So-net無料ブログ作成

『転職の思考法』 [仕事は嫌い]

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

  • 作者: 北野 唯我
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2018/06/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容(「BOOK」データベースより)
転職に必要なのは「情報」でも「スキル」でもなく、確かな「判断軸」である。一生食えて、心から納得のいく仕事を見つける方法。

帰国してまる1カ月が経過した。新しい仕事の内容についてはブログの中でもチラホラと言及しており、そこからご想像いただくとして、正直言って僕は適応障害を起こしており、仕事の内容の激変に戸惑いを感じている。人に英語を話させる仕事ではあっても、自分自身が英語を話さなければならない仕事では必ずしもないし、前の仕事内容との関連性はゼロに近い。

そういう仕事の内容だというのは最初の1、2週間でわかってしまった。特に僕自身がつらいなと感じたのは、繰り返しになるが前職との仕事内容の関連性のなさである。僕が前任地でやってきたことに対する関心は今の職場ではほとんどないし、それが評価されることはこの1カ月全くなかった。自分の持ち時間の1割程度は費やして、別の部署の仕事はやってもいいと言われるが、1カ月仕事してみて、そんな余裕は全くないことがよくわかった。前任地で磨いたスキルや培ったネットワークが全く生かされないだけではなく、それを維持発展させていくことですらここでは難しい。

それに輪をかけて、新たなタスクが次々振られようとしている。さすがに僕自身も先月後半は開き直り、振られかけたタスクを断るどころか、そもそもそんなタスクの必要性に関して疑念を公言するようになった。そんなのに俺の貴重な時間を奪うなと…。遠慮しなくなった。

本書はそんな時に読んだ。カッカした頭を大型連休中に整理するために読んだものである。連休も今日で最終日だが、連休中にできるだけ多くの人に会って話を聞き、年老いた両親の今の健康状態も確認してきた。完全に頭の中が整理できたわけでもないのだが、連休明けから僕自身がやるべきことはだいたい明らかになってきた気がする。

本書は、正直言うと、30代や40代で転職を考える人向けに書かれているような気がする。小説調になっているが、主人公は30代の中堅社員である。従って、本書が僕に向いていたかと訊かれれば、ちょっと疑問である。僕は50代半ばである。本書の目的は、「一生食えて、心から納得のいく仕事を見つける方法」を伝授することだという。僕は30代前半で、そういう意味での転職は既に一度してしまっているので、ここまで働かせてもらったという時点で、本書で描かれているような転職はできたものだと思っている。

しかし、重要なのはここからである。今、自分がやらなきゃならない仕事が何なのかは割とはっきり見えていると思うし、それは心からやりたいと思える仕事でもある。今の仕事を細々とでもやりつつ、いかに自分がやりたいと思えることに時間をより多く配分するかが今の自分の最大の課題である。これからしばらくは波乱もあると思うが、多忙を自分が本来やらねばならないことをやれない言い訳にすることだけは避けたいと思う。

タグ:北野唯我
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント