So-net無料ブログ作成

『ビジネス・フォー・パンクス』 [仕事の小ネタ]

ビジネス・フォー・パンクス

ビジネス・フォー・パンクス

  • 作者: ジェームズ・ワット
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2016/09/01
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
2007年に300万円で始めたクラフトビールの会社が、8年足らずで売上70億円を超える急成長を遂げる。熱狂的なファンを世界中でどうやって獲得したのか?ブリュードッグの奇跡のマーケティングを創業者本人が語る!

11月上旬、GNH国際会議で日本からお越しになられた方に、「面白いよ」といって薦められたのがこの本である。著者はスコットランドでクラフトビールの製造を始め、今では世界40カ国でクラフトビールのバーを展開している「ブリュードッグ」の創業者。タイトルからは想像できないが、起業し、事業拡大していく過程での、著者の思想や手法が詰まっている。

11月はGNH国際会議から始まり、グローバル企業家週間、そしてティンプーでのスタートアップ・ウィークエンドと、起業について考えるイベントが目白押しだった。個人的にも月末にはブータン商工会議所の方にお目にかかって「ブータンでのビジネスは特別であなたたちにはわからないだろうが」的な言われ方をしたばかりだったので(その割には、やろうとしていることは外国からの投資誘致だったりして、少しは外国のビジネスのやり方に歩み寄ろうと考えた方がいいんじゃないかとも思うのだが)、この本は、そういう、起業というものをブータン人的思考の枠組みの中でしか捉えていない人々に、原書で紹介したいとぐらいだ。

とても数えきれないぐらいにマーカーで線を引きまくった。全部を紹介するのは無理なので、特にブータン人の起業の捉え方との違いが鮮明だと思う箇所だけ抜粋してみる。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ: