So-net無料ブログ作成
読書日記 ブログトップ
前の10件 | -

『2011年の棚橋弘至と中邑真輔』 [読書日記]

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

  • 作者: 柳澤 健
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/11/16
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
「プロレスは最強の格闘技」というアントニオ猪木の思想は、総合格闘技の出現によって、完全に否定された。新日本プロレスは猪木から離れ、格闘技とは異なる、プロレスだけが持つ魅力を求めていくことになる。その中心にいたのが棚橋弘至と中邑真輔だった。だが、ふたりが歩んだのは、果てしなく続くイバラの道だった―。

発売日をご覧いただければわかる通り、これ、出来立てホヤホヤである。ゆえに、あまり書きすぎるとネタバレになる。ここまで1週間以上、お堅い話題ばかりを続けてきたので、ちょっと息抜きにでもと思い、久々に読んだ本の紹介をする。

ブータンに来て、娯楽も何もないこの国で、僕がハマっているのがケーブルテレビで見られるWWEロウ、スマックダウン、NXTといった一連のテレビショーである。最初はロウやスマックダウンは見ていなかったのだが、週末にだけ見られるNXTで、日本人レスラーが活躍しているのを知り、久々にプロレス番組を見るようになった。最初に見たのは女子戦線で連勝街道驀進中だったアスカ選手だったが、当時男子のNXTチャンピオンだった中邑真輔選手にも気付いた。その後、中邑選手の方が先に今年4月に1軍スマックダウンに昇格し、アスカ選手も10月にロウで1軍昇格を果たした。2人とも、今週末に行われる年1回のロウ-スマックダウン対抗戦「サバイバル・シリーズ」に両軍の主力選手として出場する。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『北海タイムス物語』 [読書日記]

北海タイムス物語

北海タイムス物語

  • 作者: 増田俊也
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/04/21
  • メディア: 単行本
内容紹介
破格の低賃金、驚異の長時間労働、 そして、超個性的な同僚たち……。『七帝柔道記』の続編は、新人新聞記者の奮闘を描く 熱血お仕事小説!「仕事っていうのはな、恋愛と同じなんだ。お前が好きだって思えば向こうも好きだって言ってくれる」平成2年(1990年)。全国紙の採用試験にすべて落ち、北海道の名門紙・北海タイムスに入社した野々村巡洋。縁もゆかりもない土地、地味な仕事、同業他社の6分の1の給料に4倍の就労時間という衝撃の労働環境に打ちのめされるが、そこにはかけがえのない出会いがあった――休刊した実在の新聞社を舞台に、新入社員の成長を描く感動作。

著者の傑作『七帝柔道記』は、続編がきっと出るに違いないという終わり方だったが、ひょっとしたら、著者はこの『北海タイムス物語』を以ってその役目を負わせたのかもしれない。1つ前のレビューで書いた通り、『七帝柔道記』は、実際に北大柔道部に所属した著者の目線で和泉唯信主将を主人公に据えた作品ではないかと思うが、『北海タイムス物語』も、北大を4年目の七帝戦後に中退し、著者が就職した先の地方紙が舞台となっているものの、著者自身がモデルだとおぼしき「松田」という人物が主人公の同期で同じ整理部配属となった友人として出て来るのみで、実際の主人公は「野々村巡洋」という全く架空の人物である。とはいえ、著者自身の分身だとおぼしき登場人物がいるので、著者が北海タイムス時代にどんな過ごし方をしていたのかが垣間見えて、興味深い作品だった。

僕らが普段何気なく手にしている新聞だが、その段組みやニュースの取捨、優先順位付け、見出しのつけ方等、そう言われてみればどういう風に決められていくのだろうかと疑問が湧く。そういう仕事を描いた小説というのはあまり多くはないから、これを読んで新聞紙に対するいとおしさがひときわ強まった気がする。それに、主人公が入社した1990年というのは、東証株価の下落が年明けから始まった、日本経済のターニングポイントだった年だが、まだバブル経済に浮かれていた人も多かった中で、この北海タイムスの社員の労務環境と待遇の悲惨さというのが、本当だとしたらそのコントラストが凄すぎて戸惑わずにはいられない。

どん底からの復活を描いているという点では、好感が持てるエンディングへの持って行き方で、これを読んで「面白くない」という人は少ないと思う。欲を言えば、各登場人物の「その後」を軽くでもエピローグで触れてくれていたら良かった。特に、野々村クンと浦ゆり子さんの関係はなんだか尻切れトンボだったし、肝心の松田クンも、もし著者自身だったとしたら、2年後には北海タイムスを辞めて中日新聞社に移ってしまう。また、金に困って銀行のカードローンにサラ金にまで手を出した主人公が、その後どうやって資金繰りを改善させたのかも気になる。それよりも何よりも、北海タイムス自体が1998年に破産してしまうのだから、各々の登場人物のその後にひと言言及するのも、素人目には必要な手続きだったのではないだろうか。

タグ:増田俊也
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

再読『七帝柔道記』 [読書日記]

この前の記事で宣言した通り、ブログに充てていた時間を論文執筆に充てたので、2週間以上まったく更新せず、大変失礼しました。再開の狼煙はブータンの記事解説にしたかったのですが、正直言うとこの2週間、あまり新聞もちゃんと読んでなくて、それなのに開き直って言いますが、面白そうな記事もなかった。ハイランドフェスティバルの話は昨年も取り上げたし、もう少し過去記事のザッピングをして、面白そうなのがあればまた紹介したいと思います。

七帝柔道記 (角川文庫)

七帝柔道記 (角川文庫)

  • 作者: 増田 俊也
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/02/25
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
北大、東北大、東大、名大、京大、阪大、九大の七校で年に一度戦われる七帝戦。北海道大学に二浪の末入った増田俊也は、柔道部に入部して七帝戦での優勝を目指す。一般学生が大学生活を満喫するなか『練習量がすべてを決定する』と信じ、仲間と地獄のような極限の練習に耐える日々。本当の「強さ」とは何か。若者たちは北の大地に汗と血を沁みこませ、悩み、苦しみ、泣きながら成長していく。圧巻の自伝的青春小説。

今月末締切だった英語の論文を書き上げ、爽快感とともに気晴らしの1冊が必要だと思い、読んだ本がこれだった。論文を書いている間も、時々息抜きでトイレにこもったりする時、キンドルを持ち込んで便器に座り、読んでいたのが『ビッグコミックオリジナル増刊』のバックナンバーだった。隔月刊の同誌の中で、僕がお気に入りでこれがずっと購読し続ける動機となっているのが、女性漫画家一丸さんの描かれている『七帝柔道記』である。

増田俊也の原作は2013年3月の発刊から半年ぐらいして、同じ年の12月に読んでいる。当時の感想はブログでも書いたので、それを参考にしてもらうとして、これを読んだ後、2015年7月から職場でお仕事ご一緒した方が北大柔道部ご出身だというので、この本の話題で非常に盛り上がったことがあるのを懐かしく思い出す。著者の時代よりも10年ぐらい前の先輩だそうで、でも本書に登場する多くの部員をご存知だと仰っていた。

続きを読む


タグ:増田俊也
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『…なんでそんな、ばかなこと聞くの?』 [読書日記]

Book002.jpg鈴木大輔著
『…なんでそんな、ばかなこと聞くの?』
角川文庫、2017年9月23日
Amazon URLはこちらから。
内容(「BOOK」データベースより)
郡上おどりで賑わう、生と死が入り交じる町・郡上八幡。高校生、藤沢大和はある日その町で――死んだ。なぜ死んだのかも忘れたまま存在し続ける大和。そして、とある秘密を抱えながらも大和を生き返らせようとする、幼馴染みの少女・青山凛虎。不器用なふたりのひと夏の運命がいま―始まる。恋愛小説の名手が紡ぐ、傑作青春ストーリー。

―――それにしても、直ったかと思ったらまたおかしくなったブログのAmazon商品紹介機能。

まあ、それはさておき、またまた岐阜県が舞台のライトノベルだということで、日本を発つ直前に書店で購入して機中のお供にした。といっても帰りのフライトの中ではほとんど寝ていたので全然読み進めることができず、この週末を利用してようやく読了したところ。

高校生の娘がいるようなオジサンが高校生が主人公のラノベを読んでそれに感想を述べるのは気恥ずかしいので、ストーリーについては云々しないことにする。いずれ多くの若い読者がこの作品を読んで、もし気に入ればアニメ化されて、そしてゆくゆくは『君の名は』みたいに聖地巡礼の目的地になっていけば嬉しいかも。小説の舞台は岐阜の夏の風物詩、郡上踊りだし、そこそこ風景描写も出てくる。郡上城は勿論だが、主人公の藤沢大和クンが親友・長瀬クンと食事している定食屋が少なくとも3軒、実名で出てくる。これで遠方のお客さんも地元にお金を落としていってくれるかもしれない。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『虹色のチョーク』 [読書日記]

虹色のチョーク

虹色のチョーク

  • 作者: 小松 成美
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/05/19
  • メディア: 単行本
内容紹介
「彼らこそ、この会社に必要なんです」――社員の7割が知的障がい者である“日本でいちばん大切にしたい会社"を、小松成美が描いた感動のノンフィクション。人は働くこと、人の役に立つことで幸せになれる――。
神奈川県川崎市にあるチョーク製造会社・日本理化学工業株式会社は、昭和12年に小さな町工場からスタートした。昭和35年に二人の少女を雇い入れたことをきっかけに、障がい者雇用に力を注ぎ、「日本でいちばん大切にしたい会社」として全国から注目を集め続けている。現在も社員83名のうち、62名が知的障がい者。一人一人の能力に合った仕事を作ることで、彼らが製造ラインの主戦力となり、社員のほとんどは定年まで勤め上げる。同時に、彼らの作るダストレスチョークは業界シェア1位を誇る。今でこそ福祉と経営の両面で注目を浴びるが、ここに辿り着くまでには数々の苦悩と葛藤があった――。本書は、日本理化学工業の会長や社長、働く社員、さらには、普段語られることの少ない障がい者のご家族へのインタビューを通して、「働く幸せ」を伝える一冊。

来る11月7日から9日にかけて、ブータンでは「GNH国際会議」というのが開催される。今年のテーマは「ビジネスのGNH」で、これは世界的にも有名なGNHという概念が、ブータン国内でもビジネスセクターでは未だ十分普及していないという問題意識に基づき、世界のビジネスセクターのGNH向上への取組みから学ぼうという趣旨で行われるものだ。そもそもブータンに「ビジネスセクター」なる大きなセクターが存在するかどうかはやや疑問なところもあるが、主催者の問題意識はよくわかる気がする。

現在僕はある日本の企業の方との共同での発表を考え、主催者の定めた日程案に沿って、既に論文の要旨を提出済みで、これから10月末までの間に実際の論文を書き上げなければならないという状況にある。また、この共同発表の相方の会社の社長にもお出ましいただいて、クロストークのセッションのパネリストの1人としてご登壇いただくことを画策し、一応主催者から内諾は取り付けている。これで最低限日本のプレゼンスは確保できたと思う。ちなみにこの会社は、社是に「しあわせ」という言葉を含めているアパレル製品のカタログ通販を専門にしている会社である。

こうした主催者への働きかけの中で、できれば是非社長をお招きしたかった会社がもう1社ある。それが日本理化学工業株式会社で、恥ずかしながら最近まで知らなかった企業だ。残り時間が少なすぎるので、コンタクトするつてもない同社に、ブータンまでの旅費(航空賃プラス滞在費)を自腹で負担していただくような話はさすがに持って行きにくい。泣く泣く断念したが、インクルーシブを地で行くような企業がどこまでの努力を払っているのか、世界にも知ってもらいたい取組みだと思っている。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

『自分の休ませ方』 [読書日記]

自分の休ませ方 (青春新書プレイブックス)

自分の休ませ方 (青春新書プレイブックス)

  • 作者: 枡野 俊明
  • 出版社/メーカー: 青春出版社
  • 発売日: 2017/04/25
  • メディア: 新書
内容紹介
仕事に、家事に、子育てに…いつも追われるように忙しく過ごしている人こそ、「自分を休ませる」ことが必要です。それは階段の踊り場のようなもので、いったん立ち止まり、自分を見つめなおすということ。心と体をリセットし、新しい発想、そして前にすすむ力がわいてくる、「禅的休養」のすすめ。

以前、本書をおススメと言っておられた書評ブログの記事を読んで、いずれ読んでみようと思っていたのだが、最近になってようやくキンドル版が登場したので、ダウンロードしてみた。

著者は禅宗の修行僧ということなので、宗派は違うけれど、日本にいれば必ず行っていた年末年始の里帰りの中で、元日朝に実家の近所の寺にお参りに出かけ、そこでご住職から毎回聞かされる説教と同じ匂いを感じた。強いて言うならご住職の場合は浄土真宗だというのもあるのだろうか、国際問題や社会問題等、大きなところから批判的に入り、その後自分たち一人一人はどうあるべきかというところで、信仰の話に入っていかれるケースが多かったように思う。一方で本書の著者の場合はもっと静けさを感じさせられる。自分の心の持ちようというところにフォーカスを絞っているからだと思える。

ちょっと前にマインドフルネスについてかじった時に、目を閉じて呼吸と取り込んだ酸素の体内末端への流れを意識すると、マルチタスクで疲れた脳を1つのタスクに集中させることで、疲れが取れて思考がクリアになるというようなことを悟った。ちょっと疲れたなと思ったらすぐに目を閉じて、視覚から入って来る雑念をシャットアウトするような工夫はしているけれど、これを仏教的に説明したら、この著者の解説のような形になるのだろう。

その意味では、何か新しいものを得られた本では必ずしもない。疲れを取って自分のパフォーマンスを落とさないようにするために自分がやってきたことを再確認できたという点で、ホッとさせられる読み物だった。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『土』 [読書日記]

土 (新潮文庫)

土 (新潮文庫)

  • 作者: 長塚 節
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1950/06/13
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
茨城県地方の貧農勘次一家を中心に小作農の貧しさとそれに由来する貪欲、狡猾、利己心など、また彼らをとりかこむ自然の風物、年中行事などを驚くべきリアルな筆致で克明に描いた農民文学の記念碑的名作である。漱石をして「余の娘が年頃になって、音楽会がどうだの、帝国座がどうだのと云い募る時分になったら、余は是非この『土』を読ましたいと思っている」と言わしめた。

『土』の文庫本を購入したのは今から7年も前の話であり、それから今日に至るまで、あまりにも長い積読期間を作ってしまった。読みにくいという書評が多かったし、ページ数も350頁近くもあるため、なかなか踏み切れなかったのである。それをようやく読もうという気持ちになったのは、ほぼ1日がかりで日本に帰るという旅があったからだ。所用で日本に戻ることになり、パロの空港で読みはじめ、機内で読み続け、バンコク空港での乗継便までの待ち時間でほぼ読み切った。読了はバンコク発の夜行便に乗り込んだ後だったが、おかげで機内ではぐっすり眠れた。

この舞台は明治40年代の茨城県、結城市あたりの話である。夏目漱石の寄稿でも触れられているが、読んでみてわかるのは、東京からさほど離れていないこの地域でも、明治末期の小作人の生活はかなり困窮したものであったことだ。電気などはなく、夜になると真っ暗だ。相当な極貧生活を強いられていて、特に穀物の収穫期の直前には食うものにも困るありさま。借金して食いつなぐが、お米が収穫できても自分たちが食べられるわけではなく、麦を混ぜ込んでおかゆのようにしてかき込むだけ。青野菜もほとんど口にできない生活のようである。あまりの貧しさに、近隣の畑から野菜を盗んだり薪を盗ったりも頻繁に起きている。

家屋は掘っ立て小屋だ。収入源を1つだけに頼れないから、あれもやり、これもやりで小銭を稼ぐ。羽振りが多少良いと村人のうわさにのぼり、妬みや嫉みの対象となり、足を引っ張る者も出てくる。衣類はボロボロで、年頃の娘がいてもきれいな着物は買ってやることもできない。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『走る?』 [読書日記]

走る? (文春文庫)

走る? (文春文庫)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/08/04
  • メディア: Kindle版
内容紹介
人生は走ることに似て、走ることは人生に似ている――。芥川・直木賞作家から青春エンタメ小説の名手まで、類を見ない豪華メンバーが“走る"をテーマに競作した短編14作、ここに集合!人が次の一歩を踏みだそうとする時、その背中をそっと押してくれる、バラエティー豊かな作品が目白押し。異色のアンソロジーをご堪能あれ。

8月のブログ更新頻度の低下について、長ったらしい言い訳を前回したが、考えてみたら、完全フリーの日曜日というのもなかったというのも事実だ。僕が毎週末顔を出しているファブラボ・ブータンは現在は日曜日を休みにする方針を取っているので、僕が顔を出すのは土曜日限定だが、では日曜日は何をやっていたかというと、地方出張で不在にしていたり、静かな職場に出向いて提出期限間近の原稿を書いていたり、といった具合で終日何かをやっていたという日が多かった。

実は昨日(20日)も、今週前半締切と言われていた仕事4件を抱え、それを少しでも片付けてしまおうと1人職場に行った。9時30分には職場に着き、さっそく作業開始したが、この日は思った以上に作業が捗り、昼食を挟んで14時までには4つの作業が全部片付いてしまった。17時までかかると覚悟していたくらいなので、この時点で3時間の節約ができた。プチ達成感を感じながら自宅に戻り、この節約した時間を何に使おうかと考えた挙句、このアンソロジーを読むことを選んだ。

このアンソロジーに短編を提供しているのは、東山彰良、中田永一、柴崎友香、王城夕紀、佐藤友哉、遠藤徹、前野健太、古川日出男、岩松了、小林エリカ、恒川光太郎、服部文祥といった面々。小説家もいるけど、俳優だとかシンガーソングライターだとか冒険家という人もいる。割とよく読む小説家といったらこの中では中田永一ぐらいなので、作家の顔ぶれで本を選んだのではもちろんない。「走る」という共通テーマに惹かれたのである。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

『古市くん、社会学を学び直しなさい!!』 [読書日記]

この書評を読者の皆さまがご覧になる頃には、僕もブータンに戻る機中の人となっています。お陰さまで、1週間弱という東京滞在の間に、ある程度は体調を回復させることができたと思います。やるべきこともほぼやり終えました。自分のブータン滞在も折返し地点を通過したと思っているので、やりかけの仕事は形にする一方、そろそろ次のステップに向けた準備も始めないといけないかなと思っています。その布石も打てた1週間でした。

古市くん、社会学を学び直しなさい!! (光文社新書)

古市くん、社会学を学び直しなさい!! (光文社新書)

  • 作者: 古市 憲寿
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2016/10/18
  • メディア: 新書
内容(「BOOK」データベースより)
「社会学って、何ですか?」気鋭の若手社会学者・古市憲寿のあらためての問いに、日本を代表する12人の社会学者たちが熱く答える。社会学は、役に立つのか? 社会学は、誰のためにあるのか? 社会学者には、今、何ができるのか―? 私たちが現在抱える諸問題に、研究者たちがそれぞれの専門分野から切り込みながら、社会学の面白さ、難しさ、社会学こそが教えてくれる「ものの見方」を伝える。社会学の新たな入門書。

この短期間の一時帰国中、僕は積読状態で放置してあった本を4冊、自宅の書棚から抜いて携行した。うち2冊は往路の移動中に読み終え、既にブログでもご紹介した。最後の1冊は復路の機内でただ今読み込み中である。そしてその間、東京での滞在中に読むために、もう1冊持って来ていたのがこの1冊である。古市さんがどんな人なのか、僕はそんなに知らない。テレビに出演してはKYな発言をしてネット上で叩かれる、そんなことがあったようだが、何しろテレビ出演しているところを見たこともほとんどないので、その点についての論評は控える。

今回はただ単純に、古市さんが12人もの社会学者と対談するというので、コスパ良さそうだからと購入したが、なにせブータンでやっている自分の仕事は関係もないし、自分も社会学専攻じゃないもので、結局読み始めることもできずにそのまま半年以上放置してしまった。ブータンに再度持って行く気にはなれないので、東京にいる間に読んで、コメントもアップしておくことにした。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『帝国を壊すために』 [読書日記]

帝国を壊すために―戦争と正義をめぐるエッセイ― (岩波新書)

帝国を壊すために―戦争と正義をめぐるエッセイ― (岩波新書)

  • 作者: アルンダティ・ロイ
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2003/09/20
  • メディア: 新書
内容紹介
2001年9月11日以降,暴力と偽善が世界を覆い尽くしている.ブッカー賞受賞のインド人女性作家ロイは,その状況に対して絶え間なく抵抗の声を挙げ,帝国とは別の世界を求めるすべての人々に希望と勇気を与えてきた.「「無限の正義」という名の算術」「帝国の民主主義」をはじめ,海外で注目される8篇の政治エッセイを収載.

毎年8月下旬、ブータンでは「マウンテン・エコー文学祭」というのが開催される。インド・ブータン財団主催で、世界的にも有名な「ジャイプール文学祭」を毎年主催しているインド・ラジャスタン州政府が後援するこの「マウンテン・エコー」、そもそも文学祭なるものに縁のなかった僕には最初はピンと来なかったが、昨年はラジャスタン州のラジェ首相がこれに合わせてブータン入りしたし、作家のアミターブ・ゴーシュが来たという。今年は、今わかっているだけでも、元インド外相でこれまた作家のシャシ・タルール、インドNDTVの超有名キャスター、バルカ・ダット、4月に著書『SET FREE』をこのブログでもご紹介した著者のエマ・スレイドさんも登壇予定と聞く。

過去に遡れば、英ブッカー賞受賞作家も名前を連ねる。チェタン・バガット、アルビンド・アディガも過去には参加したことがあるらしい。いずれも、少なくとも著書を1冊は過去に読んだことがある作家である。そして、本日ご紹介するアルンダティ・ロイも、そうした過去の参加者の1人である。

この、ケララ出身、デリー在住の作家も、今年の文学祭には来るのではないかと密かに期待している。というのは、彼女、今からちょうど1カ月前、『小さき者たちの神』以来という長編小説を久々に発表したからである。『幸福最大化省(The Ministry of Utmost Happiness)』と題した小説なので、ブータンの文学書好きの心の琴線には必ず触れると思う。今年の文学祭には来れなくても、来年には招聘されるのではないだろうか。今年難しいかもしれないのは、彼女が肩入れしていたナルマダ河流域開発計画反対運動の提唱者メダ・パトカール女史が1週間前にマディア・プラデシュ州政府に拘束されるという事件があり、その釈放をロイが訴えて、折角の文学祭が政治的プロパガンダの発信に利用されないかとの懸念が主催者側にあったかもしれないからだ。(ま、それも杞憂でしょうが。なにせ、中産階級出身のメダ・パトカール女史が運動のカリスマ的リーダーとして祀り上げられている現状にもロイは批判的だから。)

なにはともあれ、僕が次に読む英語の小説としてはロイの新作が適当だと思っていて、この本は遅かれ早かれ入手して読むに違いない。だから、その前に手元にある彼女の著作で、未だ読んでないものぐらいは片付けておこうと考え、ブータンから日本への帰国のフライトの機内で一気に読み終えてしまった。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 読書日記 ブログトップ
メッセージを送る