So-net無料ブログ作成

『Common Wealth』(その5) [持続可能な開発]

連載シリーズ第4弾、といっても、シリーズとして第1弾から第3弾までと、第4弾をすっ飛ばして第5弾を掲載したのはなんと2年以上前の話で、その後下書き状態の第4弾を長きにわたって放置して今日に至った。その間、僕は某私大大学院の非常勤で履修生に持続可能な開発を語る立場になり、そのテキストとしても本書を使っている。本書を用いるきっかけとなったのは2015年8月に読了していて内容を知っていたからだが、その直後から非常勤講師の話はいただいていたので、すぐにシラバスに組み込み、既に二度にわたり講座で使わせていただいた。最近、今年度開講分として再読がようやく終わったので、過去の遺産に終止符を打つべく、この記事を完成させてアップしてしまうことにした。

地球全体を幸福にする経済学―過密化する世界とグローバル・ゴール

地球全体を幸福にする経済学―過密化する世界とグローバル・ゴール

  • 作者: ジェフリー・サックス
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2009/07/24
  • メディア: 単行本

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

本日は、著者の言う持続可能な開発に向けた戦略の枠組みについてご紹介する。

持続可能な開発を実行するには、何もしなければ地球とそこに住む僕たちが今後辿るであろう軌道に対して、3つの根本的な変化をもたらさなければならないという(pp.60-61)。
 
(1)短期間のうちに、地球規模で、持続可能なテクノロジーを採用すること。
   持続可能なテクノロジーとは、環境に負担をかけずに高いレベルの繁栄を可能にする。

(2)世界人口、特に最貧国の人口を安定させること。
   それができなければ、環境を持続させつつ経済的な繁栄を得ることはできない。

(3)最貧国が貧困の罠から抜け出せるよう支援すること。
   

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: