So-net無料ブログ作成

所得格差⇒地価高騰⇒若者の犯罪 [ブータン]

所得格差、第11次五カ年計画期間中に拡大
Income gap widens in 11th Plan
Kuensel、2018年7月5日、Tshering Dorji記者
http://www.kuenselonline.com/income-gap-widens-in-11th-plan/

2018-7-5 Kuensel.jpg
【ポイント】
今年6月末で終了した第11次五カ年計画の成果に関する記事。間もなく公表される同五カ年計画最終報告書の内容をベースに、主要達成指標(KPI)であった、①所得貧困率の5%以下への引き下げ、②ジニ係数の0.3未満への引き下げ、について、いずれも目標未達で終わったことを指摘。①については、12%(2012年)から8.2%(2017年)へ、②については0.36(2012年)から0.38(2017年)に微増。所得五分位階級別で第Ⅰ~第Ⅲ分位の個人の一人当たり消費額は5年間で減少したのに対し、第Ⅳ~第Ⅴ分位では増加し、第Ⅰ分位と第Ⅴ分位の格差は7倍に拡大した。

◇◇◇◇

経済成長、金融アクセス、土地希少性、送金により、ティンプーの地価は高騰
Economic growth, access to finance, land scarcity and remittances lead to skyrocketing land prices in Thimphu
The Bhutanese、2018年6月23日、Tenzing Lamsang記者
https://thebhutanese.bt/economic-growth-access-to-finance-land-scarcity-and-remittances-lead-to-skyrocketing-land-prices-in-thimphu/

2018-6-23 TheBhutanese.jpg
【ポイント】
経済危機に見舞われた2013年、ティンプーの地価は30~40%の急落を記録したが、2014年に下げ止まり、2015年は回復基調に入ったが、2017年、2018年はさらなる急騰を見せ、2012年のピークを上回るようになった。最近の例では、市内南部のオラカ地区の土地が、売出し後わずか4分で、0.1エーカー当たり85万5000ニュルタムで売買成立した。この土地の昨年の地価は50万ニュルタムだった。地価の高騰は、単純に需要が供給をはるかに上回っているから起きているが、その背景には見出しで挙げられた要因がある。(送金とは、オーストラリアや米国で暮らすブータン人が、渡航先で稼いだお金を元手に、帰国後最初に行うこととして土地の購入があるから。)

◇◇◇◇

過去五年間で4,942人の若者が逮捕
4,942 youth arrested in the last five years
Kuensel、2018年7月7日、Tashi Dema記者
http://www.kuenselonline.com/4942-youth-arrested-in-the-last-five-years/

2018-7-7 Kuensel.jpg
【ポイント】
王立ブータン警察が公表した2017年版犯罪統計によると、警察に届け出のあった犯罪の件数は、全国で2013年の2,926件から2017年の4,081件に、約40%の増加。この数字は、2,093件だった2016年との比較では94%もの急増となる。特にティンプーでは921件(2016年)から2,409件(2017年)へと161%もの急増を見せた。警察に届け出のあった犯罪総数の41%はティンプーに集中。

◇◇◇◇

この3つの報道を並べてみると、所得格差がティンプーの地価上昇にもつながり、そしてティンプーの治安の悪化にもつながっているというイメージを読者に抱かせるだろう。地価の話はむしろ添付の表をクリックして拡大して見てもらいたいが、これが現在のティンプーの地価の相場だというのでご参考まで。

ブータンで暮らしていてすごく違和感があるのは、市中を走っている車がものすごく豪華で高価だということだ。僕が日本でとても手が出ないようなSUVを乗り回している人がものすごく多い。なんでこんな高級車に乗れるのだろうか?どうやってファイナンスしてるんだろうか?疑問に思っていても実際に調べたことはないが。土地だけではなく、高級車も購入できる人がいるということは、購買力がそこそこあるグループがブータンにもあるということなのだろう。

ちょっと溜飲を下げたのは、日本に行ってもお金が貯まらないというのを暗に言われているようなThe Bhutanese紙の記事内容だったからだ。オーストラリアや米国ならお金を稼げるが、日本の場合は生活費が高くつくらしく、持ち出しが相当あるからか、土地や高級車の購入に走る人はあまり多くはないようだ。

そして、地価や車の台数と同様に増加傾向にあるかもしれないのが、犯罪件数である。このクエンセルの記事は結構長いので、要約も記事冒頭の数段落のつまみ食いでしか書いていない。実際の記事は3ページにもまたがる長いものなので、気になる方は是非全文を読んでみて下さい。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント