So-net無料ブログ作成

これからの5年間(タシヤンツェ) [ブータン]

タシヤンツェ、次期計画で4000人以上の観光客を誘致
Yangtse targets more than 4,000 tourists in 12th Plan
Kuensel、2018年1月23日、Younten Tshedup 記者
http://www.kuenselonline.com/yangtse-targets-more-than-4000-tourists-in-12th-plan/

2018-1-23 Choeten Kora.jpg
《チョルテン・コラ》

【ポイント】
タシヤンツェ県は、1992年にタシガン県より分離、コロンチュ川の渓谷沿いに開け、チョルテン・コラという、ボダナート型の大型チョルテンが有名。「縁起の良い富の要塞」という意味で、県内に幾つかの巡礼地が分散している。県内には、絶滅危惧種オグロヅルの避寒飛来地の1つであるブンデリン野生動物保護区を含む幾つかの自然保護区がある。

こうした豊かな観光資源にも関わらず、2016年に同県を訪れ、宿泊した観光客数は、1000人にも満たない。隣りのタシガン県の4300人とは対照的な数字である。従って、第12次五カ年計画でも、タシヤンツェ県の最優先課題の1つが観光誘致とされている。同県計画官によれば、劣悪な宿泊施設や道路アクセス、空路での移動手段がないこと等が、来訪者が少ない理由だという。

従って、宿泊施設に関して、県庁ではハウスキーピングや食事に関する研修を、ホームステイサービス提供者やホテル関係者に対して行う予定。「観光客向けのスタンダードなホテルがないことが、来訪者が少ない理由です。」加えて、同県では、ベイリン・セントラルスクールの向かいに三ツ星ホテルの建設を開始したところである。

また、国立公園サービス局と共同で、ブンデリン野生動物保護区を生物多様性ホットスポットとして整備し、地元コミュニティを巻き込んでエコロッジやホームステイプログラムの促進を図るという。ブンデリンには現在、ホームステイサービス提供者が2軒あるのみ。(その他観光誘致策や省略)

第12次五カ年計画期間中、訪問・宿泊客数を4100人に増やすことが目標。その他に、同計画では、県内の小規模零細産業を拡大して地域経済の開発を図ることも目指すという。また、国内でも最多の空き家家屋(Gungtongs)740軒を有する同県では、空き家対策も大きな課題。空き家が増加する最大の理由は、家族全員の退去や教育目的が中心で、新たな起業や就業機会を求めて他所へ転出する世帯もある。

このため、農家向け商業金融アクセスの改善を通じた商業作物生産の振興を進めたいという。そのためには、灌漑システムの整備や電気柵の供与等も進められる。また、「ブランド・ブータン」イニシアチブと既存産品の付加価値向上を通じた地元産品の振興を図りたいとの由。

こうした目標に対し、同県は約11億9852万ニュルタムを5年間で投入する予定。これは、第11次五カ年計画での5億6383万ニュルタムよりほぼ倍増。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感