So-net無料ブログ作成

『2050年の技術』 [仕事の小ネタ]

2050年の技術 英『エコノミスト』誌は予測する

2050年の技術 英『エコノミスト』誌は予測する

  • 作者: 英『エコノミスト』編集部
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/04/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容(「BOOK」データベースより)
2000年代初頭、シリコンバレーの『WIRED』誌では、「日本の女子高生ウォッチ」なるコラムが人気を博していた。日本の多機能のガラケーとそれを使いこなす女子高生は、未来を先取りしていると考えたのだ。それは、iPhoneの未来を予測していた―。こうした未来を予兆する「限界的事例」を現在に求めてみる。アフリカではスマホで当事者間が金融決済をしている。BMWi3の車体は、炭素繊維を編み上げて造っている。テクノロジー予測で全世界的な信頼を持つグローバルエリート誌が総力をあげて大胆予測!

今からちょうど2年前のお正月休み、英週刊誌『エコノミスト』の未来予測『2050年の世界』を読んで、感想をこのブログに書いていた。あれから2年が経つが、この時ご紹介した本は僕の座右の1冊となり、この2年間のうちに僕が書いた論文やコラムで、都合3回引用させてもらった。『エコノミスト』は世界中で多くの人に読まれており、そこからの引用はそれだけでも箔が付く。来年の僕自身の活動を考えるにあたっても、今の世の中の技術開発の動向がどうなっているのか、トレンドをしっかり押さえつつ、それとさほど違わぬ経済社会開発の方向性をブータンにも提示していくことが必要かと思う。本当は原書で読めると良かったのだけれど、取りあえずは斜め読みでもいいので、何が書かれているのかを押さえて、その上で論文や自分のスピーチなどでの引用が必要な場合は、原書の方で記述を確認するような使い方を考えている。

原書はこちらになります。

Megatech: Technology in 2050

Megatech: Technology in 2050

  • 出版社/メーカー: Economist Books
  • 発売日: 2017/02/09
  • メディア: Kindle版

本書の目次を備忘録的に列挙しておこう―――。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ: