So-net無料ブログ作成
検索選択
ブータン ブログトップ
前の10件 | -

英国人尼僧の奔走 [ブータン]

ブータンでせっかくいいものを作ることができても、それを世界中の消費者に知ってもらうことは難しい。ブータンでせっかく優れた社会貢献事業が行われていても、それを世界中の人に知ってもらい、支持者を募ることは難しい。強い動機と意志を持っていたとしても、往々にしてそれは、ものを作ることや、現場での活動に多くの時間が割かれ、買い手を探すことや、支持基盤を強化することに時間とエネルギーを投入することがおろそかになってしまう。

ここに住んでいて常々感じるのは、市民社会組織(CSO)の数の少なさだ。ブータンでCSOを自称している団体は30数団体しかないと聞くし、名前の知れたCSOであっても、財務基盤がぜい弱で、政府や外国からの資金支援がないと事業の存続すら危ういという話は度々耳にする。かく言う僕自身も、外国人であるだけでなく、日本人であることから、「援助してくれないか」と言われることが少なくない。CSOが作っているパンフレットを見ると、寄付金の受付口座はしっかり明記されている。でも、肝心の寄付者に対する説明責任はどのように果たしているのか、財務諸表は作っているのか、と尋ねると、そういうものは作っていないということが判明する。資金ギャップがいくらぐらいあるのかと尋ねても、事業実施にかかる支出がどれぐらいあるのかしか教えてくれない。自分達の活動を外国の人々に知ってもらう努力を自分達でしているのかと尋ねると、外国には行ったことがないという。ブータン人は内向き志向なので仕方ないが、その分、ここに住んでいる外国人に安易に頼ってしまう傾向が強い。

2017-3-20 Draktsho03.jpgピースが欠けている―――。そんな思いを抱きながら毎日過ごしている。

いいものを作ればマーケットが要る。作ることに一生懸命で、それを外国に売るとなったら、ブータンに来る外国人観光客が安直なターゲットになる。外国人観光客受入れを抑え気味にしていてただでも狭いマーケットで、同じようなものを沢山作っても売れない。僕が個人的に見て目的も活動内容も素晴らしいと思うCSOであっても、寄付者を国内にばかり頼っていては財務基盤強化の余地はかなり限定される。外国の消費者、外国の市民社会とつなげるピースが必要なのだと思う。それを、1人の企業家や1つのCSOの努力だけでなんとかしろというのはハードルが高すぎで、「つなぐ」という役回りは、ブータン人ではない誰かが担ってコラボしていくことが必要なのだろうと思う。

1月、僕はある英国人女性と初めてお目にかかった。仏教僧の装束を身にまとい、きれいに頭を丸めた、青い目の女性である。話す口調には落ち着きが感じられ、会話を続けているうちにこちらまでいい気持にさせられる。名前はエマ・スレイド、別名ペマ・デキという。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アボカド加工品で起業を [ブータン]

若い企業家、アボカド茶とアボカド粉生産を計画
Youth entrepreneurs plan to produce avocado tea and flour
Kuensel、2017年3月17日、Younten Tshedup記者
http://www.kuenselonline.com/youth-entrepreneurs-plan-to-produce-avocado-tea-and-flour/

2017-3-16 RTC.jpg

【ポイント】
ミャンマーで開催されていた「メコン・ビジネス・チャレンジ」ビジネスアイデアコンテストで、11日、王立ティンプー大学(RTC)から参加したブータン人学生3人による「グラッデン・グーリー(Gladden Guli)」が、最終ラウンドで銀賞を獲得した。

彼らの事業提案はアボカド加工による高付加価値化。今まで果肉をそのまま食べるしかなく、ブータンではあまり人気のなかったアボカドを、種はお茶の生産に、果肉は乾燥粉末化して、ケーキやクッキー、サラダドレッシング、麺類等に加工しようというアイデアである。

アボカドはブータン中部が産地だが、商業生産は2012年に始まったばかり。1キロ400ニュルタム程度はする農産品は、なかなか消費者の関心を呼ぶものではなかった。それでもアボカドの味を良くすることに取り組む農家の数は増えてきていた。

今回のコンテストに挑戦したRTCの学生3人のうちの1人は、こうしたアボカド生産地域の出身。父親もアボカド生産を行ってきた。

アボカドは取引価格が高く、学生チームは起業のために受け取ったシードマネーの半分以上を、アボカドの調達に投入せざるを得なかった。適正な技術や専門家の助言へのアクセスも当初は十分ではなかった。しかし、やがて国立ポストハーベストセンター(パロ)のような政府機関や、大学教員が支援することで、コンテストへの出展にこぎつけることができた。

学生チームは消費者100人に聞取り調査して、アボカド加工品の商品化は可能性が高いとの感触を得、アボカドの商業生産を始めている農家15人から、生産したアボカドを加工用に提供してもよいとのレスポンスを得ている。彼らは卒業後、アボカド加工のための数量確保に向け、自身でもアボカド栽培を開始する予定。グラッデン・グーリーは、2018年末までに操業開始予定。いずれ商品のバラエティも拡大する方針との由。当面は、観光客やアボカド好きの個人消費者にターゲットを絞り、ティーバッグ20個入りのアボカド茶を200ニュルタム、アボカド粉は100グラム400ニュルタムで販売する予定。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヨンフラ空港、来月には再開準備を完了 [ブータン]

ヨンフラ空港再開、来月には準備整う
Yonphula airport to be ready by next month
Kuensel、2017年3月15日、Younten Tshedup記者
http://www.kuenselonline.com/yonphula-airport-to-be-ready-by-next-month/

2017-3-19 Yonphula.jpg
《行ったことないけど、こんなところのようです。BBSのHPから》

【ポイント】
リノベーション、安全配慮措置の改善、国際標準遵守等を目的として2013年から閉鎖されていた東部タシガン県カンルンにあるヨンフラ空港が、4月には再開準備が整う模様。ドルックエアー航空の就航開始時期に合わせ、5月から再開される見通し。

リノベーションの大きなポイントは滑走路の約半分の再編と、滑走路の平坦化である。現在の滑走路には3.8%の傾斜が設けられていたが、kろえっを2%以下に抑え、国際標準として認められる範囲内に収めることになっている。この空港リノベーションは、アジア開発銀行が行った国内空港施設改善事業支援(総額690万ドル)の一環で行われたもの。

閉鎖前、ドルックエアーは週3便を東部向け便として飛ばしていた。当面はこの規模での就航となるが、将来的には東部の経済発展に寄与するため、東部向け便を1便増便することも考えている由。

施設の整備は4月で終わる見込みだが、ドルックエアーの運行再開には、同社内取締役会での事業計画承認手続きに加え、持ち株会社ドルックホールディングス(DHI)への説明、さらにはDHIと政府との協議を経る必要がある。このために、空港整備完了と同時に運行再開ということにはならない模様。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブータン人研究者が見た日本の農村過疎化 [ブータン]

日本の農村の人口減少からブータンが学ぶ教訓
Rural Japan depopulation: A lesson for Bhutan
The Bhutanese、2017年3月11日、Bimal K. Chhetri
*記事URLはウェブ掲載された加筆します。

【ポイント】
基礎的な設備がないことや、道路交通網の未整備、野生動物の侵入、限定的な就業機会、市場へのアクセスの悪さ―――これらは農村の人口過疎化の共通した理由と考えられてきた。こうした要因は、ブータンにおける農村から都市への人口移動を論じる際に必ず言及されてきたことでもある。

しかし、日本の農村ではどうも状況が違うようである。こうした基礎的な設備が全て揃っていても、日本の農村地域社会は前例のない規模での農村過疎化に直面している。

このことは、我々に、ブータンの農村・都市間人口移動の問題に取り組む現在のアプローチを、批判的に再考する機会をあたえてくれる。基礎的な施設を全て揃えるので十分なのか? 単にインフラ開発を進めること以上の何かがあるのだろうか?

短期的な経済成長を実現するために考えられた政策は、長期的な持続可能性に対して深刻な結果を及ぼすことがある。例えば、日本では50年前、急速な経済成長に伴う旺盛な国内需要に応じるために稲田を潰して杉を植える政策がとられた。今ではこれらの杉も出荷に適した時期を迎えているが、杉材に対する国内需要は低迷し、杉林からまき散らされる花粉により、地域の人々は花粉症の弊害に苦しめられている。

自分が訪れた佐々里村(多分、京都府)は、地域福祉サービスの推進や、地元産品の販売所設置、観光振興等、積極的な取組みを進めている。それでも、農村過疎化は進む一方である。

では、農村からの人口流出を抑制して農村社会を維持するには、何が必要なのか?―――私は国民総幸福(GNH)の価値がそこにあると考える。GNHを構成する9つの領域(domain)のうち、人間同士の関係性や人と自然との関係性を示す5つの領域が、課題解決の鍵になるのではないか。これらは「共生(co-existence)」のために必要不可欠である。

経済発展に加えて、個々人の心理的幸福感や健康、地域社会の活力、時間の配分、伝統文化の促進等を改善していくための政策を取ることが、ブータンの農村過疎化の問題の解決につながる最も賢明なアプローチなのだ。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

慢性貿易赤字について今思うこと [ブータン]

貿易赤字、320億ニュルタム規模
Trade deficit widens to Nu 32B
Kuensel、2017年3月10日、Tshering Dorji記者
http://www.kuenselonline.com/trade-deficit-widens-to-nu-32b/

2017-3-10 Kuensel.jpg

【ポイント】
2016年の貿易収支統計によると、ブータンの貿易収支は321億ニュルタムの赤字だった。これは2015年の328億ニュルタムからは若干の改善となる。電力輸出の増加が貢献したものとみられる。電力輸出収入130.3億ニュルタムを除いた貿易収支は、449億ニュルタムとなり、これは前年の446.8億ニュルタムから拡大したことになる。

ブータンの輸入総額は673.6億ニュルタム。そのうち83%に相当する552.8億ニュルタムがインドからの輸入である。輸出総額は352.5億ニュルタムだが、うち90%は対印輸出によるもの。よってインドとの貿易収支は232.3億ニュルタムの赤字で、それ以外の国との貿易赤字88.9億ニュルタムを大きく上回っている。

電力は最大の輸出品目であるが、年間30億ニュルタムにのぼる対外債務の返済を売電収入によってカバーしなければならない構造となっている。

主な輸入品目としては、軽油が最大で57.7億ニュルタム。これにガソリンを合わせると75.3億ニュルタムとなる。車両輸入(スペアパーツ含む)の増加(69.4億ニュルタム)に伴い、燃料の輸入も増える構造となっている。その他の輸入品目としては、野菜、乳製品、肉類、米、輸送車両・ダンプ・重機等が続く。米の輸入は15.3億ニュルタム。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大雪、停電、それなら読書 [ブータン]

2017-3-11 Snow01.jpg

11日、僕の住むティンプーでは、この冬初めての降雪となった。朝方首相は早々と学校、官公庁の公休を宣言(元々官公庁は休みだが、学校は登校日だったので)。雪はみるみる降り積もり、国内外の交通を麻痺させた。この日の様子をご紹介する。

この日、僕は、久し振りにティンプーRCの土曜朝ランに参加してみようかと思い、朝4時前に起きた。なんと、外からはザーザー降りの雨の音が!この時間に雨音を聞くこと自体はかなり久しぶりだが、モンスーンの時期に雨が、朝方降っていても夜が明けると止んでいるケースが多かったので、どうせ今日も止むだろうと考え、ランニングの準備だけはして夜明けを待った。その間に、昨日のブログの記事、森浩美『終の日までの』の感想をアップした。

6時過ぎ、あたりが明るくなり始める。雨音は確かに止んでいた。でも、明るくなってきた窓の外を見てちょっと驚いた。雨が雪へと変わっていた。これで朝ランに来る人はいないだろうなぁとぼんやり思いながら窓から雪の様子を眺めていたら、どんどん振り方が激しくなっていく。最初は小粒だったのが、徐々に大粒の雪に変わっていき、7時を過ぎたあたりで、これは僕1人であってもジョギングは無理だと思った。

2017-3-11 Snow06.jpg
2017-3-11 Snow04.jpg
2017-3-11 Snow03.jpg
《自宅窓からの定点観測。雪は昼過ぎまで降り続いた。》

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プナサンチュ水力発電事業の遅延 [ブータン]

プナサンチュ第1、第2水力発電所、完工遅れる
Punatsangchu I to be delayed to Dec 2022 and Punatsangchu II till Sept 2019
The Bhutanese、2017年3月4日、Tenzing Lamsang記者
http://thebhutanese.bt/punatsangchu-i-to-be-delayed-to-dec-2022-and-punatsangchu-ii-till-sept-2019/

2017-3-4 PHPA1.jpg

【ポイント】
プナサンチュ第1水力発電所(1200MW、以下P-1)は、これまで2019年7月完工見込み、プナサンチュ第2水力発電所(1020MW、以下P-2)は2018年12月完工予定として工事が進められてきた。しかし、2月に事業体(以下、PHPA)よりブータン政府に提出された報告書で、前者は2022年12月まで、後者については2019年9月まで完工が遅れる見通しであることが初めて示された。

特に、P-1は当初2016年11月完工とされていたものが二度目の下方修正となり、しかも今回の3年半の延期により、2018年7月から始まる第12次五カ年計画期間中、年間106億ニュルタム規模の収入機会を失うことになる。

続きを読む


タグ:水力発電
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブータン国際マラソン参戦記 [ブータン]

高橋尚子さんが1月にブータンに来られた際、ブータンが陸上長距離の高地トレーニングには結構向いているかもとブログでも書いたが、それじゃあブータン国内で開かれるマラソンの最高峰がどんな大会なのかもご紹介した方がいいと思い、3月4日のブータン国際マラソン(以下、BIM)を自ら経験してみることにした。僕にとっては1998年のいびがわマラソン以来、なんと19年ぶりのフルマラソン挑戦である。

ブータン五輪委員会(BOC)の方に聞いたところでは、昨年の参加者は350人ぐらいだったそうだが、あまりにもショートノーティスな募集で、外国のマラソン愛好家からクレームが付き、今年は昨年12月末から募集を開始し、おかげで昨年よりも多くのランナーが集まったそうである。

去年のコースは知らないが、今年はガサ県内のスタート地点からプナカ・ゾンまでの一方向のコースとなっている。スタート地点の海抜は1800メートル弱、プナカ・ゾンは1200メートル強で、高低差は約500メートル、しかも基本的に下りである。ガサまでの道路は、最近ようやく車が通れるようになったぐらいだから、フルマラソンのコースの最初の10キロほどは、未舗装の不整地を走ることになる。トレイルランの延長のようなコースだ。

コースが一方通行だから、当然、ランナーはスタート地点までバスで輸送される。当日朝5時50分、フルマラソンの部参加者は送迎バスに乗り込み、42km先のスタート地点に移動する。1時間30分のバスの旅だったが、周辺に座っていた外国人ランナーと話していたら、わりとあっという間に着いてしまった感じである。僕のまわりには、隣りのアッサム州から車ではるばるやって来たというインド人ランナーや、家族の仕事の関係で米国に住んでいて、米国内のフル、ウルトラマラソンに出まくっているというブータン人女性ランナー、世界各地のウルトラマラソンを転戦していてお互い顔見知りという香港人美人ランナー、タイ人シニアランナー等が座っていた。話を聞くだけでも飽きない。東京マラソンに6回出たという人もいた。皆BIM発参加である。

2017-3-4 BIM06.jpg
《アッサムから来たランナーとツーショット》

7時20分、バスを降りる。スタート地点が急峻な山に囲まれた谷間で、吐く息が白いというのに驚かされた。プナカの前日の最低気温は12度だったので、僕はスタートから半袖Tシャツ1枚で走るつもりでいたが、この寒さはつらいと思い、念のために準備してきていた長袖Tシャツを着重ねすることにした。 しばらく待っていたら、後続のバスに乗ってきた知り合いのブータン人ランナーにも会った。去年のBIMのハーフの部で女子1位になった女子大生ランナーで、これが初フルだという。

2017-3-4 BIM01.jpg
《女子優勝候補とパチリ。結局優勝した》

8時、レーススタート。このコースは基本的には500メートルの下りであるが、最初の5キロの下りの急さ加減と、未舗装で石がごつごつとむき出しになっている不整地の下りコースに戸惑った。こんな不整地を走る練習は今まで全くしてないし、しかもそれが急な下りなので、バランスを崩すとぎっくり腰になりそうだ(僕は腰痛持ちである)。それなりにそろそろ走ったつもりだが、この下りは後半にツケが回ってくるのではないかと気になった。今から思えば、この前半の下りでもう少し自重していれば良かったと思う。

続きを読む


タグ:マラソン
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

『謎のアジア納豆』 [ブータン]

謎のアジア納豆: そして帰ってきた〈日本納豆〉

謎のアジア納豆: そして帰ってきた〈日本納豆〉

  • 作者: 高野 秀行
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/04/27
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
山奥のジャングルで出会った衝撃的納豆ご飯。ぱりぱりと割れるせんべい納豆。元・首狩り族の優雅な納豆会席。中国湖南省の納豆入り回鍋肉。そして日本で見つけてしまった「究極の納豆」。本気度1000パーセントのノンフィクション大作。壮大すぎる“納豆をめぐる冒険”

発刊されていることは知っていても、書店で中身を確認するまでは容易に購入に踏み切れない本というのがある。高野秀行さんの近刊は、ブータンの納豆「リビ・イッパ」についても取り上げていると聞き、いつか読みたいと思っていたが、一度中身を見てみないと買う気にはなれず、今回の一時帰国まで引っ張って、近所の図書館で借りて読んでみたところである。

高野秀行さんといえば、『未来国家ブータン』の著者。『未来国家ブータン』も、4年前に図書館で借りて読み、ブータン赴任が決まってから電子書籍版を購入して、時々読み返して僕自身のブータン理解の一助にしている。その前著の中では取り上げておられなかった「リビ・イッパ」の話、近著では紹介されていると知り、今回も図書館で借りて読んでみることにした。

著者も認めておられるが、著者自身が実体験に基づいて「アジアの納豆」を語っておられるのは、タイとミャンマーの国境地帯に住むカレン族と、ミャンマーのシャン族、それにネパール南東部やインド・ミャンマー国境地帯のナガ族、それに中国・湖南省と日本の秋田県内陸部あたりが中心となっている。ブータンの「リビ・イッパ」については特に追加の現地調査をされておらず、来日していたブータン人に聞くとか、間接的な情報収集に終わっている。

それだったら、僕自身がブータンで「リビ・イッパ」探求の旅を行えばいい話だろう。うちの職場で受け入れていたインターンのサンゲイ君が東部メラの出身なので、村では大豆を発酵させた食品を日常的に食べていたのか聞いてみることぐらいからスタートしてみよう。また、東部に出張する職場のスタッフには、食べたかどうかを訊いてみようと思う。

著者によると、リビ・イッパは東南部のサムドゥップ・ジョンカル県あたりでは全ての料理に入っているのだという。それがモンガル県あたりだと、あることはあるけれども、チーズが入手困難な季節の非常食として利用されているというような微妙な立ち位置になるのだという。エマ・ダツィ等チーズをふんだんに使った料理が全盛の西部や中部では、大豆を発酵させる食品をなかなか見かけないのは致し方ない。でも、タシガンあたりの出身の人はティンプーでもよく見かけるし、ちゃんと探せばサブジ・バザールでも売られているかもしれない。

発酵食品はわざわざ自宅調理用には購入しないので、サブジ・バザールのそのエリアには足を踏み入れたことがあまりない。折角リビ・イッパのことを知ったので、一度ちゃんと調べてみて、ブログでもご紹介してみたいと思う。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

再読『21世紀 仏教への旅 ブータン編』 [ブータン]

21世紀 仏教への旅 ブータン編

21世紀 仏教への旅 ブータン編

  • 作者: 五木 寛之
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/06/29
  • メディア: 単行本

先日の平山さんの著書に続き、今回は作家・五木寛之の2007年に出されたブータン紀行文を再読した。全体でも1週間から10日間程度の行程で、中部のブムタンまで行かれている。僕も先月ブムタンまで出かけ、ジョギングもやって名刹の位置関係をしっかり頭の中に入れたので、本書で出てくるタムシン・ラカンとか、著者がどこをどう訪れたのかがイメージできて、わかりやすい読書になった。ただ、この本の執筆年から10年も経過してしまうといろいろなことがブータンにも起きていて、著者の考察と現状がそぐわなくなってきている点も多いと感じた。

1つは、著者が訪れたワンデュポダン・ゾン。このゾンは2012年の火災で焼失し、今この県の行政機能は隣りのバジョに仮庁舎を設けてそこで営まれている。集会所を改装した仮庁舎は、ブータンでは珍しい大部屋形式のオフィススペースで、職員の仕事ぶりが一望できる。

2つ目は、著者が述べている「山肌がブルドーザーによって削られて、無残な姿をさらしているような光景は、そこにはない。開発が進み、緑が失われている様子もない」という記述も、水力発電所建設に必要な重機の搬送に必要だということで道路拡張工事が各地で進み、また国道以外にも農道整備も相当進められてきているので、山肌が削られた爪痕は国内至るところで見ることができる。著者が訪れたブムタンまでの道中でも、トンサ周辺の山肌の削られ方はかなり悲惨だった。僕自身も2007年に東部まで行ったことがあるけれど、当時は農道整備では山肌の露出があったが、トンサ周辺の国道はもっと森に覆われていたように記憶している。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - ブータン ブログトップ
メッセージを送る