So-net無料ブログ作成

『電動アシスト自転車を使いつくす本』 [持続可能な開発]

電動アシスト自転車を使いつくす本

電動アシスト自転車を使いつくす本

  • 作者: 疋田 智
  • 出版社/メーカー: 東京書籍
  • 発売日: 2016/08/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容(「BOOK」データベースより)
知っているようで実は知らない!電動アシスト自転車使いこなしガイド。ほんの少しの「電動アシスト」という力で、すべての人を自転車フレンドリーに。本書を片手に、電動アシスト、試してみませんか?電動のメリットがたくさん。気づかなかった電動アシストならではのノウハウ、目からウロコの使い方など、さまざまな発見が!本書の内容で、電動アシスト自動車バッテリー(約3万円)の寿命を長持ちさせる経済効果も。

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年の年明けは2年ぶりに岐阜の実家で過ごしています。昨年11月末に論文を1本書き上げてから1カ月、仕事をこなしつつ今まで後回しにしていた本をいろいろ読み、充電に努めているところです。ブータンに持って帰る本は購入し、取りあえず一時帰国中に読み終える本は図書館で借りて、この1年あまり読み込めなかった分を取り返すべくハイペースで読み込みを続けているところです。

そんな中で、今日ご紹介する1冊は、内容に自信がなかったので取りあえず図書館で借りて読み、良ければキンドル版を購入して座右に置いておくことを考えていた。読んでみて今の電動アシスト自転車とそれを取り巻く環境を概観する上ではかなり包括的な1冊だと思ったので、キンドル版を購入するつもりでいる。

2018年元日の記念すべき1冊は、そんなわけで、電動アシスト自転車を理解するための本である。その意味するところは、今年1年、ブータンで、いやティンプーで、電動アシスト自転車を普及させる取組みを進めるぞという宣言でもある。

イーロン・マスクの信望者であるトブゲイ首相は、電気自動車(EV)の導入に一時期燃えておられて、役人はそれを忖度して、今年7月から始まる第12次五カ年計画においても、EVの普及率引上げが達成目標の1つに掲げている。電源が水力であるこの国で、EV普及はありだと思うが、1台450万円もするリーブを購入できるブータン人はそうそう多くなく、タクシー等で導入されて以降、新車のリーブが走っているのは見かけたことがない。あと数年もすると、これらのリーブにガタが出てきて、整備修理のニーズが出てくる筈だが、それができる人材を育てていない中で、そんな時期を迎えるのは相当に怖い。廃車にするにしても、充電用バッテリーの処分制度どころか、車自体の廃棄についてルールが決められていない。どうなるのかを考えるとゾッとする。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感