So-net無料ブログ作成

デリー大渋滞の原因は… [インド・トリビア]

僕の職場は昨年4月からデリー市内コンノートプレイス(CP)地区に引っ越してきた。それまでは他人事だと思って1年のうちのいつの時期にCPが車で大渋滞するかというのはディワリ直前の駆け込みショッピングぐらいしか記憶がなかった。時期に関して予め予測ができていればそれなりの対応策は考えられたのだろうが、わけのわからない渋滞で帰宅に異常に時間がかかってしまうと、一体何がどうなっているのかと当惑する。

1月6日(水)の渋滞が良い例だ。夕方ちょっと外出したので渋滞の状況は知ってはいたが、それが自分が退社した20時過ぎまで続いているとは思ってもみなかった。こんな状況はこのところ毎日だ。

何が原因なのか―――。

CP地区に限って言えば、今年10月の英連邦スポーツ競技会(コモンウェルス・ゲーム)に向けた市内景観改善プロジェクトの一環で、アウターサークルに地下道を作るという建設工事が1月から始まったことが大きい。アウターサークルの交通が流れている時には歩行者が横断するのは至難の業だ。信号が機能していないことが多いので、歩行者は飛ばす車の合間を縫って命がけで渡るしかない。だから、もっと簡単に横断できる手段ができる方が大きい。でも、なんで地下道なのか。『ビッグコミック・オリジナル』の「釣りバカ日誌」の古くからの読者であれば、「歩道橋の方が安上がりなのに…」と怪訝に思うだろう。それはともかく、この地下道建設工事のため、アウターサークルの車道の幅が通常の半分に制限されている。それが渋滞を引き起こしている。

第2の理由は26日の共和国記念日(リパブリックデー)に向けたリハーサルがインド門から大統領府(ラシュトラパティ・バワン)までの間で度々行なわれていることだ。これはCPがどうこうというわけではない。

そして第3の理由が、プラガティ・メダン展示場で開催されている「オートエキスポ2010」なのである。プラガティ・メダン周辺にある駐車場だけで来場者の車を収容できないため、インド門付近の駐車場も使ったシャトル便が運航されている。プラガティ・メダンが面するマトゥーラ・ロードは渋滞し、そこからの流れでCPやインド門周辺も渋滞する。オートエキスポは今日9日から11日までが一般公開らしいが、主催者はフライングで6日から一部公開に踏み切った。しかもそれを交通警察にも事前連絡せず。

SRKSmoking.jpg6日に限って言えば、オートエキスポ絡みでもう1つ大きな要因があったらしい。
それがこの人―――。

シャー・ルク・カーンが6日に来場したのに伴い、相当の追っかけがいたらしい。彼はマルチ・スズキ社の乗用車のテレビCMに出演しているので、来場自体どうこう言えるわけではなく、それ自体が彼に非があると言うつもりはない。ただ、この時期にオートエキスポが開催されるというのは年中行事みたいなものであり、それが頭になかった僕自身の不覚だと泣き寝入りするしかないと思ってはいる。

できうれば、オートエキスポの会場をもっと郊外の広い土地に移転して欲しいとは思う。CPとインド門、プラガティ・メダンが近過ぎるのだ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1