受けた説明では、そのスタッフの配属先は僕の班ではなく隣りの班なのだそうだ。その班では産休に入る女性社員がいる。その補充なのだ。決して欠員の補充にはなっていない。これは2月末に彼が行なった説明とは全然違う。

僕の異動希望だって、彼が情報捏造して僕が今の部署に残留希望しているという正反対のメッセージを人事部に打ち込んでいたらしい。僕自身の自己申告と内容があまりにも違うので、怪訝に思った人事部が僕に直接ヒアリングしたので発覚した。

人の人生を何だと思っているのだ。自分の都合で説明をころころ変えて、一体何が真実なのか全然わからない。二枚舌を使って泳いで、僕を長く残留させるような働きかけを上に対してしておきながら、自分はとっとの異動していく。一体何様のつもりだろうか。こんな二枚舌管理職には怒りの鉄槌を喰らわせたい。

Sのバカヤロー!お前の栄転なんか誰が祝うか!


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

あと1週間で [仕事は嫌い]

3月も残すところあと1週間となった。2月初旬に上司が手術で職場を離れると聞かされてから、なんとしても2月を、そして3月を生き延びたいと思ってやってきた。2月にはやることの多さに潰されそうになることもあった。人事部に直接訴えたこともある。それが実って3月は1ヶ月間の社員追加配置を勝ち取れた。これで戦力のやり繰りに目処がつき、目の前の課題を1つ1つクリアしていく気力を取り戻すことができたのである。

4月になるとまたいろいろと変化がある。3月を生き延びる目処が立つまでは4月のことは考えまいとしてきたが、さすがに残り1週間となってきたら、もうそろそろ4月の準備を始めた方がいいかなと思い始めている。

  1. 上司が帰ってくる。但しフル稼動は未だ難しいらしい。
  2. 3月1ヶ月のワンポイントリリーフだった社員が本来異動で行くべきだった部署へ異動する。残念ながら補充は当然ない。
  3. 1年にわたった欠員補充は依然としてなされない。でも、具体的に誰が来るのかは聞かされているので、内示くらいは出るかもしれない。
  4. 支援スタッフは僕の班だけで4人中3人が交代する。既に一部の補充は終わっているが、全員揃うのは4月に入ってからで、また指導をやり直さなければならない。
  5. 2年近く前から異動希望を出し続けてきた僕の意向にお構いなしに僕を今の部署に長く残そうと画策していた部長と総括課長が交代する。(僕より後に来た人達なのに。)

    続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

思い切り逆境 [仕事は嫌い]

最近、僕は「サンチャイ・ブログ」では仕事に関する愚痴をあまりそれとわかる形では書いていない。一見穏やかな生活を送っているように見られるかもしれないが、それは今仕事に不満がないからではない。状況はむしろ逆で、実は不満が増幅されてきている。以前よく書いていたような、上司との関係とか、部下との関係とか、そうした職場の直接的な人間関係に関するものは、課長が昨夏に異動になって殆ど解消されたと思う。代わって増幅されてきた不満は、実は会社という組織や課よりももっと上の幹部連中に向いている。

あまりに生々しいので、こうした不満は「サンチャイ・ブログ」では書かないようにしてきた。ただ、さすがに僕の身に何か起きるのではないかという不安感も強く、何が起きていてそれに対して僕が何を感じたのかはどこかにメモしておかねばと思い、ミクシィの日記にアクセス限定で記すようにしている。

僕にとっての理想的なライフスタイルとは、先日の金子勇先生の著書で書かれた「老若男女共生社会」の実践であり、仕事と家庭の両立に加えて地域活動にも何らかの役割を果たすことである。仕事はなるべく18時30分には終えて職場を後にし、地域に戻ってボランティア活動をしたり、子供達と勉強を一緒にしたりして過ごす。朝は早めに起きて歩くなりジョギングするなりする。週末はボランティア活動とかマラソン大会に出る。或いは剣道の稽古を続ける。勿論子供達のスポーツ活動のサポートもする。そんな生活だった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(4) 
共通テーマ:仕事

2月1日はマジ期待するぞ [仕事は嫌い]

北京から戻って「抜け殻」みたいになれるかと少し期待するところがあったが、ところがどっこい状況は逆で、毎日次から次へと行事に追いまくられる忙しさである。先週など、ブログ書いてる余裕すらなかった。今週金曜日に予定されている九州の某大学主催の国際シンポジウムで発表に使うディスカッションペーパーの作成のため、日曜日に休日出勤もしたし、昨夜も遅くまで残ってそれを書き上げた。今日は発表用のスライドの作成もかなり進んだ。

勿論忙しいのはこのシンポでの発表というのがあったからだけではない。先週後半ぐらいから、期限が30日とか31日とかで切られた作業が3つも立て続けに来た。作業指示を先週後半に受けた時は、目の前真っ暗だった。そんな作業を日中やってるような状態で、シンポジウムでの発表用資料が間に合うのだろうかと・・・。しかも、そうした数日間の猶予を貰ってそれなりの作業スケジュールが組める作業はまだいいのだが、これに加えて部長から突然のメモ作成指示が飛んできたりする。

続きを読む


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(4) 
共通テーマ:日記・雑感

ゴメンナサイ [仕事は嫌い]

2003年10月に今の部署に異動してきて既に3年以上が経過し、4回目の年末を迎えている。過去3回の年末と比べてみた場合、今年はいろいろな意味で余裕がない。

  1. 海外の友人知人に出すクリスマスカードがクリスマス当日に間に合わなくなってしまった。従来この作業は12月の第1週末に作業していたのだが、今年の場合は第1週、第2週末に家族イベントが続いたため、作業のタイミングを逃した。平日やれないかとも考えたのだが、そもそもそれは無理な考えだった。
  2. 大掃除をやるのは冬休み前の最後の週末に行うことが多かったが、今年はとてもやっている余裕がない。
  3. 年賀状を書くのは冬休み前の最後の週末の作業にし、実際に宛名書きを行うのは冬休みの最初の休日にほぼ徹夜仕事で行うことが多いが、今年は元々年末年始の休みが短い上に、とても追加の有休など取っている余裕がない。ましてや年賀状のデザインを考えて印刷する作業を今週末やれるかどうか…

    続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
メッセージを送る