So-net無料ブログ作成

非感染性疾患に取り組むには… [ブータン]

非感染性疾患が無償医療サービスの持続にとっての重荷に
Growing incidence of NCDs, a challenge to sustain free health care
Kuensel、2017年11月4日、Dechen Tshomo記者
http://www.kuenselonline.com/growing-incidence-of-ncds-a-challenge-to-sustain-free-health-care/

【ポイント】
11月3日から3日間の予定で、王立ブータン大学で始まった第3回医療保健学国際カンファレンスの冒頭、主賓として挨拶に立ったレキ・ドルジ経済大臣は、保健省が第12次五カ年計画で、非感染性疾患(NCD)対策予算の53%が各県に配分することにしており、これが地方の意思決定に大きな力を与えるだろうと述べた。

世界銀行のNCDポリシーブリーフによると、ブータンは人口転換の初期段階にあり、2025年までには高齢化率が4.4%から7.3%に上昇すると予測している。これに伴い、NCDの症例は増加が見込まれ、ブータンの疾病の62%が怪我を含めたNCDで占められ、感染症や母子健康関連の症例は38%に低下するという。

NCDが増えることで、医療費が急増し、多くの患者が外国医療機関に紹介されることに伴い、今後、基礎医療サービスの無償提供を持続することが大きな課題となってくると大臣は述べた。また、NCD関連のSDGsを達成するためには、NCDの早期発見、スクリーニング、治療を一次医療レベルで一体的に実施していくことが重要であり、そのためには監視システムの開発や医療従事者の能力向上が不可欠だと述べた。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感