So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

新卒でスタートアップ? [ブータン]

企業家精神は未発達のステージ:労働人材省
Entrepreneurship still at embryonic stage: MoLHR
Kuensel、2018年3月31日、Tshering Dorji記者
http://www.kuenselonline.com/entrepreneurship-still-at-embryonic-stage-molhr/

【ポイント】
労働人材省が大学卒業生を対象に行った企業家マインドに関する調査によると、若者の間での起業への関心はまだまだ低いことがわかった。社会規範の影響が依然として強く、給料をもらえる仕事を強く指向している。起業に対しては懐疑的な見方が強い。

この調査は、2015年に大学を卒業し、全国新卒者オリエンテーションプログラムに参加した卒業生2000人を対象に行われたもの。労働省によれば、学校や大学での企業家教育のレベルが低いことが、起業促進の妨げになっていると指摘している。高等教育機関では伝統的なアカデミック科目が教えられており、雇用者よりも被雇用者を生みだしているという。

また、多くの卒業生とその親は、仕事を生みだすのは政府の責任だと捉えている。一方で、大学でビジネスマネジメントを学んだ卒業生の間では、キャリアの選択肢として起業を選ぶ傾向が強いという。また、求職者の指向とその親の仕事の間には相関関係があり、親が企業経営に従事していて高所得を得ている新卒者は、ビジネスを指向する傾向があることもわかった。女性の起業指向は男性に比べて強くないという傾向も確認された。

現在の社会経済状況は起業には向かない。起業に必要な資金が高額すぎることや、コミュニティからの支援が少ないことがその理由とされている。

起業促進シナリオの改善を図るために、報告書では、アイデアに乏しい若者を支援するビジネスリサーチセンターの設立や少額助成金、無担保融資、既に成功を収めている企業に対する支援、大学教員のビジネスへの理解の促進、大学へのビジネスカウンセラーの設置や起業クラブの設置促進等を方策として挙げている。

続きを読む


タグ:大学 起業
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感