So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

幼稚園で教える院卒教員? [ブータン]

教員は第12次五カ年計画期間中に修士号を取れ
Teachers will require master’s degree in the 12th Plan
Kuensel、2018年4月2日、Yangchen C Rinzin記者
http://www.kuenselonline.com/teachers-will-require-masters-degree-in-the-12th-plan/

【ポイント】
ノルブ・ワンチュク教育大臣によると、教育大学卒業生に教員免許を与えることよりも、教員のエンパワーメントの方が優先度が高く、7月から始まる第12次五カ年計画でも、教員の能力強化に重点が置かれているという。教員になる者は、全国に3校ある教員養成大学において修士課程を修了していることが求められる。

12次五カ年計画の2年次、すなわち2019年7月までには、クラス12(日本の高3に相当)卒業生の教員養成大学への入学は認められなくなる。教員資格は、学部卒の学生が2年間の修士課程を終えることで認められ、晴れて教員になることができる。現在、修士課程にはサムチ、パロ、ヨンフラの教員養成大学を合わせて約350人の履修生がいる。毎年これくらいの人数が修士課程に入ってくる計算である。

教育相によると、これまでは、学士資格(B.Ed)で教員になっている者は、その後修士課程に進むための留学機会に恵まれれば、学期途中でも授業を投げ出してとっとと離職することが多く、これが教員不足の原因になっている。こうした事態は、修士を終えてから教員にならせることで回避が可能だと述べる。

また、12次五カ年計画では、教員は年間80時間の専門技能研修を受講することができ、政府はこうした専門能力育成に5年間で4億ニュルタムの予算投入を行うことになっている。また、計画では、教員の80%以上が住める職員宿舎を学校構内に建設すること、教員1人につき1台のラップトップ支給、コンピュータ・ラボの各校への設置、インターネット接続その他ICT設備の拡充等も予定されているという。

続きを読む


タグ:教育 大学院
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感