So-net無料ブログ作成
検索選択

禁止薬物、学校にもはびこる [ブータン]

アルコールと薬物乱用、生徒の間でもはびこる
Alcohol and substance abuse rampant among students
Kuensel、2017年6月28日、Dechen Tshomo記者
http://www.kuenselonline.com/alcohol-and-substance-abuse-rampant-among-students/

【ポイント】
ブータン薬物規制機関(BNCA)は、UNODC(国連薬物犯罪事務所)の技術支援とエイズ結核マラリアグローバル基金の資金支援を得て、昨年10月から12月にかけて実施した、全国薬物使用実態調査(National Drug Use Survey)の結果を公表した。この調査は、学校ベース調査と地域ベース調査の2つから構成され、前者についてはクラス7(日本の中1相当)から大学生までを対象に、全校から9,368件のサンプルを集めた。うち4,564名は女子。

この結果、規制物質やアルコールを摂取したことのある生徒・学生数は多いものの、これらへの依存度の高い生徒・学生が少ないことがわかった(註、ママ)。調査によると、今までに一度でもアルコールを摂取したことのある生徒・学生は2人に1人、喫煙経験者は3人に1人という結果が出ている。学年が上に行くほど飲酒経験者の割合が高まり、大学レベルでは学生の7割が飲酒経験があると答えている。同様に、大麻使用経験者は生徒・学生の5人に1人、シンナー吸引経験者は6人に1人いる。

約67%の生徒・学生は、薬物購入費は自分のポケットマネーから捻出していた。

但し、依存症というに至るまで過度の使用状況にある生徒・学生数は、喫煙経験者の7%、大麻吸引経験者の2%、飲酒経験者の0.9%、シンナー吸引経験者の0.5%に過ぎない。

初めて飲酒や喫煙を経験した年齢は14~15歳、大麻やその他不法薬物の場合は平均16歳という。

一方、地域ベース調査では、アルコールにせよ大麻にせよ、初めて摂取した年齢が若いと、成長するにつれ依存症的症状に陥る傾向が強いことも明らかになった。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

要注目、西部の国境地帯 [ブータン]

インドの中国非難にブータン参戦(後略)
産経新聞、2017年6月29日、岩田智雄記者(ニューデリー)
http://www.sankei.com/world/news/170629/wor1706290041-n1.html

【記事全文】
インドと中国の越境をめぐる非難の応酬に、両国にはさまれる小国ブータンが加わった。中国がインド部隊が侵入したと非難する地域は、中国とブータンの紛争地「ドクラム高地」にあるからだ。緊密な関係にあるインド、ブータンが中国と対立する構図で、問題はさらに悪化している。

ブータンのナムギャル駐インド大使は28日、PTI通信に「中国人民解放軍が最近、ドクラムにあるブータン陸軍の兵舎に向かう道路の建設を始めた」として、中国側に抗議したことを明らかにした。

中国外務省はこれに先立ち、「インド国境警備隊がシッキム地域の中印境界を超えて中国領に入り、ドンラン(ドクラムの中国名)で、中国国境部隊の通常の活動を妨害した」とインドに抗議していた。

ドクラム高地はインド領に突き刺さる中国領チュンビ渓谷に隣接する。南のインド主要部と北東部を結ぶ細長い「シリグリ回廊」に中国軍が侵入すればインドは東西に分断されるため、一帯は戦略的な地域だ。インドはブータンに支援を与え、軍を駐留させている。(後略)

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

「ドクラム高地」がどこだかわからない方もいらっしゃるかもしれないので、地図を追加で添付しておく。ブータンと中国とは国境画定でもめている地域が4つあると聞いたことがあるが、添付の地図では3つしか確認できない。(もう1カ所はガサ北部らしい。)

2017-6-29 Doklam02.jpg2017-6-29 Doklam01.jpg

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雇用のミスマッチ解消に求められるものは何か? [ブータン]

職業訓練は時代の変化と歩調を合わせるべき
TVET must keep apace with change: Symposium
Kuensel、2017年6月23日、Yangchen C. Rinzin記者
http://www.kuenselonline.com/tvet-must-keep-apace-with-change-symposium/

2017-6-23 Kuensel01.jpg

【ポイント】
22日、ティンプーにおいて、技術職業教育訓練(TVET)に関するシンポジウムが始まった。2日間のシンポジウムの共通テーマは「ブータンにおけるTVETの歴史を祝う~持続可能な開発に向けたTVETの貢献」。国内各地にある技術訓練校(TTI)、伝統工芸院(ゾリグ・チュスム)の校長、副校長、民間の訓練実施機関の代表等、40名以上が参加した。

初日のパネル討論では、技能労働の軽視が労働市場における職のミスマッチにつながっているとの指摘が相次いだ。技能労働者はブルーカラー労働だと見下されている。討論では、技能訓練を修了したワーカーが、その技能と合っていない分野で働かされ、それが雇用のミスマッチにつながっているのだという。

こうした状況が起きるのは、TVETで行われる教育が旧態依然としているからだとの指摘も。あるパネリストからは、ブータンのTVETは1965年には始まっているが、テクノロジーの進展が急速なのに、商業訓練校の機械は1965年に導入されたものをいまだに使用している、これでは雇用のミスマッチが生じるのは当たり前だとの辛辣な指摘も。

また、ブータンにはブータン人熟練労働者がいるのに、かなりの数の外国人労働者が雇用されていることにも話が及んだ。地元建設大手のCDCLのCEOは、この問題は即座に解決ができるほど単純ではなく、同社で行う入札では、最低30%の労働者はブータン人とするよう応札業者に求めていると述べた。

ブータンには、公営、民営、NGO、企業形態を含め、労働人材省登録のTVET実施機関が99ある。

続きを読む


タグ:職業訓練
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

理解不能の新教育政策 [ブータン]

政府、学校教員の修士号取得を義務化へ
Every teacher must have a master’s degree: Govt.
BBS、2017年6月19日、Passang記者
http://www.bbs.bt/news/?p=74485

2017-6-19 BBS.jpg

【抄訳】
政府は教育省傘下の学校教員は全て修士号を取得せねばならないとの方針を決めた模様。教員の資格要件の引上げはブータンの教育の質をより高いところに引き上げることを目的にしていると首相は述べた。

現在、ブータンの学校教員8,869人のうち、修士号を取得しているのはわずか1,130人である。首相によれば、政府は現在の教員の資格を修士以上にするための計画と政策を用意していくことになるとの由。「例えば、この7月から、ヨンフラ教育大学(Yongphula Centenary Institute of Education)に30人の現職教員が修士課程に入学予定である」――首相はこう述べた。

さらに、首相は政府がパロとサムツェの教育大学とも協議し、現職教員の資格要件の引上げに向けた協働を働きかけていくと述べた。今年、政府は教員研修に向けて1億800万ニュルタムの予算を配分している。

続きを読む


タグ:大学 教育
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ダンタック路肩看板写真展(ティンプー~パロ) [ブータン]

インド工兵隊『プロジェクト・ダンタック(DANTAK)』は、日本のブータン向け国際協力よりも長い歴史を持ち、ブータンにとって最大の恩人であるともいえる。ティンプーから南部国境の町プンツォリンまでの国道だけでなく、途中のチュゾムからパロまでの国道、チュゾムからハまでの国道、さらには、シムトカから東に延びる東西ハイウェイの維持管理も請け負っている。モンスーン期に限らず、土砂崩れが多いのがブータンの道路だが、それをあっという間に復旧工事をやって開通させてしまうダンタックの力はすごい。

それをまざまざと感じさせられたのが、昨年7月に崩落したチュカ県カムジ村近くで起きた大規模な土砂崩れの時だった。国道がそのまま流され、復旧するにもベースとなる地盤がないこの地で、ダンタックは崩落から4日間ほどでベイリー橋を仮設した。あれから10ヵ月が経ち、先月久しぶりにプンツォリンまで出かけたところ、仮設橋だった場所は完全に道路に生まれ変わっていた。

国際空港があるパロと首都ティンプーの間の道路は、土砂崩れが頻発する危険地帯だが、万が一崩れても、その後の復旧はダンタックが威信を賭けて取り組む。ダンタックの駐屯地はそこら中にある。すぐに出動できるようなへき地にでも設置されている。先週の公共事業省が主催した会議で、「道路維持管理センター」の設置が政府への提言として挙げられていたが、これはダンタックの駐屯地に倣って考案されたものだと思う。

そんなブータンにとっての心強~い味方、ダンタックは担当道路の路肩に多くの一風変わった標語を書いた看板を敷設しているのに気付いたのは、赴任してきてすぐのことだった。特に面白いメッセージが多いと思ったのはチュゾム~ハ間の道路で、暇があればその看板を写真におさめ、自分のコレクションにしたいとひそかに思っていた。今月前半で大きな行事は終わり、今週末は久しぶりに何にもない休日をグダグダ過ごせそうだったので、かねてから密かに狙っていた写真撮影旅行を敢行した。

取りあえずはティンプーからチュゾム橋を経由してパロまで行き、パロの街までの間で見かけたダンタックの看板を片っ端から写真におさめた。合計すると60枚にも及ぶが、それを全部ブログで紹介するのは大変なので、ブログにアップする前にFacebook上で友人に人気投票してもらい、1票でも入った16枚をここでご紹介する。

Paro01.jpg

Paro02.jpg

Paro03.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

重い国王のお言葉 [ブータン]

大学卒業式での国王演説に感動し、男性自首
Man, moved by His Majesty’s Convocation Address, confesses
BBS、2017年6月14日、Tshering Zam記者
http://www.bbs.bt/news/?p=74105

2017-6-8 Kuensel02.jpg
《大学卒業式での国王演説の様子。クエンセルから》

【抄訳】
先週行われた第12回王立ブータン大学合同卒業式における国王陛下の演説は、出席した卒業生だけではなく、全国の人々にもインスピレーションを与えたようだ。その1人がモンガルの36歳の男性だった。

揺るがぬ忠誠心について語った国王陛下の聡明なお言葉を聞き、彼は1年前に犯した犯罪について告白した。彼は意図的に村の自分の家に火をつけたことを、モンガル警察に認めた。「コミットメント(Tha Damtshi)なしに働く人の人生がどのように影響を受けるか、陛下は語っておられました。それを聞き、私は自分がしたことについて大いに後悔しました」ー匿名希望のその男性は語った。「後悔の念は私の心を突き刺す針のようでした。」

この男性は、より大きな建物を建てるのに保険金が欲しかったので、彼の家に火をつけてほしいと友人を扇動したという。「私はその友人に会い、その後の雑談の中で、自分の家に関する話題を持ち出しました。彼は私の家には誰も住んでいないと言いました。それで、私はそれが私が公務員だからだと答えました。そして、私はその家には保険がかけてあるので、家を燃やして欲しいと友人に頼みました。」

はじめのうちは、その友人も男性の言葉を真に受けてはいなかったという。しかし、ルンツェ県リンチェン・ドルズワンで二度目に会った際、その友人は彼の家に火をつけることを了承したという。

「その夜、警察は私に電話して、私の家から出火したと連絡してきました。」

この火災事件の後、彼は王立保険会社(RICL)から50万ニュルタム以上の保険金を受け取った。今、彼は、警察の捜査終了後に明らかになる、自分に対して行われる告発を待つ身である。

続きを読む


タグ:企業家精神
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

もっともっと「包摂性」 [ブータン]

パナスでの監禁生活
Caged in Phanas
Kuensel、2017年6月10日、Gopilal Acharya
http://www.kuenselonline.com/caged-in-phanas/

2017-6-10 Kuensel02.jpg

6月10日付のクエンセルの寄稿欄に、2ページぶち抜きの記事が載っていた。ポイントをここで紹介するにも長い記事なので、それも今回は省略するが、内容としては13歳で精神分裂症を発症した女性が自宅の隣りに設けられた小屋の中で暮らしているという告発レポートである。モンガル県ナツァン郡のパナスという村での出来事だ。

ただ、家族のことを悪く描いているわけではない。この世帯は今は36歳になっているこの女性と56歳の母親の2人暮らし、母親はこの女性に治療を受けさせようと、モンガル病院、ティンプーのジグミ・ドルジ・ワンチュク国立レファラル病院、さらにはインド・タミルナドゥ州ヴェロールの病院にまで連れて行っている。どうにも手の施しようがなく、今の生活に陥っている。母親も娘のケアに疲れ切っている。地域住民もこの家を避けるようになり、コミュニティの支援も得られない。コミュニティとのつながりが断絶されてしまえば、幸福度はさらに下がるだろう。

この女性が発症するきっかけになったと思われるのはその直前にあった両親の離婚だというが、障害を抱えてしまったのは前世に犯した罪だと考える人が多いという。レポートの論調は、こうした家族も含めて家族全体をサポートする仕組みがないと、患者本人だけではなく、その家族もまた苦境に陥ってしまうと指摘している。

続きを読む


タグ:障害 幸福
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

見直される「評価」 [ブータン]

眞子様がパロにご滞在されていた6月6日、ティンプーではもう1つ大きなイベントがあった。GNH委員会(国家計画委員会に相当)が南アジア評価者コミュニティ(COE-SA)と共催した「第4回評価コンクラーベ(Evaluation Conclave)」という会合で、6、7日はプレイベント、8、9日が実質会議となる。

この会議はブータンのことだけを扱う会議では元々ない。世界中の評価学会の研究者や実務者が集まって意見交換する会議で、6日に行われた参加型評価に関するワークショップには、開発協力の業界人なら誰もが知ってる英サセックス大学のロバート・チェンバース教授が来られていたという。知ってたら出てみたかった~と地団駄踏んでも後の祭りだ。

これは一種の国際会議だから、眞子様御訪問との日程調整があったわけでは必ずしもない。会場となったティンプーのメリディアンホテルは、眞子様御訪問の際、日本から来たメディアの方々用にと確保されたホテルだったので、そこを会場とする国際会議を眞子様ティンプーご滞在中に開催できたかと訊かれると、かなり難しかったのではないかと推測する。

*評価コンクラーベ2017のURLはこちら:http://evaluationconclave.com/2017/index.php

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

評価をしっかりやることが必要不可欠:首相
Getting evaluation right is crucial: PM
Kuensel、2017年6月8日、Yangchen C. Rinzin記者
http://www.kuenselonline.com/getting-evaluation-right-is-crucial-pm/

2017-6-8 EvaluationConclave.jpg
《首相の公式Facebookから拝借した開会式典の写真》

続きを読む


タグ:国際会議 GNH
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

インフラの持続可能性向上に向けて [ブータン]

眞子様がブータン御訪問中、ティンプーからパロに御移動された翌日、ティンプーでは農業省主催の花博覧会が一般公開されたが、もう一方で、公共事業省が5日から7日まで、「第8回エンジニア・建築士・計画官カンファレンス」というのが開催されていた。

公共事業省の各局の主だった幹部、100名以上が勢揃いし、現状の公共インフラ整備事業が抱える問題について話し合い、最終日までに21項目の提言書にまとめた。この提言書は公共事業大臣を通じて内閣に伝えられ、今後の法制化につなげられるのだという。

このカンファレンスの模様は、メディアでも連日取り上げられ、6日以降のクエンセルでは、1面を含めてこのカンファレンスの議論の内容を4回にもわたって紹介している。例によってクエンセルの記者はカンファレンスの全体日程に全て顔を出して記事を書いたとは思えないが、論点が垣間見えるので紹介しておく。


xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

調達プロセスは改善が必要
Procurement process needs improvement
Kuensel、2017年6月6日、Tashi Dema記者
http://www.kuenselonline.com/procurement-process-needs-improvement/

2017-6-7 Kuensel.jpg

続きを読む


タグ:公共事業省
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東西ウォーカー、東部を北上中 [ブータン]

腎臓にやさしい健康生活啓発ウォーク始まる
Awareness walk on kidney health begins
Kuensel、2017年6月5日、Kelzang Wangchuk記者(サムドップジョンカル)
http://www.kuenselonline.com/awareness-walk-on-kidney-health-begins/

2017-6-5 Kuensel.jpg

【ポイント】
王妃の誕生日を祝う6月4日、ブータン腎臓病財団のメンバーであるツェテン・ドルジ氏とボランティアのチミ氏が、8県カバーに向け、サムドゥップジョンカル市をスタートした。僧侶や財団関係者、一般市民が同市ゲートまで一緒に歩いた。

長距離徒歩行の目的は、活動的なライフスタイルの促進という同財団の活動を支援し、健康維持の重要性を訴えること。勿論、健康な腎臓の維持も含まれるのは言うまでもない。

ツェテン・ドルジ氏(43歳)は元ツアーガイド。数年前、腎臓に疾患を持つ女の子のドキュメンタリーを見て、何の支援も受けられないその子の生活に衝撃を受けたという。その日からこの企画を温め、ファンドレイジングと腎臓疾患に関する啓発をやりたいと考えていた。

これに同行するチミ氏(49歳)は、太陰暦の4番目の月は縁起が良いので、ブータン腎臓病財団がこの徒歩行を計画したのを知り、同行したいと考えたという。ツェテン氏が腎臓疾患の啓発を行うのに対し、チミ氏は道中、仏教について話していきたいという。

同財団関係者によれば、これにより財団はファンドレイジングを行いたいという。1ニュルタムであっても財団にとっては貴重な資金であり、共感していただける市民には是非イベントに参加して寄付をお願いしたいと呼びかけている。

一方、同財団は首都ティンプーでも4日、王妃の誕生日を祝い、財団関係者と人工透析患者、腎臓移植受益者とその家族などとともに、クエンセルポダンの大仏の下で、バターランプ灯火を行った。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る