So-net無料ブログ作成

財政の分権化に関する報告書 [ブータン]

財政の分権化は12次五カ年計画とSDGsの目標達成の鍵
Fiscal decentralization key to achieving the 12th Five Year Plan and the Sustainable Development Goals
2017年11月7日、UNDPブータン事務所ホームページより
http://www.undp.org/content/bhutan/en/home/presscenter/pressreleases/2017/11/07/fiscal-decentralization-key-to-achieving-the-12th-five-year-plan-and-the-sustainable-development-goals.html

2017-11-7 UNDP.jpg

【ポイント】
11月6日、国連開発計画(UNDP)及び国連環境計画の支援を受け、地方行政局(DLG)は、現在の財政分権化の枠組み改善の方向性を示す新たな報告書を発表した。第12次五カ年計画では、地方自治体は計画期間中の予算配分の50%を受け取ることになっており、この報告書はそれを裏打ちする適切な時期に公表されたといえる。

報告書は、国の歳入の一部を準国家借入れに配分して行われる中央から地方への適切な資金支援のあり方を規定した憲法18条に言及し、資源配分公式、政府業績管理システムとの連携、自治体レベルでの独自財源、中央・地方での歳入シェアメカニズム、財政分権化を計画・実施する地方行政の能力強化等に関して9つの提言に纏められている。

GNH委員会は、ブータンの新しい地方分権化政策にこれらの評価結果と提言内容を反映させるよう、DLGに求めている。

報告書は、UNDPと国連環境貧困 - 環境イニシアチブ(PEI)の支援を得て作成された。このプログラムは、ブータン政府が開発の優先事項と環境の持続可能性との間でいかにバランスをとるかという課題への取組み能力の強化を支援するため、2007年からブータンで活動してきた。GNH委員会、DLG、財務省と連携、政策決定、計画、プログラムに、ジェンダー、環境、気候変動、災害リスク削減、貧困削減等の取組みを反映・統合させていくことを目的としてきた。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ: