So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

執筆原稿をチラ見せする② [ブータン]

ものを書く時、たいていの人は先ずおおよその全体の構成を考えて執筆に入ります。僕も最初に目次案を作り、そこから各章を書き始めました。当然ながら書いているうちに目次構成を適宜改編していくので、でき上がりの目次は最初の想定とは大幅に異なります。でも、既に第7章まで書き上げ、残るは第8章とエピローグというところまできたので、ここからの大幅変更はもうないでしょう。よって、チラ見せの第二弾は、目次構成をご紹介します。
◇◇◇◇

原稿未完成の部分は赤字で表記しています(2019年7月22日現在)
*「●●●●」には実際は組織名が入ります。

プロローグ 離任直後-2019年4月
(1) ワンチュク国王、ファブラボ・ブータンを遂にご訪問
(2) ブータン政府、全国15ヵ所にファブラボ設置を閣議決定
(3) ファブラボとは?
(4) 本書の目的

第1章 ブータン赴任前夜(2016年3月)
(1)ファブラボと●●●●
(2)ファブラボ・ボホールと1人の青年海外協力隊員
(3)SDGsとファブラボ
(4)●●●●事務所長としての公約

第2章 動きそうで動かない(2016年4月~11月)
(1)盟友ツェワンとの出会い
(2)草の根無償資金協力でいきなりファブラボ?
(3)トブゲイ首相への最初のアプローチ
(4)第二の候補地プンツォリンへ
(5)アジア開発銀行にも入れ知恵
(6)徳島さん来る!
(7)山田、ぶち切れ寸前
(8)フルセットのものづくり工房だけが唯一の道じゃない

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

『ニワトリは一度だけ飛べる』 [重松清]

ニワトリは一度だけ飛べる (朝日文庫)

ニワトリは一度だけ飛べる (朝日文庫)

  • 作者: 重松 清
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2019/03/07
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
左遷部署「イノベーション・ルーム」に異動となった酒井裕介のもとに「ニワトリは一度だけ飛べる」という題名の謎のメールが届くようになる。送り主は酒井らを『オズの魔法使い』の登場人物になぞらえて、何かメッセージを伝えようとしているようなのだが…。

三連休であるが、このぐずついた天気では外出したいという気力もなく、また三連休というわりに行きたいと思う外出先にもアイデアがない。そもそも「原稿執筆が…」と言っている自分が「三連休だから外出」なんて言ってたら、現実逃避だとしか思われないから、自宅周辺でグダグダして過ごしている。

とはいえ、原稿執筆以外にやりたかったことはいくつかあった。この、近所のコミセン図書室で7月5日に借りた重松作品を読み切るのもそうした「やることリスト」のトップに掲げられていたことである。「原稿執筆が…」と言ってる奴が小説など読んでたらそれこそ現実逃避と思われるかもしれないが、原稿は今あるネタで書ける部分は書いて、あとは少し情報収集せねば書けないというポイントにさしかかってしまったので、息抜きを考えるなら今のタイミングだなと思い、日曜夜から読み始めて月曜朝には読了した。

それにしても、重松作品を読み慣れている読者にとっては、ちょっと異色な作品だった。若干たりとも重松テーストが感じられたのは主人公・裕介の家族や妻の両親の介護の問題が垣間見えるシーンぐらいか。そもそもサラリーマンが主人公の作品というのも久しぶりな気がする。重松作品によくみられる、「述語の前に読点」―――例えば、「思い通りにいかないことは、この世の中には、多い」的な表現も、本作品では抑えめである。この表現が頻繁に出てくると「ああ、シゲマツさんだな」と感じるのだが、それが少ないだけでこれって本当に重松作品なのかと思ってしまう。

さもありなん。この作品は2003年頃に週刊朝日で連載されていたのが、そのままお蔵入りになっていたものらしい。それくらい前の重松作品では、あまり多用されていなかった表現だったのかもしれないし。

この作品のベースになっているのは、その頃に実際に起きた食品偽装事件らしいが、それからトレーサビリティとか厳しく見られるようになってきているし、そもそも今の世の中、「イノベーション・ルーム」なんて、左遷部署ではなく花形部署になっている企業の方が多いのではないかと想像する。満を持して文庫版として世に出すにしても、連載当時のオリジナルをそのまま載せるというよりも、多少時代背景を考慮して加筆修正があってもよかたかもしれないですね。

さあ、三連休のノルマをもう1つクリア。次の課題に取り組むか!

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

図解入門業界研究 最新アパレル業界(第4版) [シルク・コットン]

図解入門業界研究 最新アパレル業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第4版] (How-nual図解入門業界研究)

図解入門業界研究 最新アパレル業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第4版] (How-nual図解入門業界研究)

  • 作者: 岩崎剛幸
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2017/04/08
  • メディア: 単行本
内容紹介
日本のアパレル業界は今、重要な局面にさしかかっています。この数年、百貨店は売上を落とし、アパレルメーカーの経営も厳しくなるなど、業界にイノベーションが求められているのです。本書は、アパレル業界の基礎知識から仕事や流通構造、求められる人材像、業界が直面する課題や最新情報をわかりやすく解説しました。M&A、シェアビジネス、越境EC、最新のテクノロジー、アスレジャーなど業界人、就職、転職に役立つ情報が満載です!

本来ならば5月には読みたかったこの業界分析書、市立図書館で借りるのに随分と待たされ、7月になってしまった。若干タイミングを逸した感はあるし、業界分析の書は他にも何冊か読んで今日に至っているため、すごく目新しい情報があったかというとそうではなく、今までに読んだことの復習になったという程度かもしれない。ただ、まとまりは良いので、できれば真っ先に読みたかった1冊ではあった。

読んでみて感じるのは、この第4版の発刊は2017年と、それからまだ2年ちょっとしか経っていないのに、既に書かれている内容が陳腐化しているのではないかという点だった。発刊時点ではまだZOZOTOWNは注目となっていただけだったが、今や「出る杭は打たれる」状態になっているし、本書では注目とあったユニクロの物流倉庫も、確かに2年前は大注目だったと記憶するが、その後は課題の方が指摘されるようになってしまっている。「テクノロジーが変えるファッション」なんて注目だったが、ここで出てきたテクノロジーって主には決済サービスの話であり、その後出てきたZOZOスーツのような話はフォローできていない。

調べてみると本書は、3年から5年という割と短いサイクルで改訂版が出ているので、そういう情報の陳腐化は折込み済みで、あと1、2年で次の第5版が出てくるのではないかと思われる。

続きを読む


タグ:岩崎剛幸
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

執筆原稿をチラ見せする① [ブータン]

今、ブータンでの自分の経験をまとめて1冊の本にしようと原稿を書いています。今ブータンで起きている最も新しいトレンドを、そのトレンドを仕掛けた本人が書いているものです。日本でDIYをやっている若い人たちが、ブータンの若い人たちとつながって欲しいと思って書いています。

出版社のあてはまだありません。原稿が存在しない状態では編集者に見てももらえないので、先ずは原稿を書き上げることから始めています。四六判200ページ程度を想定すると、16万字程度が目標でしょうか。今は9万字程度まで書けています(囲みコラムを除いて)。ほぼ中間地点はクリアしたかなと思います。

本が出たとして、どれくらい買っていただけそうかという感触が知りたいと思います。それがわかれば出版社との交渉材料にできるかと思いますので。そのために書いている原稿をブログで何度かチラ見せします。読んでみたいと思われる方はniceをポチッとして下さい。

チラ見せの1回目は、ブータンの話ではありません。でも、ここで書いた経験がその後のブータンでの自分の活動のベースになっていきます。


◇◇◇◇

BOX1 デジタル工作機械を初めて操作する

●●●●事業におけるファブラボの利活用について、組織内での旗振り役を演じていながら、僕は、実際に自分で工作機械を動かす経験を積むことがなかなかできずにいた。横浜のいくつかのファブラボを見学させていただく機会はあったが、それはあくまでも仕事。スタッフやユーザーの説明を聞き、操作の実演を見せていただくことはあっても、自分でデータをこしらえて、工作機械のパラメーターを調整して、作業開始のコマンドを自分で押す機会はなかったのである。

自分でやってみないと他人に説得力のある言葉ではなかなか語れない。とはいっても、自宅、ないしは職場の近所にファブラボのようなものづくりのコンビニがないと、わざわざ時間をさいてそこまで行こうという気持ちにもなかなかなれないのが正直なところだ。

ところが、2015年も年の瀬にせまったある日、僕は自宅の近所にものづくりの工房ができたことを新聞の折り込み広告で知った。となりまちに本社のある大手メーカーのエンジニアの方がリタイアされて、自宅近くに新たな作業場を作ったというものだ。ではこれが「ファブラボ」なのかというと、そうではない。テレビ会議システムはないし、一般利用者が機械を利用したり、常勤スタッフからのマンツーマンのアドバイスを受けたりするには、それなりの料金が発生する。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『日本産業 三つの波』 [仕事の小ネタ]

日本産業 三つの波

日本産業 三つの波

  • 作者: 伊丹 敬之
  • 出版社/メーカー: NTT出版
  • 発売日: 1998/07
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
20年のサイクルを描いてきた戦後の日本経済は、いまバブルの崩壊と政策ミスで混迷している。しかし過去の豊かな“遺産”を活かし、「支援型」産業と「統合的」産業を軸に、第三の波が盛り上がりつつある。実証分析と理論を融合した労作。

前回、繊維産業についての分析をまとめた本をご紹介した際、最近著者とお目にかかる機会があったと書いた。繰り返しになるが、その時、「近現代の日本の産業経験は既にまとまっている文献はあるが、英語文献は少ないので、既存の文献を英訳するだけでも結構な発信力になる」と言われたので、僕は、例えばどんな文献があるのかと著者に尋ねた。真っ先に挙げられたのが、『日本産業 三つの波』だった。

前回ご紹介した、『日本の繊維産業 なぜ、これほど弱くなってしまったのか』は、時系列的には『~三つの波』より後の作品で、従って『~三つの波』には繊維産業の分析はまだ含まれていない。とはいえ、伊丹教授と伊丹研究室が、10年もの歳月をかけて行って来られた産業分析の集大成として、また産業別の個別分析をまとめた要約本として、『~三つの波』は相当有用な1冊だと強く感じる。これを読めば、少なくとも戦後の主要産業の盛衰とその分析について、だいたい頭に入る。オイルショックか米国の「強いドル政策」、プラザ合意からバブル拡大、そしてバブルの崩壊まで、僕らの世代は実際にそれを目撃している。なので、本書を読むと「ああ、そうだったな」と首肯するところが多くある。

特に、僕は1980年代に学生やってて国際関係論とか経済学とか勉強し、その後一度銀行に就職してバブル崩壊を見ているから、80年代から90年代頃の記述には説得力が相当あった。銀行業についても1章割かれているが、これは実際に自分がいた業界なので、93年にそれまで勤めていた銀行を飛び出して数年が経過した時点で、著者とその研究室が銀行業の興亡の歴史とその勝因・敗因の分析を見て、少し客観的にこの業界を振り返ることができた。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『日本の繊維産業 なぜ、これほど弱くなってしまったのか』 [シルク・コットン]

日本の繊維産業 なぜ、これほど弱くなってしまったのか (日本の産業シリーズ)

日本の繊維産業 なぜ、これほど弱くなってしまったのか (日本の産業シリーズ)

  • 作者: 伊丹敬之&伊丹研究室
  • 出版社/メーカー: NTT出版
  • 発売日: 2001/04
  • メディア: 単行本
内容(「MARC」データベースより)
繊維は日本産業の先駆けなのか。かつてリーディング産業であった繊維産業がいまあえいでいる。これが日本産業の未来の姿なのか、再生の道はあるのか。多角的な分析によりその本質に鋭く迫る。

以前、シルクだとかコットンだとかのことを調べようとしていて一度だけ本書を読んでみようと思った時期があったのだが、市立図書館で借りたきり、結局読めずに返却し、今日に至っている。それがなんで今さら読もうと思ったのかというと、著者とお話する機会が1カ月ほど前にあったからだ。著者の本は『場の論理とマネジメント』ぐらいしか過去に読了したことがなく、それも6年も前の読書経験だったわけで、その時の話の文脈からは日本の産業の発展(と衰退)の経験の話にならざるを得ず、この繊維産業の衰退の理由を論じた本に言及することになった。特定の産業を取り上げて、その発展と衰退のプロセスと要因を分析した書籍は珍しい。伊丹先生からは、産業経験のまとまった書籍としてもう1冊推薦していただいていて、このブログ記事を書くのと並行して、現在も読書中である。

繊維産業については最初から「衰退」と銘打ってしまったが、繊維産業と言っても一枚岩ではなく、著者は先ず分析のための枠組みとして、川上・川中・川下という分類を提示している。

 川上:化学繊維製造業、製糸業、紡績業、撚糸製造業
 川中:織物業、ニット生地製造業、染色整理業
 川下:衣服その他の繊維製品製造業、綱・網製造業、レース・繊維雑品製造業、その他の繊維工業

その上で、繊維産業全体が弱くなったわけではなく、化学繊維については今でも高い競争力を有する企業が多いが、川下と川中の競争力が弱く、それが産業全体が弱体化との印象を与えてしまっていると主張する。戦後の一時期は花形産業ともいえた繊維産業が凋落の一途をたどったのは、政府の過保護政策や合繊業界など川上主導の産業構造、そして欧米ブランド頼みのアパレル業界の企画力不足があったからだと著者は主張する。

この凋落を川上の合繊業界の企業が主導して強化を図れなかった理由について、著者は、川上のメーカーは繊維だけでなく他の業界へ素材を提供する多角化を進めていて、繊維業界を俯瞰してのリーダーシップがなかなか発揮されなかったという事情を指摘している。

続きを読む


タグ:伊丹敬之
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

人道援助のやり方に革新をもたらす [仕事の小ネタ]

Managing Humanitarian Innovation: The Cutting Edge of Aid

Managing Humanitarian Innovation: The Cutting Edge of Aid

  • 作者: Eric James, Abigail Taylor
  • 出版社/メーカー: Practical Action Pub
  • 発売日: 2018/04/02
  • メディア: ペーパーバック

昨年11月にブータンでお目にかかった英国NGO Field Readyのアンドリューさんから教えてもらった1冊。購入はして、最初の3章ほどはすぐに読んだものの、そこから先でストップしてしまい、6月になってようやく一念発起、最後までひと通り目を通した。

人道支援でのロジスティクスが直面している課題は大きい。難民キャンプでは、需要の突発的急増、その場所へのアクセスの難しさ、紛争や災害による混乱、それに通常のサプライチェーンの問題などがあって、オペレーション実施のための環境は非常に難しいものがあるのが一般的だ。医療物資をはじめとした緊急物資は、発注から到着までに数週間、場合によっては数ヶ月かかることがあり、人道的活動を著しく妨げることも起こりやすい。他の場所なら日常的に使用されている技術がすぐに利用できなかったり、利用できるとしても遅れを伴うこともあるだろう。

アンドリューさんも言っていたが、人道支援でのロジスティクスは費用が高くつくという。通関手続や輸送費、倉庫保管、中継地での管理などが物資そのものの価格に上乗せされ、それがとんでもなく高くつくという。例えば、2015年にネパールで大地震があった時、現場ではポリバケツが大量に必要だったが、このポリバケツはパキスタンで作られているのが最も調達コストは安かった。それがいったんはロンドンの倉庫に緊急人道援助物資の1つとして集められ、そこからインドに送られ、そこから陸路でカトマンズへと運ばれたという。パキスタンからネパールに直接送ることができれば、こんな物流上の無駄は起きないし、トータルで見て費用や安く抑えられる。もっと言えば、ポリバケツぐらい現地で作れないのかということになる。データをダウンロードして3Dプリントしてしまうような方法で。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

いつの間にやら500万PV [ご挨拶]

2019-6-30 PVMeter.jpg
先ほど、500万PVの切り番に到達しました。このような切り番到達の際には毎回申し上げていることですが、日頃のご愛顧に改めて御礼申し上げたいと思います。

300万PVから400万PVに到達するのに2年6ヵ月かかりましたが、それに比べて今回は3年6ヵ月もかかりました。事情があってあまり更新頻度を上げることができなかった時期もあるので、これ自体は仕方ないです。

今はもっぱら読書ブログになっていますが、それほど頻繁には本は読めません。理由の1つは今本の原稿を書いているからです。あと1ヵ月程度で脱稿したいのですが、それにはペースをもう少し上げないといけません。そうすると読書のペースも落とすことになるし、ブログの更新頻度も落とすことになるでしょう。

ぼちぼちやっていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『秩禄処分』 [仕事の小ネタ]

秩禄処分―明治維新と武士のリストラ (中公新書)

秩禄処分―明治維新と武士のリストラ (中公新書)

  • 作者: 落合 弘樹
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 1999/12
  • メディア: 新書
内容(「BOOK」データベースより)
秩禄処分とは明治期に行われた華族・士族の家禄を廃止する措置であり、学制・徴兵令・地租改正に匹敵する改革である。これによって武士とという特権的身分は完全に消滅した。さほどの暴力的手段を用いることなく、わずか10年でこの改革をなしえた背景には何があったのか。社会全体の変換期にあって、政治家が決断力とリーダーシップをもって国家目標を示し、士族たちもまた、それを理解した。天下国家への「志」が存在したのである。

5月に読んだ菊地正憲『もう一度学びたい日本の近現代史』からの派生で読んだ参考文献の第2弾である。秩禄処分について深く描かれているが、明治維新の最初の10年で何が起きたのかを概観する上では、かなり有用な本である。その有用さが評価されて、2015年に講談社学術文庫から再版が出ている。僕は20年前に出た中公新書を市立図書館で借りて読んだ。

この当時の大きな課題は、財政の確立と兵権の統一に向けて、華族・士族のあり方に大きな変更が必要になっていたことだという。財政面では、国家的課題である殖産興業や富国強兵を推進して他国に負けない近代国家になるための財源確保が必要だったが、華士族は全人口のわずか5%しか占めていないのに、国の歳出の37%もが、家禄に充てられていたらしい。軍事面では、西洋的な近代的軍隊の形成には、各藩別に編成された軍制を廃止して、統一的な軍隊を構築しなければならなかったが、旧藩兵の一部を再編してとりあえずは出発したものの、出身や年齢に関係なく画一的に服従すべき兵卒にするにはプライドが高すぎて扱いにくく、旧藩兵を解体して広く国民全般から徴兵して軍事教育を施す方向に舵を切りたいと政府は考えていた。

華士族の秩禄(報酬)を処分することは、明治維新の原動力でありながら次々と特権や処遇を剥奪されていく下級士族の不満を増幅させることにもなり、一方的に廃止するのは難しかった。そこで考案されたイノベーティブな方法が「金禄公債証書」の発行で、華士族の俸禄に応じた利付き公債を一時発行して、基本的に年7%の利子収入を保証する形で彼らの身分を解体するというものである。発行対象は大名とその家臣団約19万世帯。金禄公債発行により、旧士族に支給されてきた俸禄は完全にチャラになった。華士族にとっても、まとまった額の公債から生じる利子収入によって将来にわたっての安心感が得られる。いわば、華士族の特権と身分を、一時金によって買い取ってしまった政策である。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『老後の資金がありません』 [読書日記]

老後の資金がありません (中公文庫)

老後の資金がありません (中公文庫)

  • 作者: 垣谷 美雨
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2018/03/23
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
「老後は安泰」のはずだったのに! 後藤篤子は悩んでいた。娘の派手婚、舅の葬式、姑の生活費…しっかり蓄えた老後資金はみるみる激減し、夫婦そろって失職。家族の金難に振り回されつつ、やりくりする篤子の奮闘は報われるのか?ふりかかる金難もなんのその、生活の不安に勇気とヒントをあたえる家計応援小説。

あまりにもタイムリーな読書。数カ月前から僕の読友がFacebookで薦めはじめ、いつかは読もうと思っていたら、近所のコミセン図書室で偶然見つけてすぐ借りることができた。「老後の資金不足2000万円」という例の金融庁審議会報告書のおかげで、本書にも余計な注目が集まっていたに違いないこの時期、まさか借りられるとは思っていなかった。

垣谷作品も5作目ともなると、なんとなくパターンが見えてきていて、序盤から中盤にかけて主人公を奈落の底に陥れる様々な出来事が起こり、そこで明確にターニングポイントになる出来事が起こり、そこから終盤に向けた展開は、「V字回復」と表現したくなるような劇的なもので、何もかもがプラスに働いていくようになる。そういうポイントが作品の中観にかならずある。そこに至るまではこれでもかこれでもかという不利な出来事の連続で、読み進めるのもつらくなるが、ターニングポイントをクリアした瞬間がわかると、あとの展開はワクワクしながらページをめくり続けられる。

続きを読む


タグ:垣谷美雨
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -