So-net無料ブログ作成

『麒麟児』 [読書日記]

麒麟児

麒麟児

  • 作者: 冲方 丁
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/12/21
  • メディア: 単行本
内容紹介
『天地明察』の異才が放つ、勝海舟×西郷隆盛! 幕末歴史長編!慶応4年3月。鳥羽・伏見の戦いに勝利した官軍は、徳川慶喜追討令を受け、江戸に迫りつつあった。軍事取扱の勝海舟は、五万の大軍を率いる西郷隆盛との和議交渉に挑むための決死の策を練っていた。江戸の町を業火で包み、焼き尽くす「焦土戦術」を切り札として。和議交渉を実現するため、勝は西郷への手紙を山岡鉄太郎と益満休之助に託す。2人は敵中を突破し西郷に面会し、非戦の条件を持ち帰った。だが徳川方の結論は、降伏条件を「何一つ受け入れない」というものだった。3月14日、運命の日、死を覚悟して西郷と対峙する勝。命がけの「秘策」は発動するのか――。幕末最大の転換点、「江戸無血開城」。命を賭して成し遂げた2人の“麒麟児”の覚悟と決断を描く、著者渾身の歴史長編。

皮肉なもので、帰国して最初の仕事は、日本史の学び直しとなった。僕の日本史といったら、政治史に関しては徳川三代将軍・家光の頃で終わっているし、幕末から明治・大正・昭和に至る近現代の歴史といったら、イザベラ・バードら外国人による日本旅行記か民衆史、あるいは仕事で集中して読んだ繊維産業の歴史ぐらいの読書しかしていない。政治外交史というのは、僕にとってはまったく不勉強だった領域だ。

それを今さら学術書を読んでにわか勉強したって、有識者はおろか、今の仕事に以前から関わっておられた関係者の方々には遠く及ばないし、政治外交史のエキスパートになるわけではないから、大雑把にではあっても政治外交史はつかんでおいて、自分の勝負は別の場で行うというのが、知識弱者である僕の戦術だと自覚する。

そこで考えられる方法論は2つある。1つは、引き続き自分の関心のある近現代史の領域で自分の理解を深めることであるが、もう1つは、自分にとっては不勉強な近現代の政治外交は、それを扱った小説を読むことでお茶を濁すというものである。特に、幕末から明治初期は、小説で扱われることが多い。海音寺潮五郎は西郷隆盛が登場する作品をライフワークとして度々発表したし、他にもかなりあるだろう。

ということで、本日ご紹介する小説は、冲方丁の『麒麟児』である。

内容紹介にもある通りで、この作品の主人公は勝海舟で、江戸城無血開城を実現させ、比較的平和裏に江戸時代から明治時代への移行を可能にした勝・西郷会談を中心に描かれている。「なぜ徳川慶喜は徹底抗戦しなかったのか?」という、有識者が不勉強な僕らに投げかける最初の質問に、作家個人の解釈になるとはいえ、筋道だてた回答をくれる作品になっている。同種の作品としては、海音寺潮五郎『江戸開城』を読んだことがあるが、それから半年以上たっているので、記憶をリフレッシュするには、江戸開城を扱った別の作品を読むのでもいいかと僕は考えた。

また、海音寺潮五郎の『江戸開城』は、どちらかというと西郷側の史料をベースにして描かれていた史伝だが、冲方作品は、先ず一次史料には当たっておらず、歴史解説書を参考にして書かれた、勝側の視点からの小説に仕上がっている。不利な状況の中から交渉で、将軍慶喜に少しでも有利な条件を引き出していく、ギリギリの駆け引きの部分が本書の醍醐味だが、少なくとも勝側のポジショニングについてはある程度明らかにしてくれているので、臨場感を持って読みやすい。

そして、本書は、僕にとっては初・冲方作品ということになる。読み始めたのは里帰り中の岐阜、読了したのも岐阜である。冲方丁は岐阜県生まれ。その後ほとんど岐阜色を感じさせない作品ばかりだが、なるほど、岐阜には生まれてから4歳になる頃までしか暮らしていなかったらしい。それでも、岐阜県出身の作家推しの僕としては、長らく未読放置していたのが申し訳ない人気作家の1人であった。

帰国し、歴史小説を読むという新たなテーマの中で、冲方作品を読むというのは必然の流れだったかも。ただ、もう少しこの作家の作品を読んでみないとなんともいえないけど、主人公が何をやった、誰に何をどうしゃべったかという、フィクションの部分の場面描写を結構端折って、事実を淡々と述べている記述が結構多くて戸惑った。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント