So-net無料ブログ作成

海外雇用制度にたれこめる暗雲 [ブータン]

政府、反腐敗委員会に労働省技能実習制度の調査を指示
Govt. requests ACC to conduct thorough investigation into MoLRH’s training programs
BBS、2018年1月5日、Sonam Wangdi記者
http://www.bbs.bt/news/?p=87841

2018-1-5 BBS.jpg

【抄訳】
政府は、反腐敗委員会(ACC)に対し、労働人材省の各種技能実習プログラムを即時徹底調査するよう要請した。今日付けの報道によると、首相官邸は、特にインドと日本での技能実習制度の委託先への発注に関して、労働人材省内で汚職腐敗が行われていた可能性について匿名の苦情が複数寄せられたとして、ACCに調査を求めたという。これに伴い、労働人材大臣は、調査プロセスが完了するまでの休暇を申請。 これは、大臣からの干渉なく独立性の高い調査を確実に遂行するための措置。報道によると、首相は国の利益のために大臣の休暇申請を受理したと述べている。首相は、ACCの調査が終了するまでの間、同省業務を兼務する。

◇◇◇◇

日本での技能実習についても対象だそうなので、これに関する報道は今後も要チェックですね。
既に選抜された日本語の勉強をしている若者たちに影響が出ないといいけれど…。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感