So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

公共図書館の惨状 [ブータン]

予算不足が公共図書館発展の妨げに
Budget constrain stunts public library’s development
Kuensel、2018年2月5日、Karma Cheki記者
http://www.kuenselonline.com/budget-constrain-stunts-public-librarys-development/

2018-2-5 Kuensel01.jpg

【ポイント】
ティンプー市内唯一の公共図書館であるジグミ・ドルジ・ワンチュク公共図書館には、蔵書、家具、機材等は揃っているが、肝心の建物が手狭で、発展の妨げになっている。創設から39年が経過するこの図書館には、現在5万冊以上の蔵書と、コンピューターも20台がある。書架や閲覧机、椅子等はあるものの、現在チュバチュにある1階建ての建物だけでは狭すぎで、現在3年間のリースで、王立ブータン大学(RUB)の敷地内に、別のスペースを借りて運営されてきた。

図書館の会員数は4000人にのぼり、2000人程度が実際には利用しているのが現状。会員の7割はクラス10(高校1年生)未満の子どもである。従って、RUBの敷地というのは子どもにとっては敷居が高く、別の独立した場所に立地する方がアクセスはしやすい。RUBとのリースは昨年で切れたが、取りあえずはリース継続の予定。

図書館はこれまで、度々ティンプー市に対して増床の要望を行ってきたが、市は「予算不足」を理由にこれを却下してきた。建物の新設は2000年に初めて要望している。2015年の国際読書年には、政府にもアプローチを試みたが、政府も建物の新設は却下、代わりに2700万ニュルタムの予算を配分した。図書館はこれを図書や備品の拡充に投入したという。

2013年からは移動図書館も導入。1台のバンに5000冊の蔵書を搭載し、毎週日曜日に市内5カ所を巡回、各地で3時間とどまり、近隣の利用者にサービスを提供している。

ティンプー市のキンレイ・ドルジ―市長は、本紙の取材に答え、市は現在の1階建ての図書館の敷地に5階建てのビルを建設する考えだが、予算不足で具体化するには至っていないと述べた。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ: