So-net無料ブログ作成
読書日記 ブログトップ
前の10件 | -

起業の本再読2冊 [読書日記]

1万円起業 文庫版

1万円起業 文庫版

  • 作者: クリス・ギレボー
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2015/04/25
  • メディア: 文庫

今月上旬に読了してブログでも記事としてご紹介した、Chris Guillebeau著『The $100 Startups』の邦訳である。原書を読み始めた時、既に邦訳が出ている本だとは知らず、必死でペーパーバックを読み込んだ。その記憶がまだ残っているうちに、復習の意味でさらっと読んでしまおうと考えた。

ただ漠然と読むだけでなく、備忘録的に残しておきたい引用も幾つかある。以下は、ブータンで常々感じていた、①ブータンに起業文化を根付かせるためのハードル、②ブータンで当たり前に論じられている「金融アクセスを改善しさえすれば起業は盛んに行われるようになる」という議論へのアンチテーゼということで取り上げさえてもらう。

◇◇◇◇

思いついてから起業するまで、現在でも100ドル(1万円)未満の資金と、1カ月足らずの期間があればいい

もっとも簡単な方法は、人が何を望んでいるのかを先に突き止め、それを提供する手段を見つけることだ。

前に進めないのは怖気づいているせいだ。

彼らから学ぶべきいちばんのポイントは、永遠に考え続けたり、将来の計画でバインダーをいっぱいにしたりぜずに、とにかく行動したことだ。

起業時の借金、あるいは多額の投資は、必ずしも必要ではない。(中略)借金は、リスクを抑える手段があり、自分がやっていることをよくわかっている場合だけ許される、望ましくない選択肢だと肝に銘じておこう。

マイクロビジネスを始めるのはきわめて簡単だ。だから、ビジネスのやり方を心得るまで、あるいは心得ない限り、マイクロビジネス以外に手を出すのはやめたほうがいい。スモール・イズ・ビューティフル。たとえ大規模なビジネスをするだけの資金があるとしても、小さいほうがメリットのある場合が多い。

起業資金を借りるより、まずはお金が入るようにすることのほうがはるかに大切だ。

自分が学んだ最高の教訓は、たとえ善意ある友人からのものであってもアドバイスを無視すること

競争など外部の要員以上に手ごわい敵は、心の中にある恐れや無気力だ。幸い、これらの敵は自分の力でねじ伏せることができる。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『オープンデザイン』 [読書日記]

オープンデザイン ―参加と共創から生まれる「つくりかたの未来」 (Make: Japan Books)

オープンデザイン ―参加と共創から生まれる「つくりかたの未来」 (Make: Japan Books)

  • 作者: Bas Van Abel, Lucas Evers, Roel Klaassen, Peter Troxler
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2013/08/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
オープンソフトウェアにはじまったオープン化の流れは、コンテンツ、ハードウェアを経て、いま「デザイン」にまで及んでいます。本書は、主にプロダクトデザイン分野を対象に、この「オープンデザイン」という考え方について、さまざまな筆者による論考や事例の紹介などを通じて解説する書籍です。インターネットを通じたデータの共有や、ダウンロードしたデータを手元で実体化できるデジタルファブリケーション技術などによって、かつてないほどデザインの共有、改良、製作が容易になっています。そのような背景をもとに、デザインという行為、そしてデザイナーという職業がどう変化すべきなのか、について考えます。日本語版では、翻訳チームによる論考と事例の追加などのアップデートを行いました。

今、僕の書棚に眠っているものづくり関係の書籍には、取りあえず目を通してしまおうと取り組んできているのだが、その中でも最も手ごわく、後回しにしてきたのがこの1冊だった。人から薦められたのだが、4000円近くもするので新品を購入する気にもなれず、中古本が出回るのを待ってから購入した。元々はオランダのデザイナーが執筆した論考集で、収録されている各論考の英語版は、下記ウェブサイトからダウンロードできる。
http://opendesignnow.org/

ということは原書はタダだったわけで、その邦訳を出すにあたってオープンにならず、結構高額の価格設定にされたのには、何らか理由があるのだろう。勿論、単に原書の邦訳だけでなく、日本人の研究者や実践者による論考も追加されているので、そうやって付加価値を付けてこの価格設定になったというのはあったに違いない。翻訳にもそれなりの時間もかかったであろうし。

ただ、元々が複数の研究者や実践者による論考の寄せ集めなので、なぜそういう目次構成になったのかとか、各々の章が全体とどのように関連付けられているのかとか、要するに全体を概観し各論との関連づけを論じる章があるようでなかったので、正直言うとものすごく読みにくい本になっていた。勿論僕自身が理解する素地があまりなかったという点は認めるが、なんだか、知っている人が知っている人だけに読んでもらえればいいというぐらいの割り切り方で書いたのではないかと思えて仕方がない。

また、本書の所々に英語でキーワードが挿入されているが、それを元にどこに飛んだらいいのかもわからず、逆に巻末にあった口絵集も、所々「~ページ」とあったのでそのページに戻ってみると、その口絵とどう関係しているのかよくわからぬ記述になっていたりもした。「本書の読み方」的な解説が1ページでもあれば、もう少し別の読み方ができたのかもしれない。編集自体はあまり読者に優しくはない。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『The $100 Startup』 [読書日記]

The $100 Startup: Fire Your Boss, Do What You Love and Work Better To Live More

The $100 Startup: Fire Your Boss, Do What You Love and Work Better To Live More

  • 作者: Chris Guillebeau
  • 出版社/メーカー: Pan Books
  • 発売日: 2015/01/15
  • メディア: ペーパーバック
内容紹介
Change your job to change your life You no longer need to work nine-to-five in a big company to pay the mortgage, send your kids to school and afford that yearly holiday. You can quit the rat race and start up on your own - and you don't need an MBA or a huge investment to do it. The $100 Startup is your manual to a new way of living. Learn how to: - Earn a good living on your own terms, when and where you want - Achieve that perfect blend of passion and income to make work something you love - Take crucial insights from 50 ordinary people who started a business with $100 or less - Spend less time working and more time living your life

2016年、何かの機会に一時帰国する際、バンコクの空港の売店で買ってしまった本。僕もそろそろブータンでの生活も手仕舞いを考えなければならない段階に来ているので、在庫整理のために積読状態の書籍を減らすのに取り組んでいるが、その一環として読み切った。国際空港で売られているぐらいだから、多分ベストセラーだったのだろう。先日のカトマンズ再訪時にも携行して、時間を見つけてはコツコツ読んで、ブータンに戻ってきた直後に読了できたが、ブログで紹介記事を書こうとして調べてみると、なんとこの本、既に邦訳も出ていた!な~んだ、って感じだが、英語の勉強にはなるので良しとする。

内容をちゃんと事前確認せずにタイトルだけで購入しちゃったこのペーパーバック、てっきり著者個人の体験談に基づく指南書だと思って読み始めたのだが、実際のところ手持ち資金100ドル前後で本当に起業を成功させた多くの企業家の体験談を地道にリサーチして、共通項をうまくまとめられていたいい本だと感じた。登場する多くの企業家は、元々企業家を志してそうなったというわけではなく、日々の生活に窮してちょっとした打開策を打ち出したとか、何かしていて閃いたとか、その類のものだったようだ。しかも繰り返しになるが、最初から大きな資金調達をして事業を始めたわけでもなく、平均すると100ドルから1000ドルの範囲からスタートしている。

これは非常に起業に対する心理的ハードルを下げるものだといえる。読んでる僕自身でも、この本読んでて何か始められるんじゃないかと思ったくらいだ。根拠はないけど…(苦笑)。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法』 [読書日記]

フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法

フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法

  • 作者: 山田 竜也
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2018/01/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容(「BOOK」データベースより)
フリーランスが持つ3つの「自由」:時間の自由、仕事の裁量の自由、収入の自由、をコントロールし、そのメリットを最大限に活かそう!

人づてで聞いて評判が良かった本だったので、珍しく買ってみた。今自分は「フリーランス」という立場ではないが、年齢的にいって会社の中でもそれほど先がある立場でもないので、少しぐらい独立した場合のことを想定しておこうと思って読んだ。正社員でも副業やるケースはあると思うので、それも考えれば参考になるところもあった。今すぐでないにせよ、著者が独立してすぐに借りた事業資金の借入先とか、消費税の節約方法とかは、自分がそうなる場合には考えておきたい。ただ、著者がフリーランスになった時の年齢と、今の僕の年齢は明らかに違うから、著者の経験が即参考になる保証もないと思う。それに、所属する業界も違うしね。

実は、本書を読んでヤバいなと思ったことが1つだけある。それは、著者がフリーランスになってうつ病を自覚した時のエピソードである。「当時は馬力が出ず、思考もすべてネガティブでした」というくだり、おいおい、今の僕と似てるんじゃないですか!馬力がかからなくなってから1カ月近くが経つし、最近は少しばかり思考もネガティブになっている。ひょっとして、うつ病予備軍か!? もちろん、僕がよく言う、最も精神的にきつかった2007年2月よりはまだまだ逆境を跳ね返す気力はあるのだが、気を付けないとと思った。

なので、著者がやられたように、「生活習慣リスト」で毎日の日課を書き出して、それを片付けることをノルマとすることにした。5個から10個ぐらいということなので、言わずもがなで励行していることは除外して、5項目程度で始めてみることにした。どうなるかは乞うご期待。


タグ:山田竜也
nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:

ソトコト2018年5月号「人の集まっている場所のつくり方」 [読書日記]

ソトコト 2018年 5月号 Lite版 [雑誌]

ソトコト 2018年 5月号 Lite版 [雑誌]

  • 出版社/メーカー: 木楽舎
  • 発売日: 2018/04/05
  • メディア: Kindle版
内容紹介
【特集】人が集まっている場所のつくり方~なぜそこに人が集まるの? 答えはここに!
地域に行くと気になるお店や施設が増えました。そんな中でも最近は「よろず性」の高い場所が生まれています。「よろず性」とは、カテゴライズされない包容力と“横断力"のこと。本業はカフェであったり、イベントスペースだったり、バーだったり本屋だったりするのだけれど、そのときの気分や、参加する人たちの嗜好や時間の移ろいなどで、かたちを変えて、人が吸い寄せられる場所。「よろず性」のある場所には、世代を超えてさまざまな人たちが関わり、まちが幸せになるおもしろいプロジェクトが誕生しています。今、人が集まっている場所には、新しいパワーがあります。全国の人が集まっている場所と、そのつくり方の特集です。

先週末、ティンプー、パロの1つ先の谷にあるハに行って、民泊を経験してきた。たまたまその宿泊先にブータン観光評議会(TCB)の方を含む何人かのエコツーリズム振興に関係しそうな方々が止まっておられたので、ボカリ(ストーブ)を囲みながらいろいろなお話を聞くことができた。

「JICAがビジターセンターをハに作ってくれたので、それが完成したらハもお客さんが増える」と、日本人の僕に対して感謝する声が多かった。このハのビジターセンターのことを日本では「道の駅」と称しているらしい。まあ名称はともかくとして、ハで会った多くの人が、「ビジターセンターができればもっとお客さんが来てくれる」という、受け身の楽観論ばかりを仰っているのが気になった。一度で訪問された人ならお分かりかと思うが、ハは閑散とした農村であり、市街地もあるにはあるが、歩けば5分で通過できてしまう。週末の野菜市場を除けば、人が大勢集まるようなこともない。観光客にしても、パロ、ティンプー、プナカの次じゃないと名前が挙がって来ないところだ。

この優先順位を変えさせる営業努力をしないと、観光客はハまでは来ない。特に、日本人の場合、欧米人よりもブータンでの滞在日数が少し短いため、余計にハにまで足を運ぶ時間的余裕がない。そういう状況の中で、「日本人もっと呼んできてよ」と振られてもね~。受け身の楽観論の根拠が僕にはよくわからない。

そんな中で、今週、『ソトコト』の最新号をキンドルで購入し、息抜きで読んだ。特集内容に惹かれたので即買いした。買って十分元が取れるぐらいに豊富な情報だと思う。特集で紹介されていた日本各地の取組みは以下の通りである。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『メイカーズ』 [読書日記]

Makers

Makers

  • 作者: Cory Doctorow
  • 出版社/メーカー: HarperCollins
  • 発売日: 2010/07/08
  • メディア: ペーパーバック
内容紹介
我々の未来はどうなるのか?『リトル・ブラザー』を世に放った作家が新たに送る経済の終焉に関するオリジナル小説。ペリーとレスターはあらゆるものを発明する。トーストを作る貝殻ロボット、車を運転するブギウギ・エルモ人形。彼らはまったく新しい経済システムを創り出す。 「ニューワーク」は、テクノロジー時代のニューディールだ。そこに、裸足の銀行家たちは、ペリーとレスターのようなハイテク共同創業者の間を往来し、少額の投資を始める。彼らはともに国を変え、ジャーナリストのスザンヌはそれを文章にして発信を試みる。しかし、新しい経済システムは全く新しい信頼の体系を必要とし、そこには反対者もいる。ニューワークの破綻は、ドットコムの爆弾をさく裂させ、まもなくペリーとレスターは資金不足になり、失業する。落ちぶれても彼らはそこに留まらず、自分たちが最もうまくやれることに回帰する。そこに現れたのが、ディズニーのエグゼクティブ。再び急上昇する彼らの人気に嫉妬し、3-DプリンタがAK-47の「印刷」に使用されていることを警察に通報し、事態は再び悪化する。彼らの運命は?

先月、鳥飼玖美子先生の著書『本物の英語力』を紹介した際、それをきっかけに、舌ならしのために手元にあった英語の小説の音読を始めたとお知らせした。そこで取り上げた小説が、コリイ・ドクトロウの作品で、訳本が出ている『リトル・ブラザー』を2015年に読んだ際、訳本が出ればいずれ読みたいと書いていた『メイカーズ』だった。但し、訳本は未だ出ておらず、原書をキンドルで読んだものだ。

長かった。3週間かかった。音読の素材にしていたのだから、黙読に比べても読むスピードは遅い。それにこの本はペーパーバックだと600頁近くもある大作であり、キンドルだと「%」で示されるページ進行が、非常に遅くて大変だった。キンドルで6頁ぐらいフリップしないと1%にならないのだ。だから、最初の頃は1日でも1%進めるのが関の山だった。二度の週末に頑張ってそれぞれ30~40%読み進めるような力技も駆使して(お陰で1日中読書していた日も)、なんとか最後まで読み切った。

そうして、少なくともその間に出てきた単語のいくつかは、自分が同時進行で執筆に取り組んでいた論文の中で使ってみることにした。ちょうど同じような文脈があったからだが、こうやってアウトプットの機会を組み合わせながらインプットをしていったら、語彙は増えるなと実感したところでもある。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

息抜き [読書日記]

先週から今週にかけて、あまり体調が良くない日々を過ごしています。原因はその前の3週間の無理にあります。それらをやり終えてホッとしたところ、燃え尽き症候群のようになってしまって、次の取組み課題に向けてエンジンをかけ直すのに四苦八苦しています。先週土曜日は昼過ぎまで爆睡し、残りの週末は意識的に仕事のことは忘れるようにしました。多分今週末も同じような過ごし方をするでしょう。なので、取りあえずは先週末から今週にかけてやっていた息抜きについて書いておきます。マンガです。

僕はまだ野球を知らない(1) (モーニング KC)

僕はまだ野球を知らない(1) (モーニング KC)

  • 作者: 西餅
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/08/23
  • メディア: コミック

僕はまだ野球を知らない(2) (モーニングコミックス)

僕はまだ野球を知らない(2) (モーニングコミックス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/02/23
  • メディア: Kindle版

商品の説明
高校野球の監督をするのが夢だった物理教師・宇佐智己(うさともき)は、念願叶って浅草橋工業高校野球部監督に就任。チームを勝利に導くために、野球の統計学を提案する。根性でも気合でもない、データに基づいた「効率の良い努力」とは何か? 新生野球部、始動!!

祝・プロ野球ペナントレース開幕!贔屓のドラゴンズは今年もあまりパッとしないけれど、野球を扱った作品には惹かれるものがあり、それで読んでみたのが西餅さんの新作。セイバーメトリクスを駆使した高校野球ってのは今までなかった作品なので、既刊の2冊は続けて読んでしまった。西餅さんといえば『ハルロック』。新作の舞台も浅草橋工業高校なので、野球部顧問として、あの「はんだ萌え」の河原崎先生が再登場している。全体がギャグというわけではないが、所々に笑いのツボが仕込まれていて、爆笑することでストレスも少しだけ解消できたかもしれない。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『語る歴史、聞く歴史』 [読書日記]

語る歴史,聞く歴史――オーラル・ヒストリーの現場から (岩波新書)

語る歴史,聞く歴史――オーラル・ヒストリーの現場から (岩波新書)

  • 作者: 大門 正克
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2017/12/21
  • メディア: 新書
内容(「BOOK」データベースより)
文字史料だけでなく、聞き取りによる歴史の重要性に光が当てられて久しい。しかし、経験を語り、聞くという営みはどう紡がれてきたのか。幕末明治の回顧、戦前の民俗学、戦争体験、70年代の女性たちの声、そして現在…。それぞれの“現場”を訪ね、筆者自身の経験も含め考察、歴史学の可能性を展望する初の試み。

僕は物忘れがひどいので、ブータンに来て以来毎日日記を欠かさない。それで振り返ってみると、2月26日(月)から3月17日(土)まで、仕事から完全に切り離されたことがないのがわかった。ついでに言えば翌18日(日)も、たまっていた業務用メールのチェックを済ませて週明け以降の仕事の段取りを付けるため、フルタイムで出勤した。そしてそのまま今週になだれ込んだのだが、そこで自分のからだの変調に気付いた。仕事がらハシゴを外されるようなことは何度も経験しているが、そういう事態に対して、メラメラと燃え立つような反発心が内から湧いて来なくなった。17日で仕事の大波はひと段落したので、達成感はあったのだが、その後の気力の落ち込み方は、自分が自分自身を「危ない」と思った2007年2月以来だ。

およそ自分がブータンに住んでいるとは思えないような言い口だ。ブータンで心と体のバランスを崩すなんてシャレにもならない。幸いなことに、その時の経験もあるし、今は仕事の上では大きなヤマ場を終えて自分でも多少の時間の調整が利くようになったので、ちょっとだけ仕事をセーブするようにしている。ただ、なんでこんなことを前置きで書いたかというと、本書の記述がほとんどまともに僕の頭に入って来なかったからである。要するに、心と体のバランスを乱している状態で読むには、本書は難しすぎたということだ。

なぜそんな本を今読んだのかというと、仕事もひと山越えて、4月以降の自分のあり方を考えた時に、昨年夏以降やりたいと思っていたのにやれてなかった当地でのライフヒストリー・インタビューを、あるグループの人々にやっておきたい、僕にとってもブータンでも最後の1年になると思うので、今のうちにデータを取っておきたいと考え、その景気づけに岩波の近刊を読むことにしたのであった。本書は年末年始を日本で過ごした時に、「オーラル・ヒストリー」というサブタイトルに惹かれて、中身もあまり確認せずに衝動買いしていたものだ。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『新教養主義宣言』 [読書日記]

新教養主義宣言 (河出文庫)

新教養主義宣言 (河出文庫)

  • 作者: 山形 浩生
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2007/04/01
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
「日本的四畳半ウサギ小屋的せまさ」に行き詰まっている現実も、ちょっと物の見方を変えれば可能性に満ちている。文化、経済、情報、社会、あらゆる分野をまたにかけて、でかい態度にリリシズムをひそませた明晰な日本語で、いま必要な新たなる“教養”を読者の脳裏にたたき込む。21世紀の日本人必読の書。

なんでこの本を購入することになったのか、2年以上前の話なので今となっては思い出せない。著者が翻訳で関わった途上国開発関係の専門書は何冊か読んでお世話になっていた。わかりやすい翻訳をされる方だと好感を持っていた。また、途上国開発に限らずで、道を歩けば「山形浩生」に当たるというぐらい、自分の行く先々でその名を見かけたりもした。僕は途上国開発の文脈から山形浩生という名を知ったので、その山形浩生が秋葉原に出入りしてメイカームーブメントにも関わっていると聞き、にわかに同一人物だとは信じられなかった。いったいどういう人物なのだろうかと知りたくて、文庫版を買ってみたというところだろう。

話は脱線するが、「教養」という言葉の意味について、僕が考えるようになってきたのはわりと最近のことだ。読書メーターの読了書籍が1,500冊以上積み上がってくると、僕も捨てたもんじゃないなと自己肯定感も多少芽生えてきたし、読んだ本の中から話のネタを繰り出し、あれとこれを組み合わせたら面白いかもと思えるようになってきた。哲学書や啓蒙書の類、アダム・スミスやマルクス、ケインズの類を読んできたわけじゃないから、その底の浅さは否定はしないけど、ジャンルのバラエティがその底の浅さを多少は補って自分の武器にはなってきているのかなと思い始めてはいる。著者から言わせると、そんなゴミのような本ばかり沢山読んだって真の教養は身に付かないよと馬鹿にされそうだが、僕は僕なりにやっているということで!それに、実際役に立った局面もあったわけだし。

続きを読む


タグ:山形浩生
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『デジタル・アーカイブの最前線』 [読書日記]

デジタル・アーカイブの最前線 (ブルーバックス)

デジタル・アーカイブの最前線 (ブルーバックス)

  • 作者: 時実 象一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/02/20
  • メディア: 新書
内容(「BOOK」データベースより)
災害の悲しい記憶も、映画の名場面が生む感動も、人類が未来に残すべき貴重な「知の遺産」である。だが、それらを守るしくみが崩れつつあるいま、出版物は孤児と化し、映像は再生不能となり、ウェブ世界でも膨大な情報がどんどん消えている。これらを電子的に保存すべく、世界の有志たちが立ち上がり、推進するデジタル・アーカイブ。その考え方、方法から乗り越えるべき問題まで。

2012年という特定の時期に、知の遺産のアーカイブ化について集中的に調べ物をしたことがあった。ある特定のプロジェクトと関連しているけど会社の内外に散らばっている様々な情報をまとめて、デジタルデータは閲覧できるようにして、アナログデータは図書室に補完するような作業をやったことがある。

皮肉なもので、雑食的にいろいろなジャンルの本を読んでいると、時々それらがつながっているように感じることがある。僕が歴史関係の本や宮本常一の民俗学の本を紹介するときによく感じるのが「古文書を有する国の良さ」である。劣化は進んでいても、歴史的建造物や宗教施設、果ては民家に至るまで、保管されているアナログ情報を辿っていくと、その頃何があったのか、誰がいたのか、人々は何を営んでいたのか、何を考えていたのかがわかったりする。歴史学や民俗学の面白さはそこにもある。平安時代の貴族の日記とかが今読めちゃったりするのは、考えてみればスゴイことだと思いませんか?

一方で、デジタル情報って、結構な頻度で更新されちゃったりする。個人レベルでHPやブログ、SNSをやってる分には、ただ単にある器に新しい情報を加えていくだけの話だし、器に手を加えるほどのスキルも時間的余裕もないから、少なくとも自分が生きてる間、プラットフォームが存続する間は情報はどんどん保存されていく。でも、例えば自分の会社のHPを考えた場合、ショボいながらも独自のHPを作った頃(1999年か2000年頃だろうか…)のTOPページってどんな感じだったのか、遡って調べてみることすらかなわない。そもそも容量の問題があって、新しい情報を加えたければ古い情報は削除して空き容量を作るしかない。

ついでに言えば、僕がもし急逝してしまい、家族もソネブロやFacebook、MixiのログインIDとパスワードを知らなかったりすると、僕はサイバー空間上でずっと生き続けることになる。一方、ことHPに関しては、サーバー維持管理手数料が僕のクレジットカードの口座から自動的に引き落とせなくなれば、サーバー維持管理業者は僕のHPを抹消するだろう。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 読書日記 ブログトップ
メッセージを送る