So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『2018世界はこうなる』 [仕事の小ネタ]

2018世界はこうなる The World in 2018 (日経BPムック)

2018世界はこうなる The World in 2018 (日経BPムック)

  • 作者: 日経BP社
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2017/12/19
  • メディア: ムック
内容紹介
英Economistの別冊「The World in 2018」日本版の独占翻訳権を日経BP社が昨年に引き続き獲得、邦題「2018 世界はこうなる」として発行する。40カ国で毎年発行されている「The World in」は、クオリティと信頼性に富む世界予測として高い評価を得ている。今回は朝鮮半島や中国などアジア情勢、テクノロジーがビジネスやファイナンスに与える影響、といった日本読者の関心が高い記事を取り揃える。英語版からの翻訳記事に加え、著名な半島ウォッチャーによる寄稿など日本版オリジナル記事も用意する。読者は国際情勢、経済、産業を俯瞰した良質な情報を得られる。

年末に日本に帰って本屋さんに行った際、なんとなく手に取ってページをパラパラとめくってみて、ブータンのツェリン・トブゲイ首相の寄稿が載っていたので即買いしてしまった。日経BPの内容紹介には明記されていないが、このムックには「幸福」に関する特集も掲載されている。ここがメインで僕は購入した。

記事の項目は以下の通り。
◇今、幸せ?(Happy now?)
◇幸せの限界(Joy confined)
◇レ・ミゼラブル(Les miserables)
◇ビジネスに微笑みを(Making business smile)*トブゲイ首相の寄稿


このタイトルからもわかる通り、首相の寄稿は以前もご紹介した「ビジネスのGNH(Proposed GNH of Business)」試作の背景にある首相の問題意識を文章化した形になっている。この辺のことは昨年11月にティンプーで開かれたGNH国際会議の冒頭の首相演説の中でも聞いたことはあるが、文章になったもの、それも日本語に訳されたものは初めてだと思う。GNH研究者は日本にも何人かいらっしゃると聞くが、この寄稿は読んでおいても損はない。

「今、幸せ?」は、個人レベルでの幸福感について、今までに何がわかってきているのかをコンパクトに俯瞰できる記事となっている。「常時インターネットに接続していると生産性を損なう」という議論は、生産性と幸福度をごちゃまぜにしている感じがするが。確かに、「社員がどこにいても仕事を続けさせる方法がいくらでもある時代」は宜しくない。残業時間は減らされる傾向にあるように思うが、職場にいなくても仕事は追いかけてくる環境だ。会社も、「早く帰れ」とは言うけれど、「仕事は片付けられなくてもよい」とは言ってくれない。期限を切られた作業依頼は容赦なく飛んで来る。生産性を上げて勤務時間内で仕事を片付けられればいいじゃないかと言われるが、僕のような凡人としてはやれる限りの努力はしても、それでもまだ頑張れと言われているような気がして、仕事の効率化の議論を聞いていると空しくなることは多い。

勤務時間内での仕事の能率をMAXに上げて、定時ですっきり帰って職場外では仕事のことは考えないというのが理想だと思うが、自分ではそうやろうと思っていても、能率をMAXまで上げる部分での価値観が共有できていない職場で、仕事を終わらせてないのに定時で帰ってしまう人と一緒に働くのは、残される人間にはストレスあるなぁ。どことは言わないけど(笑)。

また、Facebook等のソーシャルメディアは、既に大勢の交流相手がいる人の幸福感を高めるのには役立っているが、元々孤独な人々にとっては、他の人々が社交を楽しむのを眺める手段に過ぎず、かえって孤独感を募らせるというのは、ちょっと腑に落ちた。ソーシャルメディア上での発信は、描き方によっては読み手に不快感を与えることもあると思うので、ネガティブ感を孕んだ発信はなるべくしないように気を付けるし、ポジティブ感を含んだ発信も、あまり頻繁になると「リア充」アピールと捉えられるかもしれないと思って自主規制をかける。

「幸せの限界」には、以前読んだキャロル・グラハム『幸福の経済学』に載っていたのとよく似た記述があるので、簡単な復習にはなった。「レ・ミゼラブル」は、国レベルでの幸福度の比較の話である。本稿によれば、今最も国民が不幸な国は南スーダンだと断言している。

首相の寄稿は本当は原文でも読んでみたいのだけれど、エコノミスト誌の「The World in~」シリーズは、アマゾンでは取扱いがないらしく、キンドルでダウンロードすることも出来ずに困っている。ティンプーにこういうのを閲覧できる公共図書館でもあればいいのになぁ…と思う。

The Economist: World in 2018 [UK] Special (単号)

The Economist: World in 2018 [UK] Special (単号)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: The Economist Newspaper Limited
  • 発売日: 2017/11/29
  • メディア: 雑誌


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント