So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』 [持続可能な開発]

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。――東大発バイオベンチャー「ユーグレナ」のとてつもない挑戦

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。――東大発バイオベンチャー「ユーグレナ」のとてつもない挑戦

  • 作者: 出雲 充
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2012/12/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

内容(「BOOK」データベースより)
世界で初めて「ミドリムシの屋外大量培養」に成功し、ダボス会議「ヤング・グローバル・リーダーズ」にも選出!全世界待望の「地球を救うビジネス」とは?―――。
前回、イアン・スマイリー『貧困を救うテクノロジー』をご紹介したので、同じような文脈で2冊目の本を読んだのかと思われるかもしれないが、実は読むことにした経緯はちょっと違っていて、ミドリムシの本を読もうと思ったのは、このユーグレナ社がブータンにもビジネス可能性調査で来られているからである。
JICA「途上国の課題解決型ビジネス(SDGsビジネス)調査」に ブータン王国でのキヌア生産・販売体制構築の事業調査が採択されました
2017年7月11日
 株式会社ユーグレナ(本社:東京都港区、社長:出雲充)は、JICAが行う「途上国の課題解決型ビジネス(SDGsビジネス)調査」として、ブータン王国での『小規模農家の収入向上および栄養改善のためのキヌア生産・販売ビジネス調査』が採択されましたことをご報告します。
 ブータン王国は人口の半数以上が農業に従事する農業国ですが、山岳地帯が多く、農業に適した土地が少ないため、多くの小規模農家が貧困状態に陥っています。
 そのような中、本調査では、高地にて安定して栽培が可能なうえ栄養価が高く、北米などで需要が高いキヌア栽培の技術指導を実施します。また、栄養価に関する食育、海外輸出に向けたバリューチェーンの確立に取り組むことで、ブータン王国の食料問題および農村の貧困問題の解決を目指します。本調査はブータン王国農業省、伊藤忠商事グループなどと協力して実施する予定です。
 なお当社は、バングラデシュ人民共和国にて、日本の農業技術の指導を行うことで現地農家による良質な緑豆栽培や、バングラデシュ人民共和国内外での緑豆販売のバリューチェーンの構築を行う『緑豆プロジェクト』を2014年10月より推進しており、その知見とノウハウを本調査に活用していく予定です。
 今後も当社は、経営理念である「人と地球を健康にする」ことに向けた取り組みを実施してまいります。
ユーグレナ社HPより

従って、冒頭から言っておくと、本書ではキヌアの話は一切出てこないので注意が必要である。僕はミドリムシからの事業拡大でどうやって緑豆やキヌアがスコープに入ってきたのかという経緯が知りたかったのだけれど、本書は2012年発刊であり、どうやら緑豆やキヌアはその時点では未だ同社のスコープには入っていなかったらしいというのがわかった。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

再読『貧困を救うテクノロジー』 [持続可能な開発]

貧困を救うテクノロジー

貧困を救うテクノロジー

  • 作者: イアン・スマイリー
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2015/08/19
  • メディア: 単行本

Mastering the Machine Revisited: Poverty, Aid and Technology

Mastering the Machine Revisited: Poverty, Aid and Technology

  • 作者: Ian Smillie
  • 出版社/メーカー: Practical Action Pub
  • 発売日: 2000/11/01
  • メディア: ペーパーバック

邦訳が発刊された直後の2015年12月以来の再読となる。前回も指摘していることながら、邦訳は悪い本ではないのだが、2015年9月に「持続可能な開発に向けた2030アジェンダ」と「持続可能な開発目標(SDGs)」が国連で合意され、その策定プロセスで南北間対立の1つの焦点となったのが「科学技術イノベーション(STI)」だったことから、そこへの打ち込みを勘案してかなり急いで発刊されたのではないかと思われるふしがある。拙速感を感じさせられるポイントは2つあり、1つは本書に出てくる引用の出典元を明記していないことと索引を付けていないこと(これは相当にクリティカル)、2つめは翻訳者ないしは有識者による作品解説がないことである。特に、出典明記や索引を省くような編集をなぜ本書ではあえてすることにしたのか、翻訳者なり編集担当なりからの説明があってもよかったのではないかと思える。だから原書も読めという、今回僕がやった方法にまで持って行って原書も売ろうなどと考えていたのであれば、出版社側の慧眼だったと言わざるを得ないが。

2つめのポイントについては、MITのD-Labの遠藤謙氏の巻頭緒言を載せることで解説を省いたのだと編集側では言いたいのだろう。遠藤氏の解説はこれはこれでいい。D-Labの説明・宣伝にはなっているので。原書『Mastering The Machine Revisited』をMITのテキストとして読んだ遠藤氏が何を本書から学んだのかを知る意味でも参考にはなる。しかし、作品解説にはなっているとはとうてい思えない。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『大盗禅師』 [読書日記]

大盗禅師 (文春文庫)

大盗禅師 (文春文庫)

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2003/02/01
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
大坂落城から30年。摂津住吉の浦で独自の兵法を磨く浦安仙八の前に、ひとりの僧が現れる。妖しの力をあやつる怪僧と、公儀に虐げられる浪人の集団が、徳川幕府の転覆と明帝国の再興を策して闇に暗躍する。これは夢か現か―――全集未収録の幻想歴史小説が、30年ぶりに文庫で復活

人からいただいた本を読んでしまおうシリーズの第三弾は、再びの司馬遼太郎ものである。

文庫本といえども500頁超もある大作で、かつ時代背景をあまり知らない江戸・徳川家光の治世の頃の話で、これになおよく知らない由比正雪や鄭成功を絡めてきて、しかも幻想小説というような慣れないカテゴリーの小説だったので、読了するには1週間近くを要した。ゴールが見えてきたから最後の200頁はペース加速させることができたけれど、慣れるまでには時間がかかる作品だった。

結論から言うと、息抜きとして読むにはちょうど良かった。また、戦で政権を勝ち取った家康や秀忠と違い、三代将軍・家光は生まれながらにして政権を引き継ぐことが決まっていたわけで、豊臣家滅亡から30年経った頃の世相や外様大名、親藩・譜代大名の置かれた立場や役割、大坂城落城から未だに続いていた浪人の処遇の問題など、当時の空気を垣間見ることができる小説だと言える。

それを鄭成功の明復興に向けた反清活動と絡めるあたりは、ちょっと無理矢理感はあったけれど、日本で起きていたことと大陸で起きていたことを、同時代でくくることで理解がしやすくなるというメリットもちょっと感じた。また、僕は以前働いていた東京の職場が市谷山伏町から近く、由比正雪の江戸潜伏の地の周辺に多少の土地勘があったので、そのあたりでは作品を読んでてイメージはしやすかったところはある。

ただ、賛否両論は分かれる作品ではないかとも思える。僕にとっては小説は息抜き読書の対象だから、息抜きとして読む程度だったらいいが、なんだか盛り上がりには欠けるし、特に浦安仙八の迷走ぶりも、主人公としてのインパクトはそれほどない。結局由比正雪の謀叛も未遂に終わるし、鄭成功の明復興もかなわなかったわけだし、これらを素材として小説を組み立てるのも大変だっただろうなと思ってしまう。

タグ:司馬遼太郎
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

イヌは増えているようです [ブータン]

2009年以降、不妊措置が取られたイヌは8万5000匹
85,000 dogs steralised across the country since 2009
Kuensel、2018年8月13日、Karma Cheki記者
http://www.kuenselonline.com/85000-dogs-steralised-across-the-country-since-2009/
【ポイント】
ヒューメイン・ソサエティ・インターナショナル(HSI)と農業省畜産局は、6月24日から7月10日にかけて、第2回イヌ人口調査を実施。それによると、ブータンのイヌ総人口の60~80%が不妊化及びワクチン接種措置がとられていたという。2009年、政府は全国イヌ人口管理・狂犬病抑制プロジェクトをスタートさせたが、それ以降の累計で約8万5000匹のイヌが不妊化と狂犬病ワクチン接種が行われてきたことになる。

同調査では、街のイヌの人口計測だけでなく、イヌの飼い主を対象としたKAP調査(知識、態度、実践実態調査)も実施された。結果、ティンプー、パロの都市住民世帯数の21%、農村世帯の40%がペットとしてイヌを飼っていることが判明。

調査によると、可移植性性器腫瘍(CTVT、イヌ科に発生する感染性の腫瘍)の兆候が見られるイヌはティンプーでは見られなかった。2009年以前にはCTVTはよく見られた兆候だったので、これは全国イヌ人口管理プロジェクトの成果といえると分析。

第1回イヌ人口調査は2015年に実施。その際、ティンプー市の野犬の67%、パロ市街地の野犬の73.8%が不妊化措置を受けていたことがわかっている。また、ティンプー県農村部の野犬の45.5%、パロ県農村部の野犬の57.6%も不妊化。都市部では毎年1500匹程度の不妊化措置がとられ、これによりイヌ人口がほぼ変わらない水準で数年経過しているとのこと。

一方、2018年の第2回調査の結果、パロ、ティンプーともにイヌ人口密度が上昇していることがわかった。これは、不妊化を免れているイヌの間で新たな子どもが生まれていることを意味し、2009年からのプロジェクトがうまく行っていないことになる。ティンプーやパロはこの間、人口も増え、ホテルも増えた。これに伴い精肉店も増え、生ごみも増えた。これらの人間生活の変化が、イヌの人口増加にもつながっているとHSIでは分析。

野犬実態調査は、ティンプー、パロ、サムチ、チュカ、ブムタン、タシガン、サルパン、サムドゥップジョンカルの8県で実施。また、飼い犬実態調査はティンプーとパロで行われた。

農業省の全国イヌ人口管理・狂犬病抑制プロジェクト担当官によると、こうした実態調査は、プロジェクトのインパクトを確認し、今後どのような措置を取っていくべきか、目的達成に向けた長期戦略の策定にも役立つとのこと。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブータンのSDGs自己評価 [ブータン]

SDG達成努力は計画通りだが、課題は山積
SDG on track but challenges aplenty
Kuensel、2018年8月9日、Tshering Dorji記者
http://www.kuenselonline.com/sdg-on-track-but-challenges-aplenty/
【ポイント】
7月、ブータンGNH委員会が国連ハイレベル政治フォーラム(HLPF)に提出した「持続可能な開発に向けた2030アジェンダ」の国別取組み進捗状況自主報告書(VNR)によると、SDGs達成に向けた取組みで、ブータンは必要な資金の調達と達成状況を計測できるデータの少なさが大きな課題として浮き彫りにされた。

VNRによると、ブータンの国内からの歳入は歳出総額の64%を占めるのにとどまり、かつ外国援助(ODA)は減少傾向にある。第12次五カ年計画の資金ギャップは240億ニュルタム、GDPの2%相当と見込まれる。ODAは、ブータンが今後最貧国(LDC)から中所得国(MIC)に成功裏に移行するのに必要とされる開発事業の約34%をファイナンスするに留まり、LDC卒業の目標年とされる2023年以降のODA資金動員に向けた明確な戦略が必要であるとVNRは指摘している。

一方、ブータンは外国人投資家の誘致も芳しくない。2015年の直接投資(FDI)受入総額はGDPの0.4%にとどまり、これは南アジア域内及びLDC諸国の平均値をはるかに下回っている。

また、VNRは、ブータンが、正確かつタイムリーなデータの利用可能性を高め、エビデンスに基づく意思決定や報告につなげていく努力をさらに拡充していく必要があるとも指摘。SDGs17ゴールの全ての指標の利用可能性を調べてみると、結果はまだら模様であったという。保健や貧困、教育、雇用などに関するほとんどの指標は既に存在するが、エネルギー、インフラ、ガバナンスなどの分野では指標は限定的である。

もう1つの課題は、国の統計制度間の限定的なコミュニケーションとコーディネーションが、データにまつわる問題の根源となっていることである。国のデータを生成する諸機関の間で連携が取れていないことで、報告内容の一貫性に悪影響が及んでおり、また国際統計機関に提出する情報に一貫性が取れていないという指摘につながっているという。

SDGsの169のターゲットの達成を計測する244の指標のうち、データが存在するのは84指標(34%)、一部利用可能なのが66指標(27%)、データがないのは94指標(39%)にも及ぶ。また、SDGs244指標のうち、64指標(26%)は十分とり入れられていると言えるが、32指標(13%)は部分的なとり入れに留まり、104指標(43%)はブータンとも関連するものだが、とり入れられていない。また、44指標(18%)は、ブータンの文脈とは無関係で採用もされていないという。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブータン公務員の明るくない老後 [ブータン]

退職後の生活設計
Planning life after retirement
Kuensel、2018年8月8日、Rinchen Zangmo記者
http://www.kuenselonline.com/planning-life-after-retirement/
2018-8-8 Kuensel.jpg
【ポイント】
王立人事院(RSCS)は8月7日、ティンプーで、有意義な引退生活に関するワークショップを開催。退職後の個人の心境の変化に備えること、退職前の政府職員に退職後に備えるよう意識啓発を図ることが目的。

キンザン・ドルジ元大臣は、引退するまでは毎日忙しかったので、退職後のことなど考えたことがなかったという。二度にわたって首相を務めるなど、この国に尽くすという意味では最高のキャリアを経て、同氏は2018年4月、56歳で引退した。最初の数カ月はリラックスして過ごせたが、その後だんだん不安感が増してきた。仕事している間は、仕事人の世界は全ての世界につながっていた。しかし、引退後はその世界が縮小し、家族と親戚のみになっていった。「永続するものは存在しないというのを学びました」―――運転手も、メッセンジャーも、豪華なオフィスも、個人秘書もいない。1日15時間も働いてきた人間が、何もしないで1日を過ごす日々に突然変わる。このフェーズを克服するには家族の支えが最も重要だという。また、劇的な生活の変化に対応するため、毎日を忙しく過ごせるよう、読書やアーチェリーに打ち込んだと元大臣。

その後行われたグループ討論で、参加者の1人は自身の経験をこう語った。彼は未だ退職まで数カ月あるが、ここ2、3カ月の間、眠れないことが多いという。退職後何をやったらいいのか考えると眠れなくなるという。別の参加者は、2015年の退職後の体験談として、「退職後は家にいろと言われましたが、それもしばらくすると、気持ちが落ち込んできました。」

元首席産業官だったプブ・ツェリンさん(60歳)は、このワークショップは非常に重要で、退職前あるいは退職直後の政府職員の意識啓発には役立つと述べた。退職後の生活設計を退職前から考えておくことは非常に重要なのに、それをしている政府職員はあまり多くないと指摘。退職後に訪れる大きな変化に全員がうまく対処できるわけではないが、準備はしておくことが必要と強調した。

ワークショップでは、退職後の生活設計と時間管理、健康な老後、資金計画、生活の大きな変化への対処等のトピックが話し合われた。アジア開発銀行(ADB)がワークショップ開催資金を拠出した。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『余話として』 [読書日記]

余話として (文春文庫 し 1-38)

余話として (文春文庫 し 1-38)

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1979/07/25
  • メディア: 文庫
内容紹介
坂本竜馬の恋人で千葉道場の娘・さな子は晩年、炙の療治を生業としていた…など、小説で書き残したかずかずの話を歴史小説の大家が語る滋味あふれるエッセイ集

先日の城山三郎『無所属の時間で生きる』に続き、人からいただいた本の読み込み第二弾である。城山三郎の著作もほとんど読んでないが、司馬遼太郎もそうで、実家には父が読んだと思われる『竜馬がゆく』『国盗り物語』等は全く読んでいない。親の心、子知らずだったと猛省。自分で読んだ司馬遼太郎作品といったら、今まで『播磨灘物語』しかない。4年前に『播磨灘物語』を読んだのにしたって、当時NHK大河ドラマで『軍師官兵衛』が放送されていたから、黒田官兵衛を扱った作品でも読もうと思って手に取ったというのが正直なところで、当時のブログを読み直してみても、「いずれ司馬作品も読みたい」と書いておきながら、さらに手を出さずに4年も過ごしてしまったことになる。

司馬作品に手が出せなかった理由をあえて1つ挙げると、僕がわりとハマっていた南北朝時代を扱った作品が少なかったからというのがある。戦国・安土桃山時代や幕末を扱った作品はすぐに思い付くし、平安末期から鎌倉初期の作品もある。でも、南北朝時代というと思い付かない。それじゃまったくないのかというと、本日ご紹介する、著者曰く「無駄ばなし」の類の中には、若干ながらも南北朝の時代が主題となっている話も出てくる(「太平記とその影響」)。南朝正統論の背景を探っている一編。それと、「日本的権力について」の論考の中でも、後醍醐天皇のあり方について論じている箇所が見られる。なんとなくお宝にありつけた感じで、オイシイ読書だったといえる。

とはいっても最大の収穫は、最初のつかみのエッセイ「アメリカの剣客―森寅雄の事歴」であった。全米剣道連盟の創設者である「タイガー・モリ」という人の名前は、昔米国駐在時代に何かの拍子で耳にしたことがあり、妙に心に引っかかっていた。僕自身が三段免状をいただいたのはその全米剣道連盟からだったし、当時稽古でご一緒した日本人剣士の方が、一時帰国するたびに東京の野間道場に稽古に行かれているという事情もあって、「アメリカの剣客」の話は、その野間家とタイガー・モリの関係にまで言及されている、なかなか読み応えのある内容だった。つかみでこれだから、『余話として』は無駄ばなしばかりというわけではない。どれ1つを取っても意味がある、僕らが知らない歴史に一側面を切り取ったいい作品ばかりが収録されている。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

森林の炭素貯蔵量、ようやく把握? [ブータン]

ブータンの炭素貯蔵量は7億900万トン
Bhutan has more than 709 million MT in carbon stock
Kuensel、2018年8月3日、Tshering Palden記者
http://www.kuenselonline.com/bhutan-has-more-than-709-million-mt-in-carbon-stock/
【ポイント】
最近公表された全国森林資源インベントリー調査レポート第2巻によると、バイオマスとしてブータンに貯蔵されている炭素貯蔵量は7億900万トンに達するという。これには、有機物としての森林被覆土が含有する炭素1億8800万トンも含まれる。この被覆土は地表から30センチ分しか計算に含まれないので、実際はもっと多いかもしれないという。森林エリアのバイオマス総量は11億900万トンで、これは5億2100万トンの炭素貯蔵量になる計算である。ブータンの森林の炭素貯蔵量は、1ヘクタールあたり2.01トン増加、森林以外の地域では1ヘクタール当たり1.25トン増加する計算となる。

農業森林省森林資源管理部の首席森林官によると、このレポートは森林セクターにとって大きなブレークスルーになるという。レポートには、バイオマスや炭素貯蔵量、炭素再生産量と年間増分、種の多様性に関する情報が豊富に含まれている。「森林の健康度や森林にかかる負担、非木材森林資源や野生生物等の質的データも報告されています。全国規模で収集された初めての評価結果です。これまでこうした情報は入手することができませんでした。」

これまでに入手可能だった森林資源インベントリーは、1974年から1981年に調査されたもの。これにはバイオマスや森林炭素貯蔵量の評価は含まれておらず、近年重要性を増した森林の炭素貯蔵可能性について確認できるデータとなっていなかった。

森林減少や森林劣化は、炭素排出量の17%増に相当する。世界中の運輸交通部門の排出増よりも規模が大きく、エネルギー部門の次に気候変動への影響度が大きい。森林資源インベントリー調査レポートは、ブータンの炭素吸収への貢献度に関する貴重なベースラインデータとなり得ると期待される。

ブータンの森林エリアの65%が広葉樹林であり、針葉樹林に比べてバイオマス総量が大きい。同様に、土壌の炭素含有量も広葉樹林帯の方が大きい。2000年時点での森林のCO2吸収能力は160万トンと言われていたが、今回調査の結果、吸収能力は630万トンと見込まれることがわかった。

別の森林官は、このような総合的なインベントリー調査が行われた国は少ないと強調。「このような取組み実践は、我々森林官による同様の実践の実施能力を高めるのに役立つ」と述べた。農業森林省は同様のインベントリー調査を今後5年おきに実施する予定。

森林資源インベントリー調査プロジェクトは2009年から始まり、これまでにSNV、ブータン環境保全信託基金、米国農業省森林局、FAO、世銀FCPF、ドイツ環境・自然資源保全・原子力安全省(ICIMOD、GIZ経由)等から技術・資金援助を受けて実施されてきた。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年の旅行客数は? [ブータン]

ブータンにとって電力と並ぶ貴重な外貨稼得源である観光。毎年観光局(TCB)が公表している旅行客来訪者数のデータが、今年も公表された。
【2015年の旅行者数は?】2016年6月7日
【2016年の旅行者数は?】2017年5月3日

◇◇◇◇

2017年の外国人観光客、過去最高
2017 records highest international leisure tourist arrivals
Kuensel、2018年8月4日、Dechen Tshomo記者
http://www.kuenselonline.com/2017-records-highest-international-leisure-tourist-arrivals/
2018-8-4 Kuensel.jpg
【ポイント】
2017年に観光目的でブータンを訪れた外国人は62,272人と過去最高を記録。実際の外国人来訪者数は71,417人だったが、ここから公務やビジネス目的の来訪者9,145人を引くと、観光目的の来訪者数となる。これは前年比14.1%の増。うち過半数54.7%はアジア大洋州地域からの来訪者で、これに欧州24.8%、北米18%が続く。中東アフリカ地域からは1%にも満たない。

但し、この数字にはインド、バングラデシュ、モルジブ等、南アジア近隣国からの来訪者18万3,287人は含まれない。これを足すと外国人来訪者数は25万4,704人となる。外国人来訪者数は前年比21.5%増となるが、2016年の前年比35%には増勢では及ばない。

これら外国人来訪者の落としていった外貨は8.2%増えて607万ドルの増。これは、2016年の7,374万ドルから2017年には7,980万ドルに増加したことによるもので、うち、2,236万ドルが国庫を直接潤した。女性の来訪者数は59.1%を占める。ほとんどの来訪者は40歳から60歳までの年齢層に属する。

続きを読む


タグ:観光
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

土地利用証明書と請負農業 [ブータン]

LUC利用のプロジェクト2件、タシガンで始まる
Two projects on land use certificate inaugurated in Trashigang
Kuensel、2018年7月30日、Younten Tshedup記者(タシガン県ルマン)
http://www.kuenselonline.com/two-projects-on-land-use-certificate-inaugurated-in-trashigang/
2018-7-30 Kuensel02.jpg
【ポイント】
7月29日、タシガン県ルマン、ヤンニェルの2ゲオッグ(郡)において、土地利用証明書(LUC)に基づく2つのプロジェクトの開始式典が開催された。38人の求職中の若者を傭上、請負農業による商業生産を目指す。LUCを用いたプロジェクトは、昨年、国王がルンツィ県で行った土地喜捨(キドゥ)の1コンポーネントとして始まったもの。

ルマンの場合は、ワムロン~サムドゥップジョンカル間の国道上のリサブ分岐点から3キロほど離れたケリという集落の、19エーカーの土地を活用する。海抜が1600~1800メートルあり、キヌアやアスパラガス、ソバ(スウィートバックウィート)、野菜生産等に向いている。

ケリ集落の若者1人、タンディン・ワンモさん(21歳)によれば、彼女はクラス10(日本の高1に相当)を終えた後、大学に進むことができずティンプーの警備会社で働いた。しかし、彼女は村に戻ってきて働きたかったので、村長からLUCについて聞かされた時は、これは自分が求めていたチャンスだと思ったという。

LUCプロジェクトの開始式典は、先週はタシヤンツェ県でも開催。今週以降はサムドゥップジョンカル県とペマガツェル県でも開催される予定。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -