So-net無料ブログ作成

脆弱な人々とは [ブータン]

政策介入が必要な14の脆弱なグループを特定
Assessment identifies 14 vulnerable groups for intervention
Kuensel、2017年11月1日、Karma Cheki記者
http://www.kuenselonline.com/assessment-identifies-14-vulnerable-groups-for-intervention/

2017-11-1 Kuensel.jpg

【ポイント】
10月31日、ティンプーにおいて、「ブータン脆弱性評価レポート2016」がリリースされた。国連開発計画(UNDP)の支援により実施されたこの調査では、脆弱なグループとして、①物乞い、②法的紛争下に置かれた子ども、③支援が必要な高齢者、④歌や舞踊に従事する女性(Drayang)、⑤危険な性的行為を行う人々、⑥薬物やアルコールを摂取する人々、⑦障害者、⑧孤児、⑨非就学児童、⑩HIVエイズ影響下にある人々、⑪母子/父子世帯、⑫失業状態にある若者、⑬家庭内暴力の犠牲者、⑭脆弱な都市居住者、の14グループを特定、その各々について、原因、脆弱性、現行の政策制度枠組み、政策提言をまとめている。

例えば、⑫失業状態にある若者については、その原因として、個々人の学業成績、学校卒業生の増加に対して十分とは言えない就業機会、雇用者と求職者との間での期待感のギャップ、職業訓練の質と重点分野の問題などが、若者を失業状態に追いやる原因として挙げられている。失業状態にある若者は、健康リスクや社会的疎外に対して脆弱で、犯罪を犯す可能性が高い。

続きを読む


タグ:職業訓練
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感