So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『理科系の作文技術』 [仕事の小ネタ]

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

  • 作者: 木下 是雄
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 1981/09/22
  • メディア: 新書
商品説明
調査報告、出張報告、技術報告、研究計画の申請書など、好むと好まざるとにかかわらず、書かなければならない書類は多い。このような書類を書く際にまず考えるべきことは、それを読むのは誰で、その文章から何を知りたいと思っているかである。それに応じて自分は何について書くか主題を決め、最終的にこういう主張をする、という目標を定めて書き始める。

著者はまず、この目標を1つの文にまとめた目標規定文を書くことを勧める。そうすることで明確な目標意識を持つことができ、主張の一貫した文章を書くことができるというわけである。そしてその目標をにらみながら材料をメモし、序論、本論、結論といった原則に従って記述の順序や文章の組み立てを考え、すっきりと筋の通った形にしていく。本書では本論の叙述の順序、論理展開の順序、パラグラフの立て方から文の構造までを解説し、日本人に特有の明言を避ける傾向と対策、事実と意見の書き分けについても触れている。

数年前、僕の業界の一部の人々の間で、この本が流行したことがある。その当時、僕自身はそういう人たちと付き合っていくのに息苦しさを感じていた。この業界にいて、文章を書いて食べていくような自信を失っていた時期だったので、当然、こういう本は皆が読んでいても自分とは別次元の話だと思っていたのである。

それを今さら読む気になったのは、そういう息苦しさのあったコミュニティから距離ができ、僕も僕なりに文章を書く気になれたからである。彼らが書くほどのクオリティのものを僕自身が書けるとは今でも思っていないが、今の僕じゃないと書けないものもあるような気がするし、実際に書いている。この本は2年前にブックオフで購入してあったが、今年初めからスタートさせている蔵書の在庫一掃プロジェクトの一環でもあり、読むとしたら今しかないと思い、手に取った。

今、ブータンで書籍を出版する計画があり、その中で1章を担当させてもらうことになったので、その執筆との同時並行での読み込みとなった。日本語の作文と英語の作文とは違うところもあるかもしれないし、理科系と文系の作文も違うところもあるかもしれないが、本書で述べられていることは、文系の英作文であっても通じるところは多いと感じた。

続きを読む


タグ:木下是雄
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ: