So-net無料ブログ作成

『2011年の棚橋弘至と中邑真輔』 [読書日記]

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

  • 作者: 柳澤 健
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/11/16
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
「プロレスは最強の格闘技」というアントニオ猪木の思想は、総合格闘技の出現によって、完全に否定された。新日本プロレスは猪木から離れ、格闘技とは異なる、プロレスだけが持つ魅力を求めていくことになる。その中心にいたのが棚橋弘至と中邑真輔だった。だが、ふたりが歩んだのは、果てしなく続くイバラの道だった―。

発売日をご覧いただければわかる通り、これ、出来立てホヤホヤである。ゆえに、あまり書きすぎるとネタバレになる。ここまで1週間以上、お堅い話題ばかりを続けてきたので、ちょっと息抜きにでもと思い、久々に読んだ本の紹介をする。

ブータンに来て、娯楽も何もないこの国で、僕がハマっているのがケーブルテレビで見られるWWEロウ、スマックダウン、NXTといった一連のテレビショーである。最初はロウやスマックダウンは見ていなかったのだが、週末にだけ見られるNXTで、日本人レスラーが活躍しているのを知り、久々にプロレス番組を見るようになった。最初に見たのは女子戦線で連勝街道驀進中だったアスカ選手だったが、当時男子のNXTチャンピオンだった中邑真輔選手にも気付いた。その後、中邑選手の方が先に今年4月に1軍スマックダウンに昇格し、アスカ選手も10月にロウで1軍昇格を果たした。2人とも、今週末に行われる年1回のロウ-スマックダウン対抗戦「サバイバル・シリーズ」に両軍の主力選手として出場する。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ: