So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

『英語と日本軍』 [英語一期一会]

英語と日本軍 知られざる外国語教育史 (NHKブックス)

英語と日本軍 知られざる外国語教育史 (NHKブックス)

  • 作者: 江利川 春雄
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2016/03/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
軍のエリートはいかに「敵国語」を学んだのか?
陸海軍の学校では敗戦後まで英語教育が行なわれていた。目的はなんだったのか。どんな教科書や参考書が使われていたのか。幕末に始まった外国語教育は近代陸海軍創設からアジア・太平洋戦争に至るまで、皮肉にも日本の帝国主義の歩みを下支えしてきた。英語教育史研究の第一人者が、当時の生徒が使用した教科書や残された手記の分析、生存者への取材から、知られざる教育の実態に迫るとともに、それらが戦後に遺したものを明らかにする。

日本の近現代史を様々なテーマで取り上げて、45分のコンテンツにするという仕事をここ数ヵ月やってきた。その関連で個人的に勉強のために読んだ文献も何冊かある。僕自身の守備範囲じゃね~なと思いながらも読んだ文献もある。あまり本意ではないんだけど、本意でないものにどう前向きに取り組めるかといえば、自分が少しは昔かじったことがある領域に、この本意ではないものを引っ張り込めるかというのにかかっている気がする。

ブータンで、最近セクハラ疑惑で6人の講師が解雇されて問題になっている言語文化カレッジ(CLCS)の教務主任の方から、以前、「日本は日本語をどうやって公用語として維持したのか」という質問を受けたことがある。その質問の心は、熊谷誠慈編『ブータン』の第7章「輪廻のコスモロジーとブータンの新しい世代」の中で、西平直先生が書いておられる。西平先生はCLCSの学長へのインタビューでそれを聞かれている。僕が教務主任から言われたのは、「それが知りたいから日本に留学させてほしい」というオチまで付くのだが(苦笑)。しょうがないから少しだけ自分なりに心当たりを当たってみたりもしたが、多分西平先生も同じリクエストを受けて奔走されたに違いないと思い、ど素人が深追いするのはやめにした。

ただ、こうした経緯があっただけに、明治以降の国語政策とか外国語政策とかは、できれば日本の近現代史のテーマの1つとして取り上げられないかと思っていたのだが、この仕事の関係者から、「誰がこんなテーマ入れたんだ」とチェックが入り、「私の意見です」と言ったらあっさり却下された。会社でこの仕事をやっていても日の目は見ないかもしれないが、僕個人としては、日本の外国語教育政策史とかは、もう少し語れるようにしておきたいものだ。

続きを読む


タグ:江利川春夫
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『帝国ホテル建築物語』 [読書日記]

帝国ホテル建築物語

帝国ホテル建築物語

  • 作者: 植松三十里
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2019/04/10
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
1923年(大正12年)に完成した帝国ホテル2代目本館、通称「ライト館」。「東洋の宝石」と称えられたこの建物を手掛けたのは、20世紀を代表する米国人建築家、フランク・ロイド・ライトだった。世界へと開かれた日本において、迎賓館の役割を果たしていた帝国ホテル。そのさらなる進歩を目指す大倉喜八郎と渋沢栄一が、明治末期、アメリカで古美術商として働いていた林愛作を帝国ホテル支配人として招聘したことから、このプロジェクトは始まった。しかし、ライト館完成までの道のりは、想像を絶する困難なものだった―。ライト館の建築にかけた男たちの熱い闘いを描いた、著者渾身の長編小説。

先々週末、近所のコミセンの図書室に寄った際、何気なく借りた本。植松三十里作品は昔、富岡製糸場の初期の製糸工女・尾高勇を主人公にした『繭と絆』を読んでいたし、パラパラとページをめくっていたら伊藤博文とかチラッと出てきたので、それなら借りようかということになった。同時に借りたのが、重松清『木曜日のこども』である。

結局、『木曜日の子ども』の方から先に読み始めちゃった。それで先週1週間を費やしてしまったのだが、11日になって『帝国ホテル建築物語』を読み始めて、プロローグでライト館の明治村への移設の話が出てきたとき、僕はこの読み方の順序を逆にしていればよかったと激しく後悔した。

先週木曜日(5日)、僕は愛知県犬山市に行っていたのである。用があったのは犬山といっても市の南部の方面だったが、名鉄線の乗継で犬山駅は使っていたので、明治村は目と鼻の先だった。用務を済ませて、ちょっと足を延ばせばライト館は見てくることができたのだ。それに加えて、明治村のことをもうちょっと調べてこの日の用務に臨んでいれば、用務先での会話の中でもそれを生かすことができたかもしれない。大げさかもしれないが、ちょっと自分の将来を左右したかもしれない。

続きを読む


タグ:植松三十里
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

『ブータン、これでいいのだ』 [ブータン]

ブータン、これでいいのだ

ブータン、これでいいのだ

  • 作者: 御手洗 瑞子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/02/01
  • メディア: 単行本

内容(「BOOK」データベースより)
クリーニングに出したセーターの袖は千切れているし、給湯器が壊れてお湯が噴出するし、仕事は思ったようにまったく運ばない。でも、問題山積みだけど、これでいいんだよね。現地で公務員として働いた著者が語る、「幸福」の国の秘密。特別企画・夜這いインタビュー収録。王室の写真など、カラー写真満載。

2011年から2012年にかけて、日本の出版業界では、ちょっとしたブータンブームが起きた。きっかけは国王御夫妻の訪日であった。当時、お仕事でご一緒した某出版社の社長さんから、「ブータンがテーマだったら出したいんだけどね」と言われた。原稿を書いてくれそうな人を探すのに難航し、結局実現できないうちに、わが社とその出版社との関係が途絶えてしまった。そのことがあったので、僕は先ず原稿を書くことから始めた。

そうした出版業界のブータンブームの中でも、トップ集団で出てきた本の1つが、本日ご紹介の1冊である。著者は初代首相フェローとして、2010年9月より1年間、ブータン政府のGNH委員会(計画委員会)に勤務されていた方である。そうすると2011年9月には帰国されていたことになるので、本書の刊行までは4ヵ月程度しか猶予がなかった筈である。現地でお勤めされていた間に相当書き進めていないと、この日程での書籍刊行は難しいと思う。聞けば元々マッキンゼーにお勤めで、ネットワークも持っておられた状態でブータン行きを決められていて、ブータンでの生活の様子をブログで発信しておられたという。また、日経ビジネスオンラインでも、『ブータン公務員だより』なる連載枠を確保しておられた。なるほど、それなら書き溜めてあったものを編集すればある程度の短期間で本に仕上げることができるだろう。

はなから脱線気味でもう少し述べると、実は僕もブータン赴任が決まった時に、知り合いのつてを頼って某地方新聞の編集部の方に、同じような企画を持ち込んだことがある。その時に付けられた条件が3つあって、①女性目線で見て書くこと、②娘に父の喜怒哀楽の表情のイラストを4パターンぐらい作ってもらうこと、③800字の原稿を隔週ペースで書いてこの編集者に送ること(新聞紙上での掲載の確約はなし)、というものだった。

ブログの文体をご覧いただければわかると思うが、僕にとっては女性目線でテーマを選んで「です・ます」調で書くというのがとてつもない難題であった。以前某経済紙に隔週でインドのことを書かせてもらった時のイメージでいた僕には、①は特に高いハードルだった。②は高校漫研の娘には難易度は高くないと思ったが、①が捗らなかったので娘に無理強いもしなかった。そして、③は①が決まらなかったのでとてもできなかった。代わりにやったのがブログでのハードなブータンネタの発信だった。でも、御手洗さんは女性だから、女性目線で見た事物をやさしいトーンで発信できただろう。

続きを読む


タグ:御手洗瑞子
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

『戦後日米交渉を担った男 外交官・東郷文彦の生涯』 [ブータン]

戦後日米交渉を担った男  外交官・東郷文彦の生涯 (.)

戦後日米交渉を担った男 外交官・東郷文彦の生涯 (.)

  • 作者: 伊奈 久喜
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2011/09/22
  • メディア: 単行本
内容紹介
戦後日米外交史に残る「安保改定」と「沖縄返還」の交渉に深くかかわった外交官の活躍と苦悩を描き、知られざる人物像に迫る評伝。

ブータンと日本の二国間関係に深くかかわっておられた方にお話をうかがうと、よく、「東郷大使」という言葉を耳にする。「あの頃カルカッタの日本総領事をなさっていた」と聞く。実際、1965年には『ブータン~ヒマラヤの王国』という本も出しておられる。1985年にお亡くなりになった後、遺骨の一部は、パロのキチュ・ラカンを見下ろす山麓で慰霊されている。

この他に、『日米外交三十年』という著書もあることや、本日ご紹介する伝記でも中心テーマになっているのでおわかりの通り、1960年の日米安全保障条約改訂、1972年の沖縄返還交渉、日米核持ち込み問題などで、事務方として日米交渉を支えたのが東郷大使であり、1974年には外務事務次官、1975年から80年までは駐米大使を務めておられる。

そんなアンシャンレジーム出身のエリート中のエリートが、日米安保条約改訂時を外務省北米局安全保障課長として過ごした後、1960年秋から2年間、カルカッタ総領事を務められた。外交交渉の骨休みのような意味合いだったようだが、この間、1962年5月に約2週間、ブータンを訪問されている。その時に同伴された夫人が、ブータンを訪問した最初の日本人女性なのだとか。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『木曜日の子ども』 [重松清]

木曜日の子ども

木曜日の子ども

  • 作者: 重松 清
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/01/31
  • メディア: 単行本
内容紹介
「きみたちは、世界の終わりを見たくはないか――?」 震撼の黙示録!
「世界はこんなに弱くてもろくて、滅ぼすなんて簡単なんだってことを……ウエダサマが教えてくれたんですよ」
7年前、旭ヶ丘の中学校で起きた、クラスメイト9人の無差別毒殺事件。
結婚を機にその地に越してきた私は、妻の連れ子である14歳の晴彦との距離をつかみかねていた。前の学校でひどいいじめに遭っていた晴彦は、毒殺事件の犯人・上田祐太郎と面影が似ているらしい。この夏、上田は社会に復帰し、ひそかに噂が流れる――世界の終わりを見せるために、ウエダサマが降臨した。やがて旭ヶ丘に相次ぐ、不審者情報、飼い犬の変死、学校への脅迫状。 一方、晴彦は「友だちができたんだ」と笑う。信じたい。けれど、確かめるのが怖い。そして再び、「事件」は起きた――。

いつもとずいぶんタッチが違う重松作品だなと思った。2007年頃から角川の雑誌『野生時代』で連載されていた作品だそうで、それがなんで10年もたった今頃単行本化されたのかは知らないけれども、現在の方がリアリティがありそうな作品として取り上げられそうな気がする。

僕としては『ゼツメツ少年』で重松ファンを辞めようと思ったくらいだったから、帰国して半年間に読んだ重松作品にはちょっとした新鮮さは感じていた。その延長でとらえれば、『木曜日の子ども』のような作品もまあ許せる。(ちょっと、『疾走』を想起させる装丁と中身だったけど。)

ただ、この作品でシゲマツさんは何を訴えたかったのだろうか。こんな、誰かに模倣犯罪を起こされそうな作品を何で書いたのか。そのへんはちょっと謎だ。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

『現代ブータンを知るための60章【第2版】』 [ブータン]

現代ブータンを知るための60章【第2版】 (エリア・スタディーズ47)

現代ブータンを知るための60章【第2版】 (エリア・スタディーズ47)

  • 作者: 平山 修一
  • 出版社/メーカー: 明石書店
  • 発売日: 2019/01/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
時代の流れと共に古き習慣は廃れ、また2008年には憲法が制定された。現在ブータンでは西洋的な価値観が横行しつつあり、ひと昔前とは大きく変貌している。伝統的な生活と近代化の波にもまれる、今のブータンを活写する一冊。

この本は、著者の改定作業に協力させていただいたので、あとがきにチラッと僕の名前も出てくる。当然、改定段階で新たに加えられた章の初稿は読ませていただいていたが、初版刊行時からあったオリジナルの章の改定内容については、僕は確認していなかった。

著者からいただいていた改訂版書籍は、離任の時に後任に引き継いで置いて来てしまったので、読めないでしばらくいた。しかし、以前からこのブログでも公言してきた通り、今僕も自分が書いた原稿を商業出版にしてくれる出版社を探しているところで、「リライトの過程でもっと数字を入れろ」との注文がつく可能性があるし、さらに今別の本の出版企画に誘っていただいて、ブータンのあるテーマについて、1章書かせてもらうことにもなった。先週半ばまでいただいていた夏休みの期間中から参考文献の読み込みを始め、本書についても週末2日かけて一気に読了した。

明石書店といえば、僕にとっては、数年前に企画書を持ち込もうと試みたところ、「原稿書いて持ってきたら読んでやってもいい。筆力を証明できるものがない一見さんはお断り」と、編集者の方に門前払いを喰らわされた出版社である。お陰で、僕は自分が本にしたいと思った今回、まずは原稿を書くことから始めることにした。逆に言えば、明石書店から出た単著があるということは、既にその筆力にはお墨付きが得られているということなのかと思う。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

スポーツ五輪もいいけど… [時事]

若き匠に“高き壁”――技能五輪カザン大会閉幕
日刊工業新聞、2019年8月30日
日本「金」2個、強い中国/ロシア躍進、V字復活ならず 戦略練り直し
 若手技能者が技術を競う「第45回技能五輪国際大会」がロシア西部の都市カザンで閉幕した。日本勢は「情報ネットワーク施工」で8連覇を達成し、「産業機械組立て」でも優勝。金メダル2個のほか、銀3個、銅6個を獲得した。ただ、国別の金メダル獲得数順位は7位であり、日本は国際大会に向けた戦略の練り直しが迫られる。(日下宗大)


《カザン大会開会式の様子》

日刊工業新聞の記事は全文ダウンロードできないので、個々のメダル獲得者のストーリーは別として、要点を簡単に列挙しておく。

1.技能五輪国際大会は、原則22歳以下の若手技能者が2年に一度、技能世界一を競う大会。カザン大会には、史上最多の63ヵ国・地域から1300人以上が参加した。種目数は56.

2.金メダル獲得総数でトップは前回に引き続き中国(16個)、2位は開催国ロシア(14個)、3位は韓国(7個)で、この3カ国で金メダルの過半数を占めた。日本は前回9位から7位にランクアップしたが、メダル獲得数では減った。

3.技能五輪の目的は技能者全体の技術の引上げ。しかし、競技の性格上、メダルに近づく戦略の策定は必要。日本では前回大会での低迷を踏まえて、企業や団体を超えた技術交流などの取組みが広がったが、結果は芳しくなかった。1年以上かけて国際大会の選手を育成する必要性が指摘されている。産学官が連携したバックアップ体制の構築も必要。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『バイユーの悪手』 [時事]

横浜市がカジノ誘致を正式発表 「これまでにない経済的社会的効果」
朝日新聞、2019年8月22日
横浜がIR誘致、山下ふ頭がカジノ候補地 反発は必至
 横浜市は22日、カジノを含む統合型リゾート(IR)を誘致すると発表した。横浜港の山下ふ頭(同市中区、47ヘクタール)に整備し、2020年代後半の開業を目指す。だが、IR誘致には市民の間や議会内に根強い反対の声がある。林文子市長が「白紙」としてきた従来の姿勢を変えたことに対し、反発が起きるのは必至だ。
 林市長は元々、IR誘致に前向きだったが、17年の市長選を前に「白紙の状態」と慎重姿勢に転じた。一方、昨年7月のIR実施法成立後、IRに関心がある民間事業者から構想案を公募。「白紙」の姿勢を維持しつつ、IRに関する情報を集めてきた。
 市は9月2日から始まる市議会定例会に、誘致実現に向けた専門的な調査分析、ギャンブル依存症の実態調査などの費用として計2億6千万円の補正予算案を提出する。可決されれば、誘致に向けた準備を本格化させる。
 市は22日に示した資料で、市内の人口が19年をピークに減少に転ずると推計。高齢化が進む中、経済の活力低下や財政悪化が進むと見込んでいる。また、宿泊せずに日帰りする観光客が多く、1人あたりの観光消費額が全国と比べて少ないことが課題とし、「IRはこれまでにない経済的社会的効果が見込まれる」としている。
 IRの経済波及効果について、建設時は1兆2千億~7500億円、開業後は年1兆~6300億円に上るとの試算も公表した。(武井宏之)

22日から休暇をいただいていた。まさにその休暇初日に報じられたニュースがこれだが、僕はこの横浜市長のIR誘致表明の報道を聴きながら、20年以上前に米国ルイジアナ州で起こっていたことを思い出していた。

このブログのアバターがずっとLSU(ルイジアナ州立大学)フットボールチームのヘルメットであることが示す通り、僕はルイジアナ州バトンルージュにあるLSUのメインキャンパスに、1985年8月から86年5月まで留学していた。当時は、エドウィン・エドワーズ州知事の二度目の任期の2年目にあたり、僕が留学開始する頃には、既にエドワーズ知事が打ち出したカジノ誘致が政策論争の焦点になっていた。

ルイジアナ州は元々産油州で、特に原油価格が1バレル40ドル前後あった1980年頃は州財政が非常に潤っていた。ところがその後の原油価格の低迷により、州財政は悪化の一途を辿り、そこでエドワーズ氏が1983年の知事選で勝利して二度目の就任を果たして以降、打ち出してきたのがカジノ誘致であった。それが留学当時、テレビでニュース番組を見ると連日報じられていた争点となっていたのである。

エドワーズ知事は民主党の選出で、立場的には黒人票やマイノリティ票、低所得者層の支持票は彼に流れるというのがパターンだったようだが、知事選で勝つたびに何かしらのスキャンダルにも見舞われて、再選というのがなかった。1983年の知事選もそうだったし、87年の知事選も結局共和党候補に敗れている。その時の敗因の1つは、明らかにこのカジノ誘致論争があった。

それでも91年の知事選に立候補して勝つことができたのは、この時の知事選にはデビッド・デュークという、白人至上主義の秘密結社KKK(ク・クラックス・クラン)の指導者が出馬していて、なんと決選投票にまで勝ち上がっていたからだった。さすがにKKKの指導者と民主党候補者とであれば、後者に支持は流れる。結果として四度目の知事就任を果たすのである。そして、この選挙で勝ったことで、カジノ誘致論争についても、支持を得たことになる。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

教育版ブランドブータン [ブータン]

教育省、「教育版ブランドブータン」を構想
Education ministry’s vision to have Brand Bhutan Education
The Bhutanese、2019年8月24日、Usha Drukpa記者
https://thebhutanese.bt/education-ministrys-vision-to-have-brand-bhutan-education/

【抄訳】
教育省では、今後5年以内に、教育における独自ブランドを構築することを計画。目的は、ブータンの価値観をコンパクトに体現した「教育版ブランドブータン」をつくること。これにより、新たな国の収入源となっていくことが期待される。

J.Bライ教育相によると、ブータン人学生に恩恵をもたらしている質の高い教育を意味する「教育版ブランドブータン」を開発することが主な目的だが、経済の新しい分野にもなり得るという。ブータンは水力発電収入ばかりに頼ることができない。教育版ブランドブータンは、ブータンが質の高い教育が受けられる目的地となり、国際的な教育機関として認知されるための手段と位置付けられるという。

教育がもたらす収入の事例として、大臣は、ダージリン丘陵に住む約400〜500万人の人々が、観光と教育だけで生計を維持していることを挙げた。「世界中の学生が教育のためにダージリンにやって来る。これは教育の夢であり、教育を通じてブータン経済を支え、ブータンの価値観と文化を促進して世界の平和と繁栄、幸福に貢献する途だ」という。

大臣はさらに、これが教育省の長期ビジョンであると述べた。 彼は、教育版ブランドブータンは、関係者全員がそれに向けて一致団結して取り組むことで成功することができると信じているという。「成功させるためには、教育版ブランドブータンが、世界の経済と発展のニーズに沿って設計されることが必要だ。世界でうまくいっている地域では、そうやって教育は設計されている。」

大臣によると、現在のブータンの教育制度は、すべての個人が少なくとも英語と他の言語で読み書きするべきであるという教育哲学がスタートしている。 教育は僧院教育から現代教育に移行し、現在は21世紀型教育、さらにGNH教育へと移行しようとしているという。多くの開発や技術の進歩により、ブータンは世界からの情報に晒されるようになってきた。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『日本 二百年の変貌』 [仕事の小ネタ]

日本―二百年の変貌 (1982年)

日本―二百年の変貌 (1982年)

  • 作者: M.B.ジャンセン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1982/07
  • メディア: -

わけあって、マリウス・ジャンセン先生の日本の近現代史に関する本を読まねばならなくなった。2000年に『The Making of Modern Japan』の初版が出た時、今すぐは必要ないけれどもいずれ読むかもしれないからというので、900頁超のハードカバーを購入した。当時ワシントンポスト紙でも書評が載っていた1冊である。それから18年間も放置して積読にしておいたところ、今頃になって読む必要に駆られる事態に陥ったのである。

とはいっても900頁のハードカバーを短期間に読破できるわけではない。今のタスクに関わっている間は時々目を通して、僕らが日本語でしか習ってない日本史の出来事が英語ではどう表現されるのかを確認するのに使っている。例えば、「自由民権運動」を「Freedom and People's Rights Movement」と言ったりとか。

ただ、こんな大部な本を英語でいきなり読むのもしんどいので、面倒くさがりの僕は、ふと考えた。これくらい有名な日本研究者なら、日本語に訳された著書がきっとあるに違いないと。調べてみたら実際出ていた。地元の市立図書館で蔵書検索してみたら、何冊かヒットしたので借りてみた。今回ご紹介する『日本ー二百年の変貌』は、その中でも比較的短い1冊だ。

原題は"Japan and Its World:Two Centuries of Change"といって、1976年にプリンストン大学出版会から出ている。邦題ではそのニュアンスが消されているが、原題を見ると、日本が有した「世界」の認識の変遷を描いているのだと想像がつく。元々はジャンセン教授が1975年に米国で行った3回シリーズの抄録だという。ちょうど米国が建国200年の記念式典で盛り上がっていた頃で、この200年を日本に当てはめて、1770年代というのが日本にとっても時代の変わり目だったと話しておられる。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -