So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

再読『卒業』 [重松清]

卒業 (新潮文庫)

卒業 (新潮文庫)

  • 作者: 重松 清
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/11/28
  • メディア: 文庫
内容紹介
「わたしの父親ってどんなひとだったんですか」ある日突然、14年前に自ら命を絶った親友の娘が僕を訪ねてきた。中学生の彼女もまた、生と死を巡る深刻な悩みを抱えていた。僕は彼女を死から引き離そうと、亡き親友との青春時代の思い出を語り始めたのだが――。悲しみを乗り越え、新たな旅立ちを迎えるために、それぞれの「卒業」を経験する家族を描いた四編。著者の新たなる原点。

この週末は息抜き、読書三昧をと決め込んでいた。前回ご紹介した『Never Lost Again』を土曜日に読了し、日曜日は大学院で使っているテキストを4章読み込み、さらに息抜きで重松清の中編小説集『卒業』を読んだ。『卒業』は、日曜日のうちに読了した。月曜以降の仕事を多少窮屈にする可能性もあったけれど。

僕自身が勝手に、重松清作品史上、最もおススメだと思っているのが『卒業』である。僕は2006年8月に一度読んでいて、その後受けた当時の職場の社内報でも、おススメの1冊として『卒業』を挙げている。12年ぶりの再読に期待したのは、今でもおススメなのかの確認だ。当時の僕は、収録された4編の中編小説に出てくる主人公とほぼ同じ40代の前半だった。だから余計に感じたものがあったのだとも思う。

特に、僕らを育ててくれた肉親の死というのを初めて眼前に突き付け、読者に考える機会を与えた作品だったように思う。死を近い将来迎えようとする親の今と、何らかの理由で関係がこじれ、長年にわたるわだかまりを引きずることになった昔とをつなげ、和解の糸口を今に見出し、明日を生きていくきっかけになっていく―――そんなパターンの作品集だった。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『NEVER LOST AGAIN』 [仕事の小ネタ]

NEVER LOST AGAIN グーグルマップ誕生 (世界を変えた地図)

NEVER LOST AGAIN グーグルマップ誕生 (世界を変えた地図)

  • 作者: ビル・キルデイ
  • 出版社/メーカー: TAC出版
  • 発売日: 2018/11/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
【知られざるグーグルマップ誕生物語】
キーホールの立ち上げからグーグルによる買収、世界的な成功を得るまでを臨場感迫る筆致で描く。いまや、世界中の人たちの必須アプリ「グーグルマップ」の知られざる誕生物語が緊急翻訳出版!

ブログ復活記事第2弾は、グーグルマップ、グーグルアース、さらにグーグルストリートビュー、ポケモンGO誕生の物語。読み始めは11月23日、読了は12月8日。460頁もあるかなり分厚い本だとはいえ、こんなに時間がかかったのは生活に余裕がなかったからだ。

実は11月初旬、うちの組織はグーグル社から派遣された社員ボランティアを受け入れた。僕たちが普段直面している課題について、同社が提供できるソリューションがないか意見交換をする場だった。聞くところによると、グーグル社は年に2回ほどブータンに社員ボランティアを派遣してきているらしい。それがうちに来て下さったのは、僕が昨年、グーグル・シンガポール社の方と、知人を介してたまたま夕食をご一緒したからで、今年社員ボランティアを派遣するにあたって、Sanchaiのいる組織にも声をかけてみろとコーディネーターの方に提案して下さったのだそうだ。当然ながら僕は受入れ歓迎したし、ついでに2カ所紹介もした。

このグーグル・ボランティアは今後も続くだろうから、顔合わせだった今回はともかく、次回以降はもうちょっと実装につながるような具体的な相談ができたらいいと思った。そこで、そもそもグーグルが得意としているものが何なのか、実際にどのような形で実装されているのか、さらにはそうしたテクノロジーがどのようなプロセスを経て開発されてきたのか、そんなことを知りたいと思い、本書を読んでみることにした。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

二週間のご無沙汰 [ご挨拶]

11月中旬、デリー、バンコクで過ごしていた間は毎日更新していたブログですが、ティンプーに戻ってきた11月24日以降、気付けば既に2週間、まったく更新できていませんでした。この間、本も1冊すら読み切れてないし、新聞記事のザッピングも思うようにできていません。仕事関連の行事とか、日本大使館が主催された「日本週間」という行事とそれに関わる日本からのお客様の応対とか、他から頼まれたプレゼンとか、立て続けに何かやっていた感じでした。このブログを書いている土曜日も、前日急にフィールドトリップに誘われたのですが、さすがにそれは固辞しました。この2週間、休日も働いていたのでクタクタです。

でも、良いこともあった。1年間たなざらしになっていた話が急に動き始める予感とか、どこからどう手を付けたらいいのかと思っていた話の現状打開の糸口とか。ブータンに来たばかりの時、某国際機関の現地代表の方から、「この国で生きていく方法を教えてあげよう。5つぐらい話を動かしてみて、1つ当たれば十分成功だ」と言われました。ブータンの人はおもてなし精神旺盛だから、こちらから何か提案して、「それは良い考えだ」と賛同してもらっても、実際には物事は動かないことの方が圧倒的に多いと思います。「打率2割」というのは、僕自身の経験からいっても腑に落ちます。

残る3カ月少々の間に、この糸口を見つけた話がどれくらい前に進められるか。ちょっと楽しみです。それと、しばらくご無沙汰していたブログ更新、この週末から少しずつ復活させるつもりですのでお楽しみに。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『マイクロモノづくりはじめよう』 [仕事の小ネタ]

マイクロモノづくりはじめよう ~「やりたい! 」をビジネスにする産業論~

マイクロモノづくりはじめよう ~「やりたい! 」をビジネスにする産業論~

  • 作者: 三木康司・宇都宮茂
  • 出版社/メーカー: テン・ブックス
  • 発売日: 2013/04/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
★サラリーマンも上司の下請け。脱・下請けするなら、今でしょ!
「マイクロモノづくり」は「自分が本当にやりたいコト」に気付いて、それをビジネスにしていく、今まさに迎える時代の産業革命論だ。クライアントに逆らえない中小企業やフリーランス、そして上司に逆らえない会社員――。大量生産・大量消費の資本主義では「自分が本当にやりたいコト」のために、時間やコストを犠牲にすることは「罪」だった。だが、時代は変わった。
★メイド・イン・ジャパニーズ・ドリーム――ワクワクモノづくりで世界を元気にする!
インターネットの普及、デジタルツールの進化でインフラは低コスト化した。人々の心にも変化が起きている。多くの人たちが、大量生産品では満足できずに、他の人とはちょっと違う何かを求めはじめている今、マイクロな市場に向けてのモノづくりが価値を生み出すようになった。「自分が本当にやりたいコト」をして、幸せに生きていける時代がやって来たのである。 本当に必要なモノを、本当に必要なだけ数だけ生産し、本当に必要な数だけ消費する。地球と共生し、人間の幸福を取り戻すための産業論を最前線の事例とともに紹介する。

今月に入ってからなんと5冊目の「ものづくり」の本。それぞれ内容は少し異なるけれど、本のタイトルに「作る」という言葉が含まれているのが共通している。ある程度テーマを持って読書はやりたいと思っていたこともあるが、うち何冊かは先週末に妻がバンコクまで来てくれた時に、中古の本を持ってきてくれたもので、今回ご紹介の1冊もこれに含まれる。ついでに言うと、この5冊のうち、3冊はトマス・トウェイツ『ゼロからトースターを作ってみた結果』を引用している。うち1冊はこの本そのものなのだが。それだけものづくり愛好家には影響力のあった本なのだろう。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『「つくる生活」がおもしろい』 [持続可能な開発]

「つくる生活」がおもしろい ―小さなことから始める地域おこし、まちづくり

「つくる生活」がおもしろい ―小さなことから始める地域おこし、まちづくり

  • 作者: 牧野 篤
  • 出版社/メーカー: さくら舎
  • 発売日: 2017/01/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容(「BOOK」データベースより)
いま生き心地のいい小さな社会が続々と各地で生まれている!人が戻りたくなる居場所をつくる!下り坂社会のただなかにあっても、人が心地よく暮らせる社会、地域をつくるための模索が全国各地でなされている。その最前線をサポートする著者が示す、これからの生き方!

僕の放浪生活も今日が最終日。この予約投稿がブログに掲載される頃には、僕はブータンに戻る機中の人となっているだろう。歯の治療はかなわなかったけど、おでんの具材は調達できたし、英文書籍の原稿チェックもできたし、何よりもメチャ読書ができた。美味しいものを食べて過ごしたわけじゃないが、積読解消はある程度進み、相当なインプットができたと思う。

とはいえ、本書の「つくる生活」という釣り文句にはまんまと引っかかったと思う。また、アマゾンの内容紹介には「人が心地よく暮らせる社会、地域をつくるための模索」の最前線に出向きサポートしてきた著者が、「その現場(長野県飯田市、千葉県柏市、北海道富良野市、愛知県豊田市など)をレポート」とあるが、これも釣り文句であり、本書のタイトルと第1章はあまり合っているとは思えなかった。前置きばかりが長々と語られた後、現場のレポートが出てくるのは第3章。長野県泰阜村、下條村、千葉県柏市と続き、さらには岐阜県の十六銀行の高齢者セミナー、愛知県豊田市の里山プロジェクト、東京都世田谷区、長野県飯田市の飯田OIDE長姫高校、北海道富良野市の「心がふるさとに向くキャリア教育」と続く。各々の取組みは面白かったし、教育学者が地域おこしに取り組むとはこういうことなのかと理解もしやすい。

特に感銘を受けたのは、僕も勤めていた十六銀行で、こんな取組みが行われていたというのを知ったこと。それに、「教育課程を学校で完結させるのではなく、地域コミュニティと一緒になって子どもを育て、子どもに豊かな社会体験を保障することで、創造性豊かで、人とともにこの社会を作る主人公を育成しよう」という取組みなら政治家も研究者も皆が注目するあの離島の取組みを相対化して、どこでもそうした取組みが行われているというのを見せようと意識されている点だった。

仕事上はそうした有名な地方創生の取組みとは仲良くしていかなければならない立場なのだけれど、縁もゆかりもない土地より、縁もゆかりもある地方の創生の方が馴染みもあるし、取り組んでいる方々の顔も想像しやすい。思いの入り方が違うのである。そこは多くの人にご理解いただきたいところだ。僕だって自分の老後を考えたら、自分の生まれ育った地域の社会づくりに何かしらの貢献をしたいと思うのである。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

僧侶とサッカー [ブータン]

協力隊員がデチェンポダン僧院で体育教育を展開
JOCV initiate health, sports education in Dechen Phodrang monastic school
BBS、2018年11月21日、Pema Seldon Tshering記者
http://www.bbs.bt/news/?p=107217

2018-11-20 DechenPhodrang01.jpg
2018-11-20 DechenPhodrang02.jpg
《JICA Facebookから》

【ポイント】
青年海外協力隊員がデチェンポダン僧院で若い僧侶を対象に保健体育の特別講座を開催した。僧学校での生活は座って過ごす時間が長くなりがちだ。特別講座は若い僧侶に健康的なライフスタイルとは何かを知ってもらうために行われた。

見物客には、若い僧侶がサッカーをするのを観戦したり、綱引きに参加したりするのは楽しかったようだ。僧侶にとっては、それは勉強と読経の日常から解放された時間であった。教育省傘下の通常の学校と違い、僧学校には保健体育を教えられる教員はいない。

20日に行われた特別講座は、こうした僧侶たちの間で心と体の健康について理解を促進することが目的。日本人の保健体育教員、比嘉航也さんは言う。「僧院で若い僧侶がやっているのは座って勉強することです。体を動かしたりする時間はあまりありません。なので、今日はサッカーをやってもらったり、体を動かしたりしてもらいました。」

日本人ボランティアは、僧院にサッカーボールとバレーボールも寄付しました。若い僧侶たちがゲームを続けて、健康でいてくれることを祈って。

続きを読む


タグ:宗教 体育 ODA JOCV
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『大坂堂島米市場』 [読書日記]

大坂堂島米市場 江戸幕府vs市場経済 (講談社現代新書)

大坂堂島米市場 江戸幕府vs市場経済 (講談社現代新書)

  • 作者: 高槻 泰郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/07/19
  • メディア: 新書
内容紹介
海外の研究者が「世界初の先物取引市場」と評価する江戸時代、大坂堂島の米市場。米を証券化した「米切手」が、現在の証券市場と同じように、「米切手」の先物取引という、まったくヴァーチャルな売り買いとして、まさに生き馬の目を抜くかのごとき大坂商人たちの手で行われていた。このしばしば暴走を繰り返すマーケットに江戸幕府はいかに対処したのか? 大坂堂島を舞台にした江戸時代の「資本主義」の実体を始めて本格的に活写

今、歯の治療のためにバンコクに来ている。でも、結果的には歯の治療は断念した。僕の右上奥歯はこの半年以上の間、断続的に悲鳴を上げており、その度に鎮痛剤を飲んでごまかして仕事してきたが、バンコク病院の歯科センターでは、どの歯が痛みの原因になっているのか特定できないと言われた。それを特定するにはかぶせてあるものをいったん外す必要があるが、それをやるには滞在日数が短すぎるという。僕のブータンでの残りの滞在日数を考えたら、あと4カ月少々我慢すれば本帰国して日本で治療が受けられる。だからバンコクでの治療は断念した。

バンコク病院は日本語が通じると言われてわざわざ予約したが、日本語通訳は追加費用がかかると言われた。結局通訳料をケチった僕は英語で症状を説明したが、これならどこで治療やっても同じではないか。勿論、バンコク病院の施設やサービスは素晴らしいと思うが。

こうして二度にわたって訪れたバンコク病院歯科センターでの治療は肩すかしに終わり、その間、待ち時間を利用して次なる読書にいそしんだ。読んだ本は3カ月以上前にキンドルでダウンロードしてそのまま放置していた1冊。今年年初に日本証券所グループ『日本経済の心臓 証券市場誕生!』を読んでた僕としては、大坂堂島の米市場の取引実態について紹介された今回の本は、絶対外せない1冊であった。

江戸時代の堂島がそんなに凄い市場だったのだというのは、『証券市場誕生!』を読んで知っていたけれど、そこでの説明は割とサラッと書かれていたし、東京証券取引所の博物館にある説明も、『証券市場誕生!』のベースとなるほとんど同じような記述だった。それを、堂島米市場だけを取り上げて300頁以上のボリュームで描いたのだから、面白くない筈がない。相当な勉強になる内容だ。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『ゼロからトースターを作ってみた結果』 [読書日記]

ゼロからトースターを作ってみた結果 (新潮文庫)

ゼロからトースターを作ってみた結果 (新潮文庫)

  • 作者: トーマス ・トウェイツ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/09/27
  • メディア: 文庫
内容紹介
トースターをまったくのゼロから、つまり原材料から作ることは可能なのか? ふと思い立った著者が鉱山で手に入れた鉄鉱石と銅から鉄と銅線を作り、じゃがいものでんぷんからプラスチックを作るべく七転八倒。集めた部品を組み立ててみて初めて実感できたこととは。われわれを取り巻く消費社会をユルく考察した抱腹絶倒のドキュメンタリー!『ゼロからトースターを作ってみた』改題。

少し前に、ルイス・ダートネル『この世界が消えたあとの科学文明のつくり方』をこのブログでもご紹介したが、この本の中で、ダートネルはトーマス・トウェイツという英国人美大生が、トースターをゼロから作るという取組みを行ったことに言及している。文明が滅びるような事態が本当に起きて、その場に自分ひとりだけが生きて取り残された場合、当然僕らは生きのびることを考えなければならない。ダートネルは、その生き残った人々が歩む途は単に今ある科学文明をなぞっていくわけではなく、衣食住の各局面において、何らかの調整が迫られる可能性もあることを示唆している。

トースターなんて簡単な構造で、部品の数も少ないのだから、ゼロから作るのは比較的簡単だろうと思われがちだ。しかしそのトースターでも、既存の低価格モデルを分解してリバースエンジニアリングをかけてみると、なんと400個もの部品から形成されていたという。それは、鉄だったり銅だったり、マイカ(雲母)だったり、プラスチックだったりする。熱を発するニクロム線は、ニッケルとクロムの合金だし、銅線を被覆する塩化ビニール樹脂も、色を付けるためには様々な染料を確保しなければならない。

それらは秋葉原のようなところに行けば手に入るような代物ではない。本当にゼロから作るということは、鉱物資源は各々を産出する鉱山に足を運ぶ必要があるし、英国人が石油を確保しようと思ったら向かう先は北海油田だったりする(著者は結局は北海油田まで行って原油を分けてもらうことはできなかったのだけれど)。そういう、原材料集めのところから細かくルポしているこの本、笑えるけれどもこの着眼点はスゴイと唸らされる。院生が卒業制作として取り組んだテーマだったようだが、これだけでも立派な研究成果になり得ると感じた。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

デジタル技術が拓く、人道支援の新たな扉 [ブータン]

災害後の救命救急活動でのデジタル技術の活用
Exploring digital technologies to assist in post disaster rescue operation
BBS、2018年11月14日、Sherub Dorji記者
http://www.bbs.bt/news/?p=106795

2018-11-14 BBS01.jpg2018-11-14 BBS02.jpg
【ポイント】
ブータンはその地理的条件から頻繁な洪水や地震にさらされている。そうした予期せぬ事態に対して、被災後への備えはの救命救急活動の枢要を成すものである。3Dプリンティングのようなデジタル工作技術がどのように緊急人道援助に適用できるかを理解するため、13日、首都においてセミナーが開かれた。災害発生後の緊急事態においては、医療やその他緊急時に必要となる器具をすぐに手元に用意できる能力を備えることは必須だ。

国際NGOフィールド・レディのグローバル・イノベーション・アドバイザーであるアンドルー・ラム氏によれば、デジタル工作技術とはコンピュータ制御された機械に関するものだ。「私達は木や金属を切ったりプラスチックを成形したりして、必要なものを作るのに、時には手を使い、また時には手動工作機械を使ったり、また時には電動工作機械を使ったりもします。より複雑なものを作ったり、変わった成形が必要な場合は、コンピュータ制御の機械が、必要なものを適切な質や複雑なレベルのものに仕上げてくれます。デジタル工作技術はそうした取組みを支えてくれるものです。」

フィールド・レディによると、災害発生現場でものを作ってしまうことは、単に迅速性や簡易性の利点以外にも、より安価に作れるというメリットがあるという。フィールド・レディが既に製作した医療器具やその他救命器具が、当日参加者にも紹介された。

「私達が作った品目のいくつかは医療デバイスや医療機材のスペアパーツです。医療デバイスのほんの小さな1つでも壊れた場合、私達はそれを修理することができます」とラム氏。「胎児観察鏡やピンセット、人の耳の穴を見る内視鏡等は既に作っています。かなり広範なツールを作ることが可能です。」

セミナーには、災害管理局やJICA、ファブラボ・ブータンをはじめ、多くのステークホルダーが参加。災害管理局によれば、こうした新たなイノベーションが発災後の救命救急活動をさらに促進してくれるだろうと期待している。デジタル工作技術は同局がまとめる防災計画にも統合される見込み。

フィールド・レディのチームはこの後、村や学校を訪問して災害発生時にブータンでどのような支援活動が可能かを調査する予定。フィールド・レディはファブラボ・ブータンの招待によりブータンを訪問中である。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『ダンデライオン』 [読書日記]

ダンデライオン

ダンデライオン

  • 作者: 中田 永一
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/10/25
  • メディア: 単行本
内容紹介
「くちびるに歌を」以来7年ぶりの長編小説 ―――。11歳の下野蓮司はある日、病院で目覚めると大人の姿になっていた。20年の歳月が流れていた。そこに恋人と名乗る西園小春が姿を現す。子ども時代と大人時代の一日が交換されたのだ、と彼女は話した。一方、20年後の蓮司は11歳の自分の体に送り込まれていた。ある目的を達成するために、彼は急いでいた。残された時間は半日に満たないものだった―――。ミリ単位でひかれた、切なさの設計図。著者だからこそできた、完全犯罪のような青春ミステリーの誕生。

この週末は完全オフ。単身赴任状態の僕が健康診断のために滞在中のバンコクに妻を呼び寄せ、久々に2人で過ごしている。この間、仕事関連の全ての作業をストップさせた。ちょっと空いている時間は小説を読むことにした。

選んだのは中田永一の最新作。そんな多作の人ではないので、読んだのは確かに『くちびるに歌を』からも7年もの歳月が経過している。『百瀬、こっちを向いて。』にしても『吉祥寺の朝日奈くん』にしても、登場人物が比較的若いが、今回の最新作はというと、20年前の自分と入れ替わってしまう下野蓮司は31歳であるから、これまでの作品に較べると出てくる人物が比較的年齢が高い。ただ、読者の僕自身も『吉祥寺の朝日奈くん』初読から8歳もの歳を重ねているので、中田作品を読むのには小恥ずかしいオジサンになってきている。

その辺の違和感、というか、「オレ、何やってんだ」という罪悪感めいたものを感じながらの読書であった。31歳の下野蓮司、11歳の下野蓮司、28歳の西園小春、8歳の西園小春、それに蓮司の兄、小春の叔父等、視点が目まぐるしく変わるので、融通の利かないオジサンには読みにくさも感じた。どうもタイムスリップものは読んでて自分にはわかりづらいなと感じながら、それでもページをめくるスピードはそれなりに速かった。

多分多くの読者がそれを感じるだろうと思うが、蓮司11歳、小春8歳の時に起きた事件の犯人捜しを20年後に達成するため、そこまでは「観測済み」の未来に向けて行動するのでいいとして、そこからの彼らがどう生きていくのだろうかというのがすごく気になる。2人がまともな仕事をしているというわけでもなさそうだし、もっと気になるのは蓮司の兄貴の生き方だ。あれだけ未来を言い当てて稼ぎまくった人が、それを一切やめられるのかなと…。

自分にとっては軽めの読書だったので、今日のレビューもごく軽めで失礼します。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -