So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ブータン初の人工衛星(その後) [ブータン]

ブータン1号、打上げ準備完了
BHUTAN-1 ready to be delivered for launch
Kuensel、2018年2月27日、Tshering Palden記者
http://www.kuenselonline.com/bhutan-1-ready-to-be-delivered-for-launch/

2018-2-27 Kuensel01.jpg

【ポイント】
ブータン政府が若手エンジニア4名を日本の九州工業大学に派遣し、2016年11月から参加してきた超小型人工衛星開発プロジェクト「BIRDS-2」において、ブータン発のナノサテライト「ブータン1号」が完成。重さ1.5キロの衛星は、JAXAにより4月中に打ち上げられる予定。2月26日に報道陣に公開して行われたテレビ会議で明らかになったもの。

情報通信省のダショー・カルマ・W・ペンジョル事務次官によると、これは同国の宇宙科学技術プログラムの記念すべき第一歩であり、国王のビジョンを具体化したものだという。宇宙科学技術の振興により、経済社会開発の加速化が図られ、政府によるSDGs達成への取組みも促進されることが期待される。

これら4名のエンジニアの育成からナノサテライトの打上げ、国内の地上管制センターの整備までを含め、当初予想では28万ドルがかかる見込み。BIRDS-2は2016年11月からスタートし、ブータンの他に、マレーシア、フィリピンから若手エンジニアが参加。

ブータンでは、ブータン国営テレビ(BBS)の放送が全国カバーするためのINSATコミュニケーション施設の利用に年間950万ニュルタム、ブータンテレコムが通信網の全国カバーのために年間300万ニュルタム、水文気象サービス局は氷河湖決壊洪水早期警報システムの運用に年間120万ニュルタムを支出している。ブータン1号は、打上げ後、地上から500~1500kmの低い空間で飛行、ハイエンドカメラを2台搭載し、上空から氷河湖や森林被覆の状況を把握し、基礎通信サービスの提供が可能になる。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感