So-net無料ブログ作成

週報(2/24-3/2) [備忘録]

激戦の代償
先週末、左膝の違和感を感じながら試合に出て、学生相手に相当厳しい試合をやってしまったので、左膝どころか左下半身全体がおかしくなった。2月24日(日)はふくらはぎ内側、25日(月)はまた膝が痛くなり、左足を引きずって歩いた。26日(火)は腰痛だ。日によって痛みの出る箇所が違うが、起点となっていたのは座骨で、火曜日は我慢できずに午後半休取って整形外科医に診てもらいに行った。

診断結果はやっぱり「座骨神経痛」。仕方がないから、今週はウォーキングを控えた。2日(土)の道場稽古は出てみたが、やっぱり左膝が痛くてうまく踏み込めない。剣道の方も、練習量を減らさないと拙いでしょうね。

長男に桜咲く
2月28日(木)朝はドキドキで過ごした。都立高校入学試験の結果が発表され、長男はなんとか合格を果たした。試験の後の自己採点の結果があまりにも芳しくなかったので、本人も親もかなり不安だったが、これは本人だけでなく、他の受験生にとっても難しかったということなのだろう。都立も中高一貫校が増えて、一般入試枠は長男の志望校の場合は男子27人しかなかった。それを倍近い51人で争うのだから大変だ。

すべり止めで一応合格をいただいている私立高校もそれなりの学校だと思うし、財布の中身を心配しなくていいのならその高校の方が長男にとっては大きく成長できる機会を与えてくれると思うのだが、いかんせん我が家の財政状況では3人兄弟の2人を私立に通わせる余裕はない。そう考える親が多いから、私立よりも公立が選好される傾向が強くなり、競争倍率が高くなったのだろう。景気が良くないことの裏返しみたいだ。

今回の教訓は、地元の公立中学から一般入試で高校を受験させるのはリスクも高いということである。3年後には長男の大学受験とともに次男も小6になるわけだが、すごい受験勉強をさせるつもりはないにせよ、公立に入れる可能性を高めようと思ったら、中学から受験させた方がいいのかなという気がしている。

何はともあれ、長男はよく頑張りました。この2年間、本当によく頑張った。それを支え続けた妻もお疲れさまでした。東京での高校入試を経験したことがない僕には、進路選択について発言できることはほとんどなかったので、見守るしかなかった。おめでとう、そして、お疲れさまでした。

暴風雪予報の中、札幌へ
今週は、日曜も含めて木曜日までは全く別の仕事で忙殺されていて、28日(木)は睡眠時間わずか3時間半で朝も7時半に出社してその仕事を片づけるのに難儀したが、翌3月1日(金)から2日(土)にかけて、札幌に出張した。僕がメインの仕事ではなかったので、事前の準備はロジスティックス面の手配を除いたら軽めで良かったのだが、前日まで全く別の仕事をやっていたことを考えると、同行して下さった方には大変ご負担をおかけしたと申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

さて、この週末の北海道といえば暴風雪だ。天気予報では2日(土)は暴風雪の予報。1日目の仕事を終えて宿舎に戻った頃は雪は雨に変わっていたし、夜更け過ぎにその雨も上がり、2日朝は晴れ間も見えていたので、午後イチのフライトが飛ばない可能性はないだろうと安心した。僕の帰りのフライトは13時30分発で、その頃の新千歳空港は風は強まっていたけれど、雪はチラつく程度だったので、飛行機は予定通り飛んだ。

しかし、その飛行機が羽田空港に着いた頃には、15時以降の千歳発のフライトは早々に欠航がアナウンスされていた。同行して下さった方はもう1日札幌に残って取材を続けられることになっていたが、17時過ぎに連絡が入り、取材地から宿舎に戻るためのタクシーを拾うのに苦戦中だと仰っていた。既に猛吹雪に襲われていたのだ。僕のフライトは間一髪セーフだった。

幸い、札幌地方の猛吹雪は土曜夕方から夜にかけてで、翌3日(日)は天候が回復したそうで、その方は夕方のフライトで予定通り帰京された。

札幌の人に言わせると、今年の気候は異常で、3月にこんなに雪が降ることは珍しいのだという。僕達も2月の方が雪でフライトが欠航するリスクが高いということで出張時期を3月にずらしたのに、結局あまり意味がなかった。今回の暴風雪では9人もの方がお亡くなりになられており、北海道の冬の厳しさを改めて痛感させられる事態となった。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りしたいと思います。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0