So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ソトコト2018年5月号「人の集まっている場所のつくり方」 [読書日記]

ソトコト 2018年 5月号 Lite版 [雑誌]

ソトコト 2018年 5月号 Lite版 [雑誌]

  • 出版社/メーカー: 木楽舎
  • 発売日: 2018/04/05
  • メディア: Kindle版
内容紹介
【特集】人が集まっている場所のつくり方~なぜそこに人が集まるの? 答えはここに!
地域に行くと気になるお店や施設が増えました。そんな中でも最近は「よろず性」の高い場所が生まれています。「よろず性」とは、カテゴライズされない包容力と“横断力"のこと。本業はカフェであったり、イベントスペースだったり、バーだったり本屋だったりするのだけれど、そのときの気分や、参加する人たちの嗜好や時間の移ろいなどで、かたちを変えて、人が吸い寄せられる場所。「よろず性」のある場所には、世代を超えてさまざまな人たちが関わり、まちが幸せになるおもしろいプロジェクトが誕生しています。今、人が集まっている場所には、新しいパワーがあります。全国の人が集まっている場所と、そのつくり方の特集です。

先週末、ティンプー、パロの1つ先の谷にあるハに行って、民泊を経験してきた。たまたまその宿泊先にブータン観光評議会(TCB)の方を含む何人かのエコツーリズム振興に関係しそうな方々が止まっておられたので、ボカリ(ストーブ)を囲みながらいろいろなお話を聞くことができた。

「JICAがビジターセンターをハに作ってくれたので、それが完成したらハもお客さんが増える」と、日本人の僕に対して感謝する声が多かった。このハのビジターセンターのことを日本では「道の駅」と称しているらしい。まあ名称はともかくとして、ハで会った多くの人が、「ビジターセンターができればもっとお客さんが来てくれる」という、受け身の楽観論ばかりを仰っているのが気になった。一度で訪問された人ならお分かりかと思うが、ハは閑散とした農村であり、市街地もあるにはあるが、歩けば5分で通過できてしまう。週末の野菜市場を除けば、人が大勢集まるようなこともない。観光客にしても、パロ、ティンプー、プナカの次じゃないと名前が挙がって来ないところだ。

この優先順位を変えさせる営業努力をしないと、観光客はハまでは来ない。特に、日本人の場合、欧米人よりもブータンでの滞在日数が少し短いため、余計にハにまで足を運ぶ時間的余裕がない。そういう状況の中で、「日本人もっと呼んできてよ」と振られてもね~。受け身の楽観論の根拠が僕にはよくわからない。

そんな中で、今週、『ソトコト』の最新号をキンドルで購入し、息抜きで読んだ。特集内容に惹かれたので即買いした。買って十分元が取れるぐらいに豊富な情報だと思う。特集で紹介されていた日本各地の取組みは以下の通りである。

『LIGHT HOUSE』から生まれる“西海岸”の起業文化。(山形県酒田市)
街のコンビニで盛り上がる、昼下がりのDJイベント。(場所非公開)
空間と関係性を築く“DIT”建築集団『TEAMクラプトン』。(神戸)
まちと人との出会いを生み出す、『正徳寺』浦霧慶哉さん。(佐賀県白石町)
「HELLO GARDEN」は、“暮らしの実験場”です。(千葉市)
盛岡市の『フキデチョウ文庫』は、地域に「癒着」していく、みんなの居場所です。(盛岡市)
『本町しもたや』がつくるシェアリビング。(群馬県高崎市)
『グランドレベル』の田中元子さん流、能動性を生み出す場所づくり。(東京都墨田区)
人が集まっている場所のつくり方Q&A。
(コミュニティスペース「まぶや」(鳥取県大山町)/クラフトフェア「津軽森・つがるもり」(青森県)/コミュニティスペース「ギルド」(別府市))
『日本仕事百貨』のナカムラケンタさんが、人が集まる「しごとバー」を始めたワケ。(東京都江東区)
暮らし体験型シェアハウス『COM(M)PASS HOUSE』がつくる未来。(長野県飯田市)

ハの集客はともかくとして、これらのケースからわかることは、皆さん考えて考えて、考え抜いて様々な仕掛けや工夫をなさっているのだなということである。受け身ではなく、攻めておられるのである。そして、こうしたモデルを作られた方々の多くは、一度は別の企業や組織で働いておられた方ばかりでもあった。昨日のブログポストでも疑念を呈した、大学卒業してすぐ起業というパターンの人はあまりおられない。

また、考え抜かれているわりにはあまり費用をかけずに立ち上げられている取組みもある。千葉市のHELLO GARDENなんかはまさにそれですね。「能動性を生みだす場所づくり」というのがブータンの地方にもあるといいのだろうけどね。レストラン&バーと名のついている地方の定食屋のボカリ周辺は、温まりに来た地元の人たちで混雑するというのはあるが、何となく東京で仕事帰りに立ち寄る一杯飲み屋みたいな風情で、ちょっと違うかなという気もする。週末しか開かない野菜市場にもっといろいろな機能がくっ付いていったらどうなるだろうかと考えたりもする。

さて、話はハに戻すが、民泊の目的は民泊の様子を知ることであったが、ネットもつながらない環境の中で、読書だけはすごく進んだ。自宅にいるとついついテレビのスイッチに手を伸ばしたくなるとか、カウチに座ってジャンキーなものを食べたくなるとか、かといって街に出てカフェで読書していると知っている人に会ってしまうとか、そんなこんなでなかなか読書が進まないというのがあるが、閑散とした静かな農村でボーっと過ごす中で、できることといったら読書しかない。しかも、誰も知っている人に会わない。これはいいな~と改めて思った。

なんかまとまりのない記事でごめんなさい。

nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント