So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ブータン発展史博物館構想、一歩進展 [ブータン]

英国政府はさらなる協働を視野に
British government looks forward to further collaboration
Kuensel、2018年3月26日、Rinchen Zangmo記者
http://www.kuenselonline.com/british-government-looks-forward-to-further-collaboration/

【ポイント】
GNH委員会(国家開発委員会)とブリティッシュ・カウンシルは21日、ブータン発展史博物館のマスタープラン、博物館建物・敷地・内装の設計などに関する覚書を締結。ブリティッシュ・カウンシルは、このプロジェクトに1万ポンド(約150万円)を供与。デリーの英国大使館文化担当公使は、この博物館プロジェクトにより、将来的にもっと多くのプロジェクトが形成されるだろうと述べた。

また、英国政府の途上国留学生受入プログラム「シェベニング」でのブータン人留学生受入れも続けられる。シェベニング・プログラムでは、毎年1600人の留学生を受け入れているが、ブータンからの留学生はこれまで15人に留まっていた。

また、抗菌剤耐性問題への取組みに、英国政府の「フレミング基金」から150万ポンド(約2億2500万円)を拠出。フレミング基金は24カ国を対象とし、ブータンもその中の1つ。この資金は、研究機関ネットワークの構築や人材育成に使われる。18カ月の実施期間を成功裏に終えられれば、次の500万ポンドの基金へのアクセスが可能となる。

ちなみに、英国政府は王立経営大学院(RIM)と協働で、IELTSのブータン国内での実施についても協力している。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感