So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

『老後の資金がありません』 [読書日記]

老後の資金がありません (中公文庫)

老後の資金がありません (中公文庫)

  • 作者: 垣谷 美雨
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2018/03/23
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
「老後は安泰」のはずだったのに! 後藤篤子は悩んでいた。娘の派手婚、舅の葬式、姑の生活費…しっかり蓄えた老後資金はみるみる激減し、夫婦そろって失職。家族の金難に振り回されつつ、やりくりする篤子の奮闘は報われるのか?ふりかかる金難もなんのその、生活の不安に勇気とヒントをあたえる家計応援小説。

あまりにもタイムリーな読書。数カ月前から僕の読友がFacebookで薦めはじめ、いつかは読もうと思っていたら、近所のコミセン図書室で偶然見つけてすぐ借りることができた。「老後の資金不足2000万円」という例の金融庁審議会報告書のおかげで、本書にも余計な注目が集まっていたに違いないこの時期、まさか借りられるとは思っていなかった。

垣谷作品も5作目ともなると、なんとなくパターンが見えてきていて、序盤から中盤にかけて主人公を奈落の底に陥れる様々な出来事が起こり、そこで明確にターニングポイントになる出来事が起こり、そこから終盤に向けた展開は、「V字回復」と表現したくなるような劇的なもので、何もかもがプラスに働いていくようになる。そういうポイントが作品の中観にかならずある。そこに至るまではこれでもかこれでもかという不利な出来事の連続で、読み進めるのもつらくなるが、ターニングポイントをクリアした瞬間がわかると、あとの展開はワクワクしながらページをめくり続けられる。

続きを読む


タグ:垣谷美雨
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

『平場の月』 [読書日記]

平場の月

平場の月

  • 作者: 朝倉かすみ
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2018/12/13
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
朝霞、新座、志木―。家庭を持ってもこのへんに住む元女子たち。元男子の青砥も、このへんで育ち、働き、老いぼれていく連中のひとりである。須藤とは、病院の売店で再会した。中学時代にコクって振られた、芯の太い元女子だ。50年生きてきた男と女には、老いた家族や過去もあり、危うくて静かな世界が縷々と流れる―。心のすき間を埋めるような感情のうねりを、求めあう熱情を、生きる哀しみを、圧倒的な筆致で描く、大人の恋愛小説。

この本、近所のコミセン図書室で偶然借りられた直後、なんと直木賞候補作品にノミネートされた。過去に直木賞を受賞した作品との比較において、またこれまで少ないながらも読んだ朝倉作品との比較において、これで選ばれないのもどうかという気は確かにする。

50代、年老いた親の介護、子の成長と独立、癌と死―――扱っているキーワードは一時期の重松清作品と近いが、彼の受賞作『ビタミンF』よりは高く評価する。重松作品はちょっと泣かせるための押しが相当入るが、『平場の月』の場合は冒頭ですでに須藤が大腸がんで亡くなることを明示し、それに向かって静かに流れていく時間が描かれている。一気に泣かせる描き方ではなく、静寂の中でじわじわ効いてくる泣かせ方である。僕はあまり読書してて泣くタイプの読者ではないけれど、同じ時代を生きている同年代の読者として、抱く共感は大きい。50代のオジサンにはやられた感が大きい作品だった。

朝倉作品にはありがちかなと思うのは、冒頭で出てくる人物と人間関係のごちゃつきであった。そこを我慢してやり過ごせば、あとの展開は時系列に沿っているので比較的読み進めやすい。適宜冒頭部分に戻って読み直し、「そういうことか」と理解して行くのである。また、時折中学時代の回想シーンが出てくるが、青砥が「付き合って下さい」と須藤に告げた時の須藤の不可解な言動が、どのような背景で生まれてきたのかもその中で語られていく。うまく効いていると思う。

続きを読む


タグ:朝倉かすみ
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

Speaking Up! [ブータン]

Speaking Up!: A Development Practitioner's Memoir of His 1,065 Days in Bhutan (English Edition)

Speaking Up!: A Development Practitioner's Memoir of His 1,065 Days in Bhutan (English Edition)

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2019/06/11
  • メディア: Kindle版

ブータン人は文章を書かないから、日本人がつたない英語であっても自分の文章に残しておけば、あとで格好のレファレンスになる―――この信念を3年間実行してきたJICAの所長が、離任する際にその論考を1冊の本にまとめた。王立ブータン大学の研究紀要、国立ブータン研究所のカンファレンス論文集、全国紙クエンセル、JICAのHPなど、その多くは個別に検索すれば閲覧は今でも可能だが、これをまとめて読めるのはこの本だけ。

これを300冊、自腹で刷って離任前にブータンでも配布してきたが、とうとう在庫が底をついてしまったため、増刷できないかと現地から問い合わせを受けた。そこで彼が考え出したのが電子書籍化。アマゾン・キンドルのダイレクトパブリッシング機能を利用して、6月11日に公開された。しかも、製本版には含まれていない1章を増補するおまけつき。

印税収入は、彼が行いたい寄付に充てるのだと公言している。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『名字と日本人』 [仕事の小ネタ]

先祖からのメッセージ 名字と日本人 (文春新書)

先祖からのメッセージ 名字と日本人 (文春新書)

  • 作者: 武光 誠
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1998/11/20
  • メディア: 新書
内容(「BOOK」データベースより)
数え方にもよるが、日本人の名字はなんと30万種近くにもなるという。こんなに厖大な数の名字がどうしてできたのだろう?その中でも「佐藤さん」「鈴木さん」たちが多いわけは?徳川家康はなぜ「源朝臣家康」なのだろう?身近でありながら疑問だらけの名字のルーツ。古代の「姓」から「名字」が生まれてくる過程を、武家支配と「家」の誕生という中世日本史のダイナミズムにからめて詳述する。

今から1カ月前、菊地正憲『もう一度学びたい日本の近現代史』をブログでご紹介したが、この中で、僕は、この本で紹介されている参考文献の数冊は実際に読んでみたいと書いていた。本日ご紹介の1冊はまさにその派生読書の第一弾である。例えば、前述の本の著者の「菊地」姓、これは肥後熊本あたりを本拠地にしていた中世の大名「菊池」氏からの派生で東北に移り住んだ人たちが名乗ったもので、北関東から東北にかけて、「菊池」姓は広く分布しているのだという。(でも、マリナーズの菊池雄星投手は「菊池」なんだけどね。)

近現代史との関係で見ていくと、僕らが今名乗っている名字というのは、平安鎌倉時代から続く由緒ある家柄の名字(ただし、本当にその血筋なのかどうかはわからない)と、明治新政府が四民平等方針の一環で進めようとした戸籍制度(明治4年4月戸籍法制定)の一環で、苗字・帯刀による区別全廃のために、農民や町民も名字を名乗ることを許されて(明治3年)新たに取得した名字とが混在しているらしい。僕らはそのうち後者の方の割合の方が大きいと勝手に思っていたけれど、実はそうではないらしい。僕らが良く知る「鈴木」と「佐藤」は前者なのだとか。「田中」や「中村」も時代は下るが経緯としては新たに開墾された農村の中心となった人々を表す名字らしい。

一方で、明治の戸籍制度の下で新たに出てきた名字の典型は、その地域で採れる作物や魚介類を名字にしてしまうという奴だった。「大根」とか「鯨」とか。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『まちの病院がなくなる!?』 [読書日記]

まちの病院がなくなる!?―地域医療の崩壊と再生

まちの病院がなくなる!?―地域医療の崩壊と再生

  • 作者: 伊関 友伸
  • 出版社/メーカー: 時事通信出版局
  • 発売日: 2007/12/01
  • メディア: 単行本
内容紹介
「残念ながら、わが国の地域医療の崩壊は、一過性のものではなく、今後、さらに深刻なものになると思われる。日本の地域医療の崩壊を食い止めるためには、国民すべてが、医療現場で起きていることを、人ごとではなく、自らのものとしてとらえること、何が問題なのかを「言葉」にして他人に伝えていくこと、自ら積極的に行動していくことが必要と考える。

読書メーターの「根雪」的蔵書解消プロジェクトの第3弾。これまでのところ最も古くからの根雪で、購入時期は2009年頃である。この頃、僕はインドに駐在していて、わけあって日本の地域医療の問題点について調べていた。その一環でアマゾンで購入したのだが結局駐在期間中には読むことができず、日本に持ち帰ってそのまま本棚に直行してしまった。

こういう時事ものって、旬を逃すと書かれている内容が現在もイキなのかというので悩んでしまう。本書は発刊から既に12年が経過している。当時としては新しい議論で、2006年に起きた夕張市立総合病院の経営破綻を契機に、自治体病院の実態について注目が集まっていた時期であった。

僕がこんな本を購入したのもそういう背景があったのことだが、発刊から12年も経った今、いざ読み始めてみると、当時の問題点の分析もさることながら、それで今はどうなっているのかの方が知りたくなってしまった。著者の書籍刊行は2014年で止まっている。そこで、著者が運営している「伊関友伸のブログ」も覗いてみたのだが、こちらは最近までブログのアップが行われていて、時々独り言のように持論が展開されているが、比較的最近のログでも議会や行政の無理解が指摘されているし、最近は「まちの病院」どころか「まち」自体がなくなるとの指摘も目立っている。


続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『女工哀史』 [シルク・コットン]

女工哀史 (岩波文庫 青 135-1)

女工哀史 (岩波文庫 青 135-1)

  • 作者: 細井 和喜蔵
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1980/07/16
  • メディア: 文庫

読書メーターの「根雪」的蔵書解消プロジェクトの第2弾。これは間違いなく2011年頃に購入したもので、最初から「いずれ読もう」ぐらいのつもりで入手している。分厚いというだけでなく、元々大正14年(1925年)の作品なので、記述のされ方がいささか古いという先入観もあって、なかなか手に取りづらかったというのはある。但し、今回読んでみてわかったのは、岩波文庫のはかなり現代語訳にされていて、読みづらさというのはほとんど感じなかった。

それ以上に僕の読む気を削いだのは、『女工哀史』が綿紡績や綿織物の工場の話だったからだ。当時からの当ブログのフォロワーの方はご存知かと思うが、僕はシルクの製糸工女のことを調べていたので、コットンの方にはあまり手が回らなかったのである。絹の製糸工場が話題に上ったりすると、「ああ、『女工哀史』の話ですね」という反応が返ってくるのがお決まりのパターンだった。しかし、これは実は間違いで、『女工哀史』ではシルクは扱われていない。このことを知っていたので、僕は読むのを後回しにしたのだ。

しかし、綿紡績であろうと絹糸製糸であろうと、時代がほぼ同じである以上、労務環境にはそれほど大きな違いもないのがわかる。結構過酷な労働を工場では強いられていたのだ。山本茂美『あゝ野麦峠』にも同じような描写があったと思うが、リクルーターが各地の農村を訪れて狙った女子の両親にかける甘言、そして、過酷な労働条件に関する工場にとって不利な情報が農村に伝わらないように、手紙の検閲や来訪者面会禁止、女工の帰省禁止、外部との接触禁止等々、結構ひどいことが行われていたらしい。ブラック企業もいいところだが、当時はそういうのが当たり前の世の中だったようだ。

『あゝ野麦峠』を読めば岡谷の製糸工女も労働条件は相当過酷だったが、外部との接触禁止なんてえげつない行為までは横行していなかったと記憶している。もっとも、帰省が許されていたからといって、年末年始の冬休みに雪の北アルプスを越えて里帰りするのは、それはそれで命がけだっただろうが。

日本の近代化の歴史を学ぼうとするなら、こういうダークな部分をどう解消していったのかも併せてとり上げるべきだ。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『ブレイクダウン・ザ・ウォール』 [読書日記]

ブレイクダウン・ザ・ウォール Break Down the Wall 環境、組織、年齢の壁を破る

ブレイクダウン・ザ・ウォール Break Down the Wall 環境、組織、年齢の壁を破る

  • 作者: 尾原 蓉子
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2018/09/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容(「BOOK」データベースより)
ファッション・ビジネスの概念を日本に持ち込みアパレル業界のリーダー達に大きな影響を与えてきた著者が伝える人生の困難を乗り越えるための秘訣。

以前ご紹介した齊藤孝浩『アパレル・サバイバル』を読んだ際、アマゾンが、この本を買った人はこんな本も買っていますというリコメンドをしていた。さすがに購入はしなかったものの、ダメもとで地元の市立図書館に注文を出しておいたら、わりと早い段階で借りることができた。

期待していたような内容の本ではない。著者のこれまでの生涯を振り返り、その中でも中心的に著者が取り組んだファッションビジネス人材育成に焦点を当て、その問題意識やら今の姿にまで持って行くための様々な取組みが詳述されている本。タイトルは「壁を破る」となっているのだが、そこからは、女性が社会で直面する壁や組織の中で仕事を遂行していく中で直面する壁などが挙げられ、それらを著者がどう打ち破ってきたのかが描かれている。ある意味女性向けの啓蒙書であり、そしてある意味では日本のファッション業界人向けの啓発を意図した本でもある。

そんな中で、女性でも業界人でもない僕あたりにでも学びになるものがあるとすれば、それは著者がファッションビジネス人材育成に取り組む際に自身でも参加してみたという米国ハーバード・ビジネススクールの短期経営人材養成プログラム「AMP」に関する記述であった。

 AMPでもう1つ印象的だったのが、日本を見直す機会になったことです。第二次世界大戦で敗れ、壊滅状態だった日本が不死鳥のごとく蘇り、1973年のオイルショックを迎えるまでの経緯が書かれたケースを学んだのです。タイトルも「Miracle Recovery(奇跡的復興)」。戦後の廃墟と混乱の中で、政治家や財界、当時の大蔵省や通産省が一体となって産業振興に取組み、国民も拙しくとも一生懸命に生きていた様子は、私も実際に見てきました。この日本の復興のケースは、あらゆる開発国の手本になる、とのレクチャーもありました。議論しながら、思わず涙がこぼれてきました。本当に誇らしく思いました。同時に、日本人自身がこういった歴史をあらためて学ぶことが必要だと痛感しました。(pp.199-200)


この点は最近特に僕自身も痛感しているポイントである。僕自身もこの「Miracle Recovery」を読んでみたいと思ったのだが、調べてみたけれどもダウンロードできる状態ではなかった。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『大川周明』 [読書日記]

『大川周明』というタイトルで、我が家に2冊の蔵書が眠っていた。いずれも2010年末頃に購入したものと思われるが、その時は関岡英之『大川周明の大アジア主義』を読んで興味を持ち、続けて2冊購入したものの、いずれも積読になってしまった。我が蔵書の中でも根雪中の根雪であった。

それを何故今頃読み始めたかといえば、根雪を溶かすという以上の大きな理由はない。9年間も積読にしておくのは心苦しいし、こんなことしていてば僕が読書管理に使っている読書メーターでも、いつまで経っても「積読本」の圧縮ができない。図書館で本を借りたりするのもいいが、帰国したら自宅の蔵書もある程度圧縮を図っておいた方がいい。そんな理由だった。

◇◇◇◇

大川周明  ある復古革新主義者の思想 (講談社学術文庫)

大川周明 ある復古革新主義者の思想 (講談社学術文庫)

  • 作者: 大塚 健洋
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/02/11
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
旧制荘内中学で社会主義に共鳴し、五高時代には黄金万能の資本主義社会打倒を訴えた扇動的学生・大川周明。帝大での宗教学研究から敬天・愛人・克己の思想を深め、さらに日本精神への回帰、アジア主義へと展開する思想的経路はいかなるものだったのか。また大東亜戦争の理論家として破局へと向かう道行とは?「始末に困る」至誠の人の思想と生涯。

1冊目は、大川周明の生涯を辿りながら、その思想形成の経緯を説明したコンパクトな解説書である。8年前に読んだ『大川周明の大アジア主義』が、「途中で同時代に大川と交流のあったキーパーソンの紹介に何度も脱線し、何の本だかわからなくなる錯覚に陥った。まるで昔のカッパブックスやNONブックスを読んでいるような感じだ。大川自身が走り回って周りを巻き込んでいく行動派ではなく、論壇で活発に評論活動を行なった学究肌の人だったからストーリーとしてのスリル性には欠けるのかもしれない」などと酷評するあまりいい文献ではなかったのと比べると、かなりまとまった解説書だった。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『ソウルフード探訪』 [読書日記]

ソウルフード探訪: 東京で見つけた異国の味

ソウルフード探訪: 東京で見つけた異国の味

  • 作者: 中川 明紀
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2018/05/25
  • メディア: 単行本

内容紹介
インド人が食べる「味噌汁」って?モンゴル人の力の源とは?B級グルメから母の味まで、世界の食をめぐるユーモアあふれるエッセイ。

世界各国の人々のソウルフードは何かを訊き、それを東京で食してみようという食レポ。どこかの雑誌で連載されていたものを1冊にまとめた本らしい。そのソウルフードをどこに行ったら食べられるか、レストラン名も詳らかにされている。

僕がこれまでに駐在した南アジア3ヵ国のソウルフードはいずれも紹介されている。ブータンが「エマダツィ」だというのは衆目の一致するところだろう。そして、それが食べられる東京のレストランといったら、代々木上原の「ガテモタブン」がパッと出てくる。著者であるレポーターがガテモタブンに一緒に連れて行ってもらったというブータン人の女性、僕の知り合いであった。そこでエマダツィを食べながら繰り広げられた会話にはデジャブ感もあったが、肩の力を抜いて気楽に読める。

インドは「ダル」だそうだ。え?それはどうかな~。南インドに行ったら「ドサ」と「サンバル」なんじゃないのか?ハイデラバードだったら「ビリヤニ」なのでは?インドのような大国を1回だけの紹介でまとめるのはちょっと乱暴だなと思ったが、同様のことは米国にもいえて、「マカロニチーズ」と言われちゃうと、通算4年住んでて一度もマカロニチーズを食べたことのない僕には肩透かしを食らった感じがすごくする。ルイジアナ州南部だったら、どれとは言わないが「ケイジャン料理」なんじゃないのかと思う。テキサスなら「レッドビーンズ」とか。話をインドに戻せば、紹介されていたのは西葛西のインドタウン。最近妻が西葛西までインド料理を食べに行ったらしいので、ちょっと羨ましい。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『直島から瀬戸内国際芸術祭へ』『ひらく美術』 [仕事の小ネタ]

直島から瀬戸内国際芸術祭へ─美術が地域を変えた

直島から瀬戸内国際芸術祭へ─美術が地域を変えた

  • 作者: 福武總一郎、北川フラム
  • 出版社/メーカー: 現代企画室
  • 発売日: 2016/10/20
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
瀬戸内アート本の決定版!「アートによる地域づくり」を切り拓いてきた福武總一郎(プロデューサー)+北川フラム(ディレクター)初の共著、ついに刊行!

秋元雄史『直島誕生』以来の直島、瀬戸内国際芸術祭関連の書籍である。秋元氏は2006年にベネッセ福武聰一郎会長と袂を分かち、ベネッセを去っている。『直島誕生』は本当に直島が現代アートで復興するまでの経過についてしか描かれていない。それはそれで非常に貴重なナラティブだと思うが、そこで制作されたアート作品について写真すら挿入されていないし、瀬戸内国際芸術祭の今につながるまでには欠けている情報もある。『直島誕生』を読むと、「直島以後」も知りたくなる。

秋元氏がベネッセを去るきっかけとなったのは、直島を到達点として見ていた秋元氏と、直島の経験を近隣の讃岐水道の島々にも拡げていきたいと主張した福武会長との路線の違いであった(と秋元氏は語っている)。秋元氏はベネッセのアート振興部門の事務方の人だったから、会長が言ったことは白を黒とでも言わねばならず、かなり疲弊させられたということもあったのだろう。ベネッセアートサイト直島に至るまでの経緯を描いた文書では、野中郁次郎・廣瀬文乃・平田透『実践ソーシャル・イノベーション』にしても、福武總一郎・北川フラム『直島から瀬戸内国際芸術祭へ』にしても、秋元氏の功績については全く言及されていない。社員という位置付けだったからなのだろうが、福武氏の卓越したビジョンだけが述べられている。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -