So-net無料ブログ作成

このままでいいのか、若者の失業 [ブータン]

11月15日に開幕した秋期国会で、若者の失業の問題が取り沙汰されている。ここで政府の人と話していても、「若者の失業率の高さは問題だ」との声を頻繁に聞く。選挙で選ばれる為政者からすると、この問題にしっかり取り組んでいるポーズは見せないと、次の選挙で再選されないから余計にこの問題を取り上げる。そういう政治家に尻を叩かれるから、政府は雇用機会を作ろうと躍起になる。政府が雇用を保証できるわけでもないのに、メディアで飛び出すのは、雇用機会を作るのは政府の責任だとの論調である。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

若者の失業率、13.2%に上昇
Youth unemployment rate reaches 13.2 percent
Kuensel、2017年11月24日、Yangchen C Rinzin記者
http://www.kuenselonline.com/youth-unemployment-rate-reaches-13-2-percent/
2017-11-24 Kuensel.jpg最新の労働力調査2016報告書(LFSR)のドラフトによると、ブータンの失業率は2015年の2.5%から2016年には2.1%に低下したものの、若者の失業率は10.7%から13.2%に上昇しているという。男女別で見た場合、女性の若者の失業率は12.7%から11.0%に低下したのに対し、男性の場合は8.2%から16.4%に急上昇している。居住地別では、地方部が4.8%から9.9%に上昇したのに対し、都市部では、28.0%から23.3%に低下した。労働人材省の「2016/17年度ジョブプラン」によると、想定求職者17,880人に対し、8,000人は通常の経済活動において吸収、2,500人は一般職業訓練、1,600人は有期雇用やインターンシップ、残る5,780人は「ジョブプラン」の対象外とし、自営、海外雇用制度や伝統工芸品促進機構(APIC)の研修等での吸収が想定されていた。2017/18年度のジョブプランの想定求職者数は19,363人とされる。このLFSR2016報告書は、同時期に行われたブータン生活水準調査(BLSS)2017、国勢調査(PHCB)2017でも同様に雇用状況を訊く質問があったため、異なる失業率統計値が存在する混乱を避けるため、政府により公開が見合わせられている。パンバン選出のドルジ・ワンディ議員によると、失業者の多くは大学卒業生で、その57%がティンプー、パロ、サムツェに集中。1,832人は2年以上の失業状態にあり、1年以内の失業状態にある者も1,741人いる。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

求職者はデスクワークをしたがる:労相
Jobseekers prefer desk jobs: Labour minister
Kuensel、2017年11月25日、Yangchen C Rinzin記者
http://www.kuenselonline.com/jobseekers-prefer-desk-jobs-labour-minister/
ケンカ・ウェリンガ選出のリンズィン・ジャムツォ議員は24日、労働人材大臣に対し、雇用機会は求職者数よりも多くあるのに埋まらない理由は何かと質問。これに対し、ニーマ・サンゲイ・ツェンポ労相は、10月時点で、登録求職者数は38,804人、これに対して、政府や企業、NGO、海外雇用等で27,290人は吸収、9,003人は一時的インターンシップで吸収したので、残る2,511人が失業状態にある、現在、水力発電事業、農業、観光、自営業、建設業等で3,626人分の求人があるが、それが埋まらないのは、若者の公務員志向が強すぎて、民間セクターでの仕事を好まないからだと回答した。サムドゥップジョンカルやゲレフ、パサカ等の工業団地では人材不足の状況にある。政府は民間33企業で1,263人分の雇用機会を設けたが、実際に求人に応募してきたのは少ない。皆プンツォリンやティンプー、パロといった都市部で働きたがると労相は付け加えた。「多くの若者はすぐに職を得られなくても困っていない。近くに頼れる人がいるから。このことが失業を助長している。」

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

僕も、この国の若者の失業率が高いのは、失業状態でいても困らない、誰かが助けてくれるからだと思っている。政府がいくら頑張っても、若者の仕事のえり好みが解消されるわけではない。工事現場に行けばそこで働いているのはインドからの出稼ぎ労働者ばかり。この出稼ぎ労働者に払っている賃金よりも高い賃金を払うと言っても、ブータン人はなかなか確保できないのが現状だと聞いた。

そういう、家族やコミュニティの寛容性というのは、ブータンのいいところでもあると思うが、そうした寛容性が失われてきた時がヤバい。都市で暇していれば余計なことを考える若者はきっといると思う。そういうのが、ソーシャルメディア上でのチャットで時間をつぶし、薬物に走る。それで済んでる間はいいが、いずれ治安の問題にもなってくるかもしれない。

普通に考えれば、クールな仕事をやりたがる若者を都市に留まらせずに、地方でもクールな仕事の機会を作っていくことなのだろうと思う。しかも、銀行融資の返済等で窮せずに、とりあえず食っていくのには困らず、でもネットにはつながっていられて、人からも頼りにされる仕事を。

ところで、このブログの管理人は一応匿名なので、「〇〇さんのブログでも書かれている通り」という言い方をして来られる方々への返答には相当苦慮します。確かに僕はここで取り上げた新聞報道等のネタを普段の会話でも引用することはたまにありますが、そこは大人の事情にもご配慮いただき、話を合わせてやっていただけると幸いです。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント