So-net無料ブログ作成

中小企業向け資本市場 [ブータン]

中小企業でも資本市場にアクセスできるように
SMEs to have access to capital market
Kuensel、2017年12月27日、Tshering Dorji記者
http://www.kuenselonline.com/smes-to-have-access-to-capital-market/

2017-12-30 TSE.jpg
《12月29日の東証大納会の様子。年明けに見学に行くつもりです》(読売新聞より)

【ポイント】
資金調達ギャップに対処するため、ブータン経済における小規模零細産業(CSI)の領域は様々なイニシアチブとともに拡大しつつある。ブータン王立証券取引所(RSEB)は、新優先セクター貸出(PSL)政策や経済刺激策の下でのリボルビング・ファンドの取組みなどを補完するため、中小企業(SME)ボードを立ち上げた。SMEボードは、資本市場から資金を調達する機会をSMEに提供するもので、RSEBはこれを、SME専用の個別委員会として立ち上げる。対象となるのは、企業法に基づき設立されたSME。

ブータンのCSIは、低コストの長期資金にアクセスすることができない一方、金融機関による担保付き貸付では、スタートアップ企業の借入れ能力を超えている。このため、新イニシアティブでは、SMEその他の新興企業が機関投資家から長期資金を調達すると同時に、持続可能なビジネス実践を促すためのプラットフォームを構築することが期待されている。

新規株式公開(IPO)の要件を満たさず、有価証券上場基準を正式には満たしていないが、さらなる事業拡大のために資本調達を希望するSMEまたはスタートアップ企業は、上場申請を行うことができる。このような企業は、機関投資家にのみ株式を売却できる。小口個人株主は、そのようなIPOに参加できない。例えば、新興企業が資本市場から資金を調達して事業拡大を望む場合、銀行や大企業のみがその株式を購入することができる。

続きを読む


タグ:証券市場
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感