So-net無料ブログ作成

『サステナブルツーリズム』 [持続可能な開発]

サステナブルツーリズムー地球の持続可能性の視点から

サステナブルツーリズムー地球の持続可能性の視点から

  • 作者: 藤稿 亜矢子
  • 出版社/メーカー: 晃洋書房
  • 発売日: 2018/06/10
  • メディア: 単行本
内容紹介
世界で急速に拡大化する観光産業に、今何が求められているかーーー。
「地球環境の持続可能性」について考えることは、現在および将来の観光のために避けて通れない課題である。必要不可欠なグリーン施策や多くの実例も紹介しつつ、有限な地球で求められるサステナブルツーリズムの本質を学ぶ。

これは僕が読書メーター上でフォローしている読書家の方が薦めておられるのを見て、帰国したら図書館で借りて読んでみようと思っていた本である。曰く、「これからの観光業を目指す人のための教科書。持続的な観光がなぜ必要か、どんな観光が求められるのか、どのような観光のことをいうのか、丁寧に整理する」と紹介しておられる。実際、非常に丁寧に書かれており、しかもSDGsの議論の中でのツーリズムの位置付けもしっかり踏まえて描かれている。

読み始めるにあたっての僕の問題意識は、「エコツーリズム」と「サステナブルツーリズム」は、どこがどう違うのかという点だった。少し前まで僕がいたブータンでは、日本のNGOの方がJICAの草の根技術協力事業で、「コミュニティに基づくサステナブルツーリズム(CBST)」という概念に基づくプロジェクトを実施されていた。実際CBSTを冠としたFacebookのページもあり、今でもたまに更新されているが、2018年1月にプロジェクトを終了してから、「CBST」という言葉を聞く機会が激減した。

それに代わって出てきたのが、「エコツーリズム」という言葉である。

エコツーリズムという名前で、JICAの草の根技術協力事業が入っていたハ県も対象として、地域の能力開発に取り組むということになっている。ファンディングはUNDP。「エコツーリズム」という言葉はICIMOD(国際総合山岳開発センター)もよく使っていたから、このままだとCBSTという言葉はエコツーリズムに置き換わっていくだろう。ブータン政府はその時にお金を出してくれるドナーの言うことは聞く。ハ県にとっても、どこであろうと今カネを出してくれるところがありがたいとなる。

先のNGOのプロジェクトは2018年1月に終了したが、終了後、JICAがその成果を引き継いで、「CBST」の概念普及をもっと後押ししていたら、今とは違った状況になっていたかもしれない。もっとも、プロジェクト終了前に、この実施団体が「CBST」の概念普及に積極的に取り組んでいたかといえばそうでもなく、JICAにそれが引き継がれなかったのにも、何かの事情があったのかもしれない。

UNDPだって「持続可能な開発」やSDGsを謳っているわけだから、「サステナブル」がうまく受け継がれずに「エコツーリズム」になってしまったのは、ちょっと残念だ。SDGsでは、複数のターゲットで「サステナブルツーリズム」という言葉が使われているではないか。また、ハ県が2018年5月にリリースした「ツーリズム行動計画(2018-2023)」でも、取りあえずは「サステナブルツーリズム」という言葉は使われているではないか。

それで、結局「エコツーリズム」と「サステナブルツーリズム」に違いはあるのかというと、本書を読む限りは後者の方が概念としては広いらしい。ただ、これに「コミュニティ・ベース」という言葉を付けると、「サステナブルツーリズム」をより狭く捉えることになるため、「エコツーリズム」とさほどカバーする領域が変わらなくなってしまうようである。

まあ、とにかく、SDGsのスピリッツを継承するなら、「サステナブルツーリズム」を使うことにしましょう。一方で、サステナブルツーリズムの難しさは、実践者たるステークホルダーが、特定地域だけに限定されない点にあるようにも思える。総合旅行会社や旅行代理店、ツアーオペレーターやランドオペレーター、そして航空会社やバス会社、レンタカー会社、さらには団体客や個人旅行者に至るまで、「サステナビリティ」が意識されていないといけないわけだが、これらのステークホルダーの間での「SDGs」の認知度ってどれくらいなのだろうか。そもそも、航空機のようなCO2排出源を利用するツーリズムは、どこまで許容されるのか、今利用客が支払っている料金は外部費用を十分カバーしているのか、そのあたりのことはまだよくわからない。

なんか、これ読んでいたら、わざわざCO2 排出する外国人観光客の誘致を図るよりも、比較的排出量が少なくて済む、国内の観光客の誘致を図る方が先決なのではないかと思えてきた。

その一方で、本書の内容を踏まえて先述のハ県のツーリズム行動計画(2018-2023)を読み直してみると、意外と今のトレンドをうまく踏まえた、いい行動計画になっているのではないかと思えてきた。ハ県どころかブータンとのつながりが少なくなった今、わざわざ精読し直す気にはなかなかなれないものの、ブータンのツーリズム振興を考える上では、この行動計画はおススメだと言ってよい。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント